転職で解決できた20代から30代サラリーマンの悩み「拘束時間編」

 

こんばんは、メタボ父さんです (^_-)-☆

昨日は少し寂しい思いをしました。弊社の取引先でお世話になっている私より年上(55歳だったかな?)の方が早期退職をしたことを知ったからです。独身(?)でいつも元気ハツラツ大きな声と笑顔で話す人でしたが人知れず悩みを抱えていたのでしょうか?コロナ禍で人生観が変わったらしくて残りの人生を有意義に過ごしたく、今の会社では拘束時間が長いので転職をしたそうです。

ミュージシャンのように好きな音楽を仕事として生きて音楽の仕事を「天職」と思っているような人はよいですが、殆どの人がサラリーマンである以上、何かしらの不満やストレスを抱えながら働いております。また悩んで転職する人も退職理由は一つだけでなく、給料が安いうえに拘束時間も長く上司もわからず屋で嫌になり転職を考えるなど複合的な要因で転職されると思います。

じつは私も2回転職をしております。だから自分が体験をしたからわかったのですが、サラリーマンの悩みの中でも転職すれば解決できることがあります。

これは理想論に聞こえるかもしれませんが、仕事は生活するための手段にすぎないので「天職」でなくとも「適職」を見つければいいと思います。
そして「適職」と思った仕事は一生懸命働くようになるので仕事も楽しくなるずです。

 

■■■

※ちなみに転職する職種にお悩みの方はコチラの記事をお読みください!

★自分の適職が見つけられない方は是非お読みください

自分の適職がわからないと悩むあなたへ伝えたい言葉

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サラリーマンの悩みは色々ありますよね?

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

例えば「コロナ禍で夏の賞与はボーナスカットで給与が安いので転職したい」悩みを持つ人がいたとしても、年齢によりアドバイスも変わってくると思います。
本日は冒頭で話した取引先の人と同じで、拘束時間が長くて悩む20代~30代の方向けに、転職経験者の私より拘束時間を解決するメリットを話します(^_-)-☆

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

 

読者さんが、私こと「メタボ父さん」が転職をして幸せをつかめた人物と信用してくださる前提で聞いてもらいたいので簡単な自己紹介です (^_-)-☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

50歳になった私、メタボ父さん今の仕事を適職と思えるようになりました。

新卒で金融機関に就職をして社会人としてスタートしたけど、お金をもっと稼ぎたかったし、直属の融資課長くらいが自分の出世の限界だと予想もでき、合わない社風に明るい未来が見えず、6年勤めたあとに不動産会社へ転職をしました。

異業種の不動産会社に転職をして金融機関時代より、もっと忙しく死ぬほど働きました。おかげさまで年収も前職より3倍にアップしましたし、マイホームも買うことができました。

でも人間ってどこまでも我がままなんですよね。

お金を稼ぎたくて転職をしたのに、稼げるようになって結婚をし子どもが生まれると「幼稚園の運動会に行きたい」「学校の授業参観に行きたい」「休みに子どもとの時間をとりたい」など思うようになり同じ、不動産業界へ2回目の転職をしました。

2回目で転職をした不動産会社では前職の不動産会社のように一般的なサラリーマン以上の稼ぎはなかったけど、家族との時間も優先できるし、地域に密着した企業で地域貢献など「仕事のやりがい」「公共性」などの充足感が満たされました。

40代で会社の次期社長に指名されました。

先の寿命が読めない大病をしたため、会社の役員にとどまり重圧のかかる社長は断り今に至ります。

つくづく思うのです。

まず、石の上にも3年、3年間は働いた方がいいと思います。だって読者さんも学生時代とか思いかえしてください。きっと部活動やバイト先でも3年その居場所にいたら、けっこうわかってくるじゃないですか?

それでも明るい未来が見えなければ転職していいと思うのです。(20・30代)

そして自分の器に合った会社で働き中心人物になった方が楽しいです。私がまさにそのパターンで会社の規模は小さくても、大手とさほど変わらない給料なのに時間は融通効くし、職位もあがっていくなど仕事がますます楽しくなります。

40歳の後半になると人って人間性が変わらない=人間力が向上して人生哲学ができてきます。

そして、仕事を「天職」または「適職」と思えるようになってくるはずです。

私の場合、働いている「不動産業」について、音楽が好きな人が音大を卒業して大手の楽器メーカーで働いた後に音楽講師をしながら自分の音楽教室を開くように「天職」と思える仕事とは違い「天職」だとは思えなかったですが「適職」だと思えるようになりました。

そして、大手保険会社のようにマイホームを買ったら忠誠心を図るような「踏み絵」のごとく転勤をさせられたり・・・・・

【会社に人生の主導権を奪われすぎてない?】

という気持ちにはならずに家族と幸せに過ごせております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今は自転車通勤5分の会社で働いております。

 めちゃ楽チンです(笑) 

だって今までの会社は片道で電車と徒歩で1時間30分、往復で3時間かかっていました。要するに1日に3時間のプライベートな時間を確保できるようになったのです!この差は大きいですよ

夏の帰り道に妻からのLINEで「今夜は暑いけど鍋にするね」なんて連絡がきたもんなら、遠回りして商店街によって晩酌の中トロとウニを買ったりね(笑)

本記事は3分程度で読めると思います。

読み終えたあと、是非、読者さんも拘束時間が減ったら、アレコレできるかな?

なんて楽しい将来を想像してみてくださいませ (^_-)-☆

1:通勤時間はドアツードアで1時間以内ですか?

昨今は「働き方改革」により会社での拘束時間は改善されてきているはずです。
だから通勤時間さえ減らせたら、会社から拘束される時間が増えるかもしれませんね。(そうでない人も沢山いると思いますが)

ちなみに総務省統計局のデーターによると全国平均の通勤時間は39.5分とのことでした。正直、私は平均39.5分の通勤時間に対して「えっ!」と驚きを隠せなかったです。というのは私の感覚(自分や周囲の人達の通勤時間)では1時間が平均だと思うからです。

勿論、全国平均なので車通勤が主流で電車がない地方都市と都心部の生活スタイルの違いがあるにせよ通勤平均時間39.5分は短いような気がします。仮に電車通勤をしている人で乗車時間が約40分で駅から会社まで徒歩10分、ドアツードアで60分(1時間)以内であれば我慢の範疇かと思います。
ところが片道90分(1時間30分)かかる通勤はどうでしょうか?
私は結構な負担だと思います。というのは自分が片道1時間30分の通勤を経験しているからです。

世の中、通勤時間1時間30分以上の方も多いでしょうし当たり前かもしれませんが・・・往復3時間と思うと結構な時間になりますよね? 限りある貴重な時間の3時間分を会社の為に費やしているのです。
自分の給与が30万円で時給1,250円の採算性社員であれば1,250円×3時間×22日=82,500円!
1ヶ月82,500円、1年で約100万円分の時間を費やしていることになります。

 

2:自転車通勤ってこんなに楽なのか!

私は転職を2回しております。
新卒で就職した金融機関で配属された支店まではドアツードアでちょうど1時間でした。
その後、人事異動で変わった支店まではドアツードアで1時間45分かかりました。
金融機関の朝は早く7時30分~7時45分には出社するので電車も始発よりの時間なので起床時間は朝の5時でした。私が担当していた融資係は帰りが遅い部署でした。加えて金融機関独特の慣例みたいなものがあり夜の21時、22時、23時まで働いても会社(勤務先の支店)では夜ご飯を食べません!この話を面白おかしくお伝えすると本題とずれて長くなるので割愛しますが・・・・とにかく午前様で家に着く頃は眠いけど腹がすいて20代という年齢も重なりたっぷりたらふくご飯を食べてしまいます。そして朝5時に起床すると胃がもたれてまともに朝食は食べれない不健康な生活一直線でした(苦笑)

1回目に転職したのは不動産会社でした。この会社までの通勤時間もドアツードアで1時間30分かかりました。金融機関より朝は遅く8時30分まで出社すればよかったので朝は6時起床になりました。まぁ一般的な生活です。それでも若いときは朝がやたら眠いのですよね(笑)
私は朝6時起床でも辛かったです ((+_+))

このような夜型人間の私が2回目に転職(不動産部がある会社)した会社は自転車通勤でした。
ドアツードア(自転車)5分(笑)

自宅のある地元の会社に転職したからです。
転職の理由は拘束時間への不満でなかったのですがね。通勤時間に関しては気にしていなかったのですが、正直にドアツードア(自転車)5分の会社員生活を送ると天国ですね(笑)

青白い顔をして満員電車に乗るため駅まで向かう人をよそ眼に自転車通勤ですからね。出社も9時までなので、5時30分に起床、6時に愛犬の散歩に行き、7時にシャワーを浴びます。7時30分に子どもと一緒に朝食、8時に学校に通う子どもを見送りテレビと新聞読みながらコーヒーで一息ついて自転車で出社します。

優雅な朝でしょう (笑)

そしてやはり身体が楽です。

3:早起きは三文の徳はウソ?

早起きを推奨する人は多いです。厳密に言うと「早寝早起き」が健康にも頭にも一番よいのは間違いないと思います。

ところが私も営業の第一線で働いていた立場なのでこう思うのですが、サラリーマンである以上、働き盛りまでバリバリ働くと夜はどうしても遅く帰宅するようになります。

勿論、業種や職種、また今後は働き方改革によって長時間労働がなくなってきているので変化があるにせよ、日本人の生活スタイルとして夜中の0時前後に就眠が多いのではないでしょうか?

私はとにかく朝の5時や6時に起床していた時代は寝起きが辛かったです。ところが自転車通勤5分になった今は、0時すぎに就眠しても朝の5時30分頃自然に目覚めて心地よい朝を迎えられています。それが昔はそれこそ、血圧が上がり血管が切れるのではないかと思う程、無理やり起きる寝起きなのでとても身体によい目覚めではなかったです。

4:通勤時間を重視した転職もあり?

私の場合、自宅から自転車通勤できる会社を選んだことによりこの有意義な時間を手に入れることが可能になりました。ただ誤解をしてほしくないことは、2回目の転職をした理由はキャリアアップの転職が目的であってその一つの要素として自転車でも通える通勤の近さがあったという事です。要するに家庭をもっている人だと、家族を養う責任があるので通勤時間を優先して転職はできないです。

その一方で独身者や20代・30代で結婚をしてまだ子どもが保育園など小さい場合は通勤時間も転職理由として挙げれると思います。

例えば私の小学生時代からの幼馴染は独身で上場企業のゲームソフト会社で働いておりました。会社でも機械オペの管理部の責任者的立場であるがゆえ忙しくもたいそうな給料をもらっておりましたが、東京の渋谷駅の電車改正によりホームが複雑になり乗り換えの歩く時間が増えました。たったそれだけの理由で給料が半分近くも下がった通勤時間30分に会社にあっさりと転職してしまいました。

幼馴染なので気軽に他の悩みはなかったかを聞きましたが全くないそうです!

性格を知りえた幼馴染なので強がりとも思えません。

それが彼の価値観なのですよね。

 

独身者や結婚して妻帯者持ち、実家住まいや一人暮らしとその状況により判断基準が変わるとは思います。
結婚するまでは引越しを繰り返しながらも会社に近い所に住む人や、そんな引越しはもったいないので実家に暮らしてお金を貯める人など目的は違ってきます。また一生住むマイホーム購入時期も関係します。

私は往復3時間かかる通勤時間を自転車通勤できる会社に転職したことで解消できました。
仮に給与が30万円で時給1,250円の採算性社員であれば1,250円×3時間×22日=82,500円!
1ヶ月82,500円1年で約100万円分の無駄な拘束時間を解消できて、朝もゆったり目覚めよく5時30分に起き、美味しく朝食も食べれるし、食後にゆっくりコーヒーを新聞やスマホを見ながら飲めて帰りも晩酌のあてを探しに商店街に寄り道もできる優雅な生活を実現できております。

是非、転職を検討されている方は通勤時間を解消することで会社からの拘束時間を減らしより充実したプライベート時間を満喫できることを頭の片隅に入れていただければ幸いです (^_-)-☆

■■■

【リクナビnextに無料登録する公式サイトコチラ】

 

※転職サイトで求人が見つからない人は、DODAの非公開求人を見逃しているかもしれません!

【リクナビNEXTの無料登録はコチラよりできます】

👇



※転職サイトで求人が見つからない人は、DODAの非公開求人を見逃しているかもしれません!

【DODAは80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 



【なるほど納得!】仕事を辞めたいと悩む会社員が知っておくべき5つの真実

仕事を辞めたいと悩んでいる人は世の中に沢山いると思います。人それぞれに「安い給料」が不満、「拘束時間」に嫌気を感じている、「上司のパワハラ」が辛いなど理由は違ったとしても、労働者である限り選択肢は「我慢するか」「考え方を変える」もしくは「独立や転職」をするしかありません!

とは言え、その独立や転職などの勇気がもてず思考停止で日々をじっと我慢し続けて生活している人が多いのでは?その気持ちよ~くわかりますよ!著者も会社の仕事が楽しくないし、明るい未来がみえなくなってしまい・・・もうこれ以上この会社で一生働き続けたくないと悩み転職をしました。

そして転職をしてわかりました!「①お金」「②時間」「③やりがい」「④ストレスフリー」「⑤地位」の内、3つでも手に入れたら、労働者としての転職は成功だと気づいたのです!

と言うのは、上記の①~⑤すべてを手に入れることができるのは経営者の社長だけだとわかったからです。じつは著者自身が、二回目の転職先で次期社長に任命されて経営者側になったのでそう言えるのです!勿論、今現在転職を考えている人は、当たり前ですが実際に、転職をして人生が好転したり、環境が変わり幸せを掴んでいないので想像つかないと思います。もし知り合いに転職をして満足そうにしている人がいたら、是非聞いてみてください。おそらく①~⑤のうち3つ程度を得た人生なら生活に不満は少ないはずです。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

(簡単に自己紹介させていただきます)

改めまして、著者は某不動産会社の営業部長として現役で働く50歳男性・通称「メタボ父さんです(^_-)-☆」

私は新卒で金融機関に就職し7年間、融資係を経験した後に1度目の転職で不動産業界に再就職をしました。不動産業界では売買営業マンとして働き、会社や上司に恵まれたおかげで平均的なサラリーマン収入より高い稼ぎが得られて金融機関時代より3倍の年収になりました。

その後、子どもが産まれて子どもの運動会に参加したい等、仕事だけでなくまともな時間が欲しくなり現在の会社に2度目の転職をしました。無我夢中に一生懸命仕事をしているうちに仕事が楽しくなり、40歳を超えたあたりで人生哲学ができて現在の仕事を適職と思えるようになりました。


この記事は「会社を辞めたい」と悩んでいるけど、最初の一歩が踏み出せず挫折しそうな人に読んでほしいです。偉そうに語って申し訳ないのですが、仕事は多分・・・45歳頃までは必死で働いて悩みがつきまとうと思います。人って45歳前後になると、人間力が整うと同時に人生哲学が固まってくるのですよね。その頃に仕事についても「天職」と思えたり「適職」とわかってきるはずです。その境地にたどり着くため・・・そう、それは幸せな人生を過ごすには最初の一歩が重要です!

会社を辞めたいと悩む人は、今から話す会社員(労働者)が知っておくべき5つの真実をまず理解しましょう!本記事は転職だけオススメしている訳ではありません。気持ちを切り替えて、今の職場で頑張るにせよ!転職や独立にしろこの5つの真実を知ることで次の行動にステップできるはずです。3分程度で読み終える本記事が、明るい未来に好転するきっかけになれば嬉しいです!

 

 

 

1:仕事を辞めたいと悩む原因ランキング!

仕事を辞めたいと悩む原因は、満足度が足りないからです!

退職する人の理由で多いのが「人間関係による悩み」と言われております。
例えば退職代行で有名な「退職代行ガーディアン」が調べた「退職理由ランキング」を参考にだします。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★

【退職代行ガーディアン調査により退職理由ランキング】
1位 残業・休日出勤など拘束時間が長い
2位 人間関係の問題・パワハラ酷い
3位 給料が安かった
4位 やりがいや達成感を感じなかった
5位 キャリア成長が見込めない
6位 企業の方針・社風が合わない
7位 将来性に疑問を感じたから
8位 人事・評価に不満だった
9位 体調不慮・体力が持たない
10位 そもそもやりたい仕事ではなかった

要するに1位~10位の内容に満足度だったら退職者は減る訳です。


退職者の辞表は「一身上の都合により退職します」としか書いてないので辞職する本音はわからないものです。また上司にも管理能力不足と迷惑をかけてしまうとか、社会の常識マナーとして会社の不満は言わず退職していく人が多いです。だから退職理由も「親の介護のため」とか「実家を引き継ぐため」など本音はみえにくいですが、大方は上記の1位~10位のランキングででてくるような理由なんでしょうね。

それでは退職しない人は何で会社を辞めないと思ったことないですか?例えば会社の社長は何で嫌になって辞めないのでしょうか。社員の生活を守るため?勿論それもあるけど、私は以下の①~⑤を社長は持っているからだと思います。次期社長に任命された私自身の経験だけでなく、取引先等々で知っている社長さん達を見ていてそう思うからです!

■■■

【仕事より得られる満足感】
① お金(満足のある収入)
② 時間(プライベートや家族との時間)
③ 仕事のやりがい
④ 人間関係(ストレスフリー)
⑤ 社会的な地位

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・経営者になれば、この5つの満足度が得られる

例えば私は新卒で就職した金融機関より不動産業界に転職しました。転職の理由は「もっとお金を稼ぎたかったこと」「仕事内容に面白味を感じなかったこと」「直属上司からのパワハラ」が原因です。不動産業界に転職をした結果、サラリーマン平均の3倍の給与をもらえるようになりました!つまり不満であった給与問題は解決してお金の収入は満足しておりました。

ところが人間はとことん自分に甘いと言うか人間の欲はつきないもので、結婚して子供が産まれると、運動会や七五三など行事が増えて子育てが楽しくなり休日を休みたいと思うようになりました。サラリーマンの平均より3倍稼いでいるということは、高給取りである病院の先生と一緒でプライベートは本来確保できないほど忙しい訳です。でも私はもっと家族との時間を大切にしたく給与は下がりましたが2度目の転職を実行しました。その2度目の転職先では17年程、一生懸命に頑張り時期社長に任命されるまでになりました。要するに会社の中心人物になれて地位も上がった訳です。そうすると仕事が楽しくなってくるものです。

今の私は会社の取締役兼営業部長です。それでも部下対してなど、人間関係のストレスはあるし、①お金 ②時間 ③やりがい ④ストレスフリー ⑤地位のすべてを手に入れることは難しいです。それでも満足して転職せず幸せに暮らしておりますし、勇気をだして転職してよかったと心から思っています。

だから、まず仕事を辞めるか悩んでいる方は上記の①~⑤の満足度を得られているかを考えてみてください。


【関連記事】

※ちなみに、私が転職した時代は「辞めます」の一言になかなか勇気がだせなかったですが、今はいい時代ですよね!「退職代行サービス」があるから、さっさと辞表不要で簡単に退職できるのですから(笑)詳しくはコチラの記事を(^^♪

【初心者にオススメ】職場の人間関係に疲れたら退職代行を使って転職しましょう!


 

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

2:5つの満足度を手に入れるには経営者になるしかないです

前項で話したように、私は会社の時期社長に任命されましたが、大病したり諸々が重なり社長にはならず、会社の経営者側として「取締役兼営業部長」として今現在、不動産会社で働いております。この社内的な地位があがった経験はとても貴重でした。何故かと言うと、数年前に病気になって社長にもなれず未来に絶望した時期があったんですよ。だって会社の仲間と必死に明るい未来を夢見て働き楽しく仕事もしていたのに大病が人生を狂わせてしまいました!でも長生きしてほしいと願う家族の気持ち、そして冷静になってくるとこう思えてきたんです。

「もう欲張らず謙虚に、今目の前にある喜びや幸せを見落とさないようにして暮らそう」と・・・・・

このように思えたのも、① お金(満足のある収入)② 時間(プライベートや家族との時間)③ 仕事のやりがい④ 人間関係(ストレスフリー)⑤ 社会的な地位のいくつかを手に入れているからなんです。

■■■

①~⑤の全てを手に入れるには自分が経営者になるしかありません

① お金(満足のある収入)
② 時間(プライベートや家族との時間)
③ 仕事のやりがい
④ 人間関係(ストレスフリー)
⑤ 社会的な地位

これが現実だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3:3つの満足度が手に入ったら転職成功です!

社長は孤独で悩みばかりだと言われます。確かにそうだと思います。けど従業員の労働者と違い満足度は高いと思うのです。だから会社経営を辞めないのです。一方、労働者の従業員だって悩みはつきものです。そして社長と同じく満足度が高いほど幸せを感じるはずです。だから欲張らず、この5つの満足度のち3つあるか考えてみてください。きっと人生哲学が固まりつつある45歳頃になったら、仕事を「天職」か「適職」と思えてきて、3つくらい満足していたら幸せな人生を歩めていると思います。

【下記の①~③の内3つ手に入れたらその会社(転職)は成功です!】

■■■
① お金(満足のある収入)
② 時間(プライベートや家族との時間)
③ 仕事のやりがい
④ 人間関係(ストレスフリー)
⑤ 社会的な地位

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「会社を辞めるべきか?」

「会社は辞めないべきか?」

と悩んでいる人は、まずこの事実をいったん考えてみてください。

【関連記事】

※転職して「天職」か「適職」を見つけよう! 

20代 30代の転職は気にするな!40代で適職と天職がわかるので

■■■

【リクナビNEXTの特徴】
・毎週2.6万人以上が新規登録
・実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用していると言われている
・リクナビNEXTだけしかない限定の求人が多い
・スカウト登録すると企業や転職エージェントから直接オファーが届くこと
・リクルート独自のノウハウを開発した本格診断サービスが受けられて自己分析ができる

【リクナビnextに無料登録する公式サイトコチラ】

【関連記事】
※再就職の際に案件が多いリクナビnextに無料登録するはおすすめです (^_-)-☆
【記事名】

【初心者でも安心】失敗しない転職サイトはリクナビNEXTへの無料登録がオススメ

 


【リクナビnextに無料登録する公式サイトコチ

 

※転職サイトで求人が見つからない人はDODAの非公開求人を見逃しているかもしれません

【DODAは80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 



【失敗しない退職方法】辞表を出すタイミングと注意点を徹底解説!

 

今から上司に辞表を出そうとおもっているんだけど・・・・


・何カ月前に退職したいと報告すればよいの?

・直属の上司には怖くて退職しますと言えない!

・退職することを相談してはいけない人は誰?

・就職してまだ・・・2年、親に言えないよ!

・辞表提出から退職するまでの手順を教えて!


一般的に転職初心者は、このようなことに悩み会社に退職の意思を伝えられずモヤモヤした気持ちで働いていると思います。その気持ちよ~くわかります!

じつは、私も2度転職しております。初めての転職は上司に退職の意思を伝えるまで1年半かかりました! その時は辞めると会社に迷惑かけるとか色々と考えるのだけど、退職した途端スッキリした気持ちになります(笑)また会社なんて一人辞めたくらいで回らないようなことは殆どないものです。要するに何とかなるもんです(^^♪

今日は退職における基本中の基本でもある退職願いを出すタイミングとその注意点について話をしたいと思います。この記事を読むと辞表は退職希望日の何日前に出せばよいか?~退職までの手順を注意点を交えて書きましたので最後までお読みください。

(簡単に自己紹介させていただきます)

改めまして、著者は某不動産会社の営業部長として現役で働く50歳男性・通称「メタボ父さんです(^_-)-☆」

私は新卒で金融機関に就職し7年間、融資係を経験した後に1度目の転職で不動産業界に再就職をしました。不動産業界では売買営業マンとして働き、会社や上司に恵まれたおかげで平均的なサラリーマン収入より高い稼ぎが得られて金融機関時代より3倍の年収になりました。

その後、子どもが産まれて子どもの運動会に参加したい等、仕事だけでなくまともな時間が欲しくなり現在の会社に2度目の転職をしました。無我夢中に一生懸命仕事をしているうちに仕事が楽しくなり、40歳を超えたあたりで人生哲学ができて現在の仕事を適職と思えるようになりました。


それにしても、新型コロナウイルスの影響で仕事を失った人が全国で6万人を超えたとか厚生労働省が発表してますね!。これらの数字は、ハローワークからの調査結果にすぎず、実際は転職サイトに登録をして働き口を探している人やショックで落込み転職活動をしていない人もいるはずなので実際に仕事を失った失業者はもっと多いでしょうね!

また、コロナ禍で給与が下がり生活できない人が続出して密かに転職活動を開始した方や、コロナ禍を転機とし転職を検討される方も多いと思います。
経済が不安定な世の中です。転職を考えている人で1年働かなくても大丈夫なくらいお金を貯めていなければ、勤め先の会社からの固定収入は例え減額されたとしても我慢して耐えて、しっかり準備を整えて退職のルールや慣例に習い円満退社を心掛けてほしいと思います。

 

 

 

1:退職願いを出すタイミングは内定通知をもらってからです

私も20代で転職活動を初体験しましたが、それはもう長く苦しい孤独や不安との戦いでした。だから転職先が決まり内定通知をもらってからは、どっと今までの疲れと解放された嬉しさや安堵感で気持ちが満たされたことを今でもはっきり記憶しております。そしてすぐ不安な気持ちになりました。何故かというと転職雑誌(当時はネットでなく雑誌でした)に書いてあるとおり就職先を決めてから会社には退職の辞表を出すと決めていたからです。よって辞表がすんなり通らなかったらどうしようなんて・・・自分の実力を顧みず一人勝手に不安になっておりました。

最初に結論から申し上げますと2週間前に退職をする意思を会社に伝えれば辞めることは可能です。

私は不動産会社に勤め宅建取引士の資格者でもあるので、少しだけ法律的な考えと事例を交えて法理で話しますね。

正社員で勤めている会社とは定年60歳まで雇用を保証しますなど期限を設定した雇用契約はしていないじゃないですか?

民法では契約期間の決まっていない契約については2週間前に解約の申し出をすれば解約できると解釈されます。

例えば月極駐車場も一緒の考えです。不動産会社を通して「駐車場の賃貸借契約」をする場合1年や2年の期間で契約をして契約満了時には更新料を支払い契約更新したりします。1年契約している場合、賃貸オーナーが駐車場にアパートを建築したいので駐車場を来月解約してくれと借主に言っても、借主が1年契約満了まで借りたいとの希望があれば契約期間が優先されます。

駐車場オーナーと直接契約する場合で口頭で契約する場合や近所の人に口頭で借りる場合などの契約期限のない契約は2週間前の申し出により解約できますし、駐車場オーナーも解約を拒否することはできません。

同じように会社も退職希望者に対して退職を認めませんとは法理として言えない訳です。但し、会社には就業規則があるケースが多く一般的には「1ヶ月前に退職の申し出をする」などの規定が多いと思います。この場合は民法の考えでもある2週間前の申し出による解約の考えも社内独自の就業規則ルールの1ヶ月前予告も特約のように優先される解釈もありますが見解は分かれます。

いずれにせよ1ヶ月後に会社を辞めますとの意思で大丈夫です。

ちなみに内定はきちんと通知書でもらいましょう。口頭だと内定に法的なしばりがないので内定の取り消しが可能だからです。

【ポイント】
★内定通知をもらってから会社に退職の意思表示を言いましょう!

2:内定通知をもらったら直属の上司に退職の意思を伝えましょう

転職希望先の会社から内定通知書をもらったら、まずは直属の上司に退職をする旨を伝えましょう。(辞表)

ここで一つ大切なポイントがあります。

【ポイント】
★直属の上司に退職の相談を持ちかけるのではなく、●●日付までに退職しますと必ず伝えること

アメリカや中国と違い、日本人は転職することは勤め先に対し罪悪感を感じてしまう傾向が強いです。私自身もそうでしたしそれが人としての感情ですよね?

だから事前に直属の上司に会社を辞める相談をする形式をとった方が気持ちが楽かもしれません。しかし退職相談をされた直属上司の立場になって考えてみて下さい。あなたから退職相談を受けた時点であなたが退職する意思があるのはお目通しですし、会社からは管理能力の人事考課で減点を受ける可能性がある訳です。

出世欲が強い上司になるとそれこそ全力で退職の邪魔をしかねません。自分の部署が回るまで引継ぎを延ばす可能性も強いです。昔から直属の上司に退職を言う慣例が日本にはありルールは忠実に守った方が得策です。あなたからの退職意思後は人事部や会社経営陣の仕事なので何一つ遠慮する必要はありません。退職と転職はとにかくトラブルNGと理解してください。

 

■■■

※ちなみに会社に退職の辞意を伝える方法の記事はコチラをお読みください
★上司への退職理由の伝え方を教えます
         ↓

上司への退職理由の伝え方を教えます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3:会社の上司や同僚に退

職場の人に相談をすることはやめましょう!

人は転職に際し自分がドラマの主人公の如くセンチメンタルな気持ちになる可能性が高いです。
また、転職先が決まると心の余裕ができて人にやさしくなるものです。
じつはここが危険で転職先が決まったと退職することをチラッと同僚にでも話すとどうでしょう?
ここも相手(同僚)の気持ちになってください。大体のサラリーマンは会社に不満を抱えているものです。
だから転職を考えるあなたの心の葛藤や悩みに理解を示してくれると同時に「隣の芝は青い」のことわざのとおり、羨ましく、あなたを輝かしく見えるものです。あなたが退職することになった報告は内定通知をもらう前に上司や同僚に相談すらしてはいけません。

4:家族へ退職することを伝えるタイミングは?

私の失敗経験談を通して「家族へ退職することを伝えるタイミング」についてお話したかったです。
じつは私は2回転職をしております。一度目の転職は独身時代で恋人(現在の妻)と両親に転職を伝えました。2度目の転職は妻のみ転職の意思を伝えました。
まず最初の失敗は一度目の転職を両親に伝えたタイミングです。恋人(現在の妻)は転職に賛成してくれたのですが、両親は絶対に反対するとわかっていたので転職先が決まってから両親に伝えました。ぐずぐず煮え切らない転職活動で2年も要したため、転職先が決まった後に両親に報告したら、猛反発されて、ここでは書けないような反対阻止に母親が動いた苦い経験があります。

2度目の失敗は二度目の転職で妻の反対にあったことです。転職理由は「家族や子どもとの時間がもっとほしい、安定した固定給がほしい」でした。その当時はサラリーマンが稼ぐ給与の3倍は歩合給料で稼いでおりました。具体的には固定給25万円+歩合うち、歩合だけ家にお金を入れて固定給の手取り22~23万円は私の小遣いと営業経費でした。独身の付き合っている当時から私の性格を知り尽くしている妻ですし私も妻の性格を知り尽くしているつもりだったので、転職先が決まってから妻に話をしました。
「転職先は今より給与はぐーんと下がるけど休みを融通が利くし会社の規模が小さくなるけど、こういう事業で安定収入がある会社だから将来つぶれる心配は低そうだと」
すんなりと転職に同意了承すると思っていた妻よりかなりの抵抗に合いました。理由はその当時、子どもが産まれていたので、母性に目覚めた母親は子どもを守る考えが強くなったのかもしれません。勿論、妻なりの理路整然とした転職の反対理由もありました。

【ポイント】
★家族へ退職することを伝えるタイミングを考える前に家族に事前に了承してもらうことが大事です

5:あなたの未来でもある転職先を大優先してください

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあります。
まさに退職はこのことわざのとおり、綺麗に引継ぎ辞めていくべきだと思います。
私も数名レベルですが・・・・退職と決めた人の態度が急激に変わり・・・人柄が豹変して本性がでてびっくりしたり嫌な気持ちになったことがあります。

また私の業界は不動産業で、退職して不動産業界を渡り歩く人が多く、業界は何だかんだいって狭いのでその豹変した人のいい噂はあまり聞きません(笑)
だから退職に際しきっちり引継ぎをできるかぎりは誠心誠意するべきだと思います。変な噂がたつのも嫌ですからね。但し注意してほしいのは、あなたは●●日付で退職すると会社に言っている訳で必要以上に退職する会社に責任感を感じる必要はないです。最も優先に大切に考えるのは転職先の会社の都合です。
何故ならそこがあなたの未来だからです。じつは私のように2度転職するとわかりますが、私も前会社の一部の人達といまだに交流がありますが年に1一度程度会う関係です。辞めるとき気遣ったことが多い人もいましたがすぐに皆忘れます。案外と人は自分が生きるのに精いっぱいで人に感心はないものです。

【まとめ】
① 家族がいる場合は事前に転職の理解と承諾をもらうようにしましょう
② 転職する相談を上司や同僚に絶対相談はしない
③ 転職先からは口頭でなく内定通知書をもらう
④ 内定通知がでたら会社に退職の意思表示をする
⑤ 退職は何月何日まで辞めますとコチラから会社に意思表示すること
⑥ 退職日までは責任をもって引継ぎ等をすること
⑦ 必要以上に辞めていく会社に責任を感じないこと。

【リクナビnextに無料登録する公式サイトコチラ】

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】


※転職サイトで求人が見つからない人はDODAの非公開求人を見逃しているかもしれません

【DODAは80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です】

■■■

※ちなみに今の時代は自分から辞表を出さなくても職代行サービスをしてくれる会社があります。
退職代行サービスに関する記事は下記になりますのでご参考にしてください
★じつは転職に勇気は必要でない理由と解決策が下記の記事より理解できます
         
さっさと転職するには退職代行サービス35,000円がおススメ

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ メディア掲載実績多数!【退職代行ガーディアン】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・低費用で確実な退職代行
・会社や上司へ連絡不要!
・東京都労働委員会認証の合同労働組合

▼詳細はこちら
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BDOYO+ELPWKI+4I26+5YZ77
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



※ちなみに人間関係が改善されず身体を壊し会社の人事で守ってくれない場合は健康第一優先で退職をおススメします。そのあたりを詳しく書いた記事が下記になりますのでご参考にしていただければ幸いです。

★職場の人間関係でお悩みの方はコチラの記事を読んでください
         ↓
職場の人間関係に疲れたら30代迄は退職代行で転職を検討しましょう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 





このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 



【20代と30代成功への近道】転職がうまくいかないと疲れたらこの方法!

転職を考えているんだけど。。。。決断できない

転職がうまくいかなくて。。。。悩んでいる!疲れた!


著者も2回、転職しているのでその気持ちよ~くわかります (^_-)-☆

正直、人それぞれ転職したい事情が違うように、うまくいかなくて悩む理由はいくらでもあります。石橋を叩いて渡るような性格の私なんて、転職先の業界を決めるだけで1年半かかったんですよ(苦笑)今思うと、悩んだ時間だけ勿体なかったなぁ~と思いますがね!

でもね、退職を考えていると言うことは、「職場の環境になじめない」「上司のパワハラ」「給料が安い」「仕事がつまらない」「この業界で一生働く自信がない」「明るい未来が想像できない」など悩んでいるから心も身体も疲れ切っているのですよね? だからやっぱり、転職って大変なんですよ!

転職って「決断と覚悟」が必要なんですよ!

ところが、最初の一歩で挫折してしまうケースが非常に多い気がします。著者が思うところ、転職には方程式のように成功のパターンがあり、それがわかるだけで転職への決断と覚悟ができると思います。例えば今日は下記の転職パターンを話したいと思います。


◆ 20代~30代前半で未経験の異業種に転職(一回目転職)

◆30代後半~40代前半でキャリアアップ転職(二回目転職)

◆40代半ば~50代を幸せに暮らす


こんな「成功する転職のパターン」を話すので著者の素性を簡単に話します。

改めまして通称、メタボ父さんです (^_-)-☆

私は新卒で金融機関に就職をし社会人としてスタートしました。ただ、どうしても金融の仕事を好きになれず、また上司のパワハラに悩み、極めつけは「こんなに働かされるのならもっとお金を稼ぎたい」と思って不動産会社に転職をしました。その結果、年収は2~3倍アップしました。でも転職した不動産会社は金融機関よりもっと忙しく、もっとパワハラが横行してました(苦笑)

ところが不思議なもので、お金を稼ぐと「仕事だから辛いのは仕方がないじゃん」とか思えてくるのですよね(笑)実際、結婚をすると子どもの学費が足りないとか揉め事の原因はお金に絡むことが殆どです。だからお金に困らないと不安やいさかいが減ります。

あと、一般的に世の中って年収が上がると忙しくなります。例えば大企業の社長は数分刻みでスケジュールだし、大学病院で働く医師も休みなく働きづめです!もれなく私も年収が2~3倍になり忙しく働いてましたが・・・人って勝手なものです。子どもが幼稚園や小学校と成長して行事が増えると、今度はお金より家族と触れ合う時間をもっと欲しくなってしまいました!

そこで同じ不動産業界に「キャリアアップの転職」をして、おかげさまで収入は下がったけど年齢にあった平均年収はもらえて、プライベートを楽しめる時間も手に入れることができ、50歳になった今も不動産会社の営業部長として仕事に励み、日々幸せと感じながら家族と過ごしております。

まぁ。。。当たり前だけど幸せや成功って人により違うじゃないですか?私の幼馴染で50歳独身(男性)の話だけど、プログラマーの仕事で通勤途中の渋谷駅が再開発によって地下鉄への乗り換えが5分歩くようになったんですね。それが嫌で転職しちゃいました(笑)しかも給料も下がったんですよ!でも彼にとってはお金より、毎日の通勤で苦痛に感じることが不幸せなんですよね。知り合いの幼馴染にとっては時間を優先した方が幸せなのです。

このように人により勿論「幸せ」や「成功」の定義は違いますが、この2分程度の本記事を読み終えると、転職がうまくいかなくて悩み疲れた人もきっと、その後の明るい未来を想像できワクワクした気持ちになり、さっさと転職できると思います。

 

 

 

 

1:20代はキャリアアップなんて考えるな! 

転職活動をしていると「キャリアチェンジ」とか「キャリアアップ」と言う言葉を聞くようになると思います。


◆キャリアチェンジ➡未経験の業界に転職すること

◆キャリアアップ➡経験済みの業界に転職(独立)すること


転職がうまくいかない人にかぎって、自分には仕事のスキルや人脈がないと考えすぎになっていませんか?

それだと転職活動はうまくいかないのです。とくに20代はキャリアアップの転職なんて考えても意味ないです。だって実力がないのですから(笑)ほら、パテシエのケーキ職人だって、一人前と呼ばれるまで何年もかかるじゃないですか。塗装職人や大工、美容師などの技術職に限らず、営業職だってその業界の中で専門的豊富な知識や経験、そして人脈は40代をすぎて身につくものです。仮に今働く同じ業界に転職をする場合でも、20代~30代前半の年齢であれば、キャリアアップが認められると言うより、新卒や第二新卒と一緒でポテンシャル(潜在能力)を期待してか即戦力としての採用なはずです。要するに働き盛りの35歳~40代前半までに経験を積んで活躍してほしいということです。

20数年前に私が転職活動をしていた頃から、35歳までが転職できる年齢の限界と言われてましたね。求人の募集要項も【35歳まで】の条件が多かったです。

キャリアアップという言葉の定義を考えてみましょう! キャリアアップとは現在働いている業界の仕事を、高度な専門分野として知識と経験を積み重ねたうえで自身のキャリアを創造することです。企業にとって人材は財産なので、経験と知識が豊富な優秀な人材は欲しい訳で転職市場において価値が上がります。逆に言うと20代はその価値が低いとも言えます。だからキャリア(経歴)なんて気にせず転職活動をしたらいいのです。

 

 

■■■

年収アップをするためには異業種に転職をした方が有利です!

【年収アップのヒント!】賢い選択は20代に異業種へ転職すること

2:20代は未経験の仕事に転職してもよい

未経験の業界に転職することをキャリアチェンジと言います。私は20代で金融機関から不動産業にキャリアチェンジで転職をして、30代で同業種の不動産業界にキャリアアップで転職をしました。


(1度目の転職)
・金融機関で➡未経験で異業種の不動産業へ転職
・退職理由➡お金が稼ぎたい、上司からのパワハラ
・収入➡2~3倍に増えた
・時間➡休みが激減した
・満足➡お金が稼げていたので満足

 

(2度目の転職)
・不動業➡同業種の不動産業へ転職して現在に至る
・退職理由➡休みが欲しくなった
・収入➡下がったが平均年齢の給与はある
・時間➡休みがとりやすくなった
・満足➡40歳ころから仕事が楽しくなった


20代の美容師が、他の店に転職をしてもトップ美容師でなければ大幅に給料がアップすることはないです。10年以上、美容師として同じ店で勤めて顧客を引き連れて独立したり、多店舗に引き抜かれるキャリアアップの年齢は35歳くらいからです。だからキャリアアップの時期(35歳~40歳前半)まで時間がある20代の方は、異業種に転職をしても間に合うと思います。

■■■

ちなみに未経験の仕事に転職をした方が年収があがります。転職した人10人に4人は年収がアップをしているのをご存知でしょうか?詳しくはコチラの記事を!

【なんと10人に4人が年収アップ!】転職の成功パターンを覚えよう

 

 

 

3:仕事はステップアップを考えよう!

誰もが想像がつく当たり前の話で申し訳ないのだけど、仕事ができるようになったり楽しく感じるまでは積み重ね(ステップアップ)が必要なんですよ。私は20代で新卒入社をした金融機関を退職して20代後半に異業種の不動産業に転職しました。その後、同業種の不動産にステップアップ(キャリアアップ)の転職をして現在に至ります。

仮に料理人のようにスキルアップを繰り返す料理人だって仕事はステップアップの積み重ねです。同級生知り合いのフランス料理人がいます。フランス料理人に憧れて海外で修行をして、日本のホテルで働きはじめました。ホテルの調理場はチーム制なの中々、海外で覚えたスキルを発揮できません。それでもホテルで覚える日本仕込みの調理方法はとても勉強になったとは言ってました。ところが勤めて3年過ぎた頃に将来への展望が見えず不安になったようで、仕事のスキルアップはできたとしても、海外修行やホテルで身につけたキャリアを今後生かせる環境が欲しくなったそうです。そこでホテルとは違い小さな店ではありますが、仕入れからメニュー作成まで任せてくれるオーナー(出資者)と知り合い、そのオーナー(出資者)要請により、キャリアアップの転職を図り、有名ホテルから青山にある小さなフランス料理店へ雇われではありますが、一国一城の主として満足できる仕事ができ幸せだということです。要するに満足した収入と心の安定を手に入れることができたのですね。

満足できる収入や心の安定(拘束時間、休暇、自分的な人生を送れる)を得ることために、キャリアアップによるステップアップ転職で実現できる可能性があります。一度目の転職先で管理職など職位が上がって給料がアップしても、期待値以上の給与アップや職位を得ることは結構難しいです。そこで私の選択した方法は二回目の転職で会社の規模を小さくすることでした。どの職場でもお山の大将になれば会社の中心人物になっていきます。キャリアアップのステップアップ転職は、会社の中心人物に近づいていくことです。そうすると満足度があがり仕事を天職や適職と思えてくるようになって、人生そのものが楽しくなります。

キャリアアップをしたい人は、「自分の力をもっと試したい」「収入をアップしたい」「その道のプロとして向上したい」など考えていると思います。

けれども20代の方はとくにもう少し謙虚な姿勢で考えてみてください。キャリアアップを図り社会貢献できるまで時間が必要です。30代だったら「心の安定を手に入れること」も転職の目的に追加してみることをオススメします。何故かと言うと、転職の先は「会社に自分の人生の主導権を握られず幸せに生活できること」だと思うからです。人間って40代後半になると人生哲学が確立されてくるのですよ!

本気で人生を変えたいと思うなら、人より一歩でも早く行動をしてください!

 

■■■

【リクナビnextに無料登録する公式サイトコチラ】

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

※転職サイトで求人が見つからない人はDODAの非公開求人を見逃しているかもしれません

【DODAは80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 



不動産業界への転職に宅建取引士の資格が有利な理由を教えます

 

こんばんは、メタボ父さんです (^_-)-☆

本日は不動産・建築・金融業界に就職(転職)するのに有利と言われている宅建取引士の資格について、なんで宅建の資格を持っている人が優遇されるかを不動説明したいと思います。
国家試験の宅建資格は民法の法律からはじまり、建築に関する建築基準法や税金、市場の需要関係や宅建業法等々、学習で覚える範囲は多岐にわたります。

そのため試験も統計的には7割正解の上位15%に入ることが合格できる目安と言われています。私も宅建取引士の資格を持っておりますが試験に合格するため3ヶ月~半年は仕事が終わった後に一生懸命勉強しました。そしてまず最初にお伝えしたいのは、難しいけれどきちんと勉強をすれば合格しやすい試験だということです。そして合格しやすい割には認知度ある資格で不動産・建築・金融業界では重宝される資格で自分の財産になると思います。

例えば、私は新卒で就職した金融機関で融資係の担当として7年間働きました。融資業務に係る仕事に不動産担保評価もあり宅建資格がある上席の役職者は優遇されておりました。私は金融機関に在籍当時は宅建資格はなく、その後に転職をした不動産業界に入社してから宅建資格を取得しましたが、今思えば金融機関の宅建資格者は資格があるだけで、不動産実務はトンチンカンな解釈をしていていましたね。それでも、宅建資格があるので人事評価は高いのです!

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

不動産業界に転職を考えている人は、不動産の実務経験がない人でも宅建取引士の資格が何故重要なのか?

その理由が本記事を読んでもらえるとわかると思います。

行政書士や中手企業診断士など宅建資格より難しい試験はいっぱいあります。でもその難しい行政書士や中小企業診断士の試験に受かったとしても世の中で食べていけるのは宅建取引士の資格の方です。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

本記事は、現役の不動産会社で営業部長(営業部門)&総務部長(人事部門)責任者の私より徹底解説します (^_-)-☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

50歳になった私、メタボ父さんは今の仕事を適職と思えるようになりました。

新卒で金融機関に就職をして社会人としてスタートしたけど、お金をもっと稼ぎたかったし、直属の融資課長くらいが自分の出世の限界だと予想もでき、合わない社風に明るい未来が見えず、6年勤めたあとに不動産会社へ転職をしました。

異業種の不動産会社に転職をして金融機関時代より、もっと忙しく死ぬほど働きました。おかげさまで年収も前職より3倍にアップしましたし、マイホームも買うことができました。

でも人間ってどこまでも我がままなんですよね。

お金を稼ぎたくて転職をしたのに、稼げるようになって結婚をし子どもが生まれると「幼稚園の運動会に行きたい」「学校の授業参観に行きたい」「休みに子どもとの時間をとりたい」など思うようになり同じ、不動産業界へ2回目の転職をしました。

2回目で転職をした不動産会社では前職の不動産会社のように一般的なサラリーマン以上の稼ぎはなかったけど、家族との時間も優先できるし、地域に密着した企業で地域貢献など「仕事のやりがい」「公共性」などの充足感が満たされました。

40代で会社の次期社長に指名されました。

先の寿命が読めない大病をしたため、会社の役員にとどまり重圧のかかる社長は断り今に至ります。

つくづく思うのです。

まず、石の上にも3年、3年間は働いた方がいいと思います。だって読者さんも学生時代とか思いかえしてください。きっと部活動やバイト先でも3年その居場所にいたら、けっこうわかってくるじゃないですか?

それでも明るい未来が見えなければ転職していいと思うのです。(20・30代)

そして自分の器に合った会社で働き中心人物になった方が楽しいです。私がまさにそのパターンで会社の規模は小さくても、大手とさほど変わらない給料なのに時間は融通効くし、職位もあがっていくなど仕事がますます楽しくなります。

40歳の後半になると人って人間性が変わらない=人間力が向上して人生哲学ができてきます。

そして、仕事を「天職」または「適職」と思えるようになってくるはずです。

私は自分が働く「不動産業」についてどう思っているかと言うと、音楽が好きな人が音大を卒業して大手の楽器メーカーで働いた後に音楽講師をしながら自分の音楽教室を開くように「天職」と思える仕事になったなどのイメージとは違い「天職」だとは思えなかったですが「適職」だと思えるようになりました。

そして、大手保険会社のようにマイホームを買ったら忠誠心を図るような「踏み絵」のごとく転勤をさせられたり・・・・・

【会社に人生の主導権を奪われすぎてない?】

と会社に自分の大事な人生のかじ取りをされるのは絶対嫌だと思っております。

そして今は毎日を明るく楽しく、一日生きれることに感謝しながら家族と幸せに過ごせております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1:宅建取引士の資格者が優遇される理由を教えます

<理由1:宅建業者は宅建取引士の設置が義務づけられている>
今日の記事ではわかりやすく宅建業者を不動産会社に言い換えてご説明致します。
不動産会社は免許商売で免許許可を受けて不動産業を営みます。
そして事務所を構えるのに従業員5名に対し1名は宅建取引士の資格者を事務所に配属する必要があります。つまり極論ですが、ある不動産業が事務所を増やす場合とか宅建取引士が退職してしまった場合など営業を続けるために宅建取引士の資格があるだけでその人を採用するケースもある訳です!

<理由2:不動産の契約書類は宅建取引士の記名押印が必要です>
不動産を購入したり、賃貸で借りた方は経験あると思います。
不動産契約に際して「重要事項説明書」という書類で不動産の説明を受けてから不動産契約を取り交わしします。その書類に記名押印できるのが宅建取引士です。
これまた極論ですが、書類作成は不動産経験が長い社員ができたとしても宅建取引士の資格がない人は多いので、宅建取引士の資格者は記名押印のみの要因として重宝される場合もじつはあったりします!

<理由3:宅建取引士の資格者は社会的な信用性がある>
社会的な信用性というと大げさに聞こえるかもしれませんが不動産業界で言うと実際そのとおりなのです。
少し古い話になりますが昔は「せんみつ屋」と呼ばれた不動産屋。千回のうち3回しか本当のことがないの例えで信用性が低い業種でした。実際、私自身が新卒で就職した金融機関から不動産会社に転職をした際、戦争経験者の両親は「一生懸命育てて金融機関に入ったと安心したら・・・よりによって不動産会社に転職するとは・・・」(笑)と母親はおいおい泣いたものです (;^ω^)
今、考えると失礼な話ではありますが否定はできない面もじつはあります。
実際に不動産業界に転職してくる人は「お金が好き」又は「借金がある」人が多くてだらしない生活をしてきた人が多いのも事実です。そのような状況の中、宅建取引士の資格がある人は住所や国籍がはっきりしており、破産者や暴力団行為など法律違反した過去がない人が宅建取引士の資格が発行されるので信用性が高いのです。

<理由4:結婚して妻子持ちの宅建取引士の資格者は信用性がある>
宅建資格はどこの不動産会社(又は建築会社や金融機関他・・・)でも通じる資格なので資格はく奪になるような行動はしない人が多いです。また結婚して妻子持ちとなればなおさら無茶な行動はしませんよね?よって会社は妻子持ちの宅建取引士の資格を持っている社員は信用されやすいです。

<理由5:宅建取引士の資格者はお金の悪さをしない>
不動産業界のように大きなお金と様々な種類のお金が動く仕事においてはお金のトラブルをおこして退職していく社員が多いです。個人的な偏見ですが、お金に困っている人が多いのもその理由かと思います。
宅建取引士の資格がある人は、目先のつまらないお金に目がくらんで悪さをする確率が圧倒的に低いです。

2:宅建取引士は不動産業未経験でも即戦力になるので優遇されます

前項の1の説明とかぶりますが、例えば宅急便の会社で働いているドライバーが運転が苦にならないので案内要員として不動産営業マンに転職したとします。たまたま学生時代に取得しておいた宅建取引士の資格もあったので資格手当が固定給の他に別途3万円つくので不動産業界に転職しました。勿論、不動産の実務経験はないので転職できるか不安でしたが、大手不動産会社ではないですが住まいの地元で昔から地域密着で知名度がある不動産会社に転職できました。一方で募集をした不動産会社にはこのコロナ禍で不景気なので募集が殺到しておりました。募集者の中心は不動産経験者が圧倒的に多かったのに、他急便会社のドライバーの方だけ何故採用されたのでしょうか? そう・・・・じつは不動産会社の内情は永年勤務していた宅建取引士の資格者の社員と入社数年の女性社員で同じく、宅建取引士の資格者が結婚退職することになり、事務所の運営(事務所5名に1名は宅建資格者が必要)と実務(契約書類に宅建取引士の記名押印が必要)という現実問題があり未経験の他急便ドライバーの方が採用されました。ちなみに不動産営業マンは経験者でなくてもある一定の期間を頑張れば成績の結果はでるものです。よって未経験でも即戦力になることが宅建取引士の資格者はなれる事例となります。

3:宅建取引士の知識はじつはとても重要です

私は新卒で就職をした金融機関から不動産業に転職をしたのですが、不動産会社の部長から徹底的に教育を受けました。その教育は今でも感謝しておりますが、トラブルが多い不動産業界と言われておりますが高い値段で取引される不動産でもありお客様の一生をかけた買い物だからこそ、1㎜の間違いやウソは許されないとの考えです。ところが宅建資格がない人は知識がないが故、悪気もなく危ないウソの仕事をしてしまったりします。例えば入社当時、私が付き添っていたある先輩社員とのこのような危ない実話があります。
【お宅の土地をまとめて売ると安くなるので分割して売りましょう!】
新人時代の話です。相続が発生した地主農家の家に先輩社員に同行をして訪問しました。
ご主人を亡くされた農家の奥さんの話を聞いていると、「主人が生きている頃からレオ●●●とかアパート建築会社の営業がしつこくてうんざりしているの。今さら借金してアパート経営なんてしたくないは。でもまとまった相続税を払うお金もないので」との相談でした。
先輩社員は、「はい、例えばこことあそこの畑をまとめてデベロッパー(建売開発会社)に売ったとしても土地は広くまとめて売れば坪単価は安くなるのでこれだけのお金にしかなりません。それで相続税は払えますが親御さんから先祖代々続いた土地の財産が奥さまの代でほぼ消滅して残すは自宅だけの財産になってしまします。それが嫌であればアパート建築をして借金をつくる必要があります。日本は3代で財産をなくす仕組みなので仕方がないのです。だから知恵を使うのです。農協で道路工事にかかる500万円だけ何とか作ってください。そうしたら二つの畑に道路をつくり土地を分割して数区画の宅地分譲をします。相続税は3区画売れば払えるので残りは来年から毎年1区画ずつ売っていけばまとめて売るより高く売れるしお金も残りますよ」
宅建資格もなかった20代後半の私はなるほどと感心したものです。
その後、先輩社員の手子として測量会社に資料を持ち込み道路計画図を作製したり動いていた矢先にその先輩社員があ急遽、会社をクビになりました。確かに先輩社員はこの事業は大きな案件だから係長以外に話をもらすなよ…と口止めはされていましたがクビになった理由が判明したのはその後、私が宅建資格を取得してから判明しました。説明しますと、宅建業法という法律があるのですが不動産免許がない者が不特定多数の人に繰り返して不動産を売却してはいけません。簡潔にいいますと農家のお母さんは宅建業者でないので自らお金を出して数十区画の宅地分譲地をつくり色々な人に、売主の立場として土地を繰り返して売ってはいけなく法律違反として懲役と罰金の対象になります。また、その販売を手伝った不動産会社も免許停止や罰則対象になります。厳密に言うと数十区画の土地のうち一番最初に売る1区画だけは売っても問題ないですがその後の2区画目からはどこの不動産会社を手をつけられず売れ残る可能性があります。その解決出口は繰り返し販売できる宅建業者(開発業者)に安く買ってもらうしかありません。
少々、難しい内容となってしまいましたが宅建取引士の資格者であれば簡単に理解している内容を知らない(又は知っていて悪さをする)営業マンが多いのも事実です。よって宅建取引士の資格者は信用性が高く転職においても優遇される傾向が高いのです!

4:宅建取引士の資格が役立つ業界

ご参考までに宅建取引士の資格を持っていると役立つ仕事を羅列してみます

<宅建取引士の資格が別途手当や即戦力として役立つ仕事>
◆不動産会社の売買営業
◆不動産会社の売買事務アシスタント
◆不動産会社の賃貸営業
◆不動産会社の賃貸事務アシスタント

<宅建取引士の資格がプラスアルファ―の人事考課や別途手当となる仕事>
◆不動産会社の営業
◆建設会社
◆不動産会社の管理業務スタッフ
◆金融機関の融資担当

 

5:宅建取引士があれば中心人物になれるので転職が成功しやすい

不動産業界への転職に宅建取引士の資格が有利な理由はご説明したとおりです!
その他、最後にもう一言付けたしたく思い発信致します。
それは不動産業界に転職する場合、宅建取引士の資格有無によりその転職は成功だったかの分かれ道があると思うのです。私自身が不動産業界に転職をした経験とこれまで数多くの業界人をみてきた経験より不動産業界(業界関係なしが正解でしょうが)への転職で成功している人は、転職先の会社で中心人物として活躍している人です。宅建取引士の資格は信用力と同時に転職先でも有利に働ける武器なので資格ある方は是非、不動産業界で人生の勝負をかけてみては如何でしょうか?

 

【宅建jobエージェントに無料登録する公式サイトコチラ】

【関連記事】
※ちなみに宅建jobエージェントを詳しく知りたい方はコチラの記事をお読みください!
👇
【記事名】
不動産業界へ転職を考え宅建Jobエージェントに登録する方は必読

■■■

不動産業界で稼ぎたい方は下記の記事を是非お読みください
         ↓
不動産仲介会社は給料が減って生活が苦しい方におすすめの転職先です

不動産業界で働きたい男性におすすめの転職サイト3社の選び方を解説

【徹底解説】転職回数が多くても気にしない不動産業界の仕組み!

不動産業界への転職に宅建取引士の資格が有利な理由を教えます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


手取り15万円の給料でやりくりは難しいので転職するべきか

 

こんばんは、メタボ父さんです (^_-)-☆

働き方改革により、残業を減らして有給休暇をとりやすい職場環境にして従業員の満足度は勿論のこと離職率を減らし社員一人当たりの生産性を上げる努力を各企業が行っておりました。

しかし、コロナ禍で売上を上げるべき営業部がリモート営業中心となり売上が激減してもう一度、働き方を見直す時期がきております。これは従業員にも言えることで固定給の足りない人が、残業含めて余分に働くことで得ていた収入が働き方改革とコロナ禍により総崩れして生活がままならない人が続出しております。

何故、生活がままらない人が続出しているのがわかるのかと言うと、ニュースだけでなく、弊社に不動産部があり自社物件の他に賃貸オーナーより管理受諾している賃貸部屋の家賃集金代行をしているのですが家賃の滞納が増えている現実を日々みているからです。そして今回の滞納には驚くべき共通点があり、今まできちんと滞納などなかった人が家賃を遅れる傾向があったり、滞納者の殆どが生活ギリギリの収入であったことが改めてわかりました。

そこで本日のテーマは手取り15万円の生活について語りたいと思います。

(ちなみに私自身の信用性という意味で簡単に自己紹介です)

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

私の素性は、子どもをもつ家長であることから個人情報を公開しておりませんが簡潔にお伝えしますと50歳になる社会人です。新卒で金融機関に就職し7年間、融資係を経験した後に1度目の転職で不動産業界に再就職をしました。不動産業界では売買営業マンとして働き、会社や上司に恵まれたおかげで平均的なサラリーマン収入より高い稼ぎが得られて金融機関時代より3倍の年収になりました。
その後、子どもが産まれて子どもの運動会に参加したい等、仕事だけでなくまともな時間が欲しくなり現在の会社に2度目の転職をしました。現在の会社で人生初めての管理職となり、無我夢中に一生懸命仕事をしているうちに仕事が楽しくなり、40歳を超えたあたりで人生哲学ができて現在の仕事を適職と思えるようになりました。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

1:コロナで給料が手取り12万円になりました

弊社の賃貸管理部で家賃の滞納者が続出しております。
それも今まで滞納などしなかった真面目な方ばかりです。
具体的な事例を紹介しますね。

(50代の植木職人さんの事例)
毎月手取りで15万円~25万円あった給料がコロナ禍により手取り12万円程度まで下がりました。
今まで頼んでいた生協の宅配食事代金も払えずコンビニ食に変えたり努力しているが、貯蓄もなく生活が苦しいそうです。手取り給料が15~25万円あったときは酒を飲みに行ったり生活を楽しめたが今は無理とのことで今後も仕事は減っていくので引越しを考えている。

(例えば40代の警備員のバイトをしている方の事例)
毎月手取りで15万円~18万円の給料でしたが、入れる仕事が遠隔地ばかりになり手取り収入が13万円くらいになってしまい家賃も払えなくなってきました。滞納した3ヶ月分の賃料は分割払いにさせてほしい。

(30代夫の給料が手取り15万円まで下がった事例)
夫婦共働きで夫は某有名企業の工場勤務で額面給料25万円です。(手取り約20万円)
入居審査当時の書類に目を通すと奥さまも共働きで毎月8万円のパート収入があります。
お子様は1名。
奥さまに話を伺うと共稼ぎ夫婦で働いておりますが、夫の給料が工場稼働減少により手取り15万円に減りました。じつは夫に秘密でキャッシングを繰り返しており夫の給料手取り20万円が15万円まで減ったことでやりくりできなくなり家賃も支払えなくなりました。

上記のように手取り給料が15万円前後の方に家賃滞納者が多い感じがします。

2:私は手取り15万円が嫌で転職しました

じつは私自身も転職経験者です。
しかも手取り15万円に我慢できず新卒で就職をした金融機関より不動産業界に転職をしました。
但し、私の場合は贅沢な考えで褒められる転職理由でないのですが・・・・それでみ手取り13万円~15万円の生活は苦しいことは経験者だから想像できます。

私の初任給は手取り12~13万円くらいだったと思います。
実際はボーナスがあったので年収として平均金額で恵まれておりましたが、20代は友人の結婚式などの招待も多いですし何かとお金を使う時期です。

ボーナスで毎月の赤字を補填するような生活でしたね。次第にこのような給料では結婚はおろか将来に不安になり転職を意識しはじめました。
実家暮らしと一人暮らしで違いはあるにせよ、一人暮らしの場合で手取り13万円の給料では、まず毎月の貯金を1万円するのも相当厳しいはずです。
新卒で入社した金融機関はボーナスで年収をカバーする会社で、7年間勤めて手取り15万円まであがりましたが苦しい生活は退職するまで続き手取り15万円に嫌気がさして転職を決意しました。

3:手取り13万円は生活保護受給者と変わらない?

生活保護で生活している人は沢山おります。
弊社が管理する物件には生活保護受給者の方も多いですが、部屋のカーテンをつけたいけどお金を行政がだしてくれない等、余分なお金をかけないギリギリの生活になるのが生活保護です。
一人暮らしですと1ヶ月10~13万円の生活保護費を受給できます。
二人暮らしの老夫婦ですと15万円前後の生活保護費がもらえて、貧困層の代表的な母子家庭では18万円前後が補助含めてもらえると思います。
それでもギリギリの生活範囲で費用がでる生活保護費が毎月13万円前後なので、手取り15万円の生活がどれだけ厳しいものかは想像できえると思います。

4:家族を養うには手取り20万円は必要です

大雑把な計算で給料額面25万円×0.8=手取り20万円弱と考えます。
例えば20代で結婚した場合、結婚当初夫の給料が手取り20万円前後でも仕方がないと思うのです。
というより当り前じゃないかな?
大抵は子どもが産まれる前であれば奥さまも共働きをして、夫婦合算で30万円前後の給料で生活するのが一般的です。子どもが小学生にあがる頃から習い事や学習塾などお金がかかりだしますが、少しずつ夫の給料も上がっていくので何とか生活していけるのが日本社会の実態です。

ところが給料額面20万円×0.8=手取り16万円ですとどうでしょう?
一人暮らしでも手取り15万円は厳しい生活費のラインですから、家族を養うにはお金が足りません。
厳密に言うと衣食にあふれた日本ですから生活はできますが、大切な費用(教育資金等)の使い道に余裕がない生活になります。極論、地方で生活すれば解消されるケースも勿論あります。

弊社はリゾート部があるので地方都市の暮らしぶりを私も知っているのですが、世帯年収300万円以下の地方都市では毎月10万円の稼ぎでも生活できます。例えば実話で昼飯がカレーだとすると、今日、会社の出勤がてら近所のおばさんが人参をくれたので家で貯蔵しているジャガイモと玉ねぎは冷蔵庫にあるので今夜はカレーにしよう等、自分でも農作物をつくり生活している人が多くお金があまりかかりません。但し、生活が苦しくなるのは冠婚葬祭で地方は結婚式以上にお葬式とか大事にするので冠婚葬祭がある月は苦しい生活になります。車社会でもあり家族もかけもちで、朝は自宅の農家仕事、昼間は本業の仕事で定時に終わる業務、そして週に数回夜にバイトなどかけもちで働く人も多いです。

5:手取り15万円の人が転職を考える

このように一人暮らしの方にしろ、家族もちにしても給料手取り15万円前後の人の生活は決して楽ではありません。一般的に母子家庭であるシングルマザーは日本社会では貧困層と言われております。
私も賃貸部のときに無数の入居審査をチェックしましたが、シングルマザーの稼ぎは生活保護費用や母子手当など含めて毎月18万円くらい補助金が得られて、子育てする時間が必要なのでローソンなどコンビニで昼間働き毎月10万円くらいの収入を得て月額28万円前後(手取り24万円前後)で生活している母子家庭が多いです。子どもが成長すると夜の商売で働く人もでてきますが、母子家庭が悩むことは大学の入学金とかまとまったお金です。母子家庭でない家庭でも教育資金には頭を悩ませます!
お金が回っていない世の中で手取り15万円前後の給料で生活している人は沢山おります。
充分、そのことは認識しているつもりですし心からその生活を否定しているつもりはありませんが、私は手取り15万円前後の給与は20代~30代前半で卒業すべきと考えます。
現在、勤めている会社の上司や先輩社員の話より将来の給与は想像できると思います。
嫌な言い方になるかもしれませんが、世の中の大抵の悩みはお金で解決できるのも事実です。
だとしたら、しっかりとした生き方や人生哲学をもちお金を使い方を間違わなければお金を持っていいと思いませんか?

私は今年の初めに病気で癌(がん)が発見されました。癌保険にも入っておりましたが、癌(がん)も色々な治療法があり、先進医療など保険が適用されない、つまりお金が450万円とか最低かかる治療法もあったりします。家族の為に死ねない、けれどいつ死ぬかわからない癌(がん)なので家族のために450万円
のお金は使えない・・・など葛藤が生じました。
勿論、家族はお金より命が大事と言ってはくれますが現実問題として、450万円くらい気にせずさっさとだせるお金に余裕がある家計だったら治る病気も治るのです!
夫婦で揉めることもないのです!
つまり、お金は使い方さえ間違わなければ稼ぐことは悪いことではありませんし私は転職して収入アップのチャンスがあるのであれば挑戦するべきだと思います。

■■■

【リクナビnextに無料登録する公式サイトコチラ】

 

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】



※転職サイトで求人が見つからない人はDODAの非公開求人を見逃しているかもしれません

【DODAは80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

※ちなみに不動産業界に転職をしてガッチリ稼ぎたい方はコチラの記事をお読みください!

★不動産業界で稼ぎたい方は下記の記事を是非お読みください
         ↓

不動産業界へ転職を考え宅建Jobエージェントに登録する方は必読


【宅建jobエージェントに無料登録する公式サイトコチラ】

【関連記事】
※宅建jobエージェントを詳しく知りたい方はコチラの記事をお読みください!
👇
【記事名】
不動産業界へ転職を考え宅建Jobエージェントに登録する方は必読

 

 

最高の6ヶ月!超実践型プログラミングスクール【.pro】





このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 



【年収アップのヒント!】賢い選択は20代に異業種へ転職すること

経験やスキル・実績がない20代の男性が、異業種に転職をして年収をアップすることが可能か?

こんなお悩みを抱えていませんか?

一般的に20代の頃は、収入が少ないのに学生時代の友だちから結婚式の招待状が届いたりして、過分に交際費がかかる時期です。給料からやりくりするのは大変ですから・・・もっとお金を稼ぎたいと思っている人は多いと思います。著者もその気持ちよ~くわかります。

ちなみに、私も新卒で就職した金融機関の給料が安くて嫌になり、異業種の不動産業界に転職をしました。その結果、2倍~3倍に年収がアップし現在も現役の不動産部門の営業部長として働いているのですが、収入アップをしたいので転職を考えている人は少し耳を傾けてもらえると嬉しいです。

この記事は分程度で読み終えるように書くようにします。

結論、この記事で読者さんにお伝えしたいことはコチラ

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

● 20代で異業種に転職するからこそ年収がアップできる!

● 大手企業にこだわるな!中小零細で中心人物を目指せ!

● AIで衰退していく職種を見極めていこう!

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

私が転職をした不動産業界は歩合制度があります。だから20代で転職をしたときに収入が2~3倍に跳ね上がったのですが、不動産業に限らず異業種だからこそ年収アップできる可能性があることをお伝えしたいです。そのような世の中の仕組みに興味がある方は是非、最後まで読んでください。

 

 

私自身の信用性という意味で簡単に自己紹介をさせていただきます。

改めまして、メタボ父さんです (^_-)-☆

50歳になった私、メタボ父さんは今働いている業界が適職と思えるようになりました。新卒で金融機関に就職をして社会人としてスタートしたのですが、毎日11時まで働き残業が多い割には給料が少なく不満を感じてました。また5年も働いていると出世の仕組みや限界がわかってくるので、せいぜい直属の融資課長が自分のゴールだろうと想像しちゃいました。また金融機関独特の固い社風と創造性がない仕事に面白みが全く感じられず、何だか明るい未来が見えなかったのですよね! 結果、6年勤めたあとに不動産会社へ転職をしました。

異業種の不動産会社に転職をしたら金融機関時代より、もっと忙しくなり死ぬほど働くはめになってしまいました。けれど、年収が前職より3倍にアップしましたし、マイホームも買うことができたので不満はなかったです。人生お金だけではないけれど、大抵の悩みはお金があると悩まないものです。

ただ・・・人間ってどこまでも我がままなんですよね。お金を稼ぎたくて転職をしたのに、稼げるようになって結婚をし子どもが生まれると「幼稚園の運動会に行きたい」「学校の授業参観に行きたい」「休みに子どもとの時間をとりたい」など思うようになり同じ、不動産業界へ2回目の転職をしました。

2回目で転職をした不動産会社は、前職の不動産会社のように1,500万円以上の稼ぎはなかったけど、平均年収には見合う給料で家族との時間も優先でき、地域に密着した企業だから地域貢献など「仕事のやりがい」「公共性」などの充足感が満たされて出勤するのも苦にならないほど仕事が楽しくなりました。

20代で転職をするかお悩みの人にまずお伝えしたいことは、石の上にも3年、3年間は働いた方がいいと思います。

学生時代を思いだしてください。きっと部活動やバイト先で3年ほどその居場所にいたら、けっこう色々わかってくるじゃないですか? それでも明るい未来が見えなければ転職していいと思うのです。

そして自分の器に合った会社で働き中心人物になった方が楽しいです。

私がまさにそのパターンで会社の規模は小さくても、大手とさほど変わらない給料なのに時間は融通効くし、職位もあがっていくなど仕事がますます楽しくなります。

40歳の後半になると人って、良い悪いの人間性を変えるのは難しくなります。また人間力が向上して人生哲学ができてきます。

そして、仕事を「天職」または「適職」と思えるようになってくるはずです。

私は自分が働く「不動産業」についてどう思っているかと言うと、音楽が好きな人が音大を卒業して大手の楽器メーカーで働いた後に音楽講師をしながら自分の音楽教室を開くように「天職」と思える仕事になったなどのイメージとは違います。

けれど・・・

「天職」だとは思えなかったですが「適職」だと思えるようになりました。

昭和時代の昔話としてよく聞く話ですが、大手保険会社のように、マイホームを買ったら地方へ転勤になる。まるで「踏む絵のごとく」会社から忠誠心を試させられるように・・・・・そんな人生送りたいですか? 私は嫌でした。

【会社に人生の主導権を奪われすぎてない?】

会社に自分の大事な人生のかじ取りをされるのは絶対嫌だと思っております。

そして今は毎日を明るく楽しく、一日生きれることに感謝しながら家族と幸せに過ごせております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1:異業種への転職だから年収アップができる!

20代だと働いている業界経験も浅いし、人脈だって少なく、まして仕事のスキルなんかまだ身についていないはずです。だから20代の皆さんは悩むのですが・・転職者の7割が未経験の異業種に転職をしている事実をご存知でしょうか?

リクルート社の「リクルートエージェント」が過去10年間の転職データーを分析した結果、7割の人は未経験の状態で異業種に転職しているそうです!

さらに厚生労働省が発表している統計データーをみると、転職者の4割は年収アップしており、同業種より異業種に転職した方が給料が上がる可能性あります。

ご自身の技術スキルに自信がなければ、20代でキャリアアップを図るより異業種へ転職をした方が年収がアップする可能性があります。でもよくよく考えてみたら当たり前の話なんですよね。例えば20代の美容師さん、大工さん、塗装職人さんだって、働いて数年ならプロ並みのスキルは身についてません。IT関連のプログラマーだって給料が大幅にアップするほどのスキルや信用はないはずです。

結局、20代でキャリアップの転職と言うのは稀なケースで、経験が少ない20代でどれだけ実力がついているの? って話なんです(笑)あえて言うと「美容師さん」「大工さん」「塗装職人」さんが独立をして会社を立ち上げれば収入アップの可能性はあるでしょう。

おそらく独立ではなくて転職をお考えでしたら、異業種に転職した方が収入アップする可能性があるかもしれませんね。

ちなみにその根拠となるデーターを厚生労働省が発表しています。


〇 転職者10人のうち4人は年収がアップしている

〇 同業種より異業種に転職した方が年収がアップする

〇 給料値上げ率は平均2%から考えると20代で転職した方がお得!


簡単に言うと、給料値上げ率は大体決まっているので若いときの年収が高いほ

ど生涯賃金は沢山もらえますということです。

【27歳で年収350万円の場合】

(27歳)年収350万円×1.02=357万円

(28歳)年収357万円×1.02=365万円

      ↓

(51歳)年収588万円×1.02=600万円

      ↓

(52歳)55歳頃から役職定年の時期となり年収が下がる


要するに、給料の値上げ率はどこの会社も大して変わらないから20代のうちにスタートの収入が高い方が生涯賃金は高くなる可能性が高いということです。

★詳しくはコチラの記事を是非お読みください

      ↓

■■■

※じつは、年収アップができる転職のパターンは決まっています。

【なんと10人に4人が年収アップ!】転職成功パターンを覚えよう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

業種への転職事例)
美容院がわかりやすいです。不動産の仕事をしているとよくあるパターンで、美容室で一番人気があるスタッフが独立するケースです。顧客は人気ある美容スタッフについてくるので同じエリアで独立したり、他の美容院に引き抜かれることがよくあります。美容院はまともにお昼休憩はできず、手が腱鞘炎(けんしょうえん)になるほど忙しい仕事ですから職場環境の改善を求めて転職するというよりシンプルに収入アップが目的の転職が多いですね。

このように同業種への転職はキャリアアップといい理想的な転職です。「よく手に職があればいいね」と言いますが本当にそう思います。しかし実際のところ同業種への転職で年収をアップできるのは独立か、トップレベルの人に限ります。

実際・・・美容院から不動産業界に転職してくる人って相当多いのですよ!殆どが長時間労働と休暇が少ないのに給料が安くて嫌になって転職する人です。また美容室や大工さんなど技術職で働く人はキャリアアップを図りやすいですが、経験やスキルもなく顧客を引っ張ってこれない20代の営業職が、同じ業界の営業職に転職をしてもそれはキャリアアップとは言わず・・・ただの職替えで年収アップはできません!

 

業種への転職事例)

私が働く不動産業界には異業種から転職してくるパターンがとても多いです。車のディーラーの整備工場で働いている人が、社内人事で車を売る営業部署に異動になったけど、元々技術職の人が営業という仕事になじめず結果、数年働いたあとに給与アップを求めて不動産会社に転職。佐川急便のドライバーが不動産営業マンに転職してくるケース、飲食店や保険会社からなど異業種転職ばかりです。

全ての業種や職種にあてはまるとは言い切れませんが、35歳以上になると同業種へのキャリアアップ転職でなければ給与アップの転職先は限られてきます。例えば事務職の人が佐川急便のドライバーに転職するとか、逆に佐川急便のドライバーが不動産会社の営業マンに転職するなどです。
ところが20代は経験も実力も不足で実績がないので、例え異業種への転職だとしても充分にチャンスがあります。私自身も新卒で入社した金融機関より不動産会社に転職をして収入が3倍になりました。

■■■

※ちなみに私が不動産業界に転職をして収入が3倍になった記事はコチラです!

★不動産業界でガッチリ稼ぎたい方は下記の記事を是非お読みください
         ↓
動産業界へ転職を考え宅建Jobエージェントに登録する方は必読

【宅建jobエージェントに無料登録する公式サイトコチラ】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

よく「キャリアアップを目指せ」とか言われるけど、50歳になって社会を見渡しているとキャリアアップで成功している人は稀だと思います。クライアントの企業や知り合いや見聞で周りを見ていると、同業種へ転職するたびにその人の価値が落ち年収も下がっていくような気がしております。逆に美容院で指名が多い人気美容師にはなれなくて引き抜きのキャリアアップもできず、雇われ店長から顧客を引き連れて独立ができないような美容師が低い年収で家族を養えず、お金欲しさだけのために不動産会社に転職をして年収1000万円を超えることができたなど、じつは異業種への転職で収入アップをしている事例の方が多いはずです。

 

■■■

※20代はキャリアップなんて考えなくていいですよ (^_-)-☆

【20代と30代成功への近道】転職がうまくいかないと疲れたらこの方法!

 

 

2:会社のメインである仕事の職種が年収アップのポイントです

企業選びで見逃しがちな転職にとって重要な考えの一つをお伝え致します。
それは転職先候補の会社にとって何がメインの仕事として運営しているかを見極めることです。

例えとして、不動産会社に勤める私のこんな実話を話しますね。

知り合いの塗装会社で職人をしている30代のお兄ちゃんから相談を受けました。建築会社に転職をしたくてA社とB社の2社から内定をもらったけど、どちらにしようか迷っているとの相談でした。

私はB社をオススメしました。何故かと言うとA社の方が会社の規模が大きくバンバン広告も打ち出しているのですが、元々は外壁塗装がメインの会社が建築まで手掛けるようになった経緯を知っていたからです。建築部門ができたことで会社の規模は大きくなったけど、銀行の借金が増えて運転資金などお金に忙しい体質の会社になっていると噂を聞いていたからです。本来の会社の収益を支えているのはいまだ外壁塗装の部門でした。このA社で建築部門の営業職として働くと聞いたので、会社が傾きはじめると、本流の塗装部門の社員以外が切られると想像できました。

一方でB社は規模こそ小さい建築会社ですが、地域密着で着実に建築をとっている会社で塗装職人なども自社職人で運営できている会社なので安定性があるのでB社をオススメしました。

結局、十数年たった今・・・A社は存続はしていますが建築部門とは名前だけで塗装部門の社員以外は人員整理されてしまい、B社に転職をした30代のお兄ちゃんも40代半ばとなり、今では某ターミナル店舗の所長にまでなりました。
転職は転職した直後だけでなく数年先まで見据えたいものです。

そして大切なことはその会社のメインの仕事に携われることが転職先で中心人物として活躍できる可能性が広がり将来の安定につながるということです。

 

■■■

※ちなみに、転職先で中心人物になれるとはこのようなことです

★キャリアアップの成功の秘訣を知りたい方はコチラをお読みください
         ↓

転職30代キャリアアップの成功方法を教えます

3:これから成長する業界へ転職することが年収アップの鍵です

今後もなくならない商品や職業。例えばお酒。人類は古代よりお酒をたしなんでおり、酒という商品にかかわる仕事は続けられる可能性があります。一方でこれからの時代の流れから考えますと大きなポイントはAI時代を見据えることが重要です!

多くの人がご存知のとおり、ファミレスなども料理をロボットが運んでいるAI時代です。世の中は仕事をロボット化に変えようとしております。機械なので正確で仕事の効率化を図ることで生産性もあがり人件費の固定給を減らすことも可能です。よってAI時代の流れを読み取り努力している会社で働くこと年収アップにつながる可能性は高いですね。

逆を言えば工場のライン(ベルトコンベアー)のように黙々と働くような仕事の場合、AI導入する傾向にあるので作業社員減らしの流れは止めることはできません。単純作業はロボットの方が正確で疲れないし作業も早いからです。

顕著な例がガソリンスタンドですね。ここ数年の話で人が減りセルフスタンドが急激に復旧しました。ガソリンスタンドの儲けの仕組みはじつはガソリンを売ることでは儲け幅は少なく、スタンドにきたついでに行い修理とか、冬の石油をトラックで売る販売やルート配達によるガソリン販売が儲けになります。

このようにガソリンスタンドだけでなく、ホテルの受付や商店街のレジも自動化してきておりAI時代は既にやってきているのです。
一方でAI時代になったとしてもほぼ関係ない仕事もあります。保育園・幼稚園・小学校など学校の先生や医療従事者や弁護士など人相手の仕事です。このように世間の流れを把握したうえで転職活動をしてもらいたいと思います。


まずは、転職者の約8割が登録している「リクナビネクスト」に無料登録をして、収入の比較をするのをオススメします (^_-)-☆

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

【リクナビNEXTへの登録はコチラです】

          👇


 

※転職サイトで求人が見つからない人はDODAの非公開求人を見逃しているかもしれません

【DODAは80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です】



このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 



上司との関係に悩む20代と30代つまずく壁は必ずまたやってきます

 

こんにちは、メタボ父さんです (^_-)-☆

本日は休日につきソファーに寝ころびながらゆっくりテレビを見ていました。
安部首相退陣に伴う総裁選について、岸田派の議員が解説をしている姿を見ながらつくづく派閥とか上司との関係次第で人生の矛先や進む道が変わってくるのだと思いをはせました。

ちなみに私は2回転職をしています。
その2回の転職とも上司との関係が悪化した結果の転職でした。
(勿論、転職理由はそれだけではないですが)

要するに、それが私自身が社会人としてクリアーできない壁なんですよね。

だからいくら会社を転職しても同じような悩みにぶつかるのだと思います。

本記事は、上司との関係に悩んでいる20代と30代の方に向けに私の経験談を書きたいと思います。

(ちなみに私自身の信用性という意味で簡単に自己紹介です)

50歳になった私、メタボ父さんは今の仕事を適職と思えるようになりました。

新卒で金融機関に就職をして社会人としてスタートしたけど、お金をもっと稼ぎたかったし、直属の融資課長くらいが自分の出世の限界だと予想もでき、合わない社風に明るい未来が見えず、6年勤めたあとに不動産会社へ転職をしました。

異業種の不動産会社に転職をして金融機関時代より、もっと忙しく死ぬほど働きました。おかげさまで年収も前職より3倍にアップしましたし、マイホームも買うことができました。

でも人間ってどこまでも我がままなんですよね。

お金を稼ぎたくて転職をしたのに、稼げるようになって結婚をし子どもが生まれると「幼稚園の運動会に行きたい」「学校の授業参観に行きたい」「休みに子どもとの時間をとりたい」など思うようになり同じ、不動産業界へ2回目の転職をしました。

2回目で転職をした不動産会社では前職の不動産会社のように一般的なサラリーマン以上の稼ぎはなかったけど、家族との時間も優先できるし、地域に密着した企業で地域貢献など「仕事のやりがい」「公共性」などの充足感が満たされました。

40代で会社の次期社長に指名されました。

先の寿命が読めない大病をしたため、会社の役員にとどまり重圧のかかる社長は断り今に至ります。

つくづく思うのです。

まず、石の上にも3年、3年間は働いた方がいいと思います。だって読者さんも学生時代とか思いかえしてください。きっと部活動やバイト先でも3年その居場所にいたら、けっこうわかってくるじゃないですか?

それでも明るい未来が見えなければ転職していいと思うのです。(20・30代)

そして自分の器に合った会社で働き中心人物になった方が楽しいです。私がまさにそのパターンで会社の規模は小さくても、大手とさほど変わらない給料なのに時間は融通効くし、職位もあがっていくなど仕事がますます楽しくなります。

40歳の後半になると人って人間性が変わらない=人間力が向上して人生哲学ができてきます。

そして、仕事を「天職」または「適職」と思えるようになってくるはずです。

私は自分が働く「不動産業」についてどう思っているかと言うと、音楽が好きな人が音大を卒業して大手の楽器メーカーで働いた後に音楽講師をしながら自分の音楽教室を開くように「天職」と思える仕事になったなどのイメージとは違い「天職」だとは思えなかったですが「適職」だと思えるようになりました。

そして、大手保険会社のようにマイホームを買ったら忠誠心を図るような「踏み絵」のごとく転勤をさせられたり・・・・・

【会社に人生の主導権を奪われすぎてない?】

と会社に自分の大事な人生のかじ取りをされるのは絶対嫌だと思っております。

そして今は毎日を明るく楽しく、一日生きれることに感謝しながら家族と幸せに過ごせております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1:初めて転職を決断したのは上司からのパワハラだった

新卒で知名度もある金融機関に就職をしました。公務員で固い考えの両親は一生懸命育てたかいがあったと大喜びでした。また、やりたい仕事がなく学校の先生に勧められるがまま金融機関を選んだ私自身も納得した就職でした。

でもそのような気持ちで就職すると人生うまくいかないなのでしょうね・・・
融資係一筋の仕事でしたが5年目くらいでやっと、そこそこ仕事の楽しさもわかりはじめたと同時に不安も芽生えてきました。その不安とは、金融機関に就職したものの学歴がないので頑張ってもせいぜい現場(支店)の課長どまりで、自分の能力に自信がない20代でしたから多分、係長が自分の将来像で係長の給与を聞いて愕然としたのです。

融資係だったので不動産会社さんとのお付き合いがあり、個人的にもマイホームが欲しかったので不動産業界にも興味があり不動産業界へ転職を考えました。

退職を決断するまで2年間悩み、やる気がない態度が勤務態度にもでたのでしょう。直属の上司から目をつけられてパワハラ攻撃を受けました。ある意味、そのパワハラ攻撃があり精神的にも体力的にも辛くなったので迷っていた気持ちにふんぎりがつき退職できました。

2:2回目に転職先でも最後は上司との関係悪化が原因だった

初めての転職先は不動産会社でした。
詳細は割愛しますが、歯を食いしばり努力をした結果、トップ営業マンにはなれなかったですが営業のトップグループの一員になれて収入は金融機関時代より上がり精神的にも満たされた日々を過ごしておりました。

ところが4年目にとうとう試練がきました。当時、会社のトップ営業マンを管理職にする人事がありました。営業部が営業1課など複数の課に分かれるのですが、トップ営業マンが初めて持つ課のトップ営業マンとして私が任命されました。いわゆる課の稼ぎ頭に私が選ばれた訳です。

ただ私には嬉しさより不安の方が大きかったです。何故かというと語弊あると恐縮ですが、トップセールスというのはある意味自分中心の性格と仕事を進めている人が多くそのトップ営業マンも典型的な我一番の人でした。そして私とは性格が全く合わず、営業手法も人それぞれありますし、自分を殺してそのトップ営業マンの人の神輿を担ぐ気持ちになれるか自信はなかったです。

案の定、稼ぎ頭の私とは合わず、私も反発する態度になってきました。今までトップ営業で会社の主役だった人が課の成績が上がらず惨めな思いをしている訳です。当然のごとく、課のトップ営業の私への風当たりが強くなり次第に憎しみの感情に変わり頻繁に暴力もでるようになってきました。

(今の時代、暴力はご法度でしょうが、当時は暴力を見逃す会社も多かった)

ちなみに不動産会社は水曜日が定休日で土日は稼ぎ時です。じつは私もその時期に産まれた子どもが成長して、七五三とか運動会など土日に会社を休みたいとの欲が芽生えていた時期でした。人間勝手なまもので金融機関は給料が将来含めて安いからと不動産会社に転職しながら、今度は金融機関の3倍もの年収をもらうようになったら、時間が欲しくなる贅沢病になっておりました。心ではわがまま言ってはいけないと思いつつ、日々の仕事に暴力が加わると社会人としては嫌気がでてきます。
そこで不動産部がある今の会社は知名度と給与もぐっと下がりますが、2回目に転職をしました。

3:現在の会社でも社長との関係性が悪化した

それでは、2度目の今の会社への転職はどうだったでしょうか?
結論から申し上げますと、収入的にも気持的にも大成功だったと思います。
何故かというと、仕事がとても楽しく感じられる程、自分以外の人の為に働けることに喜びを感じられるようになりましたし、今の仕事を人生の適職と思えるようになったからです。

勿論、収入面でも満足しておりますし時間の融通も効くようになりました。そして平成24年に会社の次期社長候補に任命され、サラリーマンとしてはその評価が嬉しいことでした。とは言っても諸々の背景があるので社長職はすぐに受けず現在に至っているのですが、平成24年から社長任命の評価が嬉しく一生懸命働きました。365日のうち360日働き、毎日夜中の0時から朝方3時まで働きました・・・・今年の初め私は病気が発見されました。
それでも仕事が楽しく自分で好きで働いていたので病気が発見されても納得できました。
ただ、社長は病気は年代に合った仕事の仕方や見極めをできなかった自分のせいで病気になったのだと言いました。実際のところ、社長が進めていた海外事業のせいで社内の人事配置が変わり無理をして仕事をしたなど、自分の撒いた負の種はスルーして人への押し付けかよと私も正直悩みました。

一見、仕事の効率化や年代にあった仕事とか管理職なりの仕事をするという正論は正しく聞こえますが、それは人事の問題になるのです。社員教育が必要だと部下のせいにする上役、部下に興味がない上役であれば教育の問題でなく人事転換に問題にしないといけません。
さて、ここから本題ですがそうは言っても私自身も1回目の転職も2回目の転職含めて上司との人間関係が原因という事実があります。結局はこれが私もクリアしないといけない私自身の課題なのです。

4:残念ながら乗り越えられなかった壁は何度でもやってくる

人生は修行でもあり人は経験を積むためにこの世に産まれてくるのでしょうか?
だからこそ、乗り越えられない壁があるとしたら克服するまで試練の壁がくるのでしょうか?
私は上司との関係が悪化した場合、その都度会社を退職してきました。
では今回の社長との関係悪化に対してだした結論はどうしたかと言うと、年齢と持病もあり転職が難しいという側面は全く関係なく、私自身がまだ乗り越えられていない課題と壁だと納得しました。

5:上司との関係を気にせずいられるたった一つの手段とは

上司との関係に悩む20代から30代の方に私は声を大にしてお伝えしたいです。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

20代・30代・40代のいずれかのタイミングはあると思いますが「本気で人生を変えたい」と思ったら一生懸命に仕事をして下さい

縁あって結婚でき子どもを授かると色々な学びがあるので慈悲深さなど心が成長します。

部下をもつようになると人間力が成長します

40歳を過ぎると、人生の積み重ねがあるので人生哲学ができてくると思います。

そしたら人生哲学を持った生き方をしてください。

そうなると「会社に人生の主導権は握られないし、人とのかかわりに悩まず生きることができます!」

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

 

■■■

【リクナビnextに無料登録する公式サイトコチラ】

 

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】



※転職サイトで求人が見つからない人はDODAの非公開求人を見逃しているかもしれません

【DODAは80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



このエントリーをはてなブックマークに追加


人間関係ランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━