【愛犬の行動がもっとわかる!】犬のボディランゲージ基本10選

飼い主の皆さん、初めて犬を飼うとき「会話ができないから心配」「もっと愛犬の気持ちを知りたい!」とか思いませんでしたか?

著者の知り合いでトイプードルと暮らしている30代の女性もこう言ってました!

「犬って顔の表情や吠え方、あと・・・尻尾の動かし方で気持ちを伝えるのですよね」

「そうそう(笑)顔の表情や吠え方、尻尾の動きなど複合的に読み取ることが大事だよね」

会話の相手でもある30代の女性は、私が働く不動産会社が管理しているアパートに住む方で著者の愛犬と一緒の犬種トイプードルと暮らしております。30代のこの女性は一人暮らしで愛犬の気持ちをもっと深く知りたいと思っていました。何故かと言うと、彼女は仕事に追われる中で、家に帰ると愛犬とのほっこりした時間を大切にしています。最近、愛犬の行動に深い意味があることに気づき、もっと愛犬とのコミュニケーションを向上させたいと考えだし、同じ犬種のトイプードルと暮らす私に「犬のボディランゲージ」について質問してきました。

彼女は、犬のボディランゲージを理解することで、愛犬が抱える気持ちをより細かく読み解き、深い絆を築けると考えているようでした。そして、愛犬とのコミュニケーションを通じて自分のストレスも発散し、よりリラックスして愛犬と生活をしたいと望んでいます。

犬の基本的なボディランゲージを理解しておきたい
犬の気持ちに寄り添ってあげたい
犬の気持ちがわかる飼い主になりたい

この彼女のように願う飼い主さんは多いと思います。勿論、私も一緒です。犬たちの視線やしぐさに隠された言葉、それがボディランゲージです。飼い主である私たちがそのサインを理解し、共感することで、深い絆が生まれます。だからもっと犬のボディランゲージを理解して愛犬とより深いコミュニケーションを築きたいと思っております。

まだ、愛犬が何を伝えたいのかわからない、行動が理解できずに悩む飼い主さんは是非、最後までこの記事を読んでください。きっと、読み終わる頃には「あっ!あの仕草はこんな気持ちだったのか?」と気づきが一つ二つ発見できるはずです(^_-)-☆

 


【簡単に自己紹介】

改めまして、メタボ父さんです(^_-)-☆


令和2年9月より、初めてトイプードルと暮らし始めました (^^♪
色はレッドで名前はミート(meet)と言います。
身体の色がミートボールみたいだからミートです(笑)
但し、女性陣よりmeetにするようにと要望がありました!
出会えたという意味でとの事。
七夕(たなばた)産まれの愛犬ミート(meet)は3歳になりました。

もう可愛くて仕方がないですよね (^^♪

【愛犬のミート(meet)君です】

ちなみに本ブログは、今までの体験や悩み相談しながら解決してきた情報を

(第1話)から時系列にまとめております。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━
ペット飼育のお悩みについて、飼い主どうしでQ&Aで質問できるサイトがあ ります。

★登録も簡単
★料金も無料!

そして何より体験談を聞けるのでオススメのサイトです(^^♪

【DOQAT(ドキャット)の登録はコチラから】
      ⇩
ペットの悩みQ&A【ドキャット】
<PR広告>

累計4万頭の子犬が利用していて、獣医師の完全監修である「こいぬすてっぷ」通信口座で勉強するのもいいかもしれません。

可愛い愛犬のために (^_-)-☆

累計4万頭以上の子犬が受講【こいぬすてっぷ】

<PR広告>


━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

(第100話)
【愛犬の行動がもっとわかる!】犬のボディランゲージ基本10選

「愛犬との深い絆を築く秘訣はボディランゲージの理解。喜びや不安を見抜き、適切な対応で共に豊かな日常を楽しもう。」

『※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています』

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

 

(目 次)

第1章:1:犬のボディランゲージの基本理解

(1-1)ボディランゲージとは何か?

(1-2)犬のボディランゲージの種類と意味

(1-3)愛犬のボディランゲージを正しく読む方法

第2章: 愛犬のボディランゲージが示す気持ち

(2-1)幸福や興奮のサイン

(2-2)不安やストレスの兆候

(2-3)病気や不快感を示すボディランゲージ

第3章: 犬のボディランゲージの変化と対処法

(3-1)成長や年齢に伴うボディランゲージの変化

(3-2)状況や環境によるボディランゲージの変動

(3-3)問題行動に対する適切な対応方法

第4章: ボディランゲージついてよくあるQ&A

(4-1)オシッコをした後に後ろ足で地面を蹴るのは何故?

(4-2)身体を地面にこすりつけるのは何故?

(4-3)犬が夢中で穴堀するのは何故?

第5章: こんな時に愛犬はどんな気持ち?

(5-1)尻尾をピタッと止まりじっと飼い主を見つめている時

(5-2)尻尾の振り方が早い時と遅い時の気持ち

(5-3)尻尾を足の間や股に挟み座りこむ時の気持ち

(5-4)身体をブルブルと振るわせる時の気持ち

(5-5)前足をペロペロと舐める時の気持ち

(5-6)後ろ足を上げて顔や身体を掻く時の気持ち

(5-7)お尻を高く上げてバックスタイルになった時の気持ち

(5-8)毛布などを噛みじっと座っている時の気持ち

(5-9)飼い主の足元に寄り身体をこすりつける時の気持ち

(5-10)犬同士で顔を近づける時の気持ち

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

(本 文)

第1章:1:犬のボディランゲージの基本理解

犬のボディランゲージの基本理解
犬たちが愛情や不安、喜びを伝える方法は、我々の言葉とは異なります。その秘密の言葉を知り、理解することは、我々と愛犬との絆を深める鍵となります。この記事では、「犬のボディランゲージ」の基本的な理解に焦点を当て、愛犬との心のコミュニケーションを向上させる方法を紐解いていきましょう。

絶え間ないコミュニケーションのボディランゲージ。
愛犬との心の交流は、ボディランゲージを読み解くことから始まります。尾の振り方、耳の動き、姿勢の変化―これらは彼らが伝えたい感情や気持ちの表れです。飼い主がこれらのサインを正しく理解できるかで犬の気持ちを察してあげられる飼い主になれます。

言葉にできない喜びと不安、それぞれのサイン。
例えば、飼い主が帰宅すると愛犬が喜び尾をブンブン振りながら飼い主を見上げます。
<私が帰宅すると喜んで玄関まで迎えにくるミート君の写真です>

逆に不安やストレスを感じている時は、尾を下げて耳を横に倒します。
<体調が悪いときのミート君の写真です>

これらの微妙な変化を見逃さずに捉え、理解することで、我々は彼らが心から幸せを感じているのか、あるいは何かに不安を感じているのかを把握できるのです。

正確な理解がもたらす信頼の向上。
このような犬のボディランゲージを正しく理解することは、愛犬からすると、自分のことをわかってくれているんだと飼い主への信頼が生まれます。そうですよね?耳を横に倒している時には、犬が興奮している可能性があると想像して適切な対応ができます。だから犬は飼い主に対して安心感を抱きます。まるで子育てしている親子関係と一緒ですね (^_-)-☆

データと実例で探る、犬のボディランゲージの奥深さ。
本記事では、著者の愛犬トイプードルで実際の写真を見ながら、飼い主の立場としてこれだけは覚えていて損はないボディランゲージの基本を紹介していきます。愛犬が我々に伝える気持ちを正しく理解することで、彼らの気持ちに寄り添うことが、愛犬との深い絆を築くための鍵です。

(1-1)ボディランゲージとは何か?

当たり前ですが、犬も個性や性格の違いがあります。活発な子(犬)もいれば臆病な子(犬)もいるわけですが、犬の気持ちを知りたいときは、愛犬の「顔の表情」「目・鼻・耳・尻尾の動き」「吠え方」「身体の動きやポーズ」で大よその気持ちを想像できます。
だけど吠え方だけで犬の気持ちを知ることはできません。怒った顔でワンワンと吠える場合や要求吠えなど、文脈を読みとるように複合的に判断することが必要です。そこで大事なことは愛犬の性格を飼い主があよく理解した前提でボディランゲージを
読みとることが大切になります。

(1-2)犬のボディランゲージの種類と意味
犬のボディランゲージには様々あります。それぞれが異なる感情や意味を持っています。
「顔の表情」
「吠え方」
「目・鼻・耳・尻尾の動き」
「身体の動きやポーズ」

犬の耳や目の動きは感情の指標であり、特定のポーズや表情が異なります。
また、
興奮した犬は尾を高く振り、リラックスした状態では尾が下がります。また、怯えた犬は耳を後ろに下げ、眼差しを逸らすことがあります。異なるボディパーツの動きやポーズには異なる意味があり、これを理解することで犬の感情や状態を正確に読み取ることが可能です。
ちなみに、全てのボディランゲージについて書き出すと相当な文字数になり読者さんも大変なので、本記事では、
「目・鼻・耳・尻尾の動き」「身体の動きやポーズ」に焦点をあて解説していきます。

① 「顔の表情」については、コチラの記事を読んでください。

【飼い主必見】犬の感情を見逃すな!(表情から学ぶ解読のコツ5選)

【犬の心をつかむ秘訣!】犬とアイコンタクトは必要ですか?(実例写真で解説)

(1-3)愛犬のボディランゲージを正しく読む方法

愛犬のボディランゲージを正しく理解するためには、総合的な観察が必要であり、耳、目、口、尾などのサインを組み合わせて考えることが重要です。 犬のドックトレーナーは、ボディランゲージを正確に理解するためには全体像を見ることが不可欠であると指摘しています。例えば、犬が威嚇している場合、尾は高く持ち上げられ、耳は前に立てられ、目つきは鋭くなります。これらを組み合わせて考えることで、その犬の気持ちをより正確に把握できます。だから 犬のボディランゲージを正しく読むには、各サインを組み合わせて総合的に観察することが必要です。

第2章: 愛犬のボディランゲージが示す気持ち

愛犬のボディランゲージが示す気持ち
愛犬との心のやりとりは、彼らのボディランゲージを読み解くことから始まります。時折、犬が我々に伝えるサインは微妙で、しかし深い意味が込められています。この記事では、「愛犬のボディランゲージが示す気持ち」に焦点を当て、喜びや不安、さらには健康状態までをも読み解くカギを握る方法について探求していきましょう。

犬たちの微細なサイン、私たちにはどう見える?
犬たちは言葉で気持ちを伝えることができませんが、その代わりに様々なボディランゲージを用います。例えば、尾の振り方が速い時、それは喜びや興奮を表しています。逆に、尾を下げている時は不安や恐れを感じているかもしれません。これらの微妙なサインを見逃さずに、彼らの気持ちに敏感になることが重要です。

(2-1)幸福や興奮のサイン

犬が幸福に感じたり興奮している時、尾の振り方や体の動きが活発になり、明るい表情や興奮した吠え声が見られます。

犬が幸福や興奮しているときには、軽快で振り回すような尾の動きや、前足をついて遊びのポーズをとることが一般的です。これは犬の喜びや興奮を示す典型的な行動です。 例えば、飼い主が帰宅した際、愛犬が嬉しそうに尾を振りながらぴょんぴょんと飛び跳ねる場面が考えられます。

<ママが帰宅しドアの前で待ちきれず飛び跳ねるミート君の写真>



また、散歩の際に新しい友達と遭遇した際にも、興奮して尾を振りながら近寄っていく様子があります。犬が幸福や興奮している時には、活発なボディランゲージが見られます。

犬の幸福を感じる瞬間、そのサインとは?
幸福な気持ちを感じている愛犬は、どのようなサインを見せるのでしょうか?例えば、尾を振りながら顔を舐める姿勢や、安心してお腹を見せながら、前足をペロペロと舐める仕草は、彼らがリラックスして幸せを感じているサインです。

これらの瞬間を見逃さずに、飼い主の我々が高い声で語りかけると犬の満足度やあ幸福度がアップするので試してみてくださいね (^_-)-☆

(2-2)不安やストレスの兆候

不安やストレスを感じている犬は、耳や尾の位置が下がり、体がこじれたり震えたりすることがあります。また、避ける行動や唇をなめる行動も典型的な兆候です。不安やストレスは犬の行動に大きな影響を与えます。例えば、耳が後ろに下がり、尾が引かれることは、犬が状況に対して不安や警戒心を抱いている可能性が高いとされています。

例えば、新しい環境や大勢の人々に囲まれると、一部の犬は不安を感じ、耳を下げたり身を縮めたりします。雷や花火の音に敏感な犬も同様です。

 

不安や病気を示すボディランゲージ、見逃さないで。
愛犬が不安や病気を感じている場合もあります。例えば、耳を横に倒し、尾を挟む仕草や、無理に笑顔を作るような口元の変化は、彼らが何かしらの不快を感じている可能性があります。
<股に挟むように尻尾が垂れさがった写真>

上記の写真は、愛犬ミート(meet)が、腰を捻ってしまい体調が悪くなった時の写真です。
早朝の散歩に行く前にひょんな事で腰を捻ったのか明らかに鳴き方がおかしかったんですよね。その後は痛いせいか小刻みに震えだして、鼻水もでてきました。そしてオシッコもケージで」なく抱っこしたらちびってしまうほどでした。

人間の感覚で言うと風邪をひいたかと判断しがちですが、私は以前に同じように愛犬が足をくじいた飼い主さんの話を聞いていたので風邪とは違うと思いすぐに動物病院に連れていきました。椎間板ヘルニアの疑いもあり心配しましたが、痛み止めの注射と点滴で翌日にはいつもどおり元気になり安心した経験があります。

このようなサインを見逃さずに、早めに適切なケアやサポートをすることが愛犬の健康を守るカギとなります。

(2-3)病気や不快感を示すボディランゲージ

犬が病気や不快感を感じている場合、食欲の減退、体重の変化、特定の部位の舐め行動、異常な姿勢や動作が見られることがあります。犬のボディランゲージには健康状態の指標が現れることがあります。特に、突然のボディランゲージの変化は病気や不快感のサインとなることが多いです。

例えば、犬が特定の部位を舐めすぎていたり、特定の姿勢を避けたりする行動が見受けられる場合、それは疼痛や不快感を示している可能性があります。 犬のボディランゲージによって病気や不快感を察知することで、早めに動物病院に連れていく判断を飼い主はできるようになるはずです。

第3章: 犬のボディランゲージの変化と対処法

犬のボディランゲージの変化と対処法
愛犬が日々の生活や環境の変化に対応するために使うのが、彼ら自身の「ボディランゲージ」です。彼らが表すさまざまなサインは、時には我々に気付かせてくれる変化や問題行動を示唆しています。この記事では、「犬のボディランゲージの変化と対処法」に焦点を当て、飼い主が気を付けるべきサインとその対処法について詳しく探ります。

(3-1)成長や年齢に伴うボディランゲージの変化

犬の成長と年齢に伴うボディランゲージの変化
犬は成長するにつれて、そのボディランゲージも変わっていきます。子犬の頃は好奇心旺盛で活発なサインが見受けられますが、成犬になると穏やかな様子が増えることも。この変化を理解することで、飼い主は犬の年齢に合わせた適切なケアを提供できるでしょう。

(結論)
成長や年齢に伴う犬のボディランゲージの変化は自然な現象であり、飼い主は成長段階や年齢に合わせた理解と対応が必要です。

(理由や根拠)
犬は成長段階や老化に伴って体力、行動、ボディランゲージが変化します。例えば、毎朝の散歩で会う、トイプードル桃ちゃんの飼い主さんから聞いた話をします。桃ちゃんは子犬のときは活発で遊び好きな子で特にボール遊びが大好きだったんですって。遊ぶ前のお尻を高く上げたバックスタイルが「よ~し遊ぶよ」の合図だったらしいです(笑)
ところが7歳を超えた頃(いわゆるシニア犬)から運動量が減少し、遊ぶ前のバックスタイルもしなくなり、座って前足でボールをいじる程度になってしまったそうです。

※ちなみに、我が家の愛犬ミート(meet)も遊ぶ前にお尻を高く上げます。


(まとめ)
このように成長する過程で、前足をついて尾を高く上げるポーズが減少し、より冷静で穏やかな表情に変化することがあります。高齢犬では、立ち上がりや歩行に支障が生じ、それがボディランゲージの変化として表れることがあります。このような成長や年齢に伴うボディランゲージの変化は正常な現象であり、飼い主はこれを理解し、適切に対応することで愛犬の生活の質を向上させることができます。

(3-2)状況や環境によるボディランゲージの変動

状況や環境によるボディランゲージの変動
犬は状況や環境に敏感で、変動に敏感なサインを見せることがあります。例えば、新しい場所や新しい人に対する興奮や不安など。これらの変動を理解し、適切にサポートすることで、犬は安心感を得て新しい環境に順応できるようになります。

(結論)
犬のボディランゲージは状況や環境によって変動し、新しい状況や不安定な環境では特に注意が必要です。飼い主は犬の反応を観察し、安心感を提供することが重要です。

(理由や根拠)
犬は環境や状況に敏感であり、それによってボディランゲージが大きく変わることがあります。新しい場所や人々、他の動物との接触などが挙げられます。

(実例)
例えば、新しい家庭環境に慣れていない子犬は、耳を後ろに下げ、尾を引いて緊張している様子を見せることがあります。また、犬同士の社交行動においても、環境の変化により異なるボディランゲージが現れます。

(まとめ)
飼い主は犬が新しい状況や環境に適応できるよう、ゆっくりと慣れさせる工夫が必要であり、その過程でのボディランゲージの変化を理解し、サポートすることが重要です。

(3-3)問題行動に対する適切な対応方法

問題行動に対する適切な対応方法
時折、犬が問題行動を示すことがあります。例えば、噛み癖吠え癖引っ張り癖など。
これらの行動は彼らが何かしらの不満やストレスを抱えているサインかもしれません。
それらの問題行動が示すサインを理解し、適切なトレーニングや対応方法をご紹介します。

(結論)
問題行動に対する適切な対応は、犬のボディランゲージを注意深く観察し、その根本的な原因を理解することにあります。

(理由や根拠)
 問題行動は犬が不安やストレスを感じた結果として現れることがあります。このため、問題行動に対処するには、その背後にある感情や状態を理解し、ポジティブなトレーニングを通じて望ましい行動を促進することが効果的です。

(実例)
 例えば、犬が吠える行動が問題となった場合、吠える状況や原因を特定し、その状況での望ましい行動を学ばせるトレーニングを行うことが重要です。必要に応じて、獣医と協力して健康面の問題を排除することも考慮されます。

(まとめ)
 問題行動に対する適切な対応は、ボディランゲージの変化を観察し、原因を理解した上でポジティブなアプローチを用い、トレーニングや獣医の協力を得ることで、より良い行動パターンを経験させる必要があります。我々と同じように、犬たちも日々の変化に対応し、時にはストレスを感じることもあります。専門家の意見や実例を通じて、飼い主が犬の変化を理解し、的確に対処することで、彼らの心の平穏を保ち、共に幸せな日々を築く手助けとなるでしょう。


【関連記事】

【ドックカメラ活用術!】愛犬の分離不安と寂しがりの違いを見分けましょう(トイプードル編)

【もう試しましたか?】インターホンに吠える犬のしつけ対策10選

第4章: ボディランゲージついてよくあるQ&A

ボディランゲージにまつわるよくあるQ&A
犬たちとのコミュニケーションにおいて、「ボディランゲージ」は不可欠な鍵となります。しかし、私は全ての「ボディランゲージ」を神経質になって読みとる必要もないと思っています。勿論、愛犬のサインを正しく理解することは大事ですが、犬の本能的な「ボディランゲージ」をいちいち行動の意味まで深堀りして考えなくてもよいと言う事です。
その犬の本能による代表的なボディランゲージをQ&Aの形式で3つ紹介しますね (^_-)-☆

 

(4-1)オシッコをした後に後ろ足で地面を蹴るのは何故?

Q1: オシッコをした後に後ろ足で地面を蹴るのは何故?

犬がオシッコをした後に後ろ足で地面を蹴る行動は、彼らが自分の存在をアピールするための自然な行動です。このサインにはどんな意味が込められているのか、そしてなぜ彼らがこの仕草をするのかについて解説します。

(結論)
 犬がオシッコをした後に後ろ足で地面を蹴る行動は、テリトリーをマーキングし、他の犬に臭いを広げるための自然な行動です。足の裏にある汗腺を地面にこすりつけることで、自分の匂いをつけることをしているんですね。だから散歩をしていると、地面だけでなく道路のアスファルトでもやります。読者さんも、愛犬の行動をちょっと観察してみてくださいね。

(理由や根拠)
他の犬や動物に自分の存在をメッセージで送ります。この行動は、動物行動学的な研究や犬の社会性に関する研究によって裏付けられています。

(実例)
 例えば、散歩中に他の犬が同じ場所でオシッコをすると、後から来る犬が同じように後ろ足で地面を蹴り、その場所に自分の臭いを残すことが観察されます。

(まとめ)
オシッコをした後の後ろ足での地面蹴りは、犬のテリトリー行動の一環であり、他の犬に対してメッセージを送る自然な行動です。

(4-2)身体を地面にこすりつけるのは何故?

Q2: 身体を地面にこすりつけるのは何故?


愛犬が身体を地面にこすりつける行動にはさまざまな理由があります。

(結論)
犬が身体を地面にこすりつける行動は、「身体に匂いをつけたいとき」「身体がかゆいとき」「単純に楽しみの表現」など、様々な目的が絡んだ自然な行動です。

(理由や根拠)
よく聞くケースで言うと、地面にいるミミズの匂いが好きな犬は地面に身体をこすりつけるとかの話を聞いたことありませんか?また単純に身体が痒いときにこすりつける行動をするかもしれません。このように身体を地面にこすりつける行動には複数の理由が考えられます。これは犬が環境に馴染むための行動や、皮膚のかゆみを和らげるための行動、または単純に楽しいと感じるための表現行動とされています。

(実例)
例えば、我が家に愛犬ミート(meet)が地面に身体をこすりつける行動をするときは、大きな公園で遊ぶときです。嬉しそうに遊んでいるときに身体を地面にこすりつけます。草むらや地面に身体をこすりつけながら喜んでいるのでしょうね (^_-)-☆


散歩中のアスファルト道路でも身体をこすりつけるのでミミズの匂いが好きとは思えないのですよね(笑)

(まとめ)
身体を地面にこすりつける行動は、犬が異なる目的で行う自然な行動であり、その理由は様々であることを理解することが重要です。

(4-3)犬が夢中で穴堀するのは何故?

Q3: 犬が夢中で穴を掘るのは何故?

穴を掘る行動は、犬たちにとって本能的であり、彼らが欲求やエネルギーを発散する手段の一つです。なぜ犬が夢中で穴を掘り、その行動が示す意味について、理解を深めます。

(結論)
犬が夢中で穴堀りをする行動は、本能的な探検欲求や遊びの一環、またはエネルギーの発散といったさまざまな理由が絡んでいます。

(理由や根拠)
 犬が穴を掘る行動には複数の理由が考えられます。これは本能的な掘る行動が祖先から受け継がれていることや、環境の中で新たな感覚を得るための探検欲求などが影響しています。

(実例)
例えば、我が家の愛犬ミート(meet)は子犬の頃は、庭先にだすと庭の土でよく穴掘りをしたんですよね。でも1歳をすぎた成犬になると庭で穴を掘ることはしなくなりましたが、何故か散歩中や公園でたまに穴を掘り始めたりまします。多分これは新しい匂いや地下の何かに興味を持っている感じで、
犬が余ったエネルギーを発散する手段として穴を掘っている気がするんですよね。きっと若い犬や活発な犬種は、穴掘りが遊びの一環として楽しいだけで深い意味はないと思っております。

第5章: こんな時に愛犬はどんな気持ち?
我々と共に生活する愛犬たちは、そのボディランゲージを通じて様々な気持ちを表現します。時には尾を振りながら喜びを示し、またある時はじっとして不安を感じていることも。最後にこの記事で読者さんに伝えたかったことを話します。

「犬とのアイコンタクトや表情で愛犬の気持ちはある程度察しできます。」
「でもボディランゲージを理解したらもっと愛犬の気持ちが理解できます。」
「だから、これだけは覚えたい犬のボディーランゲージ10選を紹介します。」

【愛犬の行動がもっとわかる!】犬のボディランゲージ基本10選 (^_-)-☆

(5-1)尻尾をピタッと止まりじっと飼い主を見つめている時

愛犬が尻尾をピタッと止めてじっと飼い主を見つめる瞬間は、彼らの深い信頼と愛情を感じさせる瞬間です。この状態が続くと、彼らは我々に対して特別な感情を抱いていることが伺えます。

(結論)
尻尾をピタッと止めてじっと飼い主を見つめる時は、愛犬が「なんだろう?」と思っているときに見られるボディランゲージです。

(理由や根拠)
犬の専門家によれば、尻尾を低く抑えずに止めている場合、これは穏やかな好奇心や興味、または飼い主に対する信頼を示す行動とされています。

(実例)
 例えば、散歩中に突然立ち止まり、尻尾をピタッと止めて飼い主を見つめる場合、信頼する飼い主さんに「どうする?」と問いかけしています。

<この写真は愛犬ミート(meet)が嫌いなトンネルを進むか振り返り聞く写真です>

(まとめ)
尻尾をピタッと止めて飼い主をじっと見つめる行動は、愛犬が興味深い状況に注意を払っていることを示し、その瞬間を共有しようとしている可能性が高いで
す。


【関連記事】
※ちなみに、我が家の愛犬ミートは、子犬のときに「トンネル」と「側溝」そして「階段」が苦手でした。成犬になって克服できたのは「階段」だけ。皆さんの愛犬はいかかですか?

【犬がトンネルを怖がる!】散歩中に立ち止まる理由と対処法を飼い主が解説

【犬が散歩中に踏ん張る!】側溝を嫌がる理由を写真付きで解説します!

【階段は犬にとって危険な場所!】子犬が散歩で階段を登れない理由を知りたい!

【小型犬が散歩で苦手なこと3選】1年後に克服できたか解説します!

(5-2)尻尾の振り方が早い時と遅い時の気持ち

尻尾の振り方や速さで愛犬たちが感じている気持ちを理解できることがあります。振り方が速い場合は興奮や喜び、逆に遅い場合はリラックスや安心を感じている可能性があります。とは言え、速い振り方でもブルブルっと身体ごと小刻みに震わせているときは緊張をしたいたり、自分から緊張をほどくボディランゲージだったりするので微妙な変化を見極める飼い主さんにならなければいけません。

(結論)
尻尾の振り方が早い時は喜びや興奮を示し気持ちがハイテンションになっています。また左右にユッサユッサと大きく尻尾を振るときもご機嫌なときが多いです。
一方で、遅い時やブルブルと尻尾が震えている時は、緊張していたり不安を表している可能性があります。

(理由や根拠)
尻尾の振り方や速さは犬の感情を示す指標となります。早く振る場合は、喜びや興奮が高まっていることが考えられ、逆に遅く振る場合は緊張や不安が影響している可能性があります。

(実例)
例えば、飼い主が帰宅した時に尻尾を高速で振る場合、これは愛犬が喜びや興奮を感じているサインとなります。一方で、新しい環境に慣れていない場面で尻尾を遅く振る場合、これは緊張や不安を感じている可能性があります。

(まとめ)
 尻尾の振り方や速さは愛犬の感情を理解する手がかりであり、飼い主はこれを注意深く観察することで適切なサポートが可能です。

(5-3)尻尾を足の間や股に挟み座りこむ時の気持ち

尻尾を足の間や股に挟みながら座る姿勢は、愛犬が不安や緊張を感じている可能性が高いサインです。この姿勢が見られる時は、優しく抱っこしたり安心させるようにしましょう。

(結論)
尻尾を足の間や股に挟み座りこむ行動は、愛犬が不安や緊張を感じている可能性が高いです。私が通う動物病院の先生に聞いた話ですが、
犬は不安になったり怯えたときはお尻の匂いを隠す習性があるそうなんです。ほら、散歩のとき犬同士がお尻の匂いを嗅ぎ合うでしょう。肛門腺からの匂いで若い雄か、去勢しているかなど色々な情報がわかるらしいので。

(理由や根拠)
尻尾を挟み込んで座りこむ行動は犬が緊張や不安を感じているときに見られる典型的なサインです。この行動は、肛門腺の匂いを隠す犬の行動で相手に自分の弱点を知られないようにする行動です。つまり飼い主は、犬が尻尾を巻いたり、股に挟むように下げたら、
犬が不安になっていることを理解しましょう。愛犬が緊張する状況では、尻尾を挟み込んで座りこむ姿勢が見受けられます。

(5-4)身体をブルブルと振るわせる時の気持ち

身体をブルブルと振るわせる行動も色々な要素が隠されております。まず当たり前な話からすると、お風呂あがりや雨で身体が濡れた後に身体をブルブルと振るわせて水気をとります。我が家の愛犬も月1回くらいお風呂で洗いますが、身体を一気に振るわせて水滴をとります。その他、愛犬が興奮や喜びを感じている時にもよく見られます。この時は、一緒に楽しい時間を共有して、彼らのエネルギーを発散させることが重要です。

あと一番見られる行動は、緊張をほぐしたり気持ちを切り替えたいときに必ず身体を振るわせます。例えば、私が無理やり抱っこしてやっと降りれた~のタイミングで床に下すと身体を振るわせます(笑)

(5-5)前足をペロペロと舐める時の気持ち

前足をペロペロと舐める仕草は、愛犬が自分をなめることで安心感を得ている感じです。この時は、愛情を込めて撫でてあげることで、彼らの安心感が一層増します。
また、「暇だなぁ~」のタイミングで前足をペロペロと舐めている場合もあります。

(結論)
前足をペロペロと舐める行動は、愛犬がリラックスし、安心感を得ている時や、ストレスを軽減するために行われることがあります。また「暇だなぁ~」の気持ちの時もこの仕草をします。

(理由や根拠)
犬の行動学によると、前足をペロペロと舐める行動は、愛犬が自分をなめてリラックスし、ストレスを軽減する行動とされています。これは愛犬が安心感を得るための一環と考えられます。

(実例)
例えば、飼い主と一緒に過ごす時間や、居心地の良い場所で寛いでいる時に、犬が前足をペロペロと舐める様子が見受けられます。また、緊張や不安を感じている時にもこの行動が見られることがあります。

(まとめ)
 前足をペロペロと舐める行動は、愛犬がリラックスし安心感を得ている時や、ストレスを軽減するための自己ケアとして行われる行動です。飼い主はこの行動を観察し、犬が安心しているかどうかを判断する手がかりとすることができます。

(5-6)後ろ足を上げて顔や身体を掻く時の気持ち

緊張をほぐすボディランゲージで、後ろ片足を上げて顔のあたりを搔く仕草もあります。

勿論、痒くてこの仕草をする場合もあるでしょうが、「緊張をほぐしたいタイミングなんだろうなぁ」我が家の愛犬ミート(meet)も後の片足を上げて身体を搔きますね。


あと「あくび」は緊張をほぐす行動を言われており頻繁に見られます! (^_-)-☆

(結論)
後ろ足を上げて顔や身体を掻く行動は、愛犬がかゆい部分を掻いて快適さを取り戻そうとする自然な行動であったり、緊張をほどくため、または匂いを残すためにも行われることがあります。

(理由や根拠)
動物行動学の研究によれば、後ろ足を上げて掻く行動は、かゆみを感じている部分を掻くことで快適さを取り戻そうとする行動とされています。また、匂いを残すために身体を掻くことも、犬にとって自然な行動の一つです。

(実例)
例えば、散歩の帰りに犬が足を上げて顔や身
体を掻く様子が見られる場合、これは散歩中についた異なる匂いを身体につけ、自分の存在をアピールする行動か、かゆみを感じている可能性があります。

(まとめ)
 後ろ足を上げて顔や身体を掻く行動は、かゆみを感じている部分を掻くことで快適さを取り戻そうとする自然な行動であると同時に、匂いを残すためのコミュニケーション行動でもあります。飼い主は犬がかゆみを感じているか、異なる匂いを身体につけているかを観察し、必要に応じてケアや注意を払うことが重要です。

(5-7)お尻を高く上げてバックスタイルになった時の気持ち

お尻を高く上げてバックスタイルになる瞬間は、犬たちがコミュニケーションをとる上での特別な仕草の一つです。このポーズが表すのは、彼らがリラックスしていることや、プレイフルな気分である可能性があります。この状態が続くと、我々との絆がより一層深まることでしょう。

(結論)
お尻を高く上げてバックスタイルになる行動は、愛犬が興奮やプレイのサインを送っている場合があります。また、他の犬に対してリーダーシップや挑戦を示す行動としても見られます。

(理由や根拠)
犬のコミュニケーションにおいて、お尻を高く上げてバックスタイルになる行動は、プレイの誘いや他の犬に対する挑戦を示す典型的な行動とされています。また、これは社会的な意味合いでリーダーシップを示すこともあります。

(実例)
例えば、犬同士が遊び始める際に、お尻を高く上げてバックスタイルになることがあります。これは相手犬に対して「遊ぼう」というサインを送るとともに、社会的なコミュニケーションを築く一環となります。

(まとめ)
 お尻を高く上げてバックスタイルになる行動は、興奮やプレイのサインを示すだけでなく、他の犬に対してリーダーシップや挑戦を示す自然な行動でもあります。飼い主はこれを理解し、犬同士のコミュニケーションを促進する際に注意深く観察することが重要です。

(5-8)毛布などを噛みじっと座っている時の気持ち

毛布やおもちゃを噛みじっと座っている瞬間は、愛犬たちが自分の安心の場を見つけている証拠かもしれません。この姿勢が示すのは、彼らがリラックスして自分のスペースで過ごしていること。この行動の裏にある気持ちに迫ります。




(結論)
毛布などを噛みながらじっと座っている行動は、犬が安心感やリラックスを求めている時や、遊びの一環として行っている可能性があります。

(理由や根拠)
この行動は、犬が周囲の環境に対して安心感を得るために自分の臭いを付ける行動の一環と考えられます。また、愛犬が毛布などを噛みながら座っている時は、遊びの準備やリラックスの一環として行われることがあります。

(実例)
例えば、我が家の愛犬ミート(meet)の行動より、毛布をかじるときは安心している居場所をみつけたときだとわかります。
「もう少し具体的に説明しますね」

愛犬ミート犬(meet)がいつも座るソファーに愛犬がお気に入りに毛布を置いています。
愛犬がソファーに移動し、赤ちゃんがおしゃぶりするように毛布を噛みだしたタイミングで毛布を奪い取ろうとすると「ウーッ!」と唸り嫌がります(笑)

きっと、落ちついた居場所で座っているのに邪魔されて嫌なのだと思います。毛布を噛み、その臭いを自身に付けて安心感を得る様子が見受けられます。

(まとめ)
毛布などを噛みながらじっと座っている行動は、犬が安心感やリラックスを求めている時や、遊びの一環として行っている可能性があります。飼い主がこれを理解していたら、そっとしておいてあげることが大切です。犬も構いすぎはよくありませんからね (^_-)-☆

(5-9)飼い主の足元に寄り身体をこすりつける時の気持ち

飼い主の足元に寄り添い、身体をこすりつける瞬間は、犬たちが飼い主への「ちょっとちょっと」や「ねぇ~ねぇ~」と話しかけているタイミングででるボディランゲージです。この仕草が見られる時は、なるべく無視するのはやめましょう。

(結論)
飼い主の足元に寄り身体をこすりつける行動は、愛犬が何かを訴えているサインです。
犬のコミュニケーション行動において、身体を飼い主にこすりつけることは、親密な関係や愛情を表す一環とされています。これは犬が安心感を得たり、飼い主との絆を強化しようとする自然な行動です。 例えば、飼い主が帰宅した時に愛犬が足元に寄り、身体をこすりつける様子が見られます。これは飼い主に対する愛情表現であり、犬が安心していることを示しています。だから、 飼い主の足元に寄り身体をこすりつける行動は、愛犬が安心感や愛情を求めている時に見られるコミュニケーション行動であり、飼い主との絆を深める大切な瞬間でもあるのですから無視はやめましょうね。
とは言え・・・私も寒い日に散歩に行きたくなくて無視するとこのような表情になります。


ね、大体・・・顔を見たら気持ちはわかります(笑)

(5-10)犬同士で顔を近づける時の気持ち

犬同士が顔を近づける瞬間は、彼らのコミュニケーションにおいて非常に重要です。この行動が示すのは、愛情や信頼だけでなく、お互いの存在を尊重し合っていること。

(結論)
犬同士で顔を近づけ合う行動は、友好や信頼関係を築こうとする姿勢を示す一方で、時には挑戦や警戒のサインともなります。状況や表情を注視することが重要です。

(理由や根拠)
犬同士で顔を近づける行動は、社会性やコミュニケーションの一環として解釈されます。これは相手犬との親密な関係を築くために行われる一方で、相手に対して挑戦的な態度を示す場合もあります。

(実例)
例えば散歩していると犬と合うじゃないですか?気が合わない犬は無視したり吠えたりしますが、お互いに興味があると最初は鼻をくっつけるような行動をとります。そしてお互いのお尻の匂いを嗅ぎ合います。

このように犬同士が顔を近づけながら嗅ぎあったり、舐めあったりする様子が見られます。これは相手犬との信頼関係を築こうとする行動である一方で、時には相手に対して自分の存在を示すための行動とも言えます。


(最後に)
愛犬たちのボディランゲージには、我々が知りたい、知っておくべきさまざまな気持ちが込められています。後ろ足を上げて顔や身体を掻く瞬間、お尻を高く上げてバックスタイルになる時の神秘的な気持ち。また、毛布を噛みじっと座っている時の思索深い様子、飼い主の足元に寄り身体をこすりつける時の愛情表現、そして犬同士で顔を近づける瞬間の友情。これらの瞬間を理解することで、我々と愛犬たちの絆はより深まります。
後ろ足を上げて顔や身体を掻く瞬間は、愛犬たちが感じているさまざまな感情を垣間見ることができます。この瞬間が示すのは、彼らが快適で幸せな状態にあることや、身体のケアを行っている可能性があります。この記事では、その行動が意味する深い気持ちに迫りました。
愛犬たちが見せる様々な仕草やポーズには、深い意味が込められています。この記事を通じて、我々と愛犬たちの間の言葉なきコミュニケーションを感じ取り、愛犬との特別な瞬間を共有していきましょう。

これらのポイントを押さえながら、愛犬とのコミュニケーションを深め、共に健やかな生活を築いていきましょう。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村


犬ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


 













<PR広告>



犬の散歩の必需品+【運キャッチ】で手づかみにサヨナラ。



ペットのフンが投入できる家庭用生ごみ処理機【ワンニャクスル】



Y型・H型ドッグハーネスの進化系【PERROS】ペルロスハーネス







【飼い主必見】犬の感情を見逃すな!(表情から学ぶ解読のコツ5選)

飼い主の皆さん、初めて犬を飼うとき「トイレの躾(しつけ)はどうしよう!」「昼間の働いている時間に留守番させても大丈夫かな!」とか不安ではなかったですか?

トイプードルと暮らしている30代の女性より聞かれました!

「最初は自信がなかったけど、一緒に暮らすと案外犬の気持ちってわかるもんですんね」

「そうなんですよね。子育てと一緒で何とかなるもんですよ(笑)」

「欲を言えば、●●ちゃん(愛犬)と話せたらどんなに幸せだろう

「確かにね(笑)これだけは覚えておきたい愛犬の表情ってありますよね」


会話の相手でもある30代の女性は、私が働く不動産会社が管理しているアパートに住む方で著者の愛犬と一緒の犬種トイプードルと暮らしております。だからお互いに経験したことを情報交換しているのですが、今日は読者さんに向けてコレだけは覚えておきたい愛犬の感情がわかる表情5選を書いていきたいと思います。

やっぱりね、飼い主は愛犬の表情から伝わる感情を理解しないといけないし、犬の表情と感情に関する知識を深めることって大事だと思うのですよね。だって殆どの飼い主は、ペットとより深い絆を築きたいと考えているだろうし、犬の表情や感情を理解することで、愛犬とのコミュニケーションを豊かにし、より良い飼い主になりたいと思っているでしょう?

・表情や仕草から愛犬の気持ちを正しく理解したい。
愛犬に最適なケアやコミュニケーション方法を知りたい。
愛犬との楽しい時間を増やすためのアイディアや方法を得たい。

これができたらきっと、愛犬との信頼関係が深まり愛犬だけでなく飼い主も楽しい時間を過ごすことでき幸福感も高まるでしょう。じつは犬の表情には深い意味が込められています。喜び、不安、怒り、痛みなど、犬はさまざまな感情を表現しますが、そのサインを正しく理解することは、飼い主にとって重要です。本記事では、犬の表情から読み解くコツや感情の理解の重要性、実例を通じて学ぶ解読のポイントなどを解説します。犬たちの表情は、時に言葉にならない感情や思いを伝えてくれます。そのかわいらしい笑顔や不安そうな眼差し、そして時折見せる怒りの表情。これらのサインを理解することは、我々飼い主にとって愛犬との深いコミュニケーションを築く鍵です。実際の飼い主の声を元に、犬たちの心の声を聞き取り、彼らとの絆を深めるための秘訣を探っていきますね (^_-)-☆


【簡単に自己紹介】

改めまして、メタボ父さんです(^_-)-☆


令和2年9月より、初めてトイプードルと暮らし始めました (^^♪
色はレッドで名前はミート(meet)と言います。
身体の色がミートボールみたいだからミートです(笑)
但し、女性陣よりmeetにするようにと要望がありました!
出会えたという意味でとの事。
七夕(たなばた)産まれの愛犬ミート(meet)は3歳になりました。

もう可愛くて仕方がないですよね (^^♪

【愛犬のミート(meet)君です】

ちなみに本ブログは、今までの体験や悩み相談しながら解決してきた情報を

(第1話)から時系列にまとめております。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━
ペット飼育のお悩みについて、飼い主どうしでQ&Aで質問できるサイトがあ ります。

★登録も簡単
★料金も無料!

そして何より体験談を聞けるのでオススメのサイトです(^^♪

【DOQAT(ドキャット)の登録はコチラから】
      ⇩
ペットの悩みQ&A【ドキャット】
<PR広告>

累計4万頭の子犬が利用していて、獣医師の完全監修である「こいぬすてっぷ」通信口座で勉強するのもいいかもしれません。

可愛い愛犬のために (^_-)-☆

累計4万頭以上の子犬が受講【こいぬすてっぷ】

<PR広告>

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

(第99話)
【飼い主必見】犬の感情を見逃すな!(表情から学ぶ解読のコツ5選)

「犬の表情解読のコツを学び、信頼と理解を築く。喜びの笑顔から怒りの兆しまで、犬の気持ちを深く知ろう。」

『※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています』

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

(目 次)

第1章:はじめに

(1-1)犬の表情からわかること

(1-2)犬の感情を理解する重要性

第2章: 犬の主な表情とその意味

(2-1)喜びや興奮の表情

(2-2)不安や緊張の表情

(2-3)怒りや警戒の表情

(2-4)病気や痛みの表情

第3章: 犬の感情を理解する方法

(3-1)目や顔の表情から犬の気持ちを知る

(3-2)鳴き声から犬の気持ちを知る

(3-3)ボディーランゲージより犬の気持ちを知る

第4章: 犬の表情に関するよくある質問と回答

(4-1)笑顔は本当に嬉しいのか?

(4-2)表情が急に変わる場合の対処法

(4-3)年齢や犬種による表情の違いはあるか

第5章: 実例から学ぶ!犬の表情解読のコツ5選

(5-1)首をかしげる

(5-2)リラックスした笑顔

(5-3)不安そうな困り顔

(5-4)キラキラした目の表情

(5-5)歯を向きだした怒り顔

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

(本 文)
第1章:はじめに

ペットとの心の交流、特に愛犬との深い絆は、飼い主にとって無上の喜びです。犬は言葉ではなく、表情や仕草で感情を伝えてくれます。犬の表情や感情に迫り、理解を深めるともおと犬の本音がわかるはずです。しかし、これはあくまで飼い主にとっての喜びだけでなく、愛犬自体にとっても極めて重要な要素なのです。だから愛犬との特別なコミュニケーションをさらに豊かにする秘訣をご紹介します。

愛犬の表情や感情を正しく理解できないと、彼らのニーズや気持ちを見逃してしまうことがあります。それは愛犬の気持ちを理解してあげられない飼い主と言うことです。勿論、そんな飼い主を愛犬が心から信頼するはずありませんよね。

しかし、逆に言うと飼い主が愛犬の気持ちを察してあげられると、どんどん愛犬は飼い主への信頼度が深まります。愛犬への新たな理解が生まれ、飼い主としての自信と興奮が湧いてきます。愛犬が本当に必要としていることを知り、それに応えることで、お互いに新たな深みに満ちた日々が待っていることでしょう。

この記事を読むことで、犬の表情や感情のサインを見逃さず、正しく理解する方法や、実例から学ぶ解読のポイントを理解できるようになります。そして、その成果は愛犬との信頼関係の向上に繋がります。飼い主としてのスキルが磨かれ、理解が深まることで、幸福な日々が広がります。ペットとの共感ある生活は、飼い主としての喜びだけでなく、愛犬にとっても幸福な日々につながるのです。是非、最後までお読みください。

(1-1)犬の表情からわかること

当たり前ですが、犬たちは言葉を話すことはできません。でも犬も怒ったり・悲しんだり・笑ったりした表情をするので大体はその感情を読みとることができてしまいます。ただ飼い主はもっと犬の気持ちを深掘りしながら察してあげてほしいのです。

例えば、このように歯をむきだし愛犬が怒った表情をみせたとします。

犬って争いを自分から避ける習性があります。だから歯をむき出し「これ以上近づいたら噛むよ」と警告しているのに顔を両手で抑えつけて「なんだどの態度は。こっちみなさい」なんて叱ったらいけません。実際、犬は両手で顔を抑えて正面のコチラに顔を向けさせても横向きにそっぽを向くことが多いと思います。これは飼い主さんに私は逆らいませんの合図です。それを理解しないで叱っても意味ありません。

このように、犬の表情は人間と一緒でシンプルに伝わるのですが、あなたの愛犬は感情の奥深さを伝えていることも理解しましょう。多くの飼い主が抱える悩みのひとつが、愛犬が何を感じているのかを正しく理解できないことです。表情が変わるたびに、その裏に秘められたメッセージを見逃すことはありませんか?もしかしたら、これが飼い主と犬のコミュニケーションの壁になっているのかもしれません。

しかし、犬の表情が持つ奥深さを理解することで、飼い主としての新しい発見と興奮が生まれます。表情の変化にはさまざまな意味が込められており、それを正しく読み解くことで、愛犬が抱える喜びや悲しみ、興奮や不安などの感情に触れることができます。

結論)
犬の表情はそのまま感情のバロメーターとなり、飼い主や周囲の状況を理解する手がかりとなります。

(理由や根拠)
犬は非常に表情豊かであり、耳や目、口元の動きからその感情を読み取ることができます。犬の表情を正しく理解することは、コミュニケーションの向上につながり、犬の幸福感を高める助けになります。

(実例)
例えば、犬が尾を振りながら舌を出しているときは、喜んでいるサインかもしれません。逆に、耳を平らにし、歯をむき出しにしている場合は威嚇や不安の兆候かもしれません。これらの表情の理解によって、飼い主は犬がどのような気分でいるかを把握し、適切な対応ができます。

(まとめ)
犬の表情は豊かで多様であり、これを理解することは飼い主との信頼関係を築く上で不可欠です。犬の表情を注意深く観察することで、より深いコミュニケーションが可能となり、犬の幸福度が向上します。

(1-2)犬の感情を理解する重要性

犬と深い絆を築くためには、犬の感情を理解することが不可欠です。愛犬との深い絆を築くために、なぜ犬の感情を理解することが重要なのかの答えは超簡単です。

・犬の気持ちを察したり、理解できる飼い主でないと犬に信頼されないからです。
・犬の感情や性格を奥深く理解していたら、不安気な表情から病気の兆候を発見できる。


犬が何を感じているのかを理解できないと、時には彼らの不安や喜び、痛みに気づかずに過ごしてしまうことがあります。この無言の壁は、飼い主と犬の間に深い溝を生み出す原因となります。しかし、犬の感情を理解することで、飼い主への信頼性も増すし新しい発見と喜びが生まれます。彼らが喜ぶときの尾の振り方、不安を感じるときの表情の変化。これらを理解することで、あなたは飼い主としての役割をより深く楽しむことができるでしょう。

(結論)
犬の感情を理解することは、健康や行動の問題の予防につながり、より良い飼い主としての役割を果たすために重要です。

(理由や根拠)
犬の感情を理解することは、不安やストレス、健康上の問題を早期に発見し、適切な対処を行うために不可欠です。また、スウェーデンの犬の行動に関する研究によれば、犬と飼い主の強い絆は犬の幸福感を向上させ、健康的な生活を促進します。

(実例)
例えば、犬が突然食欲がなくなったり、無気力になった場合は、ストレスや健康問題のサインかもしれません。飼い主がこれらの変化に気づき、早めに獣医師の診断を受けることで、深刻な問題を未然に防ぐことができます。

(まとめ)
犬の感情を理解することは、犬の健康と幸福に直結しており、飼い主としての責任を果たすために不可欠です。感情の変化に敏感になり、適切なケアを提供することで、犬との絆が深まり、共に豊かな生活を築くことができます。

第2章: 犬の主な表情とその意味

犬たちは私たちに対してさまざまな表情を見せてくれます。そのかわいらしい仕草や表情の背後には、深い感情が隠れています。愛犬の表情を解読し、その意味を理解することで飼い主としてのスキルを向上させ、犬とのコミュニケーションをより豊かにする方法をお伝えします。愛犬が何を感じているのかを正しく理解できないことは、飼い主にとって悩みの種です。特に、喜びや不安、怒りなどが表情に現れる瞬間に、その意味を見逃してしまうことがあります。しかし、表情の謎を解明することで、新しい感動がやってきます。尾を振る嬉しい表情、眉を寄せる不安げな仕草。これらを理解することで、あなたは犬の心に更なる感謝と共感を抱くことでしょう。

犬がよく見せる表情(喜び、不安、怒り、痛みなど)と、それぞれの背後にある感情を解説します。犬の表情から読み取れるメッセージを理解する手法やコツを提供し、あなたの感性を磨く手助けとなるでしょう。

(2-1)喜びや興奮の表情

愛犬が喜びや興奮に満ちた表情を見せてくれる瞬間は、飼い主としての至福の瞬間ですよね。その無邪気な笑顔や嬉しそうな仕草に触れることで、心が温かくなり、日常の喧騒から解放されるような幸せな気分に包まれます。

例えばこの写真は、愛犬ミートの2歳の誕生日を家族全員で祝ったときの写真です。
皆んなでハッピーバースデーの歌を歌ってあげたら愛犬が笑ったんです。


他にも愛犬が喜ぶ顔の写真を載せますね。
ペット同伴OKの店でカートに乗ると子どものように喜びます(笑)


他にも沢山ありますよ(笑)

公園で思いっきり走れば喜ぶし


散歩の途中に僕を見上げて嬉しそうな顔をするし


おやつのジャーキを袋からだすと期待するし

公園で走り疲れて止まるので妻が抱っこすると


満足そうな顔をします(^_-)-☆

愛犬が喜びや興奮に包まれている瞬間に、愛犬のメッセージを正しく理解しましょう。多くの飼い主が抱える悩みでもありますが、無邪気な表情や興奮した尾の振り方に、その背後にある深い喜びを見逃してしまうことがあります。

例えば、私が毎日帰宅すると玄関に迎えに来てくれる愛犬ミート(meet)のこの写真!

僕は帰宅まで我慢して待ってくれていたんだろうと必ず抱っこをしてしまいます。
この行動が愛犬を一人で留守番できなくしてしまう駄目な行動とも言われるし、分離不安症の一歩手前にしてしまうとも見られがちですが、僕はちょっと違う気がするんですよね。
例えば一人暮らしの社会人の人で夜まで愛犬がマンションの一室で留守番している場合。
帰宅して出迎えてくれた愛犬を抱きしめてもいいでしょう。それもせず、躾(しつけ)としてよくないから犬が落ちつくのを待ってから抱っこをしてあげるトレーニングって・・・なんか違うと思うのですよね。愛犬が元々持っている性格さえ躾(しつけ)やトレーニングで変えてしまうのは僕は嫌ですね。

喜びや興奮の表情を理解することで、新しい喜びと心地よさがやってきます。犬が喜ぶ瞬間は、まるで幸せのエネルギーが部屋中に満ちているようです。その喜びに触れることで、飼い主としての誇りと幸せが心に広がります。是非、犬が喜びや興奮に満ちているときの表情や仕草に注目し、尾を振る速さや耳の動き、興奮したときの体のリアクションなど、喜びのサインを見逃さないようにしましょう。

(結論)
喜びや興奮の表情は、尾を振ったり口元が緩んでいるなど、ポジティブな兆候が見られます。

(理由や根拠)
喜びや興奮の表情は、犬が楽しい状況や飼い主に出会ったときに見られます。尾の振り方や体の動きは、その犬の個性によって異なりますが、一般的には穏やかな興奮やプレイフルな様子が見られます。

(実例)

例えば、飼い主が帰宅したときに犬が尾を振り、嬉しそうな顔をしている場面が挙げられます。また、散歩の前や食事の用意中にも興奮して喜ぶ様子が見受けられます。

(まとめ)
喜びや興奮の表情は、犬がポジティブな感情を抱いている証拠であり、飼い主はこれを受けて愛情を示すことで、犬の幸福感を高めることができます。

(2-2)不安や緊張の表情

犬たちは時折、不安や緊張を感じるとき、その表情で私たちに合図を送ってきます。その瞬間、飼い主として彼らの気持を理解し、安心させることが重要です。愛犬が不安や緊張を感じているときに、そのサインを見逃してしまうことは飼い主として失敗です。この積み重ねは愛犬からの信頼を失わせ、結果、飼い主と愛犬の距離がどんどんできてしまいます。そしてお互いのコミュニケーションに障害がでてくるのです。


しかし、愛犬の不安や緊張の表情に寄り添うことで、彼らは不安を感じたときに、あなたがそのサインを理解してくれるものだとわかると心強いものになります。だから深まる信頼と共にやってくる安心感を愛犬に与えられる飼い主を目指しましょう。犬が不安を感じたときに、あなたが理解し、寄り添うことで、彼らはあなたに対してますます信頼を深め、安心感を抱くことでしょう。

(結論)
不安や緊張の表情は、耳を下げたり舌を舐めたりするなど、犬がストレスを感じているサインです。あと身体をブルブル震わせたり、片足を上げてほっぺを掻くのも犬が緊張をほぐしていたり気持ちを切り替えたいと感じているときにする仕草です。


(理由や根拠)
犬は状況や環境の変化に敏感であり、不安や緊張があるとこれらの表情が見られます。特に新しい場所や初対面の人や犬に対して不安を感じやすいとされています。

(実例)
例えば、犬が急に耳を下げてしきりに舌を舐める様子が見られた場合、それは犬が不安や緊張を感じている可能性があります。また、雷や花火の音、異音などが原因で犬が驚いているときも同様です。

(まとめ)
不安や緊張の表情は、犬がストレスを感じているサインであり、飼い主は環境の変化や新しい出会いに注意を払い、犬の安心感を提供することが求められます。

(2-3)怒りや警戒の表情

犬たちは時折、怒りや警戒の表情を見せることがあります。そのとき、私たち飼い主は冷静になり、彼らのサインを理解し、信頼関係を損なわないよう心掛けることが重要です。

愛犬が怒りや警戒を感じているときに、その表情を理解できないことです。このとき、誤解が生じ、信頼関係が揺らぎかねません。しかし、怒りや警戒の表情に冷静に対応することで、新たな安心感と理解が生まれます。彼らが感じている怒りや警戒に敏感になり、冷静な態度で接することで、飼い主としての存在がより重要なものになります。

(結論)
怒りや警戒の表情は、歯をむき出したり耳を立てているなど攻撃的な態度が見受けられます

(理由や根拠)

犬が怒りや警戒の表情を見せる場合、それは自分や飼い主を守ろうとする一種の防御反応です。犬は自分の領域や家族を守るため、他の犬や不審な人物に対して攻撃的な態度をとることがあります。

(実例)
例えば、他の犬や人が接近しすぎると、犬が威嚇行動をとることがあります。これは、犬が自分や飼い主を守ろうとしているサインであり、無理に近づくことは避けるべきです。

(まとめ)
怒りや警戒の表情は、犬が自分や飼い主を守ろうとする自然な反応であり、飼い主はこれを理解し、犬に十分な安心感を提供することが重要です。

 

ちなみに、わが家の愛犬ミート(meet)は1歳をすぎた頃に次女に恋をしました(笑)

これが冗談抜きでベタ惚れで、いつも次女を守るように片隅につきまとい、他の家族が近づくと本気で飛びついて噛んできます!



相談をした獣医さんは呑気なもので
「そっか~ミートちゃんも恋をしたんだね」

噛まれるコチラはたまったもんじゃないから、家族全員で必死で考えたんですよ。マズルを掴むような調教と言うか、本来の愛犬の性格を変えるやり方は絶対嫌だったしね。
ほらドックトレーナーのYouTube動画にあるような、おやつを使った躾(しつけ)やケージに入れて無視する方法とかね。
でも、結果はだめだったね


ただね、ふたつ犬の本気噛みを回避する方法を発見したんですよ。
小型犬に限る話しだと思うけどね。

【一つ目の秘策が、愛犬の顔の前にお腹をつきだす方法】



最近、もう一つ秘策を発見したんですよ。
それは手で握りこぶしをつくり噛まれてもいいようにトレーナーとかの裾で手を覆い愛犬にわざと噛ませます。

【二つ目の秘策が、手の握りこぶしを噛ませる方法】





これ結構な大発見だと僕てきには自画自賛しています(笑)
詳しくは下記の関連記事を読んでください(^_-)-☆

【関連記事】
ついに発見!【犬の本気噛みを回避する方法】噛み癖が治らないときの対処法5選を試した結果もレビュー

【愛犬が気に入らないと噛む!】早めの対処が大切・原因と対策を解説(トイプードル編) 

犬がずっとついてくる理由は?【飼い主に恋をしたトイプードル】

(2-4)病気や痛みの表情

愛犬が病気や痛みを感じているとき、その表情は私たちに敏感なサインを送ってきます。そのとき、飼い主としての心遣いと理解が重要です。

 多くの飼い主が抱える悩みのひとつが、愛犬が病気や痛みを感じているときに、その表情を正しく理解できないことです。このとき、心の葛藤が生じ、早期の対応が難しくなります。

しかし、病気や痛みの表情に敏感になり、早期に理解と対処することで、新たな可能性が開けます。彼らが痛みを感じたときに、あなたがそのサインを見逃さず、迅速な対処を心がけることで、飼い主としての存在がますます大切なものになります。

犬が病気や痛みを感じたときの具体的な表情や仕草に焦点を当て、そのサインを見逃さず、病気や痛みに対処する方法を紹介します。表情の変化や動作の異常など、彼らが病気や痛みを感じているときの手がかりをつかむ方法を提供します。

(結論)
病気や痛みの表情は、表情が引きつったり、無気力な様子が見られます。早期の発見と適切な対処が必要です。


 

理由や根拠)
犬は痛みや不快感を感じたときには、表情や動きでそれをだします。犬は本能的に弱さや病気を見せないようにする傾向があり、飼い主が注意深く観察することが必要です。
犬が関節炎や歯のトラブルなどで痛みを感じている場合、普段とは異なる歩き方や食事の儀式の変化が見られることがあります。また、傷や腫れが見られる部位があれば、それも痛みのサインと考えられます。

(実例)
例えば、わが家の愛犬は季節の変わり目とかに身体を壊しやすいです。寒暖差がある場合で急に寒くなったり暑くなると胃液を吐いたり、胸がムカムカするのか外で草を食べて消化を促し吐いたりします。

【大事なポイント】
わが家の愛犬は調子が悪いと、ケージに入りじっと大人しく不安そうな目をしながらじっとしています。だからこのような行動や仕草をしたら具合が悪いと判断し経過を観察します。
そして早めに動物病院に連れて行き整腸剤を獣医さんより飲ませてもらったり処置します。


犬が通常の元気がなく、食欲が減退している場合は、病気や痛みが原因かもしれません。また、特定の部位を触ると犬が威嚇や吠えるような反応が見られる場合も、痛みを感じている可能性があります。病気や痛みの表情は犬が不快感を感じているサインであり、早期の発見と適切な対処が重要です。犬は痛みを隠すことができるため、飼い主は普段の行動や表情の変化に敏感になり、異常を察知することが求められます。

(まとめ)
病気や痛みの表情は、犬が健康に問題を抱えている可能性を示すものであり、これを見逃さずに適切な医療ケアを提供することが、犬の健康を守る上で不可欠です。飼い主は日常的な観察と定期的な獣医の診察を通じて、犬の健康状態を確認し、早めの対応を心掛けるべきです。

第3章: 犬の感情を理解する方法

犬との深い絆を築くためには、彼らの感情を理解することが不可欠です。表情や仕草から読み取る方法、鳴き声やボディーランゲージで気持ちを知る方法など、様々なアプローチが存在します。とは言え、多くの飼い主は犬の感情を正確に理解できないことに不安を抱えているはずです。だからこそ、頑張って犬の感情を理解する方法を知り、新たなアプローチを知ることで、彼らが表現する喜びや悲しみ、興奮や不安などの感情に敏感になり、コミュニケーションの深化を実感しましょう。

(3-1)目や顔の表情から犬の気持ちを知る

犬たちの表情は、彼らの気持ちを理解する貴重な手がかりです。特に目や顔に現れる微細な変化には、深い感情が宿っています。

犬の微細な変化を見逃してしまうことです。特に目や顔の表情に現れる感情の変化は、見逃すとコミュニケーションの断絶を招くことがあります。

しかし、微細な変化への敏感性を身につけることで、新たな感動が広がります。彼らが表現する喜びや悲しみ、興奮や不安などの感情に敏感になり、飼い主としての絆がより深まります。

(結論)
犬の目や顔の表情を注意深く観察することは、その犬の感情や気持ちを理解するために非常に重要です。

(理由や根拠)
犬の表情はその気持ちを示す手がかりとなります。たとえば、リラックスしている時は目が柔らかく見え、逆に緊張しているときは目がキリッとしていることがあります。これらの表情は犬がどのような状態にあるかを把握する上で役立ちます。

(実例)
例えば、犬が嬉しいときは目が輝いていて、穏やかな表情を見せます。逆に、怖がっているときは目が逸れていたり、舌を出していたりすることがあります。これらのサインを見逃さずに注意深く観察することで、犬の感情を理解することができます。


(まとめ)
犬の目や顔の表情は、その犬が感じている気持ちを知る手がかりとなります。そして一番大事なポイントを話します。それは犬は吠えて要求する前にアイコンタクトで要求してくるという事実をご存知でしょうか?
これは野生時代からの犬の習性を想像するとわかりやすいです。本来、野生に暮らす動物は自分の居所がわかると危険なのでむやみに吠えないそうです。確かにわが家の愛犬ミートはお腹がすくとまず最初に黙まってキッチンの行きます。そして毎日ご飯の用意をする妻を見つめます(笑)そして妻が忙しいとしらばっくれて後回しに無視すると「ワンワン」吠えます(笑)

逆の例ですが、家の前を通る人に室内にいる愛犬が吠えてしまう「無駄吠え」ってあるじゃないですか。これは人が通るたびに吠えることで自分の領域に入ってこないよう犬が吠えて追っ払ったと経験で覚えてしまった結果、アイコンタクトより楽に追い払えると経験した結果の行動です。



【関連記事】
【犬の心をつかむ秘訣!】犬とアイコンタクトは必要ですか?(実例写真で解説)

(3-2)鳴き声から犬の気持ちを知る

犬たちの鳴き声は、彼らの感情や気持ちを理解するカギとなります。吠える、鳴く、嗚咽するなど、その音には様々なメッセージが込められています。

多くの飼い主が抱える悩みのひとつが、犬の鳴き声の本当の意味を理解できないことです。特に何気ない吠え声が、実は深い感情を伴っていることがあります。しかし、鳴き声の奥深さを知ることで、理解と感動が広がります。彼らが鳴く理由やその音の特徴に敏感になり、新たな意思疎通の扉が開かれます。

(結論)
犬の鳴き声は、その犬の気持ちやコミュニケーションの手段として重要な情報源となります。

(理由や根拠)
犬はさまざまな鳴き声を使ってコミュニケーションをとります。例えば、喜びや興奮、不安や緊張、求愛など、様々な感情が鳴き声に表れます。これを理解することで、飼い主は犬の気持ちやニーズを把握しやすくなります。

(実例)
例えば、犬が低い音で唸るときは怒っている可能性があり、高い声で吠えるときは興奮や注意を求めているかもしれません。夜鳴きが増えた場合は不安や孤独を感じているかもしれません。これらの鳴き声を理解するには愛犬の性格をよく飼い主が知っておく必要があります。と言うのはもっとわかりやすい実例で話すと「犬の遠吠え」について語りますね。

わが家の愛犬ミート(meet)は留守番が嫌いです。そこで一人で留守番している状況が心配でファーボドックカメラを買って様子を見てたんですよ。



ドックカメラをスマホで外から見てビックリしたのが・・・遠吠えして鳴いていたんです。
本で犬の遠吠えの理由を読むと、「犬は野生時代の名残りで、他の犬が吠えたり救急車のサイレンに反応して僕はここにいるよ~と遠吠えすることがある」と書いてあったけど、わが家の愛犬ミートの遠吠えは「待ってよ~僕はここにいるよ」と寂しさがメインの遠吠えなねすよね。この辺りの微妙な感情の解釈は、やっぱり愛犬のことを一番知っている飼い主さんでないとわからないと思います。



(まとめ)
鳴き声は犬が感じている気持ちやコミュニケーションの手段として重要です。飼い主は犬の鳴き声を注意深く聴き分け、それに適切に対応することで、犬とのコミュニケーションを円滑に図り、ストレスや不安を軽減することができます。

(3-3)ボディーランゲージより犬の気持ちを知る

犬たちは言葉ではなく、ボディーランゲージを通じて感情を表現します。尾の動きや耳の角度、姿勢の変化など、その仕草には様々なメッセージが込められています。

犬のボディーランゲージは、何気ない尾の振り方や姿勢の変化が、実は深い感情を伴っていることがあります。だからボディーランゲージの奥深さを理解することは、彼らが表現する喜びや悲しみ、興奮や不安などの感情を読みとる鍵になります。とは言え、この記事は犬の表情に焦点を絞って書いているので、ボディーランゲージから犬の感情を読み解く具体的な手法に焦点は別記事で書きます。
ひとつだけ具体例を写真でだしておくと、わが家の愛犬ミートはオモチャで遊びたいときは咥えて持ってきます。

そして、遊ぶ前にお尻を高く上げたバックスタイルをするのですが、これが「よ~し遊ぶか」のボディーランゲージによるサインです。




このように、犬のボディーランゲージがその犬が感じている気持ちや意図を理解する上で非常に重要な手がかりとなることを覚えておきましょう。
ちなみに、
犬のボディーランゲージは、耳の向きや尾の動き、体の姿勢などを含み、これらの要素は犬が感じている気持ちを示す指標となります。たとえば、尾を振りながら舌を出している場合は喜びや興奮を表し、逆に尾を引きながら耳を下げているときは不安や恐れを感じている可能性があります。例えば、犬が興奮した気分のときは、お尻を振りながら前足を下ろし、歓迎の姿勢を見せることがあります。一方で、犬が緊張しているときは身を縮め、身体を小さく見せることがあります。これらのサインを注意深く観察することで、飼い主は犬の感情を正確に理解できます。

第4章: 犬の表情に関するよくある質問と回答

犬たちの表情は彼らの気持ちを知る手がかりとなり、飼い主とのコミュニケーションを深める重要な要素です。多くの飼い主が抱える悩みのひとつが、犬の表情に対する理解の不足です。笑顔が嬉しい表情なのか、急な変化は何を示すのか、正確に理解できないことが不安を引き起こすことがあります。しかし、表情の奥に潜む感情を理解することで、飼い主としての自信が生まれます。犬たちが表現する喜びや不安、怒りや興奮などの感情を正確に読み解くことで、より深いコミュニケーションが築かれます。

この項では、飼い主たちがよく抱く犬の表情に関する疑問に明確な回答を提供します。笑顔の真意や急な表情の変化に対する対処法、年齢や犬種による違いについての理解を深め、飼い主としての知識と感覚を向上させます。

(4-1)笑顔は本当に嬉しいのか?

笑顔は本当に嬉しいのか?

我が家の愛犬が微笑む瞬間、その愛らしい笑顔に癒やされることは、飼い主にとって何よりも幸せな瞬間ですよね。しかし、その笑顔が本当に嬉しい表現なのか疑問に思ったことはありませんか?

質問: 犬が笑顔を見せたとき、それは本当に喜んでいる証拠なのでしょうか?

回答: はい、犬が笑顔を見せることは一般的に喜びや興奮を表します。この表情は、飼い主との良好な関係や楽しい状況に対するポジティブな感情を示すものです。犬の笑顔は、喜びや興奮を表すポジティブな表現であり、一般的には嬉しい気持ちを示しています。犬が口を開けて歯を見せ、舌を出して笑顔のような表情を見せる場合、これは喜びや興奮している気分を表しています。犬は笑顔で飼い主に対して愛情を示すことがあり、これは飼い主との絆を強める重要な手段です。

例えば、わが家の愛犬ミート(meet)は、お出かけが大好きで車に乗ると喜びます。


あと拍手して褒められるのも大好きです(笑)

そして次女が一番大好きです(笑)


【関連記事】
【トイプードルの飼い方】性格は甘えん坊で飼い主にべったりな犬種です!(写真付き)

(4-2)表情が急に変わる場合の対処法

我が家の愛犬が急に表情を変えると、驚きと同時に不安が広がりますよね。一瞬の変化に、飼い主としてどのように対処すべきか、そして犬たちが何を示そうとしているのか。飼い主たちが抱える悩みのひとつが、急な表情の変化に戸惑うことです。愛犬が急に不安そうな表情になったり、興奮が高まったりすると、どのように対処すれば良いのか理解しきれず、不安が募ります。

急に表情が変わる理由や、それに対処するための具体的な方法を紹介します。飼い主が愛犬の言葉を理解し、的確に対応できるようになることで、不安も解消されることでしょう。急な表情変化の理由と具体的な対処法を解説します。愛犬が急に興奮したり、不安そうな表情に変わったりする背後にある感情や状況を理解し、的確に対応できるようになります。

質問: 犬が急に表情を変える場合、どのように対処すれば良いですか?

回答: 表情が急に変わる場合、犬がストレスや不安を感じている可能性があります。冷静に対応し、原因を突き止めることが重要です。例えば、知り合いの飼い主の愛犬が花火を怖がるようになた例を話します。もともとよく犬は雷や花火の音に敏感で怖がる場合があることはよく知られています。その知り合いのワンちゃんが3歳の頃に花火の音を怖がるようになったんですって。私が住む町では毎年夏に近所で花火大会があるんですよ。ある夏の晩にワンちゃんが急に表情を変えて震えだしたそうなんです。どうも花火の音に反応していたようで今まで怖がらなかったのに3歳になって急に怖がり、7歳の今も花火が苦手だとの事。

このように、表情が急に変わる場合、犬が何かに驚いたりストレスを感じている可能性があります。冷静に対処し、原因を突き止めることが重要です。犬は環境の変化や急激な出来事に敏感に反応することがあります。急に表情が変わる場合、犬がストレスを感じている可能性が高いため、飼い主は落ち着いて状況を把握し、必要に応じて環境を整えることが求められます。知り合いの事例の花火の音の例以外に挙げると、他の犬に出会った際に犬が急に表情を変えた場合、飼い主はリードを使って距離をとり、安心感させたりしないといけません。また、新しい環境に慣れさせるためには、段階的に慣らしていくことが重要です。

(4-3)年齢や犬種による表情の違いはあるか

愛犬が年齢を重ねるごとに表情が変わってきたり、異なる犬種の仲間たちが異なる表情を見せるように、年齢や犬種による表情の違いは確かにあります。愛犬が成長するにつれ、表情に変化が現れることを理解しましょう。また年齢や犬種ごとの表情の特徴を知ることで、より深いコミュニケーションが築かれることでしょう。

質問: 犬の年齢や犬種によって表情に違いはありますか?

回答: はい、犬の年齢や犬種によって一部違いが見られますが、個体差も大きいです。一般的に、高齢犬はしわや体の動きに変化が見られ、一部の犬種は目や耳の形状が特徴的です。しかし、基本的な表情の理解は全ての犬に共通しています。犬の年齢や犬種によって表情には違いがありますが、個体差も大きく影響します。基本的な表情の理解は共通しています。

犬の年齢や犬種によっては、老化による表情の変化や特定の犬種がもともと表情豊かであることがあります。しかし、これはあくまで一般的な傾向であり、個体による差異も大きいです。例えば、高齢犬は表情において目の周りのしわや関節炎による体の動きの減少が見られることがあります。また、一部の犬種は表情が豊かで、特に目や耳の形状が特徴的であることがありますが、これも個体差が大きいです。

このように、年齢や犬種による表情の違いは存在しますが、基本的な表情の理解は犬種や年齢に関係なく共通しています。飼い主は個体差を考慮しながら犬の表情を観察し、その犬の個性を理解することが大切です。

第5章: 実例から学ぶ!犬の表情解読のコツ5選

愛犬とのコミュニケーションは、表情解読が鍵となります。最後にリアルな実例をもとに、犬の表情解読のコツを5つご紹介。実際の犬の表情を写真やイラストから学ぶことで「犬の表情がわからない」という飼い初めの方には参考になると思います。

(5-1)首をかしげる

首をかしげる表情の秘密に迫る!


愛犬が首をかしげる瞬間、その愛らしさに心がキュンとなることはありませんか?この可愛らしい仕草には、犬の深い感情や興味が隠されているかもしれません。こ

首をかしげるのは犬が戸惑っている?
犬が首をかしげると、その可愛さに心を奪われることは多いですが、首をかしげる犬の気持ちは一体何なのか?
一説によると音に反応しているとも言われますが、飼い主の経験で言うと人間の言葉に対して「何?」と聞き返しているときに首をかしげることが多いですね。

 

首をかしげる犬の奥深い感情とは?
例えば、私が愛犬に「散歩行くよ」と声をかけると、私の顔をじっとみつめて首をかしげます。犬は短い言葉は理解できるので大好きな「散歩」というワードに反応しているのです。


首をかしげる

  • 興奮や疑問を示すが、状況や性格によっては警戒心を表現することも。
  • 興味や不安を感じたときに見られる。
  • えっ何?のときに首をかしげることが多い犬が首をかしげる姿勢は、興味や疑問を抱いているときが多い。しかし、状況や犬の性格によっては警戒心を示している場合もあるため、他のサインと合わせて解釈が必要。犬が首をかしげることは、周囲の状況や人間の言葉に興味を示していることが多い。また、犬は疑問や不安を感じた際にも首をかしげる傾向があります。例えば、新しいおもちゃを見たときや、飼い主が話しかけたときに犬が首をかしげることがあります。しかし、急に首をかしげることが増えた場合は、不安や疑念を感じている可能性があります。このように、犬の首をかしげる仕草は興味や疑問を表す一方で、不安や警戒心を示すこともある。他の仕草や状況を考慮して、犬の感情を正しく理解することが重要です。

(5-2)リラックスした笑顔

リラックスした笑顔が犬の心を開く!

愛犬が心地よい笑顔を浮かべてリラックスしている瞬間、その幸せな表情に心が和みませんか?犬が見せるリラックスした笑顔の奥深さ、愛犬の幸せそうな笑顔にはどんな意味が込められているのか、理解することで飼い主としての絆が一層深まります。あなたの愛犬が見せる笑顔に隠された幸福の秘密、一緒に解き明かしてみませんか?

飼い主として、愛犬が笑顔を見せる瞬間に心が和むことはありますが、その笑顔が何を意味しているのか理解できず、戸惑うこともあるでしょう。犬が心から笑顔を見せるとき、その背後に隠された感情や思いに気づけず、不安を感じることもあります。

しかし、愛犬の笑顔が示す深い愛情と安心感に迫ることで、その不安も解消されることでしょう。犬がリラックスして笑顔を見せるときの心理や、そのときに飼い主がとるべきアプローチについて分かりやすく解説します。

リラックスした笑顔の秘密を明かす

リラックスした笑顔

  •  安心感や幸福感を表し、信頼関係の深さを示す。
  •  良好な関係や快適な環境が影響。
  • 飼い主との交流やリラックスした環境での笑顔。

    リラックスした笑顔は、犬が安心しているしるしであり、飼い主との信頼関係が築かれていることを示します。犬がリラックスした笑顔を見せるときは、安心感や幸福感を感じていることが一般的です。これは、飼い主との良好な関係や快適な環境が影響しています。例えば、飼い主が犬に優しく接すると、犬はリラックスして笑顔を見せることがあります。また、ホームで過ごす時間が楽しく安心していると、笑顔が増えることが観察されます。リラックスした笑顔は、犬の幸福感や安心感を示す大切なサインであり、飼い主との信頼関係の深さを表します。

(5-3)不安そうな困り顔

不安そうな困り顔に隠された心情に迫る!

あなたの愛犬が不安そうな困り顔を見せたとき、心が痛むことはありませんか?犬が見せる不安そうな表情の奥深さに焦点を当て、その心情を理解することの重要性を探ります。愛犬が困り顔を見せる瞬間には、どのようなメッセージが込められているのか、理解すれば飼い主としての気配りが一層深まります。一緒に、愛犬の心に寄り添いましょう。

不安そうな困り顔に戸惑う

  • 不安や状況への適応困難を示す。原因を見つけてサポートが必要。
  • 新環境や急な変化に対する不安を表現。
  • 初対面や怪我・病気の際の表情。不安そうな困り顔は、犬が状況に戸惑っているか、何か問題を抱えている可能性があります。飼い主は原因を見つけ、サポートする必要があります。犬が不安そうな表情を見せるときは、新しい環境や急な変化に対して戸惑っている可能性があります。また、身体の特定の部位に不快感を感じている場合もこの表情が見られることがあります。例えば、初めての場所や初対面の人や犬との接触に戸惑って不安そうな表情を見せることがあります。また、怪我や病気が原因で痛みを感じている場合も、困り顔が見られることがあります。不安そうな困り顔は、犬が状況に適応できていないか、不快感を感じている可能性が高い。飼い主は犬の状態をよく観察し、適切なサポートを提供する必要があります。

(5-4)キラキラした目の表情

キラキラした目の魔法に心奪われる瞬間!

愛犬がキラキラと輝く瞳で見つめてくる瞬間、その愛らしい表情に心が奪われませんか?
犬が見せるキラキラした目の表情が示す感情や意味に焦点を当て、その愛らしさにどのように対応すれば良いかを紐解いていきます。愛犬の瞳がキラキラと輝く瞬間に込められたメッセージを理解すれば、飼い主としての喜びが一層深まります。一緒に、その愛らしい瞬間に心を委ねましょう。

キラキラした目の表情

  •  興奮や喜び、プレイフルな気分を表す。
  •  良好な関係や楽しい活動に対する興奮が影響。
  •  散歩や新しいおもちゃに対する期待と興奮。キラキラした目は興奮や喜び、プレイフルな気分を示しています。これは犬が楽しい状況や期待しているときに見られる特徴的な表情です。犬がキラキラと輝くような目を見せるときは、興奮や期待、プレイフルな気分が高まっていることが多い。これは、飼い主との交流や楽しい活動に対する興奮が表れています。例えば、散歩や遊びの時間が迫ると、犬はキラキラとした目で飼い主にアピールすることがあります。また、新しいおもちゃやトリートを見たときも、興奮してキラキラとした表情を見せることがあります。キラキラとした目は、犬が喜びや興奮を感じている明確なサインであり、飼い主とのポジティブなコミュニケケーションや楽しい活動に期待していることを示します。

(5-5)歯を向きだした怒り顔

怒りの背後に隠された言葉、歯を向きだした犬の真実

愛犬が怒りを表現する表情は、時に驚きと戸惑いをもたらします。その中でも、歯を向きだした怒り顔は飼い主にとって特に深い意味を秘めています。怒りを示す犬の表情には様々なパターンがあり、その中で歯を向きだした怒り顔は飼い主にとって認識が難しいことがあります。この犬の表情が何を意味するのか理解できず、飼い主としての対応に悩むこともあるでしょう。

歯を向きだした怒り顔

  • 不快や脅威を感じ、攻撃的な態度の可能性あり。慎重に対処が必要。
  • 怒りや警戒心を表す。
  • 他の犬とのトラブルや痛みを感じた際の表情。

歯を向きだした怒り顔は、犬が不快や脅威を感じ、攻撃的な態度を示している可能性があります。この表情は慎重に対処する必要があります。歯を向きだしたり唸ったりする表情は、犬が怒りや警戒心を抱いていることを示す可能性があります。これは、犬がストレスや不安を感じ、攻撃的になる前兆と考えられます。

例えば、犬が他の犬とのトラブルや自分や大事な物を守る行動の場面で、歯を向きだしたり、唸ったりすることがあります。また、痛みを感じている場合も怒り顔が見られることがあります。歯を向きだした怒り顔は、犬が不快や脅威を感じ、攻撃的な態度をとる可能性が高い表情です。飼い主はこのサインを真剣に受け止め、犬に近づかないよう注意し、原因を突き止めて解決する必要があります。

大事な宝物のおもちゃを取られたくないときは野生の目つきになります(笑)

さて、本記事は如何でしたか?
この記事をとおして読者さんにお伝えしたかったことは愛犬の気持を飼い主さんは理解してあげる努力が必要と言うことです。
それが愛犬と飼い主さんが幸せに暮らせる最短距離だからです。
最後までお読みくださり有難うございました。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村


犬ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加














<PR広告>



犬の散歩の必需品+【運キャッチ】で手づかみにサヨナラ。



ペットのフンが投入できる家庭用生ごみ処理機【ワンニャクスル】



Y型・H型ドッグハーネスの進化系【PERROS】ペルロスハーネス







 

【犬の心をつかむ秘訣!】犬とアイコンタクトは必要ですか?(実例写真で解説)

皆さん、犬とのコミュニケーションで必ず知っておいてほしい秘訣をお伝えします。それは犬とのアイコンタクトの重要性を知っておかないと犬の躾(しつけ)やトレーニングはできないと言うことをまずお伝えします。

そもそも、アイコンタクトとは何か?
アイコンタクトとは、目と目が合うことです。日本人は恥じらいがあったり奥ゆかしいのでアイコンタクト慣れしていないと思いますが、外国の映画で恋人同士や夫婦がお互い見つめ合いながら微笑む場面・・・そうあれこそがアイコンタクトです。

そして愛犬との暮らしの中で、犬の
愛らしい仕草や心温まる瞬間を生み出す鍵がアイコンタクトになります。肉球が触れる喜び、尾っぽが揺れる喜び、そして何よりも、目が合った瞬間の深い絆。今回は、実際のケースをもとに、アイコンタクトが犬と飼い主の信頼関係をいかに深めるか、その秘訣をお教えします。
だって、この記事を読んでくださっている読者さんも愛犬からのラブラブ視線を感じているはずだから(^_-)-☆


【簡単に自己紹介】

改めまして、メタボ父さんです(^_-)-☆

令和2年9月より、初めてトイプードルと暮らし始めました (^^♪
色はレッドで名前はミート(meet)と言います。
身体の色がミートボールみたいだからミートです(笑)
但し、女性陣よりmeetにするようにと要望がありました!
出会えたという意味でとの事。
七夕(たなばた)産まれの愛犬ミート(meet)は3歳になりました。

もう可愛くて仕方がないですよね (^^♪

【愛犬のミート(meet)君です】

ちなみに本ブログは、今までの体験や悩み相談しながら解決してきた情報を

(第1話)から時系列にまとめております。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━
ペット飼育のお悩みについて、飼い主どうしでQ&Aで質問できるサイトがあ ります。

★登録も簡単
★料金も無料!

そして何より体験談を聞けるのでオススメのサイトです(^^♪

【DOQAT(ドキャット)の登録はコチラから】
      ⇩
ペットの悩みQ&A【ドキャット】
<PR広告>

累計4万頭の子犬が利用していて、獣医師の完全監修である「こいぬすてっぷ」通信口座で勉強するのもいいかもしれません。

可愛い愛犬のために (^_-)-☆

累計4万頭以上の子犬が受講【こいぬすてっぷ】

<PR広告>

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

(第98話)
【犬の心をつかむ秘訣!】犬とアイコンタクトは必要ですか?(実例写真で解説)
犬との深い絆を築くアイコンタクトのコツや効果を解説。信頼と愛情を育むテクニックをご紹介。絶妙なコミュニケーションで犬との暖かなふれあいを楽しもう。

『※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています』

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

(目 次)

(本 文)

第1章:犬とのアイコンタクトの重要性

(1-1)アイコンタクトが犬との信頼を築く
犬との信頼関係を築くためには、アイコンタクトが不可欠です。ご存知のとおり、犬は臭覚は人間の数千倍あると言うし、聴覚も人間が聞きとれない小さな足音さえ聞きとれます。


でも匂いや音で飼い主とのコミュニケーションはとれません。犬は、
視覚的なコミュニケーションをとても大切にする生き物であって、飼い主とのアイコンタクトを通じて安心感を得ようとする習性があるのです。

例えば、愛犬と散歩していると「こっちに行っていい?」みたいに飼い主を見上げるじゃないですか? 愛犬が視線で聞いているのにスマホに夢中になっていたら駄目です。犬が不安になります。愛犬に微笑み返し「いいよ、向こうに行こうか」なんてアイコンタクトで気持ちを送ることが犬の安心感や幸せにつながるのです。


このように、飼い主とのアイコンタクトから生まれるコミュニケーションは、犬の幸福感や行動に直結し、飼い主と犬の間に強い結びつきを生み出します。犬とのアイコンタクトは、信頼関係の構築において不可欠な要素であり、犬と飼い主との強い絆を築く基盤となります。この重要性を理解し、積極的にアイコンタクトをとることは、飼い主にとって必要な課題です。

(1-2)犬とのアイコンタクトが飼い主との絆を深める理由


犬とのアイコンタクトが、飼い主との絆を深める理由は多岐にわたりますが、主に言葉を超えたコミュニケーションによる感情の共有が挙げられます。アイコンタクトを通じて犬と飼い主がお互いの存在を確認し、信頼や安心感を築くことで、絆が一層深まります。

犬と飼い主がアイコンタクトをとることで、お互いの感情や気持ちをより良く理解できます。例えば、散歩中に犬が飼い主とアイコンタクトをとりながら尾を振る様子は、相互の信頼と絆の象徴となります。


アイコンタクトを通じて犬とのコミュニケーションを深め、共に幸せな日々を過ごすために、飼い主は犬とのアイコンタクトを大切にしましょう。

第2章: アイコンタクトの効果
犬は言葉ではなくアイコンタクトでコミュニケーションをとります。吠える前の合図や、ストレスの軽減など、アイコンタクトがもたらす効果は驚くべきものです。これを理解し、積極的にアイコンタクトをとることで、犬とのコミュニケーションが格段に豊かになります。

(2-1)犬は吠える前にアイコンタクトで訴えている
犬が吠える前に行うアイコンタクトには、重要なメッセージが隠れています。この項では、吠える前のサインとその理解に焦点を当て、犬の行動をより良く理解する説明をします。
まず今から話すことを飼い主は理解した方がいいです。そもそも犬は野生時代の名残りで外敵に居場所を察知されないようにむやみに吠えない生き物です。だから「ワンワン」と吠える前にアイコンタクトで飼い主に何かを訴えます。

犬が吠える前にアイコンタクトを行うことは、犬が飼い主に対して何かを訴えている行動の一環です。このアイコンタクトを理解し、飼い主が適切な対応で犬の行動や感情を把握でききます。このように犬が吠える前にアイコンタクトを行う行動は、犬が何かを伝えようとしている典型的なサインの一つであると言うことを飼い主は覚えておきましょう。これに敏感に対応することが重要です。

例えば、散歩中に他の犬や人に出会った際、犬が吠えずに飼い主にアイコンタクトをとる様子が見られます。


この行動は、犬が状況に対して不安や興奮を感じ、吠える前に飼い主にサポートを求めている可能性があります。飼い主がこれに気づき、適切に対応することで、犬の落ち着きや信頼感が促進されます。犬が吠える前にアイコンタクトを行う行動は、飼い主に対するコミュニケーションの手段であり、犬の感情やニーズを理解する重要なキーとなります。吠える前のアイコンタクトに注意を払い、犬とのコミュニケーションを深めることで、問題行動の予防や犬との関係性の向上できます。飼い主は犬のサインに敏感に対応し、アイコンタクトを通じて犬との信頼関係を深めていくことが大切です。

(2-2)アイコンタクトが犬のストレスを軽減する

ストレスが原因で分離不安症などの問題行動が生じることがありますが、アイコンタクトを通じたコミュニケーションがストレス軽減します。アイコンタクトが犬のストレスを軽減するので、飼い主は積極的にアイコンタクトを犬ととって安心感を与え、日常のストレスを軽減させましょう。

例えば、飼い主と犬のアイコンタクトがストレスホルモンの分泌を抑制し、犬の心理的な健康に良い影響を与えると言われております。アイコンタクトは、犬が飼い主との絆を感じることで、不安やストレスを軽減する効果があるのです。逆に飼い主も愛犬と見つめ合うことでストレスどころか幸せホルモン(オキシトシン)が上昇して幸せな気持ちになれます。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

【関連記事】
【犬が笑う理由】幸せホルモンの効果と絆を深めるコミュニケーション!

【ドックカメラ活用術!】愛犬の分離不安と寂しがりの違いを見分けましょう(トイプードル編)

【ドックカメラで見極めろ】愛犬が分離不安症か心配な飼い主さんへチェック方法を解説!


留守番中に飼い主とのアイコンタクトが得られないと、犬は不安やストレスを感じることがあります。飼い主が帰宅後、積極的に犬にアイコンタクトをとり、声をかけることで、犬は飼い主の存在を確認し、安心感を得ることができます。これがストレスの軽減に繋がります。だから飼い主は、積極的に犬とのアイコンタクトをとり、日常的なコミュニケーションを大切にし犬のストレスを軽減させてあげましょう。

第3章: 犬との信頼を深めるアイコンタクトのコツ

手を動かす、やさしい表情で褒める、ご褒美や遊びを組み合わせる、そして目が合った瞬間に笑顔で返す―これらのアイコンタクトのコツを飼い主は身につけめしょう。

(3-1)飼い主に注目させ目を合わせるのが第一
アイコンタクトの基本は、飼い主に注目させ目を合わせることです。

犬との信頼を深めるためには、飼い主に注目させ目を合わせることが非常に重要です。この基本的なアイコンタクトのコツを理解し、実践することで、犬との絆を一層深め、信頼関係を築くことができます。
もう少し具体的に説明すると、例えば犬の躾(しつけ)トレーニングで「待て」を教える場合、「待て」と声をかけるのは犬と目が合った後に「待て」と言うのがコツです。

ちなみにわが家の場合は「伏せ」の掛け声で犬とアイコンタクトをとり、次に「待て」で指示をだします。

どのようなケースも基本、まず愛犬とアイコンタクトで目を合わすのが第一、その次に指示の掛け声や、褒め言葉を言ってからおやつを与えるなどの順番にしましょう(^_-)-☆
このように犬との信頼を深めるアイコンタクトのコツは、飼い主に注目させ目を合わせることが不可欠です。これは実例からも理解できる重要なポイントです。飼い主は日常的に犬とのアイコンタクトを大切にし、目を合わせることで犬との絆を一層深め、良好な信頼関係を築きましょう。

(3-2)やさしい表情と穏やかな声で褒めてあげる
良いアイコンタクトをする際には、やさしい表情と穏やかな声が重要です。

愛犬の視線に気づいたら微笑み返しましょう(^_-)-☆


犬を安心させるには、やさしい表情と穏やかな声で褒めることが非常に重要です。犬は飼い主の表情や声のトーンに非常に敏感であり、これによって飼い主の感情や意図を理解しています。もっと端的に言えば、人間の短い言葉しか理解できない犬は経験で覚えていきます。当たり前ですが、良い経験なら同じ行動を繰り返すし、過去に嫌な経験をした場合は警戒したり不安になります。だから飼い主がやさしい表情と穏やかな声で褒めることは、犬がポジティブな経験だと結びつけ、信頼感を構築するために効果的です。

例えば、犬が望ましい行動を示した際に、飼い主が笑顔で表情豊かに「よくやったね!」と穏やかな声で褒めることで、犬はその行動が飼い主にとって好ましいものであると理解します。これによって、犬はポジティブな経験を重ね、飼い主に対する信頼が深まります。
やさしい表情と穏やかな声で犬を褒めることは、信頼を深めるために不可欠です。

(3-3)ご褒美(おやつ)や遊びとの組み合わせ
アイコンタクトが成功したときには、ご褒美や遊びを組み合わせることで、犬にとってのポジティブな体験と結びつけます。

具体的なご褒美の選び方や遊びの工夫について紹介します。
と偉そうに説明しますが、今から話すことは私は毎月行く大きな公園で知り合ったドックトレーナーさんから聞いたやり方です(笑)

ドックトレーナーは、犬の躾(しつけ)トレーニングをする際「おやつのご褒美」や「遊び」を組み合わせて覚えさせます。その際のコツを教わりました。例えば「お座り」と座らせてできたらアイコンタクトをして「よし」とか褒めてから小さなおやつを1粒与えます。
遊びも同様で、投げたボールを飼い主に持ってきたら「よくできた」と褒めてアイコンタクトをしてから口元からボールを返してもらいます。


このように、犬はご褒美や遊びを通じてポジティブな経験をし、飼い主とのアイコンタクトを通したコミュニケーションが犬にとって楽しいものと結びつき、信頼感が生まれます。
このように、犬が飼い主にアイコンタクトをとった際に、おやつを与えることでポジティブな経験が生まれます。これによって、犬はアイコンタクトが良い行動であることを学び、同時に飼い主との関係が良好であることを実感します。また、遊びを組み合わせることで、コミュニケーションがより豊かなものとなります。

とは言え、わが家の方針は「おやつ」を使った躾(しつけ)はやりません。理由はいくつかあるのですが、まず健康面でおやつを与えた分だけご飯の量を減らす必要があるので気乗りしない点です。ちなみに知り合いの飼い主さんから聞いた話ですが、公園で知り合った犬のコミュニティーみたいな所に参加するようになってから愛犬の体重が増えてしまったそうです。ご飯の量は減らさないで与えてもいたし。それが驚くほどあっという間に体重が増えたらしいです。

その次の理由ですが、おやつを使った躾(しつけ)をすると、愛犬が持って生まれたもともとの性格を抑える感じがするのですよね・・・・。勿論、世界各国でおやつを使った躾(しつけ)をしているドックトレーナーがいるので間違いではないことは確かでしょうし、人間社会で犬が幸せに暮らすためにトレーニングは絶対必要だと承知はしています。だけど、ほどほどのラインと言うか線引きを私はしたい派です。くどくなりますが、調教とは言いすぎだけど愛犬のもともとの性格を変えてまでの躾(しつけ)トレーニングはしたくありません


【関連記事】
※私が知り合った、あるドックトレーナーの方針が好きです。それは犬のとって飼い主が撫でる手が最高のご褒美だと(^_-)-☆ 詳しくはコチラの記事に書いてあります。



「犬のしつけにおやつは必要?」飼い主の成功と失敗の体験談も紹介!

【特別保存版】しつけ教室が教える「犬の叱り方10選」を公開!

 

(3-4)手を動かし動作で振り向かせる
犬とのアイコンタクトを深めるために、手や動作を使って注意を引くための具体的なテクニックを紹介します。


手を動かしたり、特定の動作で犬を振り向かせることは、アイコンタクトを促進し、犬とのコミュニケーションを深める効果的な手段です。
実際にドックトレーナーの動画やペットショップにある躾(しつけ)教室に行くと、手を動かしながら犬との距離感をはかっている感じがしますものね。

実際、犬が首をかしげる動作をするじゃないですか?あの仕草は可愛いですよね(^_-)-☆
首を横に傾けてかしげる仕草は、じつは犬が音に反応して聴き取ろうとしているとも言われています。犬は聴覚や視覚的な刺激に敏感であり、手の動きや特定の動作に反応することが示唆されています。だから、手を動かすことや動作で犬を振り向かせるのはテクニックとして覚えて損はないでしょう。

ちなみに、私も飼い初めの頃にトリミングのお姉えさんに聞いたことがあるんですよ。
「家ではあれほどドライヤーを怖がるのに、トリミングで大人しくなるんだろうか?」

トリミングのお姉さんが教えてくれたんだけど、まず犬は高いのが苦手なのでトリミングの台は高くしているそうです。確かに高い台の上でカットしていますものね。

そして、ドライヤーも最初は片手で音だけだして犬に慣らさせるそうです。
その際のコツは、片手にドライヤーを持って音だけだしたり、オモチャで犬の気持ちをそらしたりしながら。

例えば、犬が注意を向けている方向と逆向きに手を動かすことで、犬はその動きに反応して振り向きます。このとき、飼い主が笑顔でアイコンタクトをとることで、犬は喜びや楽しさを感じ、より深いコミュニケーションが生まれます。
手を動かしたり、特定の動作で犬を振り向かせることは、アイコンタクトを促進し、犬とのコミュニケーションを豊かにする方法として有効です。


【関連記事】

※わが家の愛犬ミート(meet)は子犬のときは「掃除機」や「ドライヤー」など音がでる物が大嫌いでした。

トイプードルの子犬を嫌がるドライヤーに慣れさせる方法とは

(3-5)目が合った瞬間に笑顔で返す
アイコンタクトが成立した瞬間には、笑顔で返すことが大切です。

ポジティブなエネルギーを伝える笑顔の重要性と具体的な表情に焦点を当てます。
犬とのコミュニケーションにおいて、目が合った瞬間に笑顔で返すことは、アイコンタクトを強化し、飼い主と犬の信頼関係を深める効果的な手段です。

犬は飼い主の表情に敏感であり、笑顔はポジティブなコミュニケーションの一環として理解されます。目が合った瞬間に笑顔で返すことで、犬は安心感を得てアイコンタクトを強化します。例えば、冒頭の項で何回も書いていますが、散歩中に犬が飼い主と目が合ったとき、飼い主が笑顔で返すことで犬は嬉しさや安心感を感じます。これにより、犬は飼い主とのアイコンタクトがポジティブであることを理解し、信頼感が増します。

目が合った瞬間に笑顔で返すことは、犬とのアイコンタクトを強化し、信頼関係を深めるために重要です。

勿論、飼い主にも都合があって北風がぴゅーぴゅー吹いている寒い日は散歩に行きたくなかったりします。でも・・・ソファーで愛犬をまったりくつろいでいても「散歩まだ?」とアイコンタクトでせがまれ思わず苦笑いをするときもありますが(笑)

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村


犬ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


<PR広告>

 

[











<PR広告>



犬の散歩の必需品+【運キャッチ】で手づかみにサヨナラ。



ペットのフンが投入できる家庭用生ごみ処理機【ワンニャクスル】



Y型・H型ドッグハーネスの進化系【PERROS】ペルロスハーネス







【ドックカメラ活用術!】愛犬の分離不安と寂しがりの違いを見分けましょう(トイプードル編)

愛犬が分離不安症かもしれない?

「トイプードル 分離不安 解決」「犬 分離不安症 チェック」でお悩みの皆さん、犬が一人で留守番できるかなど不安を感じていませんか?
その気持ちよ~くわかります。
著者も愛犬トイプードルと暮らしているのですが、ほらトイプードルって物凄く甘えん坊で飼い主にべったりするじゃないですか。だからか一人で留守番が嫌いな犬で外出を察するとソワソワし、玄関先まで追いかけてきて不満そうな顔をします。

そして玄関では通せんぼします。

もう車のバックミラーに映る姿が寂しそうで心苦しいです(苦笑)

愛犬にとって、このようなストレスが様々な行動に表れる(分離不安症)は可哀そうだし、犬との信頼関係にも影響を及ぼします。本日は、分離不安症に焦点を当て、その原因や症状、そして解決策について掘り下げて書いていこうと思いますが結論を先に言います。

「分離不安症に悩んだり獣医師の診察を受ける前に必ずドックカメラで様子をみましょう」

理由は明確で、ドックトレーナーや獣医師に相談するにしても正確な状況を伝えるべきだからです。
そして重要なポイントは、ただの寂しがり屋の性格と分離不安症は違うと言うことです。
大事なことなのでもっと詳しく話しますね。

うちの愛犬は分離不安症だと悩み、かかりつけの獣医さんに相談していたんですよ。獣医さんいわく、トイプードルという犬種で特に男の子は分離不安症にはなりやすい傾向があるそうです。でも寂しがりで甘えん坊な性格を全て分離不安症に結びつけすぎと言うのです!

そう言われてドックカメラを買って確認すると・・・・ビックリした結果が判明しました。

外出前にあれほど騒いでいた愛犬が・・・・

一人になって数分もすれば、あきらめておとなしくなっていました(苦笑)

要するに分離不安症と寂しがりの違いは、愛犬が一人でいる様子どんな様子でわかります。だからまずはドックカメラを買ってこの確認をすることが先決だと思うのです。

1. 犬の分離不安症とは
まず初めに、犬の分離不安症について理解を深めましょう。一緒に過ごす時間が長いほど、犬は飼い主との絆を強く感じますが、一歩引いたところで生じる不安感が分離不安を引き起こすことがあります。このあたりを掘り下げていきましょう。

2. 分離不安のときに見られる犬の行動
犬が分離不安を感じると、どのような行動が見られるのでしょうか?吠える、物を噛む、トイレのトラブルなど、そのサインに注意を払いながら、犬が不安を感じる状況を理解していきましょう。

3. 分離不安症かどうかドッグカメラで判断
犬の行動を観察する際、ドッグカメラが頼りになります。このツールを使って、犬が一人でいるときの様子を確認し、分離不安症の診断を行います。正しい判断をするために必要なポイントにも触れながら、ドッグカメラの効果的な利用法をご紹介いたします。

これらの情報をもとに、飼い主としてできること、特にトイプードルに焦点を当てながら、分離不安を解決するアプローチをお伝えしていきます。おそらく、あなたの疑問や不安もこの記事を通じて解決され、より豊かなペットライフを楽しむ手助けとなることでしょう。

ペットとの心地よい生活の一環として、ぜひこの記事をお楽しみください。分離不安症に打ち勝ち、愛犬との絆をより深める一歩を踏み出しましょう。


【簡単に自己紹介】

改めまして、メタボ父さんです(^_-)-☆

令和2年9月より、初めてトイプードルと暮らし始めました (^^♪
色はレッドで名前はミート(meet)と言います。
身体の色がミートボールみたいだからミートです(笑)
但し、女性陣よりmeetにするようにと要望がありました!
出会えたという意味でとの事。
七夕(たなばた)産まれの愛犬ミート(meet)は3歳になりました。

もう可愛くて仕方がないですよね (^^♪

【愛犬のミート(meet)君です】

ちなみに本ブログは、今までの体験や悩み相談しながら解決してきた情報を

(第1話)から時系列にまとめております。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━
ペット飼育のお悩みについて、飼い主どうしでQ&Aで質問できるサイトがあ ります。

★登録も簡単
★料金も無料!

そして何より体験談を聞けるのでオススメのサイトです(^^♪

【DOQAT(ドキャット)の登録はコチラから】
      ⇩
ペットの悩みQ&A【ドキャット】
<PR広告>

累計4万頭の子犬が利用していて、獣医師の完全監修である「こいぬすてっぷ」通信口座で勉強するのもいいかもしれません。

可愛い愛犬のために (^_-)-☆

累計4万頭以上の子犬が受講【こいぬすてっぷ】

<PR広告>

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

(第97話)

【ドックカメラ活用術!】愛犬の分離不安と寂しがりの違いを見分けましょう(トイプードル編)

探りたい。犬の分離不安症。心の中を覗くドックカメラ。絆を深める手助け。愛犬との新たな理解の扉を開こう。

『※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています』

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

(目 次)


━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

(本 文)
第1章:犬の分離不安症とは
最初に、愛犬が抱える「分離不安症」とは一体何なのでしょうか?
犬との共同生活は、無償の愛と絆が詰まった素晴らしいものですが、時には愛犬が抱える「分離不安症」という心の迷路に直面することがあります。我々飼い主にとっては、その犬の不安を理解し、解決の糸口を見つけてあげることが課題と責任です。

(犬の分離不安症とは)
犬の分離不安症は、飼い主や仲間から離れることに対する強い不安やストレスが原因で生じる行動異常の一種です。これは犬が単独でいる際に異常な行動を示すことで特徴づけられます。典型的な症状には、吠える、物を噛む、家具を破壊する、排泄物をする、食欲不振などがあります。これらの行動は、飼い主が不在の際に発生し、犬が孤立していると感じるために起こります。分離不安症は犬種や個体によって異なる程度で現れ、十分な社会化やトレーニングが不足している場合に発生することがあります。適切な対処法には、徐々に離れる時間を増やすトレーニング、愛情を感じさせる環境の提供、行動修正などが含まれます。分離不安症が継続する場合は、獣医師や犬のトレーナーと協力して適切な対策を検討することが重要です。

第2章: 分離不安のときに見られる犬の行動
次に犬が分離不安になるとどのような症状や行動が現れるのかをみていきましょう!
飼い主は、愛犬のストレスサインを察知することがとても大切なので是非、参考にしてください。

(犬は本来、むやみに吠えません)
犬が吠えるのは当たり前と思ってはいけません。本来犬は野生からの習性や遺伝子的にみてもワンワン吠えると自分の居所がばれてしまうのでむやみに吠えないものです。例えばわが家の愛犬ミート(meet)を参考に具体的に説明しますね。

(実例)
愛犬のご飯は妻が用意しているのですが、愛犬ミート(meet)はお腹がすいてご飯を食べたくなると、キッチンに移動して妻や家族の飼い主を見上げるように視線を送ってきます。
ご飯は台所からでてくることがわかっているからです。

<犬は吠える前にアイコンタクトで知らせる>


<ご飯を作ります>



ちなみに、うちの愛犬ミート(meet)はご飯の食いつきが悪いです。

だから一度置いたご飯を下げることがあります。

無視していると、ご飯を返してとワンワン吠えます

このように、犬はむやみに吠えず最初はアイコンタクトで訴えます。
それでも通じない場合に「ワンワン」と吠えるのです。
この行動とは違いすぐに吠える場合。例えばミートは昼間リビングで過ごして
いるのですが、目の前に道路を人が通り過ぎると吠えます!

この行動は、自分の領域にこれ以上入ってくるなと吠えているのですが、吠える
ことで外部からの侵入者が来ないと経験で覚えてしまったのでアイコンタクトで
なく吠える行動をします。

いずれにせよ、犬が吠えるのは当たり前ですが、むやみに吠えることはしないこと
もまず飼い主は理解する必要があります。そうでないと、この場面で吠えるのは
分離不安の初期症状であるかどうかの判断がつかないからです。


(分離不安のときに見られる犬の行動)
犬の分離不安による行動は個体差がありますが、一般的なサインとして以下が挙げられます。統計によれば、分離不安を抱える犬の約70%が以下のような行動を示すと報告されています。

(事 例)
<分離不安の特徴的な行動>
吠える・鳴く
・物を噛む・破壊行動
・トイレの以外の場所で排泄
・食欲不振や嘔吐
過度の興奮や震え落ちつきない行動

これらの行動が積み重なると、犬はストレスや不安を感じやすくなります。

(事 例)
<分離不安の具体的な事例>

(1)あちこちでオシッコやウンチをしてしまう
(2)電気コードをかじったい、破壊行動を起こす
(3)食欲不振になる
(4)下痢や嘔吐をする
(5)皮膚が赤くなったりする
(6)シッポや足を異常に舐める
(7)家でずっと飼い主につきまとう
(8)外出準備を始めると騒ぎ不安で落ち込む
(9)帰宅すると大喜びで興奮し大歓迎する
(10)独りの時間に問題行動を起こす

ちなみに、分離不安症の一歩手前の症状として以下が挙げられます。
読者さんの愛犬はいかがですか?
Q:常に飼い主につきまといませんか?
Q:外出しようとするとソワソワとあわてる?
Q:帰宅すると興奮して大喜びしませんか?
Q:留守番が苦手になっていませんか?


もっと詳しく分離不安について知りたい方はコチラの記事をご参照ください。

【関連記事】
【ドックカメラで見極めろ】愛犬が分離不安症か心配な飼い主さんへチェック方法を解説!

愛犬のストレスサインを飼い主は察知してくださいね!

【愛犬のストレスサインを見逃すな】対処する方法とトイプードルに必要な一日の運動量を徹底解説!

犬の分離不安が発現する際の行動は多岐にわたり、それらの行動を理解することが解決への第一歩です。注意深く観察し、早期に対処することで、愛犬の心の健康をサポートし、共に穏やかな生活を築くことが大切です。飼い主が行動パターンを把握し、早期に対処することが重要です。

第3章: 分離不安症かどうかドックカメラで判断

愛犬の行動を把握するために是非、飼い主さんはドックカメラを買ってください。



分離不安症の可能性を確認する方法として、リアルな状況は捉えたカメラ映像を通じてわかるし愛犬の手助けができます。勿論、私もファーボドックカメラを買い留守番中の愛犬の様子を確認しています。

私が買ったFurbo(ファーボ)ドックカメラの商品の機能を簡単に説明します。
●外出先でも自分のスマホから室内に置いたFurbo(ファーボ)ドックカメラをとおして、室内にいる愛犬の様子をスマホ画面で見ることができます。
●愛犬が室内で鳴いたときなどに備えて、あらかじめドックカメラの中におやつを入れておいて外出先からスマホのボタンを押すとドックカメラからおやつが飛び出て愛犬の気をそらすことができます。
●室内にいる愛犬にスマホからしゃべりかけるとドックカメラのマイクより愛犬に飼い主の声が伝わります。
●犬が吠えたらスマホに自動通知が届きます!
●愛犬がストレスを感じたとわかる「ワンワン!お知らせ機能」があります!━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

【Furbo(ファーボ)ドックカメラを使った私の感想と効果】
★外出先からスマホ画面をとおして愛犬の様子がわかる安心感がある
★ワンワン吠えたとき「おやつボタン」や「マイク」で犬の気をそらす効果があ

※Furbo(ファーボ)ドックカメラの公式サイトよりFurboメール会員に登録すると(会員費は無料)会員限定の割引価格でFurbo(ファーボ)ドックカメラを買えるだけでなく、定期メール情報でドックトレーナーによるFurbo(ファーボ)を使った留守番解消のしつけ方法などが学べます(^^♪

<PR広告>
<Furbo(ファーボ)ドックカメラの公式サイトはコチラ>
心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】


(分離不安症かどうかドックカメラで判断)
飼い主として、分離不安に苦しむ愛犬の姿を知りたいと思ったことはありませんか?
ドックカメラはその不安を解決してくれる魔法のようなツールです。実際に多くの飼い主が愛犬の留守中の様子を把握するためにドックカメラを活用しており、それが分離不安の早期発見につながっているのです。

愛犬が留守番しているリアルな姿を飼い主が見ることで、愛犬に潜む感情を理解することができるし飼い主としての使命感が一層強くなることでしょう。また、ドックカメラを通して見えるのは、ただの映像だけではありません。それは愛犬たちの心の叫びであり、彼らが言葉にできない感情が詰まった一枚の画像なのです。

つまりドックカメラは、分離不安症の診断において貴重なツールとなり得ます。愛犬の行動をリアルタイムで観察し、そのパターンを把握することで、正確な診断と効果的な対処が可能です。ただし、注意深い分析と他の診断手段との組み合わせた判断が必要です。

【関連記事】

(第30話)

【買ったから知っている】Furboドックカメラの失敗しない購入手順!

(第42話)

【クーポンもお見逃しなく!】Furboドッグカメラを最安値で購入する方法

【関連記事】

(第30話)

【買ったから知っている】Furboドックカメラの失敗しない購入手順!

(第31話)

Furboドックカメラは留守番が苦手な子犬におすすめです

(第41話)

furboファーボ ドッグカメラを使ってみた感想と効果

(第42話)

【クーポンもお見逃しなく!】Furboドッグカメラを最安値で購入する方法

『※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています』

<PR広告>
<Furbo(ファーボ)ドックカメラの公式サイトはコチラ>
心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】




━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村


犬ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加














<PR広告>



犬の散歩の必需品+【運キャッチ】で手づかみにサヨナラ。



ペットのフンが投入できる家庭用生ごみ処理機【ワンニャクスル】



Y型・H型ドッグハーネスの進化系【PERROS】ペルロスハーネス







【外でしかトイレをしない犬】雨の日はどうしている?トイプードルの飼い主より解説!

犬が外でしかトイレをしないことは、多くの飼い主にとって課題となります。その背後には犬の本能や環境からの影響、そしてパピー時代の躾の有無が潜んでいます。また、トイレを我慢できる時間や雨の日に排泄行動をどうするかも気になるポイントです。

犬がトイレを我慢する時間や、それが健康に及ぼす影響について考えたことはありますか?あるいは家の中での排泄行動にお悩みの方も多いことでしょう。そんな中、トイレの基本的なトレーニングや雨の日の対策が重要となります。

この記事では、犬のトイレ事情に関する疑問や悩みに焦点を当て、実際にトイプードルを飼っている飼い主から解決策を提供します。犬の本能や行動、躾の影響に理解を深め、トイレの基本的なトレーニング方法を学び、雨の日にもスムーズに対処できるようなヒントになっていただけたら幸いです。きっとこの記事を読むことで、飼い主は犬の行動を理解し、トイレのトレーニングに自信を持つことができます。雨の日や家の中での排泄行動に悩む飼い主にとって、実用的で具体的な解決法が得られるでしょう。
是非、最後までお付き合いください。


【簡単に自己紹介】

改めまして、メタボ父さんです(^_-)-☆

令和2年9月より、初めてトイプードルと暮らし始めました (^^♪
色はレッドで名前はミート(meet)と言います。
身体の色がミートボールみたいだからミートです(笑)
但し、女性陣よりmeetにするようにと要望がありました!
出会えたという意味でとの事。
七夕(たなばた)産まれの愛犬ミート(meet)は3歳になりました。

もう可愛くて仕方がないですよね (^^♪

【愛犬のミート(meet)君です】

ちなみに本ブログは、今までの体験や悩み相談しながら解決してきた情報を

(第1話)から時系列にまとめております。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━
ペット飼育のお悩みについて、飼い主どうしでQ&Aで質問できるサイトがあ ります。

★登録も簡単
★料金も無料!

そして何より体験談を聞けるのでオススメのサイトです(^^♪

【DOQAT(ドキャット)の登録はコチラから】
      ⇩
ペットの悩みQ&A【ドキャット】
<PR広告>

累計4万頭の子犬が利用していて、獣医師の完全監修である「こいぬすてっぷ」通信口座で勉強するのもいいかもしれません。

可愛い愛犬のために (^_-)-☆

累計4万頭以上の子犬が受講【こいぬすてっぷ】

<PR広告>

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

(第96話)
【外でしかトイレをしない犬】雨の日はどうしている?トイプードルの飼い主より解説!
愛犬が室内でオシッコやウンチをしてくれないとお困りの飼い主さんに向けての記事です。
雨の日はどうしたらよいか?トイプードルの飼い主より解説します(^_-)-☆

『※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています』

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

(目 次)

第1章:なぜ犬が外でしかトイレをしないのか?

(1-1)犬の本能と行動の理解

(1-2)飼い主の環境からの影響

(1-3)子犬(パピー)の頃に躾(しつけ)したか

第2章:犬がトイレを我慢できる時間

(2-1)一般的は12時間程度の排泄を我慢できる

(2-2)トイレを我慢させると健康上どうか?

第3章: 【事例】家の中では絶対にトイレをしないか?

(3-1)我慢の限界がきたら家の中でトイレします

(3-2)うちの子は家の中でしかウンチをしません

(3-3)外でトイレをしたくてワンワン吠えまくります

第4章: トレーニングの基本

(4-1)定期的な散歩とトイレをするスケジュール化

(4-2)室内のケージやトイレで排泄する練習をする

(4-3)夜の寝る前にオシッコをする習慣をつける

第5章: 雨の日にトイレをどうするか?

(5-1)犬は雨の日で濡れても嫌がらないか?

(5-2)レインコートを着せて散歩がてらトイレに行く

(5-3)室内トイレの場所以外で排泄しないようにトレーニング


(本 文)

第1章:なぜ犬が外でしかトイレをしないのか?

犬との共同生活において、トイレの問題は飼い主にとって避けて通れない課題の一つです。なぜなら、愛犬が外でしかトイレをしないという行動が、時に理解できず戸惑うことがあるからです。この記事では、犬がなぜ外での排泄を好むのか、その理由に迫りながら、飼い主の環境がどれほど影響を与えているのか、そして子犬時代の躾が後のトイレトレーニングにどのような影響を与えるのか、を探求していきます。
(結論)
犬が外でしかトイレをしない行動は、その本能や飼い主の環境、そして子犬時代の躾(しつけ)が影響しています。犬は本能的に外で排泄することに適応しており、飼い主の環境や子犬時代の教育がその行動に大きな影響を与えています。

犬が外で排泄をしたがる理由はいくつかあります。

  1. 本能: 犬は本能的に自分の生息地をマーキングし、他の犬や動物に自分の存在を知らせるために匂いを残します。オシッコやウンチを通じて、犬はその場所に存在することを示し、他の犬たちとのコミュニケーションをとります。
  2. 掃除本能: 犬は自分が生活する空間を清潔に保ちたいという掃除本能があります。そのため、自分の寝床や餌の場所から離れて排泄をすることがあります。
  3. 運動と外部刺激: 外に出ることで新しい匂いや刺激がたくさんあります。犬はそれらを感じ、探索することが好きであり、その過程で排泄の欲求を感じることがあります。
  4. トレーニングと習慣: 飼い主が犬に外で排泄する習慣を教えた場合、犬は外で排泄することが普通であると学びます。飼い主が一貫してトイレの場所を外に定め、外での排泄を奨励することがこの習慣を形成します。

ただし、犬が急に排泄行動に変化が見られる場合は、健康問題やストレスなどが影響している可能性もあります。定期的な獣医の診察や行動の変化には注意が必要です。

(1-1)犬の本能と行動の理解

まず、我々は犬の本能と行動を理解する必要があります。犬が外でのトイレを好むのは、何か理由があるに違いありません。この記事では、愛犬がなぜ外を選ぶのか、その背後にある本能や行動パターンに迫ります。これによって、飼い主は愛犬の言葉をより深く理解し、共感することができるでしょう。

本能:犬は本能的に自分の生息地をマーキングし、他の犬や動物に自分の存在を知らせるために匂いを残します。オシッコやウンチを通じて、犬はその場所に存在することを示し、他の犬たちとのコミュニケーションをとります。
掃除本能:犬は自分が生活する空間を清潔に保ちたいという掃除本能があります。そのため、自分の寝床や餌の場所から離れて排泄をすることがあります。

(実例)
犬は比較的清潔好きな動物であり、身体に異物が付着することを嫌がります。オシッコが足につくことで、犬はその感触や匂いを嫌うことがあります。犬は匂いに敏感な生物であり、足にオシッコがつくことで異なる匂いが広がります。これが犬にとって不快である可能性があります。また、犬は自分や他の犬の匂いでコミュニケーションをとるので足にオシッコがつくことを気にするのかもしれません。

実際にわが家の愛犬トイプードルは、自分の足にオシッコが足に飛び跳ねてしまうと座り込みその足をペロペロ舐めております。

 犬は状況や経験から学習します。もし以前に室内のトイレで足にオシッコがついて不快だった経験があれば、それを避けるため外でオシッコをしたがるのは当たり前の本能でしょう。
逆に言うと、
飼い主は犬の足にオシッコがつくことを防ぐような工夫や、家の中でオシッコやウンチをすることに慣れさせるトレーニングが必要です。

(1-2)飼い主の環境からの影響

続いて、飼い主の生活環境が愛犬のトイレ行動にどれほど影響を与えるのかを考察します。犬は飼い主の生活リズムや環境に適応します。飼い主が定期的な散歩やトイレタイムを設け、外での排泄を習慣化すると、犬はその環境に順応し外での排泄を好むようになります。飼い主の生活環境は、愛犬のトイレ行動に一定の影響を与えることがあります。以下は、その影響のいくつかです。

  1. 散歩の頻度とタイミング:飼い主が日中に仕事で忙しい場合、散歩の頻度やタイミングが制限されます。これが犬のトイレ行動に影響を与えることがあります。適切な散歩が提供されない場合、犬は我慢しなければならない時間が増え、トイレトレーニングの問題が生じる可能性があります。
  2. 居住環境:アパートや一軒家、郊外などの居住環境も影響を与えます。例えば、アパートやマンションは直接外に出られない場合もあり、そのためには飼い主が頻繁に散歩に連れて行く必要があります。
  3. トイレの利用可能性:飼い主が犬にトイレを利用する場所を提供するかどうかも重要です。トイレトレーを屋内に設置しておくことで、飼い主がいない時間にも犬が排泄できるようになります。
  4. 飼い主のスケジュールと一貫性:飼い主の生活スケジュールの一貫性がトイレトレーニングに重要です。犬はパターンや一貫性を好み、飼い主が予測可能なトイレの時間を提供することが望ましいです。
  5. ストレスや不安: 飼い主の生活環境が不安定であったり、飼い主がストレスを感じている場合、これが犬にも影響を与える可能性があります。犬は環境の変化や飼い主の感情を察知し、それがトイレ行動に影響を与えることがあります。

犬とのコミュニケーションや適切なトイレトレーニングの一環として、飼い主が犬の生活環境に配慮し、適切なケアとトレーニングを提供することが重要です。

(1-3)子犬(パピー)の頃に躾(しつけ)したか

最後に、子犬時代の躾が後のトイレトレーニングに与える影響に焦点を当てます。もしこれから愛犬と暮らす予定の飼い主さんや、子犬(パピー)だったら最初の数ヶ月でトイレのトレーニングをしっかりしておくことを強くオススメします。

愛犬の最初の数ヶ月は、後の行動パターンに深く影響を及ぼす時期です。子犬の頃の躾が愛犬がトイレをどこで済ますかで、室内でもトイレができるようになるかを決定づける要素になるでしょう。飼い主は子犬期の教育に重点を置き、将来のトイレトレーニングに備えることができるでしょう。

(実例)
わが家の例ですが、トイプードルと一に暮らすにあたり、愛犬ミート(meet)のために家族全員でトイレのトレーニングに力を合わせて頑張りました。
<その結果>
「おしっこ98%」うんち99%」成功したと思います。

※ちなみに「おしっこ98%」残り2%の失敗は何?
       「うんち99%」残り1%の失敗は何?

についてはコチラの記事で詳しく書いております。



【関連記事】
【子犬トイレしつけ手順】失敗しないトイレトレーニングの方法を解説!(トイプードル編)


そこで、今日は我が家が成功したトイレトレーニングの方法を時系列にそって解説します。具体的には、生後2ヶ月になるパピー犬と(9月3日)から一緒に暮らしはじめてケージ内にあるトイレでできるようになった3ヶ月後の(12月頃)までを時系列です。

【子犬がトイレの覚えるまでの期間】
じつは、このスケジュール情報が一番、読者さんのお役に立てると思います(^_-)-☆

① 7月7日・・・・・・ミート(meet)の誕生日
② 9月3日・・・・・・ミート(meet)が初めて我が家に到着
③ 9月4日・・・・・・トイレトレーニングと「おすわり」のしつけを開始
④ 9月初旬・・・・・・夜泣きをすることに気づきました!
⑤ 9月12日・・・・・「おすわり」を覚えました
⑥ 9月某日・・・・・・役所に犬の登録をして「鑑札」のプレートをもらい首 輪につける
⑦ 9月某日・・・・・・動物病院で1回目の混合ワクチン
⑧ 10月初旬・・・・・動物病院で2回目の混合ワクチン(狂犬病ワクチン)
⑨ 10月初旬・・・・・役所に狂犬病予防注射済みの申請をする
⑩ 10月14日・・・・初めての散歩デビュー
⑪ 11月某日・・・・・・トイレはほぼできるようになる。
※おしっこだけたまにトイレ外でしてしまう!
12月某日・・・・・・・トイレは98%できるようになりトレーニング完了

第2章:犬がトイレを我慢できる時間

飼い主としては愛犬の健康と幸福を最優先に考えるじゃないですか?だから愛犬がトイレを我慢できる時間について知りたいと多くの飼い主が思っているはずです。また犬が排泄を我慢する時間の一般的な限界や、それが健康に及ぼす影響について深堀りしていきます。

(2-1)一般的は12時間程度の排泄を我慢できる

まず初めに、犬が排泄を我慢できる時間の一般的な限界を知ることが肝要です。この記事では、一般的に犬がどのくらいの時間まで我慢できるかに焦点を当てます。理解することで、飼い主は日常生活において、愛犬の快適さを考慮したトイレの管理ができるようになります。犬がトイレを我慢できる時間は一般的に約12時間程度であり、これを超えると健康上のリスクが生じる可能性があります。トイレの我慢が続くと尿路や膀胱のトラブル、ストレスが引き起こされ、犬の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

(結論)
犬がトイレを我慢できる時間は一般的に約12時間程度であり、これを超えると健康上のリスクが生じる可能性があります。トイレの我慢が続くと尿路や膀胱のトラブル、ストレスが引き起こされ、犬の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
通常、成犬であれば1日中我慢できることが多いですが、子犬や高齢犬はもっと頻繁に排泄する必要があります。また、犬は健康な状態であればおおよそ6〜8時間は我慢できるとされていますが、これは一般的な目安であり、個体差があることを考慮する必要があります。

(理由や根拠)
例えば、わが家の愛犬で説明しますね。毎日朝と夕方に2回散歩に行くので外でオシッコとウンチをします。

ところが、朝の7時に散歩でオシッコをした後に大雨になって外でオシッコができない場合、夜の21時頃にソワソワして家の中に置いてあるケージのトイレでオシッコしますからね
やはり12時間程度が限界時間だと思います。

(2-2)トイレを我慢させると健康上どうか?

室内飼いの犬が飼い主が仕事で日中に散歩に行けない場合、犬は一定の時間はオシッコやウンチを我慢することができることがありますが、やはり限界があります。犬の我慢の限界は個体差があり、犬種や年齢、健康状態にも影響されます。

そして、愛犬がトイレを我慢せざるを得ない状況が続くことが、健康にどのような影響を与えるのかについても考えていきます。排泄を我慢させることがもたらすストレスや健康リスクについて深掘りし、その解決策や予防策についても探ります。ここで得た知識が、飼い主としての責任を果たし、愛犬の生活の質を向上させる手助けとなるでしょう。

トイレを我慢させると健康上どうか?
トイレを我慢し続けることが健康に悪影響を与える可能性があります。長時間の排泄我慢は尿路感染症、膀胱炎、ストレスなどを引き起こす可能性があり、これが慢性的に続くとより深刻な問題につながる可能性があります。

解決策としては、次のような対策が考えられます

  1. 飼い主さんに変わり世話する人に頼む: 私の身の回りで言えば、実家のお母さんに散歩と合わせてオシッコやウンチの排泄を頼んでいる人が結構いますね。信頼できる人に犬の散歩やトイレ休憩を頼むことができます。
  2. ドッグシッターの利用:ドッグシッターを雇って、犬を自宅でケアしてもらうことも考えられます。
  3. 屋内トイレの設置:特に小型犬の場合、屋内用のトイレトレーを設置しておくことで、犬が必要な時に排泄できるようにすることができます。
  4. おもちゃやエンリッチメント犬が一人でいる間に暇つぶしとしておもちゃを提供することで、ストレスを軽減することができます。

(まとめ)
犬がトイレを我慢できる時間は個体差がありつつも、一般的には約12時間程度です。この時間を超えると健康上のリスクが増大し、尿路や膀胱の問題、ストレスが引き起こされる可能性があります。飼い主は定期的なトイレタイムを確保し、犬の生理学的特性を理解した上で、健康をサポートする配慮が必要です。

第3章: 【事例】家の中では絶対にトイレをしないか?

我が家の愛犬は、雨が降り散歩でオシッコやウンチができないと外に連れて行ってとワンワンと吠えて要求します。
これに似た体験をしている飼い主さんはいるのではないでしょうか?外でしかトイレをできない愛犬を暮らしている飼い主が直面する課題です。この項では飼い主がどのようにして理想的なトイレ習慣を愛犬に身につけさせるかについて、具体的に解説していきます。
(結論)
 犬が家の中でトイレを絶対にしないかどうかは、個体差やトレーニングの成否に依存します。我慢の限界がきた場合や外でトイレを希望する行動が見られる場合でも、適切なトレーニングと理解を通じて改善が期待できます。ただし、個別の事例に応じて適切な対処が必要です。

(3-1)我慢の限界がきたら家の中でトイレします

まず、犬が外でトイレを我慢できず、ついに家の中で排泄を始めるケースについて考えていきます。愛犬の我慢の限界やそれが引き起こす行動に焦点を当て、飼い主がそのサインを見逃さず、適切な対応をするためのポイントを解説します。これにより、飼い主は犬のニーズを理解し、共感をもって接することができるでしょう。

(実例)
我慢の限界がきたら家の中でトイレします
わが家の愛犬トイプードルの例ですが、犬が我慢の限界に達した場合はやはり家の中でトイレをします。例えば台風で外に行けない場合とかです。
うちの犬トイレはケージに置いています。オシッコはトイレシートの上でできるのですが、ウンチはあわててするせいかトイレシートの上でなく横でしてしまうこともあります。
いずれにせよ、そのためにも室内トイレでするトレーニングは必要ですね。
ちなみに、わが家の愛犬の寝床はケージでなく娘と一緒に寝ております。


一緒に寝るためにも、子犬(パピー)からトイレの躾(しつけ)を頑張りました(^^♪
愛犬と一緒に寝たいと考えている飼い主さんはコチラの記事を参考にしてください。


【関連記事】
【トイプードルの飼い方】トイレのしつけができるまで愛犬と夜一緒に寝るのは我慢しましょう!


(3-2)うちの子は家の中でしかウンチをしません

また、逆の事例として、家の中でしか排泄をしない知り合いの飼い主Aさんの事例です。
【うんちは家の中でしかしないラブラドールの飼い主Aさん】

ちの子は家の中でしかウンチをしません
ホント羨ましいかぎりですが、オシッコは散歩中に外でするのに・・・なぜかウンチは家でしかしないラブラードルちゃん。
うちの妻が
「なんでウンチだけ家でするの?」

と聞いたところ、犬が外でオシッコはするけれども、ウンチを家でしかしない理由はいくつか考えられると教えてくれたそうです。
※明確に言うと、ドックトレーナーに聞いたそうです。

  1. トイレトレーニングの影響: 犬が幼い頃にトイレトレーニングを受けた場合、飼い主が教えた場所で排泄することが習慣として残ります。ウンチは通常、排泄物を埋める本能があるため、屋外では土や草の中に隠すことができる場合があります。
  2. 安全感の影響:犬は排泄行動中には傷つかないように身を守るために注意深い場所を選びます。家の中は犬が安全を感じる場所であり、外での排泄は警戒心が強まることがあります。
  3. 外の環境や匂いに対する感受性:犬は外の環境や他の動物の匂いに敏感です。ウンチは犬にとって個体識別の手段となり、他の動物の匂いを隠すために家の中で排泄することがあります。
  4. 飼い主の影響:犬は飼い主の習慣や行動を学習します。このラブラドールちゃんの飼い主Aさんは、オシッコは近所の駐車場横で雨が降ってもさせに連れだしていたらしいです。ところがウンチは流石に近所の駐車場横では悪いと思い室内でウンチをする躾(しつけ)を徹底していたからだそうです。飼い主が外での排泄を許容せず、家での排泄を奨励するようなトレーニングを行った場合、犬はその影響を受けることがあります。

(3-3)外でトイレをしたくてワンワン吠えまくります

そして、外でトイレをしたくてワンワンと吠えまくる行動についても紐解きます。この行動の裏にある欲求や不安、興奮などを理解し、その対処法を紹介します。飼い主が冷静に愛犬の行動を読み解り、トイレトレーニングにおいて成功を収めるポイントを押さえることができます。
【外に連れていってと騒ぐトイプードルの飼い主Bさん】

外でトイレをしたくてワンワン吠えまくります
 こちらは私が働く不動産会社で管理している賃貸部屋の住人さんの例です。
じつはこの女性は、私より少しあとに同じ犬種のトイプードルを飼い始めたので色々と情報交換をしたり相談を受けます。
ただ・・・賃貸なので吠えるとトラブルに発展してしまいそうで悩んでおりました。

外でトイレをしたくて吠えまくる行動が見られる場合、これは外部環境への興奮や期待からくるものかもしれません。外でのトイレに興奮する犬は、その興奮を管理することで吠える行動が改善されることがあります。トイレ前や散歩前に飼い主との穏やかな時間を過ごすことで、犬は興奮を抑えることができます。
ちなみに、賃貸住宅にお住まいで愛犬の無駄吠えにお悩みの方はコチラの記事を参考にしてください。




【関連記事】

ペット可賃貸トラブル(犬の鳴き声がうるさくて苦情がきた場合)

ペット可賃貸の一人暮らしで初めて犬を飼う方におすすめの心構え

 


第4章: トレーニングの基本

飼い主として、我々は愛犬のトイレトレーニングにおいて悩みや課題に立ち向かうことがありますが、基本的なトレーニングを知ることで、共に過ごす日々がより円滑で楽しいものになることでしょう。

(結論)
わが家で実践している犬のトイレトレーニングの基本は、①定期的な散歩とトイレのスケジュール化、②室内での排泄を促す練習、③夜の寝る前にオシッコをする習慣をつけることです。これらの基本的なアプローチを組み合わせることで、犬は健康的で理想的なトイレ習慣を身につけることができます。

(4-1)定期的な散歩とトイレをするスケジュール化

まず、定期的な散歩とトイレをするスケジュール化が重要です。飼い主が愛犬の生活リズムに合わせて散歩やトイレのタイミングを設定し、ルーティンを築くことがポイントです。伝えします。
(理由や根拠)
定期的な散歩とトイレをするスケジュール化
定期的な散歩とトイレタイムのスケジュール化は、犬が外での排泄に慣れ、正確なタイミングで排泄する習慣を身につけるのに効果的です。一貫したスケジュールはトイレトレーニングにおいて基本的かつ効果的な方法であるとされています。何故かと言うと、
犬には一貫性のある日常的な散歩や排泄の時間があることで、彼らは安心感を得て、外での排泄に適応しやすくなります。

(4-2)室内のケージやトイレで排泄する練習をする

次に、室内でのトイレ練習が登場します。ケージやトイレの設置を通じて、愛犬に室内での排泄場所を理解させる方法を紹介します。

室内のケージやトイレで排泄する練習をする
室内での排泄を促す練習は、特に天候が悪い場合や飼い主が留守の際に役立ちます。室内トイレの設置やトレーニング用のケージの使用は、犬が我慢せずに適切な場所で排泄できるようになるのに必要です。
室内トイレの設置やケージ内での排泄習慣をトレーニングすることで、犬は安全かつ快適な場所で排泄することができます。

ちなみに、わが家はワンツートレーニングで愛犬に室内で排泄するトレーニングをしました。愛犬がオシッコやウンチをしようとした時に家族全員で「ワンツー~ワンツー」と声をかけてあげます。そしてできたら皆んなで大袈裟くらい拍手をして喜びます。
犬は「これこれをすると良いことが起きた」と経験で覚えますのでワンツートレーニングは効果絶大です(^_-)-☆
詳しくはコチラの記事を読んでみてください (^_-)-☆


【関連記事】

【トイプードルの飼い方】トイレのしつけができるまで愛犬と夜一緒に寝るのは我慢しましょう!


(4-3)夜の寝る前にオシッコをする習慣をつける

最後に、夜の寝る前にオシッコをする習慣の重要性を取り上げます。
わが家の愛犬トイプードルは、ケージでなく娘と一緒の布団で寝るのでオネショしないように寝る前に必ずケージ内のトイレに連れていきます。

夜の寝る前にオシッコをする習慣をつける
毎日の習慣にすると、犬は寝る前にオシッコを室内でもします。また夜の寝る前にオシッコをする習慣をつけることは、夜の排泄を促進することで、犬は夜間に我慢することなく快適に眠ることができます。
夜の寝る前に排泄を促す習慣をつけることで、犬が夜間に起きてトイレを我慢するストレスを軽減でき、良質な睡眠を確保できるようになります。

第5章: 雨の日にトイレをどうするか?

雨の日、愛犬のトイレタイムは飼い主にとって心配事の一つかもしれません。しかし、雨の日でもトイレトレーニングを成功させる方法があります。この項では雨の中での愛犬の排泄行動に焦点を当て、犬が雨の日で濡れても嫌がらないか、レインコートの活用方法、室内トイレ以外での排泄躾について詳しく解説します。
(結論)
雨の日に犬のトイレをどうするかは、犬の好みやトレーニングの進捗により異なりますが、一般的にはレインコートを利用したり、室内トイレ以外での排泄を奨励する躾を行うことで、快適にトイレを済ませることが可能です。理解と工夫によって、雨の日でも犬との良好な関係を維持できます。

(5-1)犬は雨の日で濡れても嫌がらないか?

最初に、犬が雨の日に外で排泄する際に感じるであろう感受性に焦点を当てます。犬の中には水に濡れることを好むものもいれば、嫌がるものもいます。

犬は雨の日で濡れても嫌がらないか?
じつは身の回りの飼い主仲間に聞きまくったことがあります。

「雨の日に散歩させても嫌がりませんか?」

答えは千差万別でその子の性格によると思いますが正解ですね!

犬が雨の日で濡れることに対する感受性は個体差があります。一部の犬は水に濡れることを好む一方で、他の犬は嫌がることがあります。これは犬種や個体差によるものであり、飼い主は犬の好みを理解する必要があります。実際の飼い主の体験談によれば、雨の日でも濡れることに抵抗しない犬もいれば、濡れることを嫌がる犬もいるとされています。犬の個性や好みを考慮して、適切な対応が必要です。

(5-2)レインコートを着せて散歩がてらトイレに行く

次に、レインコートの着用が雨の日の散歩に役立つかの話です。わが家の愛犬も雨の日はレインコートを着て散歩に行きます!

レインコートを着せて散歩がてらトイレに行く
雨の日にレインコートを着せて散歩がてらトイレに行くことは、犬が雨に対して不快感を感じるのを軽減し、外での排泄を促進する良い方法です。防水性のあるレインコートは犬を乾いた状態で保ち、トイレタイムをストレスなく過ごせることが期待されます。
日本の犬用品メーカーの調査によれば、適切なサイズと素材のレインコートを着せることで、多くの犬は雨の日でも外での散歩やトイレに積極的に参加するようになると報告されています。

(5-3)室内トイレの場所以外で排泄しないようにトレーニング

最後に、雨の日に外でのトイレが難しい場合に、室内トイレ以外での排泄躾に焦点を当てます。具体的なしつけやコツを解説し、愛犬が雨の日でも適切な場所で排泄できるようサポートします。

室内トイレの場所以外で排泄しないように教える
雨の日に外でトイレを済ませることに抵抗がある場合、室内トイレ以外の場所、例えばリビングの片隅にオシッコやウンチをされると困るじゃないですか?
適切なトレーニングによって、犬は室内外で柔軟に排泄することができます。
犬が室内トイレ以外で排泄しないようにトレーニングするには、犬の個性によって異なるため、根気と一貫性が重要です。

  1. 定期的なトレーニング
    犬は特に食事や遊びの後、寝起き、ケージから出てきた時など、特定のタイミングで排泄の欲求が強くなります。これらのタイミングを利用して定期的に外でのトイレブレイクを行います。
  2. 外での成功を褒める
    犬が外で排泄する際には、即座に褒めてご褒美を与えましょう。ポジティブな強化は犬に望ましい行動を覚えさせるのに有効です。
  3. 室内での排泄を注意する
    もし犬が室内で排泄しようとしたり、排泄した場合は、即座に注意をしましょう。怒りや罰ではなく、冷静に注意を払います。犬は注意を受けることで、その行動と注意の関連性を理解しやすくなります。
  4. 室内トイレの場所を定める
    室内にトイレを設置し、その場所を犬に教えます。犬は自分がトイレをするべき場所を知ることで、室内で排泄することを減らす傾向があります。
  5. トイレできる場所の範囲を広げる
    トレーニングが進むにつれて、犬がトイレできる場所を広げることができます。初めは限定的なスペースから始め、徐々に範囲を広げていきます。
  6. トレーニングの一貫性
    一貫性がトレーニングの鍵です。家族や同居人全員が同じルールに従い、同じトレーニング方法を実践することで、犬が混乱することを防ぎます。
  7. トレーニング中の失敗には対処する
    トレーニング中に犬が失敗した場合、怒ったり罰を与えるのではなく根気よく教えましょう。犬は怒られても何故、大好きな飼い主さんに怒られているかわかりません。犬のトレーニングの基本は、過去の失敗を咎めるのではなく、成功したときにポジティブな経験を積ませることが重要です。

このトレーニングは時間がかかることがありますが、一貫性を保ちながらポジティブな強化を行うことで、犬は徐々に望ましい排泄行動を身につけるでしょう。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村


犬ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


<PR広告>













<PR広告>



犬の散歩の必需品+【運キャッチ】で手づかみにサヨナラ。



ペットのフンが投入できる家庭用生ごみ処理機【ワンニャクスル】



Y型・H型ドッグハーネスの進化系【PERROS】ペルロスハーネス