職場の人間関係に疲れたら30代迄は退職代行で転職を検討しましょう

 

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

職場は人間関係の悩みはつきものですが、それが原因で身体を壊したり精神的に追いつめられて苦しむ人生っておかしくないですか?

もし転職をしたいけど、退職の辞表を上司や会社にだしずらくお悩みでしたら本記事を読んだあとに「退職代行サービス会社」に登録をして、約3万円のお金を払ってさっさと転職しちゃいましょう!

他人事でいい加減に聞こえるかもしれませんが、だって辛抱強く我慢しても、きっとあなた自身は幸せになれませんし、私自身も2回転職をして人生やりなおしができたから自信もって言い切っております。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

こんにちは、メタボ父さんです(^_-)-☆

さて、本日のテーマは「職場の人間関係に疲れたら30代迄は退職代行で転職を検討しましょう」にしました。

50歳になった私自身は2回転職をして今現在、幸せな毎日を送ることができております。でもたまに考えることがあります。何で20代のあの時にもう少し勇気をふり絞ってもっと早く転職できなかったのだろうかと。日曜日の18:30分からテレビで流れる「サザエさん」を心から笑うことなく無表情でブラウン管テレビを眺めていた若い頃に自分自身に対して言いたいです。

でも今だから言えることで、20代や30代なんて人脈も実績や経験も乏しいから自信をもって転職できる人の方が多いでしょうし、やっぱり上司や会社には退職の意思っていいずらいものですよね?

1:退職理由の上位は人間関係の問題です

私は学生時代から将来の夢や希望もなくて、新卒で金融機関に就職をしました。堅い職業で安定していそうだし、親も安心するだろうとの理由だけでした。

今のご時世はコロナ禍で上場会社が早期退職者を積極的に募るほど、社員の面倒を一生会社は責任持ちませんよと宣言されている時代です。ところが、私が就職活動をした平成5年頃はバブルが崩壊した直後ではありましたが、日本の高度経済成長を支えた「終身雇用制度」が信じられていた時代でした。

だから大手企業に入社できるかが一番で、学歴がない人は美容師や大工や料理人など手に職をつけようとの考え方が多かった気がします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大手企業に入れたら、幸せな結婚ができて、頑張って仕事をしたら給料も上がっていき、老後は年金をもらって過ごせる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と誰もが信じている時代でした。

ところがその後の社会情勢は大きく変化をし、「派遣社員」「契約社員」が増えたりして若者中心にお金が回らない日本経済となってきました。

50歳である私ども世代の親は団塊世代で親子共々、一生懸命働くことの大切さと同時にその見返りとして、「人より良い生活」「人より高い車」「人より高い服」などモノに対するこだわりもある年代のような気がします。

一方で今の20代~30代の若い世代の方は、ユニクロの服も喜んで着るし、高い時計やマイカーを持たない生活でも充分に楽しめる「価値ある個人の生き方」をしっかり持っている世代だと思います。正直、私ども50代より20~30代の人の方が人間力が高い気がします。

このように「20代・30代」と「40代・50代」では、世代間のズレが生じるものですが、年齢問わず働くサラリーマンにとって起こりうる共通の悩みが「職場における人間関係の悩み」です。

さらにパワハラになると、悩みの深堀的要素が加わり恐ろしい結果が起きてしまう場合もあります。実際、私も上司のパワハラを受け続けた結果、通勤途中の電車内で気を失い倒れたことがありました。新卒で入社した金融機関を退職したいと思った理由は、「もっとお金を稼ぎたい」「学歴が低い自分の出世限界が見えてしまった」「課長・係長クラスの上司に輝かしい未来を感じられなかった」
など理由は沢山あったけれど、きっかけは直属上司のパワハラでした。

そのパワハラ上司は、私が退職をした後も、私の先輩や後輩にパワハラを続けて、本部の人事部で大問題になり結局はパワハラ上司も退職したと後年聞きました。そんな人を苦しめる上司は、一緒に働けば避けられないけれど会社を辞めたら自分の人生に全く必要がない人になります。だからさっさと転職して嫌な人はなるべくかかわらない方が幸せなのです。

★私は転職を決断してから2年後に退職しましたが・・・
お世話になった会社でいい人ばかりだったので、きちんと挨拶をして辞めたかったです。でも、今思い返すとその当時の方との付き合いは殆どないですし、悩んだ期間の重要性を考えると、一生懸命、身が入った仕事をしなかった訳で、当時の会社への貢献度含めて悩んだ期間は無駄だったのかなとも思います。

つまり何が言いたいかというと
自分で退職の意志を伝えようとするから悩むのだ。
今は「退職代行サービス」があるのでそこにお願いすればクヨクヨ悩む必要がないです。

ちなみに退職代行で有名な「退職代行ガーディアン」が調べた「退職理由ランキング」によると第2位に「人間関係による悩み」が退職理由にくるそうです。

■■■

【退職代行ガーディアン調査により退職理由ランキング】
1位 残業・休日出勤など拘束時間が長い
2位 人間関係の問題・パワハラ酷い
3位 給料が安かった
4位 やりがいや達成感を感じなかった
5位 キャリア成長が見込めない
6位 企業の方針・社風が合わない
7位 将来性に疑問を感じたから
8位 人事・評価に不満だった
9位 体調不慮・体力が持たない
10位 そもそもやりたい仕事ではなかった

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



2:人生やり直しできるのは30代まで

転職を繰り返しながら「天職」や「適職」を見つけるアメリカ社会とは違い日本では年齢40歳以下が転職できるタイミングかと思います。実際に転職の募集要項で「年齢40歳まで」の条件が多いです。これは人材募集をする立場になるとよく理解できると思います。私も現在働く会社の営業部責任者で中途採用に携わりました。

まず年齢が40歳を超えてくるとある程度の人間力というか・・・「我(が)」がでる年なので社員の成長が見込めないことが真っ先に挙げられます。そしてどの会社でも一緒だと思いますが、気力と体力がある30代にその会社で一生懸命に働いた結果が実力として40代に発揮できるため40代からの社員教育では遅いです。実際、周りを見渡してみてください。40歳を超えたおじさんはポジショントークをとりたがるし・・・話を被せてきたりしませんか?(笑)

3:天職や適職を見つける方法

そもそも世間でいうところの「天職」や「適職」に就いている人はどれだけいるのでしょうか?
運よく20代で働いた仕事が大好きになって、もっとキャリアアップを図りたく転職をした結果、「この仕事は俺の一生の仕事だぞ」と思えるようであれば最高でしょうし「天職」や「適職」かもしれないですね。

一方で昔から人とコミュニケーションを図ることが苦手で黙々とプラモデルを作るのが趣味な人が、工場のライン仕事の方が何も考えなくてよいし気が楽だと向いている仕事になることもあります。

よく「天職」はお金にならなくてもよいと思える仕事、「適職」はお金のために働いているけど自分に適した仕事とだと説明されます。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

ここに私の経験をつけ加えさせていただくと

◆20代➡「石の上にも3年」でどんな会社でも3年働くとわかることがある

◆30代➡「結婚」と「子育て」を通して自分の人間力が成長していく

◆40代➡「本気で仕事が好きになる」「人生を本気が変えたくなる」

◆40代中半➡「上司として」「親として」慈悲深さがついてくる

◆40代後半➡人生哲学ができて、仕事も「天職」や「適職」と思える

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

音楽が好きで得意で歌手になれたら「天職」と思えるかもしれません!

私は今の仕事を「天職」とは思えないけど、自分以外の人の為に働ける喜びを感じれる「適職」だと思えるようになりました。自分の人生哲学とマッチして仕事への満足感が得られると思います。
このように読者の皆さんもいずれは、年を重ねて自身の人生哲学ができるときに仕事に対して「天職」とか「適職」と思える時期がくると思います。

今の職場で未来が想像できなければ、「転職」という行動が必要なのです!

 

4:大手企業と公務員は転職をしない理由

日本の高度経済成長を支えた「終身雇用制度」が信じられていた日本。
年金崩壊等、政治や勤め先の企業を信用せず早期退職など人生の生き方も多種多様になった日本ですが、まだまだ大手企業や公務員など安定商売に勤めている人は転職をする割合は少ないと思います。逆に零細企業や中小企業に勤務する社員の転職率は相当上がっているようです。まぁ、当たり前ですよね。
結婚・家族・出産・教育など年齢を重ねるごとに守るべきものが増えて安定を求める訳で我慢できるからです。私は不動産部で働いているので「売買の新築住居購入に関する住宅ローン申請」や「賃貸の入居審査」の経験則で話すと、大手企業や公務員勤めの転職率は相当低く、中小企業等の場合は転職を2回~3回している人が最も多いですね。

勿論、大手企業や公務員も中小企業と同様に人間関係に悩む環境は存在するでしょうし人間社会で生きていくうえで人は一人では生きていけないのでコミュニケーションは必須になります。きっと人間関係が我慢できる程度なら大手企業や公務員など安定というのはとても魅力的なのでしょうね(^_-)-☆

5:辛くて苦しい毎日から解放される退職届け

私自身も新卒で入社した金融機関を退職したいと思った理由は、「もっとお金を稼ぎたい」「学歴が低い自分の出世限界が見えてしまった」「課長・係長クラスの上司に輝かしい未来を感じられなかった」
いことが根底にありましたが、きっかけは直属上司の今でいうパワハラでした。退職を考える動機は人それぞれ「キャリアアップ」「もっと稼ぎたい」「結婚」など様々ですが人間関係の悩みがきっかけになることが多いと思います。

上司からのパワハラ経験がある私はその辛さを理解しているつもりです。
50歳になった今でも、あの当時のパワハラは若い社員を育てるための愛情でなく「嫌がらせ」「八つ当たり」「上司が上司に対する仕事の言い訳・逃げ」と思いますものね(笑)
現在の職場で人間関係が辛くて苦しい思いをしている方は、転機が訪れていると思っていいと思います。
それでも職場に踏みとどまる価値があると思えば修行と思ってとことん耐えて戦ってみてください。
でも戦う意味がなく、自分より地位が高い人とむやみに戦っても未来に結びつかなく疲れてストレスがたまり、何一つよいことはないと思うので退職(転職)を検討するのも選択肢を一つかもしれません。



■■■

※よろしければ、退職経験のある私の体験談を読んでいただけますと「もっと早く気軽に転職しておけばよかった」と思えると思いますので、この記事も参考にしてみてください(^_-)-☆  

さっさと転職するには退職代行サービス35,000円がおススメ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



このエントリーをはてなブックマークに追加


人間関係ランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【不動産業界への転職 編】

【記事名】

不動産業界へ転職を考え宅建Jobエージェントに登録する方は必読

【記事名】

不動産業界で働きたい男性におすすめの転職サイト3社の選び方を解説

【記事名】

不動産仲介会社は給料が減って生活が苦しい方におすすめの転職先です

【記事名】

【徹底解説】転職回数が多くても気にしない不動産業界の仕組み!

【記事名】

不動産業界への転職に宅建取引士の資格が有利な理由を教えます

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代 仕事の悩み 編】

【記事名】

職場の人間関係に馴染めず悩む20代と30代!上司ににらまれたら?

【記事名】

上司との関係に悩む20代と30代つまずく壁は必ずまたやってきます

【記事名】

20代~30代サラリーマンの悩みを転職で解決できる「パワハラ編」

【記事名】

転職で解決できた20代から30代サラリーマンの悩み「拘束時間編」

【記事名】

仕事の悩みを抱えて転職するべきか迷う20代と30代の男性女性へ

【記事名】

転職理由 会社の将来性に疑問を感じて不安な20代と30代会社員

【記事名】

転職で解決できた20代サラリーマンの悩み「仕事のやりがい編」

【記事名】

仕事を辞めたいと悩む会社員が知っておくべき事実

【記事名】

吃音症 仕事 最初の言葉につまったときの対処法5選(社会人編)

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代 収入の悩み 編】

【記事名】

転職20代男性、異業種だと年収アップは難しいでしょうか?

【記事名】

20代と30代で転職先を探すなら年収アップを目指してください

【記事名】

転職で解決できた20代から30代の悩み「安い給料編」

【記事名】

手取り15万円の給料でやりくりは難しいので転職するべきか

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「適職」と「天職」と「転職」 編】

【記事名】

20代 30代の転職は気にするな!40代で適職と天職がわかるので

【記事名】

自分の適職がわからないと悩むあなたへ伝えたい言葉

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代からの転職 編】

【記事名】

未経験の職種でキャリアアップ成功するには20代の転職がおすすめ

【記事名】

コロナ禍で会社から突然解雇と言われた!仕事見つからず悩む30代

【記事名】

中途採用で求められる30代からの転職を成功させる秘訣を教えます

【記事名】

転職30代キャリアアップの成功方法を教えます

【記事名】

コロナ禍で厳しい転職を成功させるコツがあります(30代男性向け)

【記事名】

やりたい仕事が見つからないけど転職をしたい30代男性におすすめ

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【40代からの転職 編】

【記事名】

コロナ禍で転職が厳しいのは当たり前!40歳からのキャリア迷子回避

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【転職サイト 編】

【記事名】

20代で異業種へ転職するならリクナビNEXTへ登録がおすすめです

【記事名】

再就職がみつからない20代30代の男性と女性におすすめ転職サイト

【記事名】

介護の仕事探し-介護職 おすすめの求人転職サイト-登録無料

【記事名】

保育士の求人転職サイトおすすめ!無料相談やお祝い金のキャンペーン

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【転職ノウハウ 編】

【記事名】

仕事を辞めたいのに自信がなくて転職できない場合はお読みください

【記事名】

職場の人間関係に疲れたら30代迄は退職代行で転職を検討しましょう

【記事名】

転職準備は何から始めればいい? 最初にやることは何ですか?

【記事名】

転職の面接で聞かれることは何でしょうか

【記事名】

退職願いを出すタイミングと注意点を解説します

【記事名】

上司への退職理由の伝え方を教えます

【記事名】

気兼ねがなくさっさと転職するには退職代行サービスがおススメ

【記事名】

不採用理由がわからない転職活動がうまくいかない30代と40代必読

【記事名】

転職理由でやりがいを感じられない人は自分に対する後押しが必要です

【記事名】

未経験の業界へ転職できるか不安!中途採用は即戦力でないと無理か?

【記事名】

不安しかない30代の転職 面接で答える完璧な志望動機を教えます

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“職場の人間関係に疲れたら30代迄は退職代行で転職を検討しましょう” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です