転職で解決できた20代サラリーマンの悩み「仕事のやりがい編」

 

こんばんは、メタボ父さんです (^_-)-☆

先週の休みは庭の草むしりをしました。
私が8月まで入院しており放置された伸び放題の草はお隣さんにご迷惑をかけっぱなしだったもので。
草むしりが終わり妻より「ありがとう」と感謝の一言。
やってあたり前のことであっても、人から期待されていたのだと思うと満足感が得られるものです。
仕事人間の私はそのようなことをすぐ自身の職場に目を向けてしまいます。
若年層から高齢までが幅広く働く職場において、生きていく・生活のために働いているにせよ「収入に満足している」「職場の雰囲気がよい」「チーム制の仕事に喜びを感じる」など、仕事のやりがいはあった方がよいですし、人として張り合いのある人生を送りたいですよね?

ちなみに退職代行で有名な退職代行ガーディアンが調査した退職理由ランキングでは第4位に「やりがいや達成感を感じなかった」ことが理由で会社を退職しているそうです。要するに会社としては社員が「やりがい」を感じる職場づくりをできれば退職者も減る訳です。そしてどうせなら、早ければ早いほど若いうちに仕事のやりがいを感じることができら幸せなので、「仕事のやりがい」をテーマに深堀して話をしてみたいと思います。

【退職代行ガーディアン調査により退職理由ランキング】
1位 残業・休日出勤など拘束時間が長い
2位 人間関係の問題・パワハラ酷い
3位 給料が安かった
4位 やりがいや達成感を感じなかった
5位 キャリア成長が見込めない
6位 企業の方針・社風が合わない
7位 将来性に疑問を感じたから
8位 人事・評価に不満だった
9位 体調不慮・体力が持たない
10位 そもそもやりたい仕事ではなかった

1:仕事にやりがいは必要でしょうか?

 

Q:「仕事にやりがいは必要でしょうか?」

A:★★即答します★★
「はい、やりがいも張り合いも必要です」

★★労働意欲を高めることは企業も個人も成長につながります★★
日本はご存知のとおり人口減少社会の局面に入りましたので、経済を成長させるには高い労働生産力が必要です。厚生労働省では様々な研究発表をしておりますが、各企業も従業員の労働意欲と効率を高めていくために、仕事の仕方をチーム制にしてPDCAを回しながら管理だけでなく目標設定へチーム一丸で向かっていき達成の喜びを従業員が感じられるような職場づくりに挑んでいると思います。
もともと日本は戦後の高度成長期を経て、会社で働くということは就職した会社に人生を預かることで終身雇用の約束と給料も右肩上がりで予想できてマイホームを購入したりしていたものです。ところがバブル経済崩壊後の平成2年頃より収入が減ったり正社員から契約社員への切り替えなど公務員を除く上場会社でさえ安定企業は無くなり不安定な世の中になりました。特に若い世代を中心にお金が回らなくなり物的価値感にも大きな変化がでてきました。例えば40代の私ども世代は戦後の高度成長期で食べることや物質に苦労した親世代に育てられたせいか「車や物への執着」がある人が多いです。ところがゆとり教育を受けた世代の人など服はユニクロで充分だし流行りの服装より個性を重視したりする傾向があります。
勿論、余計なお金がかかる車は乗らない、健康に悪くお金もかかるタバコは吸わない等。
バブル感覚が残る世代も金銭感覚がしっかりとした若い世代の人にも共通して言えることは「会社から満足した給料をもらっている」「サービス残業がなし会社である」などの満足感を感じていないケースが多いとうことです。平成2年頃より労働意欲が高い世の中とは思えません。でなければ働き方改革につながるはずがないのです。会社への不満で多いことは給料が安いなど収入的な理由が多いですが、色々な生き方や価値観が混在する社会ですから一概にお金だけとは言えません。
● 仕事を通して自分の成長を感じたい
● 人事考課でしっかりと仕事を評価してもらえる
● チーム制で尊敬できる先輩や上司と仕事が一緒にできる
● 人のために働ける喜びを感じられる

人は「やりがい」「生きがい」「張り合い」があると前向きに考えて生きていけるし、一生懸命仕事をするとよい結果もでて楽しくなるし満足感も得られて充実した日々を過ごせます。そしてそのような前向きで一生懸命な毎日を過ごしていると不思議と人生が好転していくものなのです。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

■■■

※仕事にやりがいを感じられないので転職をしたいと思っているなら、自分自身への後押しが必要です!
コチラの記事を参考にしてください
★不安なあなたには自分への後押しが必要です

転職理由でやりがいを感じられない人は自分に対する後押しが必要です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2:やりがいを感じない仕事を続けていく不幸

毎日の仕事が嫌で仕方がなく給料をもらう為だけに生きていくことは相当辛いと思います。何故かというと私自身もそのような負のスパイラルに陥ったことがあるからです。新卒で入社した金融機関時代になります。

給料は安く仕事は楽しくないし、しまいには上司から今でいうパワハラに合う毎日で散々な思いをしました。その当時はノイローゼ―になる程、苦しい毎日でしたがその後、不動産業界に転職をして金融機関時代より遅くまで働くようになり休日も減りましたが、収入が3倍にアップしたせいか満足で充実した日々を過ごせました。

また人は年齢や独身・結婚とそのときの事情と都合で考え方も変わります。結局、私はその不動産会社のおかげで一般的なサラリーマンの平均年収の3倍も稼がせてもらったのに・・・子どもができて運動会や七五三などまともに休みたいとの時間への欲求が高まり不動産部がある現在の会社に2回目の転職をしました。

今の会社でも一生懸命に仕事をしてきたおかげか、40歳を過ぎて役職と給料がアップするごとに仕事も楽しくなり、人のために働ける自分が楽しくなって不思議と人生が好転していきました。平成24年に会社の次期社長に任命されて益々前向きに物事を考えられるようになりました。

話を戻しますと、仕事が嫌で出社恐怖になり通勤途中の電車で倒れたこともある私の経験則で話しますと・・・・・

● 嫌々仕事をすると自律神経が崩れて病気になります
● 嫌々仕事をしても結果がでないので収入は上がりません
● 嫌々仕事をしていると事故につながる恐れがあります。

嫌々とやりがいを感じず仕事ほど・・・不幸な人生はないと私は思います。

3:人は前向きに生きることで人生が好転する

「人は前向きに生きることで人生が好転します」なんて大上段に構えて言うようで恐縮ですが、50歳になった経験則なのでお許し下さい。
じつは私、今の会社より平成24年に時期社長に任命されました。諸々の事情で社長職をお断りしているのですが、人生色々ありましてね・・・・

今年のはじめに病気が発見されました。正直、今まで思い当たる悪さもせず、ひたすら真面目・地道に生きて、お天道様に顔向けできない事はしていない自分が何故?と悲しくなりました。今年の8月まで会社を休みまして治療をしておかげで病気は消えてなくなりました。

奇跡的に回復できたからこそ思えるのですが、新卒で入社した金融機関から一度目の転職で不動産業界に入り平均的なサラリーマンの3倍の年収を稼げて、その後、2度目の転職をした今の会社では仕事の神髄を理解できて人生哲学も芽生えて仕事を「天職」までいかずとも「適職」と思えるようになりました。
その人生を振り返ると、一度目の転職をしてから一生懸命に仕事に邁進してきたのも事実で前向きに生きてきたからこそ人生が常に好転してきたのだと思えるのです。私は20代後半で一度目の転職をして人生をリセットしました。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

★人生をリセットするには一生懸命に生きる必要があります。

★人生を本気で変えたいと思う気持ちが大事です。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

体力と気力と若さのエネルギーが残っている20代だからこそ、今の仕事にやりがいを感じない人は、人生を本気で変える気持ちの転職であればきっと人生が好転していくと思いますよ (^_-)-☆

 







このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


キャリアアップとは?転職で失敗しない成功方法を30代向けに徹底解説!

本日のテーマは30代に向けた「キャリアアップの転職成功方法」です。経験が少ない20代と違い、業界歴5年~10年を迎える30代に突入すると一度は転職を考えるのではないでしょうか?

先に結論を言います!

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

今より規模が大きい会社に転職することがキャリアアップを転職だと思わない方がよいです!

自分の器にあった会社や部門・チームで中心人物になれた方が幸せだし、安定した給料をもらって長く過ごせる可能性が高いです!

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

だって上場会社でさえ早期退職を促す時代ですよ。今の会社で仕事ができると自信をもって大手企業に転職をしたら、周りは優秀なライバルが沢山いて大変だし中途採用で出世できるポジションだって限界があるかもしれません。

ちなみに、私が働く不動産業界は、大手不動産会社だと新卒社員は支店長より上の部長などになれる可能性がありますが、中途採用は支店長や所長が限界です。さらに50歳を過ぎると、肩たたきと言うか「役職退職」があって会社から「はいご苦労さん、今までありがとう!もしまだ働きたいなら、所長でなく今までの部下であった課長の下で働いてもいいよ!」となります。

じつは著者自身、新卒で入社した金融機関から異業種でもある大手不動産会社に転職をしました。そこで養った知識をもとに30代で規模が小さい不動産会社に2回目の転職をして大成功でした!

勿論、人により転職する目的が違うので何をもって成功と断言していいかとの話もありますが、ざっくりと私の場合で言うと


① 一度目の転職は年収が2~3倍アップした!

➁ 二度目の転職先で会社の中心人物になれた!

③ 二度目の転職先で仕事を適職と思えるようになった!


給料は大して変わらず、知識や実力も規模が小さい会社だと中心人物になって頼られるし、その結果、自分も仕事にやりがいと張り合いを感じて楽しくなり、家族との時間もとれてプライベートで幸せな人生を過ごせたら文句ないでしょう!そりゃ、働いていれば悩みはつきものです。でも仕事だから当たり前ですよね。私は仕事から得られる5つの満足感があると思っています。

■■■

【仕事より得られる満足感】
① お金(満足のある収入)
② 時間(プライベートや家族との時間)
③ 仕事のやりがい
④ 人間関係(ストレスフリー)
⑤ 社会的な地位

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この5つの満足感全てを手に入れることができるのは、社長なり経営者だけです。でも5つの中で3つ得られる会社であれば私はその会社で働くことをオススメします(^_-)-☆

■■■

※5つの満足感について、詳しく知りたい方はコチラの記事をお読みください

【なるほど納得!】仕事を辞めたいと悩む会社員が知っておくべき5つの真実

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ちなみに著者は某不動産会社の営業部長として現役で働く50歳男性・通称「メタボ父さんです(^_-)-☆」

新卒で金融機関に就職し7年間、融資係を経験した後に1度目の転職で不動産業界に再就職をしました。不動産業界では売買営業マンとして働き、会社や上司に恵まれたおかげで平均的なサラリーマン収入より高い稼ぎが得られて金融機関時代より3倍の年収になりました。

その後、子どもが産まれて子どもの運動会に参加したい等、仕事だけでなくまともな時間が欲しくなり現在の会社に2度目の転職をしました。無我夢中に一生懸命仕事をしているうちに仕事が楽しくなり、40歳を超えたあたりで人生哲学ができて現在の仕事を適職と思えるようになりました。


それでは、不動産業界に転職をして25年の私より、30代の人にオススメの「キャリアアップの転職成功方法」を話しますね (^_-)-☆

 

 

 

1:発展途上の会社で活躍するキャリアアップ

同業種や異業種問わずに、今もっている専門的な知識と経験を生かして、独立や新しい職場で発揮できることをキャリアアップの転職と言います。

例えば私が知っている外壁塗装会社の社長の例だとわかりやすいかもしれません。そこの社長は初めて就職した会社が大手のリフォーム会社の営業でした。リフォーム知識が何もない20代で営業をやらされたので全く成績が上がらず、現場をもっと勉強しろと会社より現場職人に異動させられたそうです。

ところが世の中拾う神があるもので、もともと器用な社長はメキメキと仕事を覚えて、勉強のつもりで行った現場で職人としての気質と花を咲かせて、しまいには外壁塗装の仕事を覚えたく、取引先でもある小さな外壁塗装会社に転職をしたそうです。そこでも外壁塗装職人としての腕を磨きながら、リフォーム部門がなかったその会社でリフォーム部門の立ち上げに一役も二役も活躍して重宝され、とうとう自分で外壁塗装からリフォームまで行う会社を独立して立ち上げ現在に至ります。まさにスキルアップ・キャリアアップの転職と独立です。

 

注目をしてほしいポイントは、自分が活躍できる規模の会社に転職をしていることです。

小さな会社に転職をすればよいと言っている訳ではございません。
例えば頭の回転が早い人で、人を動かすマネジメント能力に優れる人は、大企業で歯車組織を重視する会社の方が力量を発揮できる可能性があります。

はたして自分には大企業と中小企業、もしくは個人店どれが向いているか?

その判断は、自分が今まで歩んできた人生を振り返るとわかるかもしれません。学生時代は集団でつるむ人数が多いグループにいたかとか、スポーツで強いチームでなく弱いチームだけど中心人物で活躍していた時が楽しかったなどです。
大企業より中小企業で発展途上の会社だと、あなたの専門的な知識と経験が生かされる可能性があることを覚えていてください。

2:転職先の中心人物になれたら成功です

「転職先であなたの専門的な知識と経験が生かしましょう」なんて言うと、今現在のあなたの知識とスキルが相当高くないと転職先で活躍できないと思われるかもしれませんが決してそのようなことはないと思います。例えばインターネットの世界を覗いてみてください。何かわかならいことがあった時にインターネットで調べますよね?趣味でも仕事でもいいので自分が得意な又は知識がある事柄を調べてみて下さい。
ヤフーの質問箱などが典型例で、えっ!このような簡単なこともわからないの!とびっくりすると思います。案外、その分野に携わっていない人は、簡単なことでもわからないものです。

もう一つ、極端な事例を挙げますと私が新卒で勤務していた金融機関時代、家族経営をしている親戚の工務店の伯母より相談がありました。どうも会社で書類がお客様に届いた届かなかったでトラブルを抱えているらしかったです。そこで伯母が「金融機関はどのように文書管理しているの?」と質問されたので「そんなもん、大したことしていないよ。ただ文書の発送簿と到着簿をノートに手書きで書いて上司が検印しているだけ。ちなみに切手も80円使ったらノートに在庫を書いて検印しているだけだよ(笑)」

このような簡単な管理も家族経営の会社ではしていなかったりして、特に切手管理なんかは感謝されましたものね(笑)従業員がどうも切手を売り暴いているらしくて。

ちなみに私は転職を2回しました。2回目の転職では業界で知名度があった不動産業界から小さな会社に転職をして、経験と知識を最大限発揮しながら現在の会社で改革に取り組みました。その結果、課長、部長、最後は時期社長候補に任命されるまでになりましたが、それも会社の規模が小さくなって自分が活躍できるようになったからです。

 

 

3:会社の規模にこだわるな!幸せな生活を求めよ

1990年(平成2年)頃のバブル崩壊後の日本は終身雇用制度も期待できず、一生安定した会社は公務員しか期待できません。上場会社でも安心はできない世の中です。右肩上がりの給料も望めず副業Okの時代ですからね。自分の身は自分で守らなければいけません。身を守るということは独身も家族を養う人も、収入を確保できるようにするだけでなく、ご自身の健康も含めて守ってほしいと思います。というのは私自身が今年の初めに病気が発見され人生観がガラリと変わったこともあるからです。そして収入も健康も大事であり時間を含めた幸せな生活も大切にしなければいけないと思います。自分が大病をして思ったことは

ありきたりの言葉ですが、たった一度の人生を後悔だけはしたくないと思いました。そして後悔は自分もしたくないし妻や家族にも後悔をさせたくないと強く思いました。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

上場会社の大手企業も早期退職を社員に促す時代です。30代の転職をするなら、今より会社の規模が小さくても転職先の会社で中心人物になった方が待遇もよくなり、仕事をしている自身もやりがいを感じて幸せな生活を過ごせると思います。会社や部門・チームの中心人物になれることがキャリアアップの転職として成功できるコツです!

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

 

【リクナビnextに無料登録する公式サイトコチラ】

【関連記事】
※再就職の際に案件が多いリクナビnextに無料登録するはおすすめです (^_-)-☆
【記事名】

【初心者でも安心】失敗しない転職サイトはリクナビNEXTへの無料登録がオススメ

※転職サイトで求人が見つからない人はDODAの非公開求人を見逃しているかもしれません

【DODAは80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です】

 

 

【宅建jobエージェントに無料登録する公式サイトコチラ】

 





 



このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村




転職で解決できた20代から30代の悩み「安い給料編」

 

こんばんは、メタボ父さんです (^_-)-☆

毎月の給料明細を眺めてため息をついているのなら転職を考えませんか?

50歳になった私の経験で言うと、揉め事の原因になる「大学や塾など子どもの教育資金」や「親の介護」から「ディズニーランドなどのレジャー資金」に至るまで・・・お金があれば大抵の悩みは解決できるし揉め事もなく穏やかな生活を送れるはずです(笑)

きちんとした人生哲学を備えて、お金の使い方さえ間違わなければお金はあった方がよいと考える人は多いと思います。

とはいえ、サラリーマンの給料なんて急上昇に上がることはありません。まして昭和生まれのお父さんたちのように右肩上がりに給料や職位が上がる時代は終わり、今や上場会社のような大企業でさえ社員を一生面倒みれないので早期退職者を促す怖い時代になってしまいました!

それならば年齢が若いうちに転職したりして、若く力を発揮できる年代で稼げるよう動き出した方がいいと思います。私も若い頃は特にお金を稼ぎたくて実際に不動産業界に転職までしてしまいました。そして収入が3倍に増えたことで、収入が下がる50代前にお金を稼いでおくことが人生を幸せに過ごしていくコツだと経験できたので読者の皆さんにお伝えしたいと思います。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

・一般的に給料はどのくらい毎年あがっていくの?

・この職業はどのくらい給料もらえるのかな?

・安い給料だとこんな苦労しますよ

・若いうちにお金を稼いだ方がよい理由

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

本記事を読むとこのようなことがわかると思います。
それでは、給料が安いと悩む人向けて深堀しながら話をスタートします(^_-)-☆

 

1:転職して給料はどのくらいあがるの?

<現在勤めている会社の給料のアップ率について>
厚生労働省の給料値上げ率を確認すると、ここ数年は約2%になります。
年収500万円の人であれば10万円のアップです。
(例えば40歳で年収500万円の場合)
◆40歳 500万円×1.02=510万円
◆41歳 510万円×1.02=520万円
◆42歳 520万円×1.02=530万円
◆43歳 530万円×1.02=540万円
◆44歳 540万円×1.02=550万円
◆45歳 550万円×1.02=560万円
上記のとおり、年々アップしていけばよいですがご存知のとおり年功序列や右肩上がりの安定成長は企業も個人も見込めない時代となりました。

<昇進して役職手当で基本給アップ>
◆一般職から主任、主任から代理(係長)、係長から課長、課長から部長
◆一般職から主任、主任から店長、店長からマネージャー
職位がアップすれば一般的には給料があがります。
おススメは是非、皆さまの会社の役職者の給料がどのくらい貰っているかの情報はつかんでください。
それがあなたの未来像の判断になります。

■■■

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<部署異動で基本給アップ>
弊社でも結婚を機に稼ぎたいので営業部に異動したいとの希望者がでることもあります。
また大手企業ですと、これからの時代で伸びる部署(例えばAI)や花形部署に異動したい人もいると思います。給料アップを目指す人にとっては部署異動ができる社内体質があるかも重要になってくると思います。

<転職で年収アップが手っ取り早い>
勇気とリスクを伴うイメージが強い転職ですが給料アップを目指す人にとって一番、手っ取り早いのが転職による給料アップですね。じつは私自身も転職で給料が3倍に増えました!
転職サイト等にも年収事例が掲載されておりますが、私自身が2回転職をした経験と現在の会社で募集に携わっていることから言えるのは、年収事例は本当の内容でもありますが、一部の成績優秀者の年収事例であることは間違いないと思います。よって転職後は募集要項に書かれた年収に近い収入を稼ぐことは充分に可能だと私は思っております。

<在職中は緩やかに、転職後は一気に年収アップします>
冒頭でご説明したとおり、在職中の年収アップは年間で2%前後が一般的な会社の平均値です。
私も新卒で勤務した金融機関で最初は年間5千円アップが8千円アップなど少しずつ増えていくのですが、最初の頃は5千円でも嬉しいのです。ところが結婚を控えるとか、5年勤務して中堅どころの自意識が芽生えて仕事をしているつもりになると8千円アップさせ不満になります(笑)結局、金融機関から不動産業界へ転職をして、初めて頂いた歩合給料が現金支給で金融機関のボーナス額と一緒くらいでびっくりしたのと舞い上がる気持ちになったのを今でもハッキリ覚えております。そして今思い返すと年収を一気にアップさせるには転職で年収の土台をアップさせるしかないと思います。

【転職サイトに掲載されている年収事例】
★現在商社の経理職 年収650万円➡商社の経理に転職して 年収850万円
★現在ITマーケティング職 年収1200万円➡IT業界事業企画に転職して 年収1300万円
★現在商社の新規事業 年収1700円➡化学メーカーに転職して 年収1900万円

【身近にいる人の転職年収事例】
転職サイトに掲載されている事例はやれ商社勤務の人がキャリアアップの転職して収入が上がったとのイメージが強いし身近に感じない人が多いかもしれません。実際、私が転職活動をしていた時代も、当時はリクルート社のビーイングやデューダの転職雑誌に書かれた年収アップ事例を見て「これは仕事ができる人じゃん」と私も思っておりました(笑)
だから私の会社に転職してきた人や身近の親戚・知り合いの例も書いておきます。
※地方都市も含まれるので年収金額は気にされないでください。見てもらいたいのは年収アップ金額です。
要するに年収の基礎ベースである土台をアップするのには在職中ですと年間2%前後が限界なので転職で一気に上げるしかないと言いたい訳です。

【転職サイトに掲載されている年収事例】
★現在ファミリーレストラン店長 年収430万円➡不動産会社の営業に転職して 年収650万円
★現在、植木職人 年収360万円➡消防機器の会社に転職して 年収450万円
★現在、中小企業の塗装職人 年収500万円➡同業種の小規模塗装会社に転職して 年収650万円
★現在、大手建設会社の監督職 年収500万円➡同業種の中小建設会社の監督職に転職して年収700万円
★現在、美容室 年収380万円➡不動産会社の営業に転職して 年収530万円
★現在、望遠鏡制作の会社で生産管理職 年収320万円➡地盤調査の会社に転職して 年収480万円
このように同業種への転職でも、未経験の業界へ転職をしても年収アップは努力で全然可能だという事実を皆さまには知ってほしいと思います。そう自分の力で幸せな未来に塗り替えることができるのです。そして、そのことは決してきれいごとではなく実現できる事実です!



■■■

※30代転職に欠かせない強みの武器を教えます!
★30歳代の転職を成功させる武器を大公開しております
         ↓
中途採用で求められる30代からの転職を成功させる秘訣を教えます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(私の退職理由)
私はそもそも退職(転職)を考えるきっかけは、金融機関に就職したものの学歴がないので頑張ってもせいぜい現場(支店)の課長どまりで、自分の能力に自信がない20代でしたから多分、係長くらいが自分の将来像で係長の給与を聞いて愕然としたのです。たまたま、団地住まいで将来自分の家が欲しくて融資係であったので不動産会社さんとのお付き合いがあり不動産業界にも興味があり不動産業界へ転職を考えました。退職まで2年間かかったので態度にもでたのでしょう。直属の上司から目をつけられてパワハラ攻撃を受けました。そのパワハラ攻撃は迷っていた退職にふんぎりがついたのですが、このように複合的な理由が退職には存在するものだと思います。私の場合は正直に支店長にパワハラを相談しました。ちなみにパワハラ上司は私の先輩2名にも行い退職に追い込んでおり、私が退職した後も後輩にパワハラを行い人事部付けで大問題となりその後はみにくい惨めな追い込みをかけられ私が退職した3年後に金融機関を辞めていったそうです。

(ちなみに私自身の信用性という意味で簡単に自己紹介をさせていただきます。)
私の素性は、子どもをもつ家長であることから個人情報を公開しておりませんが簡潔にお伝えしますと48歳になる社会人です。新卒で金融機関に就職し7年間、融資係を経験した後に1度目の転職で不動産業界に再就職をしました。不動産業界では売買営業マンとして働き、会社や上司に恵まれたおかげで平均的なサラリーマン収入より高い稼ぎが得られて金融機関時代より3倍の年収になりました。
その後、子どもが産まれて子どもの運動会に参加したい等、仕事だけでなくまともな時間が欲しくなり現在の会社に2度目の転職をしました。現在の会社で人生初めての管理職となり、無我夢中に一生懸命仕事をしているうちに仕事が楽しくなり、40歳を超えたあたりで人生哲学ができて現在の仕事を適職と思えるようになりました。平成24年に会社の次期社長に指名されながらも諸々の諸事情で代表者を受けることは現在しておりませんが現職で働いております。今年の初めに病気が発見されて入院して治療を行い、より限られた人生を大切にする気持ちが芽生えた48歳の意見と経験則を参考にしていただければ幸いです。

 

2:給料が上がらない苦しみ

お金は生活するうえで大切です。
私も年齢ごとに色々なお金の価値観がありました。それこそお金より大切なことは時間だとか思ったりした時期もありました。50歳になって思うことは、お金があれば大抵の揉め事や悩みを解決できるのも事実であり、お金の使い方と価値観(額に汗水垂らし稼ぐこと)を誤らず物的価値を優先する生き方をしなければお金はあってよいものだと思うのです。何故かと言うと、例えば今年の初めに私は病気の癌(がん)が発見されました。ご存知のとおりセカンドオピニオンを含めて「生きるため」に色々な治療法を探ります。家族を守る家長の責任として生きるためです。癌(がん)の種類によって保険適応の治療法もあれば保険が適用外で450万円かかるけど、抗がん剤など身体に負担をかけない回数が少ない放射線治療のみでできる治療もある場合がございます。その家族を守るため生きたくても450万円のお金がないととの話になってしまいます。正直、今の時代は血の検査をしながら癌(がん)にならない為の予防で検査をして食事をこのように改善する(あなたの体質では何は食べてはいけない)などお金をかけた予防策もあります。
ちなみに私が・・・今ここにお金があればいいのになぁ~と思った経験は下記のとおりです。

【結婚にふみきれない】
金融機関に勤めていた独身時代です。
金融機関とはいえ都銀から地銀、そして信金など色々あり、まして地方都市の金融機関なんて給料が安いです。私の場合は初任給なんでそれこそ手取り15万円以下で一人暮らしの生活なんてそれこそ毎月1万円の貯金ですら苦しい時代でした。20代は友人の結婚式も重なるので結婚式や結婚式の2次会など冠婚葬祭があると金欠生活に陥ります(苦笑)
独身時代にお金をたっぷり貯められず、一方で結婚を意識していた恋人(現在の妻)は実家暮らしの社会人でたっぷり貯金もあったので、結婚式代や新居引越し代、そして共働きnうちはいいけど子どもを授かったら生活していけるか不安で結婚する気持ちに踏み込めかった当時の自分を思い出します。

★親孝行ができない
結婚してからの話です。
田舎のしきたりが残る我が家では結婚式以上にお葬式などの付き合いが多いです。
つまり自分が付き合いがない親の世代からの付き合いによるお葬式代などの出費が多くなります。
そのような付き合いに意味がないと思う妻からすると「いつまで続けるの?」一方で親からすると「もう子ども達が一人前の社会人になったのだから年金暮らしの親に頼るのでない」との意見衝突につながります。言い方は悪いですがお金があればそのような意見の衝突など起きないのです。そして嫁姑問題に発展しないことが親孝行にもつながりますね。
また、私は1回目に転職をした不動産業界では歩合給料だけ家計に入れて固定給は自分の経費兼お小遣いだったので苦労しませんでしたが、現在の会社になってからは世の中の平均的な小遣い制と額になりました。40歳で営業部長になった際はさすがに小遣いを上げてくれましたが、30代の頃は特にお金があれば親にこれをしてあげたいと思っていたものです。また、高齢になった今の親がもし老人施設に入るとなったらお金があればよい施設を選んであげれるとかお金はあって損はないですものね。

★子どもに満足のいく教育ができない
子育てをしてお金がかかるのは教育資金です。
3大支出として「住宅」「保険」「教育」が挙げられますが、住宅は賃貸でもローンによる自己所有でも分割払いじゃないですか。保険も一括でなく分割払いできます。しかし教育資金で大学の入学金などはまとまったお金が必要なので日々、しっかり貯金をしないといけません。また思った以上に塾代などお金ががでていくものです。
もし子どもが病院の先生を目指して医学部に行きたいとなったら一般系の数倍の費用が必要です。
気持ちの根底には子どもに自分の力で切り開いてもらいたいと思いつつ、勉強したい子どもやお金がかかるスケートなど、夢がお金の問題でクリアーできないのも残念ですものね。

■■■

※私が10年で住宅ローンを返済したコツを紹介しております
★住宅ローン借り換えと家計簿の見直し
         ↓

住宅ローン借り換えをする前に知っておきたい心得と家計簿見直し

※私が癌(がん)になったことで痛感した保険の見直しの重要性を紹介しております
★癌(がん)から学ぶ家計見直しを40代の方には強くおススメ致します                                          

癌から学ぶ家計見直し 保険の相談や見直しは40代がおすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3:若いうちに稼いだ方がよい理由

転職は年齢が高くなるにつれ募集する企業側の条件が厳しくなってきます。
同じく求職側も子供が大きくなり受験を控えるなど希望条件が高くなります。
要するに独身の若いうち、共働きできるうち、気力と体力がある若い年齢でお金を稼いだ方がよいです。
私も1回目の転職で不動産業界に行き歩合業で稼ぎました。そのお金で住宅購入の頭金を貯金してマイホームを購入し10年間で住宅ローンを完済しましたが、頭金を貯金できたのも、繰り上げ返済を繰り返して10年間で住宅ローンを完済できたのも若い年齢で稼げたからです。子どもが大きくなり大学の入学金など費用がかさむ今の年齢ではやりくりしようにも、無い袖はふれずですからね。
最後に皆さまにお伝えしたいことは、給料アップで一番手っ取り早いのは転職をして基本給のベースを一気に上げること、お金があれば大抵の悩みは解決できるのできちんとした人生哲学をもったうえで若いうちにお金を稼ぎましょう!

■■■

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

【リクナビNEXTへの登録はコチラです】
👇


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 



20代~30代サラリーマンの悩みを転職で解決できる「パワハラ編」

 

こんにちは、メタボ父さんです (^_-)-☆

数日前のニュースで俳優の竹内結子さんがお亡くなりになったとの衝撃ニュースが飛び込みました!
私は「今会いにゆきます」の映画を感動しながら見ていたのでかなりショックです。
コロナ禍で精神的に参っている人が、自殺する数が増えていると報道もされておりました。
芸能人の自殺者が立て続けに連鎖しているというよりは、それだけの自殺者が世の中に増えておりという事だと思いますので心内胸がしめつけられる思いです。

と言うのは・・・私自身も人生で2回、極限状態まで精神的に追い込まれたことがあり、そのしんどさと辛さを想像できてしまうからです。

一度目は新卒入社した金融機関で上司のパワハラにあいました。この時は自律神経をやられて通勤途中の電車内で倒れたことがあります。結局、転職をしたことで精神的な開放を得られ、その後人生が好転したので・・・・転職を決意するまで2年間もくよくよと悩んでいた時間が勿体なかったなぁ~と今でも思います。

二度目は最近大病が発見されて治療入院中に一回だけ自殺寸前まで気持ちが追い込まれたことがありました。じわじわと追いつめられて何となく自分でも危険を察知していました。このままでは危ないと思い、夜中・・・・病棟の看護婦さんに「外の空気を吸いに行きたい」と言ったけど断られて、その直後に過呼吸のような状態になってしまいました。こうなると、自分で気持ちをコントロールしたりできなくなってしまうのです。幸い、普段から相性がよかった別の看護婦さんが夜勤で来ており、駆けつけ背中をさすってくれた手のおかげで気持ちが落ちつきました!このとき、背中をさすってくれた人の手のぬくもりは絶大な愛のパワーを発揮するものだと経験しました。

本記事を読んでくださったいる読者さんで、このように「心が満タン」になっていたら危険信号だと思ってください。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

そして、その原因が会社の上司からのパワハラであったら自分では解決できないので会社の人事部や人事権ある上層部に相談をしてください。

もしくは「さっさと転職をしてください」

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

他人事でいい加減に言っているわけではございません。私もパワハラを過去に受けた経験と今現在、経営者側の立場なのでよくわかっているつもりです。要はパワハラを自分で解決できる可能性は低いのです。それはあなた自身の心が弱いからではありません。会社の社風や伝統だったり、人事の都合なりも影響します。

私もパワハラを受けて苦しみました。親には心配かけたくないから言えないし、彼女には恥ずかして言えない。社内の状況を理解してくれる同僚や先輩は話を聞いて心を寄り添ってくれるけど、お互いが使われの立場だから解決にはつながりません。

自責思考と他責思考ってご存知でしょうか?

パワハラを受けて悩む人は、同僚に愚痴を言うときは上司の悪口を言うけど心の奥底では自分の不甲斐なさなど自分に責任があるのではと思ってしまう傾向が強いのだと思います。

一方で他責思考の人は周りで嫌われているタイプの何でも自分は悪くなく人のせいにする人です。勿論、このタイプでパワハラで悩む人は少ないでしょうね。

1:私は上司からパワハラを受けました

私が上司からのパワハラを受けたのは、パワハラという言葉がなかった遥か20年以上前の話です。まずパワハラの話をしていくうえで、私が受けたと思っていることがパワハラになるかも重要だと思います。

パワハラと断定して言えるのは私が退職する際にパワハラ上司の上役よりパワハラへのお詫びがきちんとされた事とその後、パワハラ上司のパワハラがおさまらず、数名の後輩もパワハラが原因で辞める事態に発展したため、人事部で問題となりパワハラ上司が退職に追い込まれたから私が受けた扱いもパワハラだと思っております。

さて、そもそもパワーハラスメント(通称:パワハラ)の定義とは何でしょうか?厚生労働省のホームページを確認してみると、職場におけるパワーハラスメントについて、裁判例や個別労働関係紛争処理事案に基づき、下記の6類型を典型例としているようです。
※これらは職場のパワーハラスメントに当たりうる行為のすべてについて、網羅するものではないことに留意する必要があります。

■■■

1)身体的な攻撃
暴行・傷害
2)精神的な攻撃
脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言
3)人間関係からの切り離し
隔離・仲間外し・無視
4)過大な要求
業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害
5)過小な要求
業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと
6)個の侵害
私的なことに過度に立ち入ること

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わかりやすく言葉でまとめると、上司などの権力者が部下など権限ない弱者に対して、度を越えた仕事の範囲で精神的又は身体的なく苦痛を与えて働く環境を悪化させる行為のことをパワハラといいます!

私は20代のときに上司からのパワハラを受けました。当時の私は新卒で入社した金融機関で融資係担当として働いておりました。ここで間違えてはいけない判断は私も入社して5年くらいだったので社員教育と指導の一環であったのか、それともパワハラかどうかが重要になります。このブログでパワハラで受けた内容をひとつひとつ取り上げるのも如何かと思いますので簡単な例を挙げます。

例えば、私が融資係のカウンター接客中のときお客様に渡す書類に上司の検印をもらうのですが、書類の不備がある訳ではないのに関係ない理屈で検印をしてくれず、お客様を待たせる訳です。待たせる時間も異常で1時間くらい平気で待たせます。その光景はカウンターにお客様が座っていて、目の前の私は座っている融資課長の前で検印を待っている状況です。当然会話もお客様に筒抜けですから、大した内容でないことをわかってしまいます。

ところが融資課なのでお金を借りているお客様(厳密に言うと金融機関にとって優良客でなく何となか融資を借りられた顧客)も自分の立場が弱いのがわかっているのでその1時間も我慢します。私自身も人前で怒鳴り飛ばされて個人的な尊厳もズタズタになります。

金融機関という組織は面白いところで、支店長が店のトップで2番手に次長がいます。支店長がお父さんで次長はお母さんです。人事部もよく考えていて営業育ちの支店長の場合は融資育ちの次長を配属して、またその逆もあり融資育ちの支店長の場合は営業育ちの次長になります。

ところが、社内をまとめる責任者の次長が営業畑出身だと融資に詳しくないので融資課長に頭があがらないケースがあります。次長自身が融資について詳しく知識がないものですから、部下の融資課長に猫なで声をかけながら日常的に接する人も多くて、支店長への報告係の次長は全く頼りにならないです。

まさに私がこのパターンにはまりました。お客様を1時間も待たせていることがわかっているのに次長は助けてはくれないです。部下の融資課長を敵に回したくないからです。そのような時、外訪から支店長が店内に戻ると「次長、カウンターで何が起きているんだい」なんて会話になるのですが、融資課長も支店長が戻るとパワハラをやめます。一番長いときで私は朝の9時からシャッターが閉まる15時すぎまで机の前に立たされ続けて説教を受けたこともあります。このような状況が毎日のように続くと人間、精神的におかしくなっていきます。私は自分で言うのも何ですが、小学校から高校まで続けた野球で主将(キャプテン)をしてり、明朗活発だと自分では思っておりました(笑)でも社会人になって初めて味合う挫折は相当辛かった記憶が鮮明に残っております。

毎日のルーティーンは5時に起床します。6時10分前後の満員電車に揺られながら朝の7時30分に出社します。朝9時~16時まで働き、シャッターが降りて夕方16時に昼ご飯を食べに行きます。そして夜の22時か23時まで永遠と稟議書を書きまくり午前様の0時過ぎに帰宅する頃はもう腹ペコで、また若い20代でもあったのでたらふくご飯を食べます。そして睡眠3~4時間とって5時に起床する頃には胃もたれで気持ちが悪く朝食抜き又は駅の売店で売っている軽いパンをかじり出社する日々で休日はひたすら眠りたい欲求にかられます。

このような生活で受けたパワハラは身体的にも神経的にもこたえ、最後は通勤途中の電車内で倒れて翌日、出社したときにパワハラ上司が「お前みたいなやつはもう帰れ」と言われてしまい、融資課長の上役でもある次長も助けてくれず「もういいや」と素直に(?)開き直り家に帰ったら、今度は「おまえは職場放棄をしたと責められました!」
(実際、職場放棄で私が悪いのですが)顛末は支店長が助けてくれました。

2:パワハラが原因の自律神経の乱れが一番怖いです

仕事に対する考え方は色々あると思いますが私は身体を壊してまでするものではないと思います。

そのような当たり前の感覚でさえ、責任感が強くて真面目な人は自分の身体が壊れてでも仕事をしようとします。ましてパワハラなんかは自分一人で解決できる問題ではございません。

私が声を大にしてお伝えしたいことは、身体を壊す原因で怖いのが自律神経の乱れなのです。というのは私自身が今年のはじめに持病で癌(がん)が発見されました。今の医学では、その癌がいつ頃できたかなどが想像できるのですが、私の身体に病魔の癌(がん)ができた時期は、私が社内で色々あり自律神経を乱した時期だとはっきりわかったからです。

厚生労働省のホームページより「自律神経失調症」を調べてみると、ストレスが原因で自律神経のバランスが崩れて正常に機能せず、「めまい」「汗がふきでる」「手が震える」などの状況になるそうですが、特定の原因を見極めることは難しいそうです。確かにそうかもしれません。ただ、私もそうなのですが自律神経を崩した本人はその原因をわかっており、例えば上司との関係など原因がわかっていても仕事を続ける以上、我慢し続けなければならないと、苦しい気持ちから脱却できずにいると思うのです。そうだとしたら、自分からどうにかしようと動き出さなければ時間がたつほどよくない結果を招くはずです。

ちなみに、近年ではパソコンとスマホの普及と連動してストレートネックという言葉が浸透しております。
ストレートネックとは、本来人間の首は顎(あご)を引いた正しい姿勢(身体検査の伸長図る姿勢を思い浮かべてください。)のとき。首の骨がS字に湾曲しているのですが、パソコンやスマホで前かがみ姿勢を続けていると首の骨がまっすぐになってしまいます。人間の頭はじつは重いということは広く知られている知識ですが、ストレートネックで首の骨がまっすぐになるということは重い頭の重量を直に受けるので肩こりや首コリにつながると考えられております。ストレートネック(首の骨がまっすぐになる)は20㎏の重りの負荷がかかるイメージとのことです。そして首は人間の神経などが通る重要な場所でそこに負荷がかかることで自律神経にも影響がでるとの考えです。

このようにパソコンやスマホなど現代社会による特徴で自律神経を崩すこともあれば、精神的に自律神経が乱れることもある世の中です。とにかく自律神経が乱れることが身体的にはとても怖くて、身体を壊してまでその環境で働くものではないと私は思います。会社での仕事ストレス、人間関係、家庭の悩み、失恋、家にたどり着くまでの通勤ラッシュとか我慢・我慢の連続でいつしか身体に負担や負荷がかっかっているものです。我々サラリーマンはそのような疲れた状況で生活しているのでパワハラに合えば一撃で大ダメージを負ってしまいます。

3:ごますり上手でない社員はパワハラにあう?

パワハラと一緒に関連づけてはいけないと思っておりますが、「上司へのごますり」について話したいと思います。昭和生まれの上司が今後減っていき自分で物事を考える力を教育された「ゆとり教育育ち」の経営者や社員が会社の中心になっていく時代には「ごますり」は関係ないことかもしれません。あくまでも令和2年10月現在の話として捉えてください。私は社会人である以上、多少のごますりは身につけた方が昇進や出世だけでなく保身にもつながるかと思います。というのは、私自身がごますりができない部類で苦労したし自分が上司の立場になったときに「ごますり」はして欲しいと思ったからです(笑)

自分勝手ですが・・・(^^♪
私の経験で恐縮です。
私の妻の父親は自営で会社経営をしております。妻の母親も会社を手伝っているので、その母親から妻は自営なりの苦労や気配りも自然に覚えたようです。例えば独身時代に私は上司にお中元やお歳暮を贈りませんでしたが、結婚してから妻は上司へのお中元など欠かさず送っておりました。またやりとりも礼状などしっかり礼をもって接しておりました。その頃から急激に上司から可愛がられるようになりました。
大抵のひとは「ごますり」人生は送りたくないと思いますし私自身もそうでした。でも自分勝手なもので、私が今の会社で営業部長(営業部門のトップ)になった際に思ったのは、「役職者は大人なのだからこれくらいは気を配ってよ」とかごますりレベルまで求める自分がいたのも事実です。そして数名はごますり上手な社員がいるもので、ごますりとわかっていても可愛く思えたりします。

要するに良い方に考えれば「ごますり」でなく「大人の対応」として社会人には必要なスキルかもしれませんし経験則で「ごますり上手」ができる社員はパワハラに合わない傾向が高いと思っております。(というよりごますり上手な社員がパワハラに合った場面を見たことがない)

4:パワハラを受け続けた同僚の哀れな末路

私が見たパワハラ受けた人の哀れな末路について書きたいと思います。パワハラを受けた人に対して「哀れな末路」という表現は適切でないかもしれないけど、自分でも何とかしないとこうなってしまう戒めも含めて書きたいと思います。

私が初めて就職をした金融機関での話です。今、考えると金融機関の人達は殆どの人がいい人でしたが・・・独特の世界観が蔓延、まかり通る世界で社内いじめも多かった気がします。

<融資主任がパワハラにあった例>
私は勤めていた金融機関で融資係の担当者として働いておりました。融資係の構成はトップの融資課長を筆頭に2番手に融資代理(係長)、3番手に主任、4番手に私(勤続4年)、5番手に新卒2年目の後輩と最後に事務係の女子職員が融資係でした。

じつは私のすぐ上にあたる主任は確か年齢が40歳前後だった記憶があります。いわゆる出世から外れてしまった人ですが・・・・じつはこの主任が融資課長よりパワハラを受けておりました。そしてこの主任が転勤した後にターゲットが私となりパワハラ地獄がはじまりました。

話を戻すとこの主任は当時の私から見て打たれ強い性格をしていると思っておりました。もっと言うとパワハラ上司でもある融資課長の言い方は、第三者から見ても理不尽すぎると思う内容でも上手にかわすというか気にしない呑気な人だと思っておりました。何故かというと、いつも理不尽に怒られた後でも笑って「参った、参った」とつぶやく人だったので。ところが今思えばきっと心に深い傷心と闇を抱えていたのかもしれません。10月の人事異動で支店より事務センターに転勤になりました。事務センターというところは支店のように接客がなく事務の裏方仕事になります。1日、手形の確認だけを繰り返すように・・・。

私は学生時代にヤマザキパンの工場でおはぎを作るライン工場でバイトをしたとき、「もう二度とライン工場のような単純作業は辛いかかやるもんか」と思ったほど単純作業が苦手ですが、そういう仕事の方が安心する人がいるのも事実です。でも私から見た主任は決して仕事ができない人ではなかったので、事務センターへの転勤は絶対に融資課長の嫌がらせだと思っておりました。

(実際の真実は人事部でないのでわかりません)

その主任が事務センターに転勤してから数年後、何かの研修で私が事務センターに行ったときに主任と事務センターで偶然会いました。お互い顔が会った瞬間、笑顔で挨拶する私をきょとん・・・と見つめる主任! 「ん?おかしいなぁ!」のちに聞いた噂では少し頭がおかしくなった態度をするようになっていたらしいです。見た目も頭がやけに剥げてしまい目が外人みたいにクリクリしていた人でしたが・・・

<渉外係Iさんの例>
外回りの営業にIさんという人がいました。
このIさんにパワハラをしていたのは主に営業課長と次長でした。そして営業課全員が馬鹿にしていたイメージです。日常的に何かあるたびに営業課長がIさんを怒鳴り飛ばし、横で次長がIさんを馬鹿にするような冗談を言い営業課全員が「次長、それは言いすぎですよ ぎゃはは・・・」的なノリで外部の融資課の私から見てもイジメに近いものでした。

ところがある会議の後にそのIさんが逆切れしてしまいました。営業会議を支店の2階にある会議室で支店長を筆頭にしておりました。我々、融資課の人間は1階の席で黙々と稟議書を仕上げていたのですが、2階より怒鳴り声が聞こえたかと思ったら人が沢山、バタバタと1階に降りてきました。どうもIさんが切れて大暴れしたようです。その後にIさんは別の支店に転勤となり金融機関ではもう浮上のチャンスは限りなく無くなったと言えるでしょう!

 

■■■

※上司との人間関係が辛くて会社を辞めたいと思っている方向けの記事です。ご参考までに。
★上司との関係に悩む20代と30代つまずく壁は必ずまたやってきます

上司との関係に悩む20代と30代つまずく壁は必ずまたやってきます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5:パワハラは自分では解決できません

<パワハラ受けた人が損をする!>
上記2例の融資主任も渉外係のIさんも殆ど自分が悪くないのに人事部から自分にとって不利な評価をされてしまいました。パワハラを是正する仕事は人事部なり経営者の仕事です。その正当な動きをしてくれる人を見極めて自分を守ることを自分でしないとならない場合もあります。パワハラは自分一人では解決できません。上司など会社の人間関係悪化の全てをパワハラのせいとしてはいけませんが、悪くないのにとバッチリを受けるような損な役回りは絶対に避けましょう!何故ならあなたの大切な人生と健康を悪徳上司が奪う権利はないからです。実際にパワハラを受けた私が断言できる言葉です。

■■■

※今の時代は自分から辞表を出さなくても職代行サービスをしてくれる会社があります。退職代行サービスに関する記事は下記になります。

★パワハラを対処してくれない会社なんて「さっさと辞めて転職しましょう」

👇
さっさと転職するには退職代行サービス35,000円がおススメ

 

★無料なので一度、リクナビNEXTに登録でもして幸せな未来を想像する

【リクナビNEXTへの登録はコチラです





転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

※ちなみにパワハラは権限がない立場の社員ではどうにもできません。
パワハラの改善は人事部や経営者がする仕事です。職場の人間関係で悩んでいる人は是非、下記の記事もお読みくださいませ。ご参考になると思います。
★職場の人間関係でお悩みの方はコチラの記事を読んでください

職場の人間関係に疲れたら30代迄は退職代行で転職を検討しましょう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング


人間関係ランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━