不動産業界で働きたい男性におすすめの転職サイト3社の選び方を解説

 

こんばんはメタボ父さんです(^_-)-☆

コロナ不況で経済的に苦しむ人の様子がニュースで頻繁に流れています。
契約社員で働いていたデパート地下の食品売り場で試食品の提供を担当していた人が来月から仕事がないよと言われて生活できなくなり年老いた年金暮らしの母親を頼って一緒に同居をはじめたなど等々・・・・
他にも数年前に少ない頭金で住宅ローンを組んでマイホームを購入したけど住宅ローンの支払いができなくなって任意売却で手放す事態に陥っている人の特集などがニュースで流れたりします!
このようにコロナ不況で生活困難になっている人は世帯収入が低い方々を中心に起こっております。
またこのような方の働く業種がコロナの影響を直撃で受けている飲食店だったりします。
今回の滞納で痛感したことは、人々の生活で預貯金に余裕がある人は少なくギリギリの生活を送っている世帯がいかに多いかという事ですよね。

勤めている会社で給料が減額になり、賃貸だと更新契約の時期になったけど「更新料が払えない」、マイホームを購入した方だと「住宅ローンが払えない」など、思いもよらず勤めている会社が倒産しても半年から1年間は無職でも預貯金の蓄えで食べていける人は少なく、人々は贅沢とは言いませんが新築の家を買い、家電製品やスマホ、車を分割で購入するなど生活レベルをあげて暮らしていることを実感させられたのじゃないでしょうか?
とはいえ、私自身も偉そうに語れるほどの経済力がわる訳でもなく一般的な家庭の家長として働き、年齢に合った収入で生活しているのでコロナ不況に怯えている一人でもあります。
唯一の救いは今のところ会社が倒産する可能性が低く給料をもらえることです。
実際に給料が30%減額になったとか収入が減った方人は一日でも早く転職をして生活を立ち直らせたいと考えているかもしれません。

その気持ちよくわかります。私も家庭や仕事とお金に苦労した人生を経験しておりますので。
ところが転職市場もコロナ禍前は人手不足だった売り手市場(転職者が有利な状況)が一転逆転して今では買い手市場(採用を決める企業側が有利)になってしまいました。
そして新卒採用から中途採用を重視するようになりそうです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(転職を考える際のポイント)
・転職市場は買い手市場(採用を決める企業側が有利)になってしまいました。
・コロナ禍の不況で新卒採用から中途採用を重視する流れになりそう!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今後はコロナ不況により転職サイトで募集をかける企業も減っていくでしょうが、それでもインターネット上では沢山の転職サイトがあり求職者にとっては選び方が難しいですよね?
そこで現在不動産会社営業部長として不動産業界の最先端を走る私が、不動産業界で働きたい男性におすすめの転職サイト3社の選び方を解説したいと思います
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(ちなみに私自身の信用性という意味で簡単に自己紹介を)
私の素性は、子どもをもつ家長であることから個人情報を公開しておりませんが簡潔にお伝えしますと50歳になる社会人です。新卒で金融機関に就職し7年間、融資係を経験した後に1度目の転職で不動産業界に再就職をしました。不動産業界では売買営業マンとして働き、会社や上司に恵まれたおかげで平均的なサラリーマン収入より高い稼ぎが得られて金融機関時代より3倍の年収になりました。
その後、子どもが産まれて子どもの運動会に参加したい等、仕事だけでなくまともな時間が欲しくなり現在の会社に2度目の転職をしました。現在の会社で人生初めての管理職となり、無我夢中に一生懸命仕事をしているうちに仕事が楽しくなり、40歳を超えたあたりで人生哲学ができて現在の仕事を適職と思えるようになりました。平成24年に会社の次期社長に指名されながらも諸々の諸事情で代表者を受けることは現在しておりませんが現職で働いております。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1:不動産業界における新卒採用と中途採用の違い

コロナ禍前に人手不足だった売り手市場(転職者が有利な状況)が今では買い手市場(採用を決める企業側が有利)になってしまいました。
そして不動産業界も「新卒採用」より「中途採用」を重要視する傾向になってきそうな気配です。
ここで不動産業界における「新卒採用」と「中途採用」の違いを簡単に説明しますね。
大前提として大手不動産会社と中小不動産(地域密着型、町の不動産会社)の違いがありますが、結論から申し上げると大手や中小にかかわらず「中途採用」で不動産会社に再就職をした場合の最高職位は営業所の所長(又は店長)で頭打ちになるのが一般的なパターンかと思います。
それ以上の役職や経営者側になるためには、中途採用の場合は会社の規模を大手でなく中小の地域密着型の不動産会社にするか、一度目の不動産会社で実績と人脈を作って10年ちかくの職歴と実績を持って二度目の転職で不動産会社に入社しないと部長職以上の職位を狙うのは難しいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<大手不動産会社の場合>
◆新卒採用:優秀な大学出でないと新卒採用は難しい時代です。将来の役職候補の一員
◆中途採用:即戦力の部隊要員なので営業に特化した営業マン一筋か駅前にあるような営業所の所長(店
長)が最高職位の限界で部長職とかのポストは少ない傾向にあります。

<中小不動産会社の場合>
◆新卒採用:自分カラーの社風にしたい2代目社長などが将来の幹部候補生を育てる意気込みで募集
◆中途採用: 即戦力の部隊要員なので営業に特化した営業マン一筋か駅前にあるような営業所の所長(店
長)が最高職位の限界です。
部長職以上を狙う人は大体が独立する傾向にありますね。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(お伝えをしたいポイント)
・不動産業界の中途採用は不動産経験者でなくても努力で実績をあげたら所長(店長)職までは誰にでも平等にチャンスがあるという事をお伝えしたいです。

2:不動産業界で働きたい人におすすめの転職サイト3社の選び方

私自身が新卒で就職をした金融機関を辞めて不動産会社に一度目の転職をした当時はインターネットサイトでなく転職情報誌で探す時代でした。
だから私は毎週火曜日にコンビニで発売される「DODA(デューダ)」と木曜日発行の「リクルートB-ing(ビーイング)」を購入して半年間~1年間読み続けました。
当時は転職系の雑誌は少なく他はバイトの求人誌だったので沢山の情報がなかったせいか、毎週のように掲載される企業がわかってくるので、毎週のように社員募集をしている会社はブラック企業のように厳しいのではと予想がたてやすかったです。
ところが今は無数の転職サイトが混在しており「看護師特化サイト」「プログラマー特化サイト」のように業種を絞ったサイトでないと求職企業を探しづらい状況です。
そして人によって将来の未来像や生き方や今現在の生活状況が違うので何を基準にして話すかによって「おすすめサイト」も変わってくると思うのです。
というのは、私は転職雑誌「DODA(デューダ)」と「リクルートB-ing(ビーイング)」に毎週のように掲載されている不動産会社に転職をしました。
今のようにネットの口コミ情報がない時代でも頻繁に募集をしていればブラック企業のように厳しくてすぐにクビになるような会社だとは想像できました。
けれども当時の私は借金とかはなかったですが、転職目的の一つに人より稼ぎたい気持ちがありましたし金融機関から異業種でもある不動産会社への転職だったので厳しい会社くらいの方が自分のためになると思いその会社に転職をしました。案の定、社員が2~3日で辞めるのも珍しくない程、業界内では厳しい会社で有名だったのですが、私にとっては年齢にそぐわない1000万円~2000万円の間を毎年稼げた訳ですし社長・そして色々守ってくれた部長や上司にも恵まれて営業の基礎を学べて世間で言われているブラック企業ではあったけど、二度目の今の会社で大いに役立つ実績と経験を詰めて自分のマイホームを購入することができたので前の会社に感謝しかありません。
このように人よりけりの状況により、おすすめも変わってくると思いますので、不動産業界で働きたい20代~35歳までの方向けに「不動産業界で働きたい人におすすめの転職サイト3社の選び方」を解説したいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
不動産会社で働きたい人に不動産営業部長の私がおすすめする転職サイト3社
1:リクナビNEXTに登録してください(登録無料)
2:宅建jobエージェント(登録無料)
3:自分が働きたい地域や職種(売買・賃貸・管理等)の会社のHPサイトを見る
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

3:リクナビNEXTをおすすめする理由

リクルート社が運営するリクナビNEXTに無料登録をすることをおすすめします。
実際に転職活動をした人の約8割がリクナビNEXTを利用していると言われるほど利用者が多いですし
転職活動をした人に「どのようなサイトを利用していた?」と聞けば必ずと言っていい程リクナビNEXTの名前がでてくると思います。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【リクナビNEXTの特徴】
・毎週2.6万人以上が新規登録
・実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用していると言われている
・リクナビNEXTだけしかない限定の求人が多い
・スカウト登録すると企業や転職エージェントから直接オファーが届くこと
・リクルート独自のノウハウを開発した本格診断サービスが受けられて自己分析ができる
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
👇
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【不動産会社営業部長の私がリクナビNEXTをおすすめする理由】
・決して安くはないリクナビNEXTの広告掲載料を払う体力のある不動産会社であること
・不動産業界内でも信頼性が高い企業が募集している割合が高いこと

上記がおすすめする理由とポイントです (^^)/


【リクナビnextに無料登録する公式サイトコチラ】

【関連記事】
※再就職の際に案件が多いリクナビnextに無料登録するはおすすめです (^_-)-☆
【記事名】
20代で異業種へ転職するならリクナビNEXTへ登録がおすすめです

※転職サイトで求人が見つからない人はDODAの非公開求人を見逃しているかもしれません

【DODAは80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です】

4:宅建jobエージェントをおすすめする理由

不動産会社への転職に特化したサイト「宅建jobエージェント」に無料登録をすることをおすすめします。
やはりこれだけ情報サイト過多の状況からより良い給与条件や自分に合った待遇の会社をみつけだすためには運営側が不動産業種など特定の業種に絞ったサイトは登録しておいた方がいいと思います。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【宅建jobエージェントの特徴】
・不動産業界に特化したサイトであること
・不動産業界に精通したプロのアドバイザーのサポートが受けられること
・未公開の求人を多数もっていること
・不動産業界未経験者が利用しやすかったとの評判口コミがあること
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
👇
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【不動産会社営業部長の私が宅建jobエージェントをおすすめする理由】
・不動産業界内でも信頼性が高い企業が募集していること

上記がおすすめする理由とポイントです (^^)/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
不動産業界で働きたい場合は「リクナビNEXT」と「宅建jobエージェント」
の2サイトは必ず無料なので登録することをおすすめします。
この2サイトだけでも充分な求人情報を見て比較検討できますし、あなたが将来働く会社の情報がつまっているはずです。

【宅建jobエージェントに無料登録する公式サイトコチラ】

【関連記事】
※ちなみに宅建jobエージェントを詳しく知りたい方はコチラの記事をお読みください!
👇
【記事名】
不動産業界へ転職を考え宅建Jobエージェントに登録する方は必読

5:自分が働きたい地域や会社のホームページサイトをみる

求人情報としては「リクナビNEXT」と「宅建jobエージェント」で充分かもしれません。
※勿論、他にも沢山の求人情報を集めることは悪いことではないですが、大事なポイントを逃す可能性がありますのでその辺りを説明していきますね (^^)/
不動産業界で働きたい男性におすすめの転職サイト3社の選び方を解説

今この記事を読んでくださっている方は「不動産会社で働きたいと思っているけど、会社の選び方に迷われていると思います。
それは当然だと思います。
だって不動産会社の仕事は多岐にわたりあります。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
・部屋探しの賃貸営業
・賃貸オーナーが建てるアパート建設の仕入れ仕事
・賃貸オーナー向けの管理業務の仕事
・家の売り買いをする売買営業の仕事
・新築建売住宅の営業マン
・ハウスメーカーの営業マン
・リフォームや清掃の仕事
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

だから私は短期と長期の視点や自分の年齢や将来像、そして地域で会社を選択することも重要かと思っております。
何故かというと「リクナビNEXT」と「宅建jobエージェント」に掲載されていない不動産会社でも優良企業は沢山あるからです。
例えば私が勤めている会社です(笑)
私は新卒で就職をした金融機関を辞めて不動産業界内でも厳しさでは3本の指に入る程の会社に転職をしました。その会社では社長や上司に恵まれて金融機関時代の3倍~5倍の年収を毎年稼げるようになりました。その会社では役職がつかない営業マンでした。
その後、子どもが産まれて七五三や幼稚園や小学校の行事が増えるにつれて、土日に休みたいなどの気持ちになっていき今の地域密着企業の会社に二回目の転職をしました。
今の会社で人生初めての役職になり仕事も楽しく感じるようになりました。
収入は年齢並みですが休みもしっかりとれて公私とも充実した人生を過ごせております。
皆さまにお伝えしたい重要なポイントがありまして、自分の器に合った会社で働くと中心人物になれて最大限の力を発揮できると思うのです。
要するに私は以前の規模が大きい不動産会社では営業マントップ10以内に入れて収入は稼げましたが、年齢的にも実力もそこの環境では管理職には不向きだったのです。
でも器が小さい今の会社で働くようになると中心人物になり営業部長まで上り詰めたのです。
通勤も自転車で毎朝、眠さを我慢して起きる必要もなく目覚めたら愛犬の散歩をしてゆっくり朝食をとり出勤できます (^^)/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【不動産会社営業部長の私が働きたい場所の会社などのHPサイトをおすすめする理由】
・あなたの年齢が20代後半で35歳くらいまでに地元で独立したい希望があれば地元の会社で働き業界内の人脈を作ることを絶対にオススメします。
不動産業界の5割以上は人脈と立地で仕事をとれます。
驚くほど狭い業界なので都道府県をまたがなければ、一カ所のエリアで働き続けた方がキャリアアップして自分に有利になるのが不動産業界の慣例でもあり仕組みです。

上記がおすすめする理由とポイントです (^^)/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

<最後に>
本記事は不動産業界に初めて転職をする35歳までの人向けに書いてみました。
何故かと言うと、不動産業界への転職可能な年齢に35歳までという条件多いことが一つ目の理由です。
二つ目の理由として「異業種から不動産業界へ転職を考えている」人が今後増えるとも予想したからです。
というのは、不動産業界を経験するとわかるのですが不動産関連の仕事は沢山あります。
(例えば)
・不動産賃貸の営業職(35歳まで車の免許<要>
・不動産売買の営業職(35歳まで車の免許<要>
・不動産賃貸の管理業務職(35歳まで車の免許<要>
・不動産部のリフォーム職(35歳まで車の免許<要>
・不動産会社の事務職
このように「不動産」というキーワード関連の仕事は多種多様にございます。
そして一度でも不動産業界で数年間仕事をされた方であれば、次に現職と同じ不動産業界に転職される場合はわざわざ本記事を読まなくても不動産業界について詳しくなりキャリアアップを見込んだ転職活動が可能なので転職サイトから選ぶときでも企業名で転職先の候補を選べるはずなのです。
よって本記事は初めて不動産業界に転職する35歳までの人をイメージして書いていることを補足させていただきます。

【関連記事】
※転職を繰り返している人でも間違いなく活躍できる業界を教えます
👇
【記事名】

【徹底解説】転職回数が多くても気にしない不動産業界の仕組み!

※未経験の異業種に転職をしても年収アップが可能かをお応えします
👇
【記事名】
転職20代男性、異業種だと年収アップは難しいでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【不動産業界への転職 編】

【記事名】

不動産業界へ転職を考え宅建Jobエージェントに登録する方は必読

【記事名】

不動産業界で働きたい男性におすすめの転職サイト3社の選び方を解説

【記事名】

不動産仲介会社は給料が減って生活が苦しい方におすすめの転職先です

【記事名】

【徹底解説】転職回数が多くても気にしない不動産業界の仕組み!

【記事名】

不動産業界への転職に宅建取引士の資格が有利な理由を教えます

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【20~30代 仕事の悩み 編】

【記事名】

職場の人間関係に馴染めず悩む20代と30代!上司ににらまれたら?

【記事名】

上司との関係に悩む20代と30代つまずく壁は必ずまたやってきます

【記事名】

20代~30代サラリーマンの悩みを転職で解決できる「パワハラ編」

【記事名】

転職で解決できた20代から30代サラリーマンの悩み「拘束時間編」

【記事名】

仕事の悩みを抱えて転職するべきか迷う20代と30代の男性女性へ

【記事名】

転職理由 会社の将来性に疑問を感じて不安な20代と30代会社員

【記事名】

転職で解決できた20代サラリーマンの悩み「仕事のやりがい編」

【記事名】

仕事を辞めたいと悩む会社員が知っておくべき事実

【記事名】

吃音症 仕事 最初の言葉につまったときの対処法5選(社会人編)

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【20~30代 収入の悩み 編】

【記事名】

転職20代男性、異業種だと年収アップは難しいでしょうか?

【記事名】

20代と30代で転職先を探すなら年収アップを目指してください

【記事名】

転職で解決できた20代から30代の悩み「安い給料編」

【記事名】

手取り15万円の給料でやりくりは難しいので転職するべきか

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【「適職」と「天職」と「転職」 編】

【記事名】

20代 30代の転職は気にするな!40代で適職と天職がわかるので

【記事名】

自分の適職がわからないと悩むあなたへ伝えたい言葉

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【20~30代からの転職 編】

【記事名】

未経験の職種でキャリアアップ成功するには20代の転職がおすすめ

【記事名】

コロナ禍で会社から突然解雇と言われた!仕事見つからず悩む30代

【記事名】

中途採用で求められる30代からの転職を成功させる秘訣を教えます

【記事名】

転職30代キャリアアップの成功方法を教えます

【記事名】

コロナ禍で厳しい転職を成功させるコツがあります(30代男性向け)

【記事名】

やりたい仕事が見つからないけど転職をしたい30代男性におすすめ

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【40代からの転職 編】

【記事名】

コロナ禍で転職が厳しいのは当たり前!40歳からのキャリア迷子回避

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【転職サイト 編】

【記事名】

20代で異業種へ転職するならリクナビNEXTへ登録がおすすめです

【記事名】

再就職がみつからない20代30代の男性と女性におすすめ転職サイト

【記事名】

介護の仕事探し-介護職 おすすめの求人転職サイト-登録無料

【記事名】

保育士の求人転職サイトおすすめ!無料相談やお祝い金のキャンペーン

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【転職ノウハウ 編】

【記事名】

仕事を辞めたいのに決断できず悩む人へ【転職への近道10選!】

【記事名】

職場の人間関係に疲れたら30代迄は退職代行で転職を検討しましょう

【記事名】

転職準備は何から始めればいい? 最初にやることは何ですか?

【記事名】

転職の面接で聞かれることは何でしょうか

【記事名】

退職願いを出すタイミングと注意点を解説します

【記事名】

上司への退職理由の伝え方を教えます

【記事名】

気兼ねがなくさっさと転職するには退職代行サービスがおススメ

【記事名】

不採用理由がわからない転職活動がうまくいかない30代と40代必読

【記事名】

転職理由でやりがいを感じられない人は自分に対する後押しが必要です

【記事名】

未経験の業界へ転職できるか不安!中途採用は即戦力でないと無理か?

【記事名】

不安しかない30代の転職 面接で答える完璧な志望動機を教えます

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です