「犬と何歳から一緒に寝てもよい?」「犬はどこで寝るのがよい?」愛犬と寝た結果をレビューします!

・犬と一緒に寝るのはダメですか?
・ケージで寝かせると夜鳴きするんです
・一緒に寝ている人の話が聞きたい!


こんなお悩みを抱えている飼い主さんがいたら、是非、この記事を最後まで読んで下さい。
じつは、著者も初めてトイプードルの子犬を迎え入れたとき、一緒に寝てはいけないものかと夫婦でとても悩みました。

・愛犬と何歳から一緒に寝てもよいか?
・愛犬を寝かせる場所はケージがよいか?

と言うのは、子犬を迎え入れてすぐに、ケージで寝かせていた愛犬が夜鳴きをしていることに気づいたからです。わが家は一戸建て住宅で、1階のリビングにケージを置きました。夜は、子犬を独りケージで寝かせ家族は2階で寝ます。ところが、夜鳴きはするし・・・食糞で朝、リビングに降りていくとケージは暴れた後でヒドイ惨状でした。その状況を犬と暮らす飼い主の友人や知人にその様子を打ち明けても

「最初が肝心よ!心を鬼にしてケージで寝かせて」

 

とアドバイスされます・・・

けれど、夜鳴きに耐えるのって辛いのですよね!
勿論、愛犬にとっても辛いことではないかと可哀そうで悩みました。
そこで、犬関連の本やネット記事、YouTube動画で「犬と一緒に寝てもよいか?」調べたところ・・・ドックトレーナーさんの間でも意見が分かれていたりするのですよね。まぁ、今となっては、正解がなくて当たり前だとわかりますが、当時は経験がないから不安だらけでした。子育てを経験している方はわかると思います。子どもと一緒で、犬にも性格があるので正解はないです!

そこで、わが家でだした答えは「トイレの躾(しつけ)ができたら、一緒に寝てあげよう」と家族で決めました。その結果を最初にお伝えします。

(実際、我が家の愛犬の場合)
9月3日➡子犬を迎え入れる
9月6日➡子犬が夜鳴きするのに気づいた!
10月14日➡散歩デビュー
10月中➡夜鳴き継続中
12月初旬トイレを覚えたのでケージでなく一緒に寝るようにした(^_-)-☆

このように、12月初旬から一緒に寝るようになったら夜鳴きがなくなりました。

きっと「犬と何歳から一緒に寝てもよい?」「犬はどこで寝るのがよい?」とお悩みの人は上記のような具体的なスケジュールのイメージや、犬のおむつは必要か?、水はどうする?などを具体的に知りたいと思います。そこで我が家の経験をレビューするのでご参考にしていただけたら幸いです。


【簡単に自己紹介】

こんばんはメタボ父さんです(^_-)-☆

令和2年9月より初めてトイプードルを飼い始めました (^^♪
七夕産まれの色はレッドで名前はミート(meet)と言います。
身体の色がミートボールみたいだからミートです(笑)
但し、妻と娘より書き方は(meet)にするようにと要望がありました!
出会えたという意味でとの事。

それにしてもホント可愛くて仕方がないですよね~ (^^♪

愛犬ミート君(meet)の一日はこんな感じのルーティーンで始まります。
ちなみに毎朝の散歩は私が担当で私の楽しみです(^_-)-☆
━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━
【ミートの行動】        【私の行動】
⇩              ⇩
(5:00)分:睡眠         起床
(5:30)分:起床
(6:00)分:散歩         散歩
(7:30)分:朝食         朝食
(9:00)分:睡眠         出社
━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

よくよく考えてみたら愛犬ミート(meet)はゆったりと暮らしているなぁ~(笑)
「散歩」「睡眠」「ストレスフリーな生活」が大事で愛犬が長生きする秘訣です。

皆さまの愛犬は夜ケージで寝ていますか?
それとも一緒に寝ていますか?

我が家の愛犬ミート(meet)は、飼い初め当初はネット情報や犬飼っている経験者の方からの情報をたよりにケージで寝ていましたが、途中から布団で一緒に寝るように変えました。
その理由は夜泣きをするのが可哀そうな事と、12月の寒い時期で同じく可哀そうになってしまい一緒に寝る事にしました。まぁ・・・一番の理由はストレスフリーな生活を実現して長生きさせてあげたいからです。また昨年の9月3日から愛犬ミート(meet)は我が家で暮らし始めて、9月4日から「トイレのトレーニング」と「おすわりのしつけ」をスタートさせ11月~12月にはケージの中でトイレを覚えたことで一緒に寝るようになったこともあります。

※ご興味ある方はコチラの記事をご参照ください
(第9話)
トイプードルと夜一緒に寝るのはトイレのしつけができたらOK


私もそうでしたが・・・初めて犬を飼う人は「犬と一緒に寝てもよいのか?」「犬の寝る場所はどこがよいのか?」を悩みませんか?我が家でも相当悩みました。正直、いまだに「愛犬と一緒に寝ることが正しいのかどうか」という事がネット情報や獣医さんの話、犬のトレーナー本を読んでも賛否両論意見が割れていて正解がわかならいです。じつは至極当然のことですが、犬の性格もあるし社会化までの躾(しつけ)方法も家ごとに違うし正しい答えはないというのが正解なのかもしれません。例えて言うなら「子育て中の赤ちゃんと一緒に寝てもいいのか?」と一緒ですよね。

子育て経験者の方はこの話はよく理解できると思います。私の子どもが赤ちゃんのとき、和室に敷いた布団で一緒に寝ることが怖くてできなかったです。というのは、一度熟睡してしまうと私自身が起きることはできないし寝相が悪いとの自覚もあったので病院の雑誌で読んだ記事に書いてあった過去の可哀そうな事故例で、寝かした赤ちゃんの上に干してあったタオルが落ちて赤ちゃんが窒息死してしまった記事を読んでしまったからです。だから一番上の子どものときはベビーベットで寝かせておりました。

でも子育ての慣れというか二人目、三人目と育てていくうちに寝返りは注意していたものの日差しが良い和室の布団で一緒に寝るようにいつの間にかなっていましたね。
特に三人目の子は夜泣きがひどく癇癪(かんしゃく)もちだったのでベビーベッドでなく布団で一緒に寝ておりました。

このように子どもの性格もあるし、まして、昔ベビーベットなどない時代のお母さんが布団で一緒に寝て育てていた訳ですしね。犬の話に戻すと、犬も性格が色々あるし家ごとの躾(しつけ)や考え方があるので犬と一緒に寝たければ寝ればよいし、獣医さんが言うように怪我や衛生面が心配であればケージで寝かせる躾(しつけ)をすればいいのかもしれません。このブログを読んでくださった頂けた読者さんにお伝えしたいポイントは以下のとおりです。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

・ケージで寝ていた愛犬をベッドで寝かせてもオシッコはしないか?
・犬はオシッコやウンチを我慢できるのか?
・水を飲みたくなったらどうするか?
・布団とベッドのどちらがよいか?
・一緒に寝ると同等の順位と勘違いした犬がいう事聞かなくなるのか?
・穴グラ動物でもあったオオカミの習性で狭いケージがホントはいいのか?

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

(第50話)
「犬と何歳から一緒に寝てもよい?」「犬はどこで寝るのがよい?」愛犬と寝た結果をレビューします!


『※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています』

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

(目 次)

第1章:犬と一緒に寝てもよいか?

(1-1)犬と一緒に寝るメリット

(1-2)犬と一緒に寝るデメリット

第2章: 犬と一緒に寝る場所はどこがよいか?

(2-1)犬が快適に寝られる場所の条件

(2-2)犬の寝る場所の選び方

(2-3)犬用のベッドや寝具を用意する

第3章: 犬と一緒に寝る際の注意点

(3-1)安全対策をしっかりとる

(3-2)犬の性格を見極める

(3-3)犬の行動に注意をする

(3-4)犬の体調を見守る

(3-5)トイレのしつけが完了しているか

第4章: 一緒に寝ると飼い主の順位が崩れますか?

第5章: 愛犬と一緒にベッドで寝た結果を教えます!

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

(本 文)

第1章:犬と一緒に寝てもよいか?

(1-1)犬と一緒に寝るメリット

犬と一緒に寝ることで、飼い主と犬の絆を深化させるメリットがあります。犬は社会的な動物であり、一緒に過ごす時間を通じて愛情や信頼を育むことができます。また、一緒に寝ることで、飼い主のストレスを軽減し、リラックスした睡眠を促す効果もあります。

このように犬と一緒に寝ることには多くのメリットがあります。
参考まで5つ挙げますと

  1. 心の癒し: 犬は忠実で愛情深いペットであり、一緒に寝ることで心の癒しを感じることができます。犬は温かく柔らかい存在であり、寝るときに一緒に触れ合うことでストレスや不安を和らげる効果があります。
  2. 安心感: 犬は警戒心が強く、家を守る性質を持っています。一緒に寝ることで、家族としての存在を強く感じることができ、安心感を得ることができます。
  3. コミュニケーションの促進: 犬と一緒に寝ることで、コミュニケーションを促進することができます。犬は触れ合いや声をかけることを好みますので、一緒に寝ることで犬とのコミュニケーションを深めることができます。
  4. 快眠の促進: 犬は体温が高く、一緒に寝ることでその温かさを感じることができます。温かい犬の側で寝ることで、体がリラックスしやすく、快眠を促進する効果があります。
  5. ストレス軽減: 犬はストレスを軽減する効果があります。一緒に寝ることで、日中のストレスを発散し、リラックスして眠ることができます。

(1-2)犬と一緒に寝るデメリット

一方で、犬と一緒に寝ることにはデメリットもあります。犬の体調や行動によっては、夜間の騒動や寝不足の原因になることがあります。犬の体調や性格によっては、寝具を噛む、抱き枕にする、寝返りを打つなどの行動があるかもしれません。また、犬の毛やニオイに敏感な人は、アレルギーの症状を感じることもありますので、自分や犬の健康を考慮して、一緒に寝るかどうかを慎重に判断しましょう。必要に応じて、犬用のベッドを使用するなどの対策を取ることもお勧めです。

このように、犬と一緒に寝ることにはいくつかのデメリットを参考までに5つ挙げます。

  1. アレルギーの悪化: 犬の毛やダニ、皮屑などが寝具に残る可能性があります。これにより、アレルギーを持っている人にとっては症状が悪化する可能性があります。特に、犬の毛やニオイに敏感な人は、アレルギー反応を起こすことがあります。
  2. 睡眠の妨げ: 犬は夜行性の動物ではありませんので、夜中に動き回ることがあります。犬の動きや鳴き声によって、睡眠が妨げられる可能性があります。また、犬が寝具を占領してしまい、自分自身の快眠を妨げることもあります。
  3. 衛生面の懸念: 犬は外で遊んで汚れることがあり、また舐めたりすることで細菌や汚れが付着することがあります。そのため、犬と一緒に寝ることで寝具が汚れる可能性があり、衛生面に懸念があるかもしれません。
  4. トレーニングの影響: 犬と一緒に寝ることで、犬の行動やトレーニングに影響を及ぼす可能性があります。例えば、犬がベッドに上がることを許してしまうと、犬が自分でベッドに上がるクセをつけてしまい、自己判断でベッドに上がってしまう可能性があります。
  5. 人間関係の変化: 犬と一緒に寝ることで、犬との関係が深まる一方で、人間との関係が変化することがあります。犬が人間のベッドで寝ることを許してしまうと、犬が人間のベッドを主張するようになり、人間同士の寝具のシェアが難しくなることがあります。

これらのデメリットを考慮して、犬と一緒に寝るかどうかを判断する際には、自分自身や犬の健康、生活スタイル、犬の性格など見極めが必要ですね。

(追 伸)
ちなみに、上記のメリットとデメリットは、私が「本・ネット記事・YouTube動画」で調べまくった内容をまめとめてみました。ドックトレーナーさんによっても考え方の違いもあるようで意見が分かれますので参考程度にしてください。
一番は、愛犬と飼い主さんの両方がぐっすりと快適な睡眠ができることが大事です!

第2章: 犬と一緒に寝る場所はどこがよいか?

(2-1)犬が快適に寝られる場所の条件
犬と一緒に寝る場所は、犬が快適に過ごせる条件が重要です。要するに、ぐっすり快適な睡眠ができる環境を整える必要があります。犬は自分の居場所を持つことが好きなため、静かで暗く、温かくて安全な場所を選ぶと良いでしょう。また、十分なスペースを確保し、床が固すぎず柔らかすぎず、犬の体調や年齢に合った場所を選ぶことも大切です。

犬が快適に寝るためには、以下のような条件があります。

  1. 温かくて快適な場所: 犬は体温調節能力が限られているため、寒さや暑さに敏感です。犬が快適に寝るためには、温かくて快適な場所を提供する必要があります。室温が適切であり、直射日光や風の通り道を避けるようにしましょう。
  2. 軟らかいベッドや敷物: 犬は硬い床や冷たい床で寝るのが不快に感じることがあります。犬が快適に寝るためには、軟らかいベッドや敷物を用意すると良いでしょう。犬の体重を適切に分散し、関節や骨を保護するようなベッドや敷物を選ぶと良いです。
  3. 静かな場所: 犬は敏感な聴覚を持っているため、騒音のある場所では快適に寝ることができません。犬が快適に寝るためには、静かで落ち着いた場所を選ぶようにしましょう。他のペットや家族の騒音を避け、犬が安心して休むことができる環境を整えてあげましょう。
  4. 十分なスペース: 犬には十分なスペースを提供することも重要です。犬が伸びをしたり、体勢を変えたりできるスペースを確保することで、犬が快適に寝ることができます。狭いスペースや狭苦しい場所は、犬にとってストレスになることがあります。
  5. 安全な場所: 犬は安全な場所で寝ることが重要です。犬が安心して休むことができるように、安全な場所を提供しましょう。他の危険なペットや小さな子供、危険な物品から遠ざけるように注意しましょう。

これらの条件を考慮して、犬が快適に寝ることができる場所を提供してあげると、犬の健康と幸福に良い影響を与えることができます。

(2-2)犬の寝る場所の選び方
犬の寝る場所を選ぶ際には、犬の性格や好み、体調を考慮しましょう。犬がくつろげるスペースや形状を選ぶことが大切です。例えば、犬用のベッド、マット、ケージ、ソファなど、様々な選択肢があります。また、犬の大きさや年齢に合ったサイズを選び、清潔に保つために洗濯可能なものを選ぶと良いでしょう。

(2-3)犬用のベッドや寝具を用意する
犬と一緒に寝る際には、犬用ベッドや寝具を用意することも大切です。犬用のベッドは、犬の体にフィットし、十分なサポートを提供するものを選ぶと良いでしょう。また、防水性や耐久性のある素材を選ぶことで、清潔さを保ちやすくなります。犬用の毛布やシーツも準備し、定期的に洗濯して清潔に保つようにしましょう。

犬の寝る場所を選ぶ際に考慮すべきポイントは以下の通りです。

  1. サイズと形: 犬の体のサイズに合った寝床を選ぶことが重要です。犬が全身を伸ばして快適に寝ることができる広さがあるか、犬がくつろげる形状があるかを確認しましょう。また、犬の年齢や健康状態に合わせて、特別な形状の寝床を選ぶ必要があるかもしれません。例えば、高齢犬や関節の問題を抱える犬には、関節をサポートする特殊な寝床が適しています。
  2. 素材とクッション性: 寝床の素材やクッション性も重要な要素です。犬の快適性や健康に影響を与えます。犬の体温を調節しやすい素材や、清潔に保ちやすい素材を選ぶと良いでしょう。また、犬が寝るのに適度なクッション性があるかを確認し、犬の体圧を分散することができる寝床を選ぶと犬の快適性が高まります。
  3. 温度と通気性: 犬は適切な温度で寝ることが重要です。犬種や個体によっては寒さに弱い犬もいれば、暑さに弱い犬もいますので、犬の体調に合った温度管理が必要です。寝床が過度に暑くならないように通気性の良い素材やデザインの寝床を選ぶと良いでしょう。
  4. 安全性: 犬が寝る場所が安全であることも大切です。寝床には犬が飛び降りたり転倒したりするリスクがないようにする必要があります。また、寝床の素材や付属品には、犬が噛んだり飲み込んだりしないように注意しましょう。
  5. 環境の配慮: 犬の寝床の配置も考慮して選ぶことが大切です。犬が静かで安全な場所に寝床を置けるようにしましょう。

第3章: 犬と一緒に寝る際の注意点

(3-1)安全対策をしっかりとる
犬と一緒に寝る際には、安全対策をしっかりとることが重要です。例えば、犬がベッドから転落しないように、適切な高さや形状のベッドを選びましょう。また、犬がベッドの中で窒息する恐れがある小さな寝具や玩具を避けるなど、犬の安全を最優先に考えて対策を行いましょう。

Q:犬と一緒に寝る場所はベッド それとも布団がよいですか?

A:我が家は布団で一緒に寝ることにしました
愛犬「ミート(meet)」と、一緒にねむることにした我が家ですが、寝相が悪く一度眠ったら地震がきても気づかない私は真っ先に眠る相手として却下されました(笑)
もう一つの理由として、私のベッドに寝かせると、ベッドから降りるのを怖がって躊躇している姿を見ていたからです。1歳の頃は、ベッドから降りるのを怖がっていたし、2歳になった今でも最初は躊躇しています。実際、トイプードルは足関節のケガが多いので、高い場所から飛び降りたりするのは危ないです。ケガのリスクを考えて布団で寝ている妻や娘と一緒に寝るようにしました。

【ベッドから降りるのを躊躇するミートの写真】

(3-2)犬の性格を見極める
犬と一緒に寝る際には、犬の性格を見極めることも重要です。例えば、犬が人懐っこい性格であれば、一緒に寝ることを喜ぶかもしれませんが、犬が臆病な性格であれば、一緒に寝ることがストレスになるかもしれません。犬の性格や個性を尊重し、犬がストレスを感じないように配慮しましょう。

 

以下の理由から、犬の性格を理解しておくことがお勧めです。

  1. の快適性: 犬は個体によって性格や性格傾向が異なります。例えば、社交的な性格の犬は一緒に寝ることを好むかもしれませんが、内向的な性格の犬は一人で寝ることを好むかもしれません。犬の性格を理解して、犬が一緒に寝ることをストレスなく楽しめる環境を提供することが重要です。
  2. 安全性: 犬の性格によって、一緒に寝ることが適切であるかどうかが異なる場合があります。例えば、犬が警戒心が強く攻撃的な性格を持つ場合には、一緒に寝ることが危険である可能性があります。犬の性格を理解して、安全性を最優先に考えることが重要です。
  3. トレーニングの影響: 犬の性格はその背後にある遺伝的な要因や環境の影響によって形成されますが、飼い主のトレーニングや飼育方法によっても影響を受けることがあります。犬と一緒に寝ることが許可されるかどうかは、犬の性格やトレーニングの状況に合わせて判断するべきです。
  4. 飼い主の快適性: 犬と一緒に寝ることが飼い主自身にとって快適であるかどうかも重要な要素です。犬が寝る姿勢や動き、寝相などは犬の性格に関連して変化することがあります。犬の性格を理解して、自分自身が快適に犬と一緒に寝ることができる環境を整えることが大切です。

犬の性格を理解して、犬と一緒に寝ることができるかどうかを判断し、犬の快適性と安全性を最優先に考えることが重要です。

(3-3)犬の行動に注意をする
犬と一緒に寝る際には、犬の行動にも注意を払う必要があります。例えば、犬が夜中に活発に動いたり、寝相が悪くなったりすると、飼い主の睡眠を妨げることがあります。犬の行動には予測できないものもありますので、犬の様子をよく観察し、必要に応じて対策を取りましょう。

犬と一緒に寝る際には、犬の行動に注意する必要があります。以下の点に留意することが大切です。

  1. 身体的な快適性: 犬が寝る際に自分の身体の状態を考慮し、無理な体勢で寝たり、身体を痛めるような行動を取らないか注意が必要です。例えば、犬がベッドから転落するリスクがある場合には、安全対策を講じるなど、犬の身体的な快適性を確保することが重要です。
  2. 行動パターン: 犬が夜間に活発に動き回る場合や、寝相が荒い場合には、寝ている飼い主を起こしてしまう可能性があります。犬の行動パターンを理解し、寝ている飼い主の安眠を妨げるような行動に注意することが必要です。
  3. 社会性: 犬は社会性の強い動物であり、飼い主と一緒に寝ることを望む場合もあります。しかし、犬が飼い主に対してリソースガードなどの行動を示す場合には注意が必要です。犬の社会性や行動パターンを理解し、飼い主との一緒に寝ることが犬にとってストレスないように配慮することが大切です。
  4. 健康状態: 犬が健康上の問題を抱えている場合には、一緒に寝ることが適切であるかどうかを慎重に考慮する必要があります。例えば、犬が寝ている間に呼吸困難を起こすリスクがある場合には、一緒に寝ることが避けられるべきです。

犬の行動に注意し、犬が快適に安眠できる環境を整えることが重要です。

(3-4)犬の体調を見守る
犬と一緒に寝る際には、犬の体調を見守ることも大切です。犬の健康状態や様子を定期的にチェックしましょう。例えば、犬が異常な呼吸をしていたり、不安そうな様子を見せていたりする場合は、病気やストレスの兆候かもしれません。犬の体調が優れない場合は、早めに獣医師に相談し、適切な処置をするようにしましょう。

犬と一緒に寝る際には、犬の体調を見守る必要があります。犬は寝ている間に健康上の問題を抱えることがありますので、定期的に犬の体調を確認し、異変があれば早めに対処することが大切です。

以下の点に留意して、犬の体調を見守りましょう。

  1. 呼吸: 犬の呼吸が正常かどうかを確認しましょう。異常な息苦しさや鼻水、くしゃみ、咳などの症状がある場合には、獣医師に相談して適切な対応を取るようにしましょう。
  2. 身体の状態: 犬の身体に傷や腫れ、異常な動きや痛みがないかを確認しましょう。異常がある場合には、獣医師に相談して適切な処置を行うようにしましょう。
  3. 行動: 犬の行動が通常と異なる場合には、体調に問題がある可能性があります。食欲の減退、元気がない、興味を持たない、吠え声が変わるなどの変化に注意しましょう。
  4. 排泄: 犬の排尿や排便の状態を確認しましょう。異常がある場合には、獣医師に相談して適切な対処を行うようにしましょう。

犬と一緒に寝る際には、犬の体調を定期的に見守り、異変がある場合には早めに獣医師に相談し、適切な対応を取るようにしましょう。

(3-5)トイレのしつけが完了しているか
犬と一緒に寝る際には、犬のトイレトレーニングにも注意を払う必要があります。犬がベッドや寝具に排泄してしまうと、衛生上の問題や臭いの問題が生じます。トイレトレーニングが完了していない場合や、高齢の犬の場合は、特に注意が必要です。犬のトイレトレーニングをしっかりと行い、事故を防ぐようにしましょう。

Q:犬と一緒に寝ても、布団でオシッコしないですか?

A:わが家の子犬は3ヶ月のトイレトレーニングができました!


顧客満足度91.2%【犬のトイレしつけ】解決
愛犬のトイレで悩んでいた私が、たった7日で、
トイレをしつける事が出来たその秘密は…?

【ワンマー】公式サイトはコチラ

<PR広告>

※我が家の愛犬はお漏らし1回だけしました!
だから念のため、1歳半頃まで犬用のオモツをしてました。でもオムツで一度もオシッコをしたことはないですね。ちなみに、2歳過ぎた今はオモツはしてません。
オシッコしたい場合は、ドアまで行ってトイレに連れてっての鳴きます。
でも、一度寝ると起きれない飼い主さんはオモツが必要かもしれません。

ご存知の方は多いと思いますが、犬はオシッコやウンチを長時間我慢できるからです。
むしろオシッコや水を飲みたいときに飼い主がわかるかが重要かと思っていて、我が家の愛犬の場合はオシッコに行きたい場合や水を飲みたい場合、扉の前でピョンピョン跳ねたりして合図を送ってきます。

アイコンタクトで結構わかるものですよ (^^)/

ちなみに水をこぼさないようにペットボトルで飲むグッズもあります。
【このペットボトルで水を飲みます】

第4章: 一緒に寝ると飼い主の順位が崩れますか?

Q:犬と一緒に寝ると飼い主の順位が崩れますか?

A:一緒に寝るからと言って順位が崩れるとは思いません
我が家の場合、愛犬と一緒に寝るようになった前と後で飼い主との関係が変わったかと言えば全く変化がないです。一緒に寝るようなってから、わがままな性格になった事実はありません(笑)よく習性の話になると、オオカミの話が犬の場合はでてきます。オオカミのDNA分析から、2002年頃に犬のツールがオオカミだとわかり、その後も色々な新説がでていますね。よくオオカミの習性に例えて言われることにリーダー論があります。

例えばオオカミの群れにはボスがいるように、犬も飼い主をボスと思わせるようなしつけが大事と思われています。けれども最近の研究では、人間の考える意識と動物は違うので、例えば動物がお腹を相手みせて抵抗しませんと従うし、仕草はその場限りで従った方が自分にとって得だと判断して行動しているそうです。要するに、損得勘定で動いているだけなのに人間の思考でいうとリーダーに従っているようにみえることも、犬からしてみたら損得勘定で動いているだけだと(笑)

人間のツールがサルだからといって、お山の大将のボス猿を筆頭にした集団生活を人間が引き継いでいないと一緒で案外、犬もこの飼い主と一緒にいたらご飯も食べさせてくれるし幸せな気持ちになれるかな?と判断しているにすぎないかもしれませんね。

第5章: 愛犬と一緒にベッドで寝た結果を教えます!

【愛犬を一緒に寝た結果をまとめました】
①. 犬と一緒に寝ても大丈夫
②. 寝る場所はベッドより布団がよい
③. 犬用のオモツをしればオシッコの不安は解消できる
④. 水はペットボトルでいつでも飲めるようにしましょう
⑤. 一緒に寝たからと言って要求が増えるようなことはない

※愛犬の性格や犬種、大きさや年齢により変わってきます。愛犬と一緒に寝るかどうかも、その家庭ごとに選択肢を考える必要があります。

一人暮らしの会社員の方が、愛犬と暮らしていて、夜しか愛犬と会えない場合だったら、愛犬が飼い主と一緒に寝たがるようでしたら寝てもいいじゃないですか?だって、それがストレス感じずお互いが幸せを感じられるのですから。但し、ドックトレーナーの本など読むかぎり、「来週は仕事で一緒に寝れないけど、今日は一緒に寝よう」という感じでルーティーン化できない飼い主さんは、一緒に寝ない方がよいです。

人間と身体的な構造や感覚思考の違いも理解しつつ、人間社会で暮らす以上はしつけをすることが愛犬にとって大事です。愛犬を育てるということの基本は愛情をたっぷり注いであげることです。犬は自分からご飯を食べることもできないし、散歩で息抜きも自由気ままにできない・・・・つまり自立できないので、気を遣いながら親子のような信頼関係を目指して常にサポートとストレスフリーな生活を提供して長生きさせてあげましょう (^_-)-☆

【一般的に、愛犬と一緒に寝るのがよくないと言われている理由は色々あります】
・小型犬などは、人間が寝返りしたときにケガをするリスクがあるため
・ベッドなど高い位置から落ちて、関節を痛める可能性があるため
・犬の体毛から持ちこまれる「花粉」「ノミ・ダニ」「病原体」などの衛生面
・環境省も推奨していますが、災害時などにケージで寝むれないと困るため
・分離不安症や一歩手前の場合、さらなる不安症を悪化させてしまうリスク
・人間と体感温度が違う犬は体温調整が苦手なので暑い夏など人間主体の温度は危ないため

【一般的に愛犬をケージやクレート(ハウス)で寝かせる方がよいと言われる理由】
・犬のツールはオオカミと考えられており、穴グラ動物の犬は狭い場所が落ちつくため
・いつも人間とベタベタしたい訳でもなく、犬一人で落ちつかせることも大事なため
・ハウストレーニングで一緒に寝ないとしつけトレーニングができるため
・夜鳴きは要求吠えの一種だから、ハウストレーニングにより夜鳴きなど悪化しないため
・主導権は飼い主が握っていると思わせるには一緒に寝ない方はよい

このように色々とありますが、愛犬の性格や飼い主さんの状況により決めてください。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━
ペット飼育のお悩みについて、飼い主どうしでQ&Aで質問できるサイトがあります。

★登録も簡単
★料金も無料!

そして何より体験談を聞けるのでオススメのサイトです(^^♪

【DOQAT(ドキャット)の登録はコチラから】

ペットの悩みQ&A【ドキャット】
<PR広告>

累計4万頭の子犬が利用していて、獣医師の完全監修である「こいぬすてっぷ」通信口座で勉強するのもいいかもしれません。

可愛い愛犬のために (^_-)-☆

累計4万頭以上の子犬が受講【こいぬすてっぷ】

<PR広告>

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

片面しか吸わないシーツはもう使えない。驚きの両面吸収ペットシーツ!
<PR広告>





<PR広告>





<PR広告>



<PR広告>

このエントリーをはてなブックマークに追加


犬ランキング

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

ペット飼育のお悩みについて、飼い主どうしでQ&Aで質問できるサイトがあ ります。
★登録も簡単

★料金も無料!

そして何より体験談を聞けるのでオススメのサイトです(^^♪
【DOQAT(ドキャット)の登録はコチラから】
      ⇩
ペットの悩みQ&A【ドキャット】
<PR広告>

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━


<PR広告>



商品セールは流動的なので「楽天」や「アマゾン」もチェックしましょう(^^)/
★【楽天で商品をチェックしてみよう】★
👇


★【アマゾンで商品をチェックしてみよう】★
👇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です