仕事を辞めたいのに決断できず悩む人へ【転職への近道10選!】

 

こんばんは、メタボ父さんです (^_-)-☆

テレビで沖縄県在住の50代女性の方が、コロナ禍で定職が解雇となり今後の生活が見えず年老いた母親の年金を充てに生活している様子が映しだされておりました。  ふと気になり総務省の統計データーより失業率を調べてみますと2020年1月時点で150万人だった失業率が6月の時点で195万人まで増加しておりました!

195万人を例えると、5年前のデーターになりますが、栃木県・群馬県・福島県・岡山県あたりが190万人なので、それらの県民全員が失業して困っていると想像しますと・・・日本だけでなく世界的なパンデミックの様相だとしても辛い世の中になりましたね。

失業率が増加していく中、一刻の猶予も許されず収入を得ないといけない方もいれば、給与カットに伴い転職を検討しないといけない方もでてきていると思います。私も転職を2回経験しているのでわかるのですが、大手企業など安定性が高いほど仕事を辞めたくても転職先でやっていけるか不安で退職という行動が実行できないものです。不安に思うのは当たり前ですよね。
ところが自分もそうでしたが、転職して今の生活に満足している人の大半は「何であんなに転職に躊躇していたのだろう?もっと早く退職して転職しておけば苦しまなかったのに」との感想が大半を占めると思います。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

今日は退職代行で有名な「退職代行ガーディアン」が調べた「退職理由ランキング」を参考にして、退職理由別に今の次期に転職することが正しいのかどうかを書いていきたいと思います。仕事を辞めたいのに自信がなくて転職できない場合とお悩みの読者さんは是非お読みください。

【退職代行ガーディアン調査により退職理由ランキング】
1位 残業・休日出勤など拘束時間が長い
2位 人間関係の問題・パワハラ酷い
3位 給料が安かった
4位 やりがいや達成感を感じなかった
5位 キャリア成長が見込めない
6位 企業の方針・社風が合わない
7位 将来性に疑問を感じたから
8位 人事・評価に不満だった
9位 体調不慮・体力が持たない
10位 そもそもやりたい仕事ではなかった



━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

ちなみに私の素性は、子どもをもつ家長であることから個人情報を公開しておりませんが簡潔にお伝えしますと50歳になる社会人です。新卒で金融機関に就職し7年間、融資係を経験した後に1度目の転職で不動産業界に再就職をしました。不動産業界では売買営業マンとして働き、会社や上司に恵まれたおかげで平均的なサラリーマン収入より高い稼ぎが得られて金融機関時代より3倍の年収になりました。
その後、子どもが産まれて子どもの運動会に参加したい等、仕事だけでなくまともな時間が欲しくなり現在の会社に2度目の転職をしました。現在の会社で人生初めての管理職となり、無我夢中に一生懸命仕事をしているうちに仕事が楽しくなり、40歳を超えたあたりで人生哲学ができて現在の仕事を適職と思えるようになりました。

 

1:サービス残業など拘束時間が不満で辞めたい場合

私の意見は今の働き方改革のような時代でなく、サービス残業が当たり前の時代に努力をした転職結果の意見です。時代錯誤な面はあるかもしれません。ただ働くという観点では共通事項も多いので充分に参考になるかと思います。

サービス残業など拘束時間が不満で辞めたいと思う人がいるとしたら、その人の年齢と職歴により判断する必要があると思います。と言うのは、年齢が20代から30代で職歴が5年未満の場合は最低でも5年間は退職や転職をせず今の職場で頑張ってみる必要があるからです。やはり石の上にも3年というとおり、3年間働くと活躍できる素地ができてきて、さらに5年間も働くと会社の車輪の一部になれる可能性が高いからです。

読者さんも自分自身の過去を思いだしてください。学生時代の部活動でもよいしバイト経験でもよいです。その場所の3年もいたら内情も将来性など色々わかってくるし、中心的な存在になれることもあるじゃないですか?また5年働くとその仕事のスキルがつきますし、将来転職する際は即戦力重視の中途採用になるので同業種への転職をする場合には5年くらいのキャリアは欲しいところです。5年以上の職歴でしたら転職を検討してもよろしいかと思います。

一方で40歳以上の方はサービス残業や拘束時間が不満で辞めたいと思う人は少ないのではと想像します。
若いうちは個人的なやりたいプライベート時間が欲しいので不満をいだきますが40歳を過ぎると家長として家族を守る立場になったりして今の生活維持を優先に考えます。
40歳過ぎた方は、時間的な拘束が自身の身体を壊す働き方である場合とかに転職を検討するのがよいかと思います。

■■■

※もっと詳しく知りたい方はコチラの記事が参考になります。

👇

転職で解決できた20代から30代サラリーマンの悩み「拘束時間編」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2:人間関係に悩み辞めたい場合

会社の社長含めて人間関係に悩むものですが、上司によるパワハラなどが原因で会社が解決してくれる人事措置をしない場合はさっさと転職しちゃいましょうが私の意見です。さらに深堀りして話せば、大手企業や公務員など安定性が高い場合は、組織上パワハラ上司と一生付き合う訳でないので我慢する価値があると思います。一方で語弊があるかもしれませんが零細や中小企業の場合、パワハラ上司が45歳、自分が35歳と10歳程度の年齢差しかない場合、上司に目をつけられて苦悩時代を過ごし、その上司がいなくなった頃には自分自身の全盛期(30代~40代)が過ぎてしまうので転職して新たな新天地でご活躍されるのもありかと思います。つ冷静にご判断いただけますと幸いですが、その会社にいる将来性は零細や中小企業の場合は大体想像できると思います。

■■■

※もっと詳しく知りたい方はコチラの記事が参考になります。

👇

20代~30代サラリーマンの悩みを転職で解決できる「パワハラ編」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3:給料が安くて辞めたい場合

給料が安くて悩んでいる場合は、年齢で転職をするか判断するべきです。
まず給与に不満があり会社を辞めたい人も、自分の仕事に自信がある人と自身はないけど給与に不満がある人に分かれると思います。
自分の仕事に自信があり給与に不満がある人の例をだしますと金融機関の支店長とかの転職ですね。
私が新卒で就職した金融機関や今の金融機関でもそうですが、支店長や次長クラスになると出世の限界が見えてきます。関連会社に出向する前に支店長など全盛期のうちに外資系の保険会社に転職するパターンは多かったです。支店長時代の人脈で転職して2年くらいは良い給与を得られますが、その人脈は長く続かず数年すれば元支店長のよい評判や消息不明なパターンが多いですね。

一方で仕事に自信がなくても今の給与に不満がある人で年齢が40歳までなら稼げる転職先へ挑戦していいと思います。一つ条件として今の仕事よりきつく時間的な拘束も増えるかもしれませんが、お金を稼ぐ目的なら気にならないと思います。またお金を沢山得ると世の中の大抵の不満は解決できることも事実です。お金の使い方は間違わなければいいだけなので。実際、私自身が金融機関から異業種の不動産業界に転職した際は自信はなく不安だらけでしたが、人より稼ぎたい気持ちだけはあり年収が3倍増えました。子どもの教育費や親の介護(自分の親)などお金があれば夫婦間で揉めないのも事実です(笑)

■■■

※もっと詳しく知りたい方はコチラの記事が参考になります。

👇

転職で解決できた20代から30代の悩み「安い給料編」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4:仕事にやりがいなく辞めたい場合

仕事のやりがい=天職・適職と思えているかをまず考えましょう!
年齢が40歳以下の方に申し上げたいのは、仕事を天職や適職と思えるほどやりがいを感じられる本当の年齢は40歳過ぎ頃だと思います。40代まで一生懸命日々、仕事に明け暮れた結果、奥さんと一生懸命子育てをした結果、40歳を過ぎる頃のは人生の経験値が増えて自身の考えもまとまりいわゆる人生哲学が完成してきます。そのうえで50歳からの人生後半に突入していくと思うのですが、この人生哲学とほぼ同時に仕事のやりがいを感じられると思うので30代までは仕事にやりがいを感じなくても、無理やりにでもやりがいを感じる気持ちで今の仕事に努力してみるのもありかと思います。但しですが、コチラも冷静に判断すればその会社でも自分の未来像は想像できると思います。一生懸命努力しても人事評価を得られない社風であれば時間が無駄なので、その場合はさっさと転職した方がいいと思います。

■■■

※もっと詳しく知りたい方はコチラの記事が参考になります。

👇

転職で解決できた20代サラリーマンの悩み「仕事のやりがい編」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5:将来の希望が見えず辞めたい場合

コチラも前項4:仕事にやりがいなく辞めたい場合に共通します。
課長や部長クラスと自分を照らし合わせるのがいいと思います。
勿論、出世だけでなく一般職でもよいので今の給与と時間が確保でき生活スタイルが維持できれば満足の人もしますよね。そのような方は将来の希望が見えなくなってくるということはその会社の社長が先代から2代目に変わったりして社風についていけなくなったなどの理由で辞めたくなる場合もあると思います。
戦後日本に根付いた「終身雇用制度」は崩壊しているので、自分のライフスタイルに合った働きやすい環境に転職することで幸せを求めることはありかと思います。

■■■

※もっと詳しく知りたい方はコチラの記事が参考になります。

👇

仕事を辞めたいと悩む会社員が知っておくべき事実

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6:会社の方針や社風が合わず辞めたい場合

コチラも前項5:将来の希望が見えず辞めたい場合に共通します。
きっと、どの時代も企業は時代に合った経営をしないと世の中で生き残れないものだと思います。
先代の社長から2代目に変わった途端、社員を大事にしない会社になった等よく聞く話ですが、その良し悪しは置いて、会社員として働く以上は社風には自分が合わせる必要があります。
よって判断基準は自分が求めている職位(部長・課長・係長・主任・一般職)のモデルを社内で探して自分と照らし合わせて将来や未来を想像して転職するべきかを検討するのがいいと思います。

■■■

※もっと詳しく知りたい方はコチラの記事が参考になります。

👇

自分の適職がわからないと悩むあなたへ伝えたい言葉

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7:将来性に不安を感じて辞めたい場合

コチラも前項5:将来の希望が見えず辞めたい場合に共通します。

■■■

※もっと詳しく知りたい方はコチラの記事が参考になります。

👇

やりたい仕事が見つからないけど転職をしたい30代男性におすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8:人事評価に不満で辞めたい場合

真面目に一生懸命に働く人に問いかけたいです。
一生懸命には頑張って働いた結果、よい成績を残せて会社に貢献できたのにチーム制のしばりで部署の長だけ出世や給与がアップしてその他社員は寸志数万円のみでしたら納得するでしょうか?
じつは、私自身毎日夜中過ぎまで数年間働きとおし殆ど休まない生活を数年間しておりました。
その結果、私が満足できない人事評価がでたときに感じた感情は「怒り」です。
人は他者から評価をされたいと思う欲望があります。しかしその評価が得られないと「怒り」のパワーがでてきます。この時私は猛省しました。何て自分は自己愛が強いのだろうと。自分大好きな人間であればあるほど、不満足な気持ちは怒りとなり、所詮怒りは負のパワーなのでいいことは決してないと思ったのです。その怒りを鎮めるためにはひたすら仕事に没頭するしかありませんんでした。
人事評価が不満で会社を辞めたいと思う人は、自分がどこまでの人事評価(例えば職位や給与)を求めているかをもう一度考えてみて、そこまであと何年したら到達できるかを考えてから転職するかしないかを検討した方がいいと思います。但し、転職先はキャリアアップでない限り、職位を上げていくには年月が必要です。給与面の不満でなく職位の不満だけでしたら今の職場で頑張り継続した方がよい場合が多い気がします。

■■■

※もっと詳しく知りたい方はコチラの記事が参考になります。

👇

転職理由 会社の将来性に疑問を感じて不安な20代と30代会社員

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9:体調を壊して辞めたい場合

即答します。
会社が人事の変更で守ってくれない場合は転職を検討しましょう!
何はともあれ一番大切なのは健康です。
今年、私自身も大病となりつくづく健康第一だと思います。
私が思うに精神面も含めて体調を崩した社員を会社が守ることができるのは人事配置の変更です。
その社員や部署を教育して体調管理させることは即効性はない処置だと思っております。
会社が守ってくれない場合は自らの健康を大優先に考えて転職を検討してみてください。

■■■

※もっと詳しく知りたい方はコチラの記事が参考になります。

👇

職場の人間関係に馴染めず悩む20代と30代!上司ににらまれたら?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10:やりたい仕事でなく辞めたい場合

コチラも前項4:仕事にやりがいなく辞めたい場合に共通します。
現在の仕事を「天職」「適職」と思えるかによります。
ひとつ補足すれば、世の中の殆どの人が「天職」と思い仕事をしおている訳でなく、この仕事は自分に合った「適職」かなと感じて仕事をしている人が多いと思うことです。
例えば、私は学生時代に友人から誘われてクリスマスの時期に山崎製パンでクリスマスケーキを作る工場のラインでバイトをしました。ただひたすら工程で流れてくる作業を繰り返すことがこんなにも辛いことかと痛感しました。ところがバイトに誘った友人は、無心で何も考えなくて作業に没頭するだけだから楽な仕事と言うのです。このように人により向き不向きはあります。
天職と適職は40歳過ぎに自身の人生哲学ができたときに判断できると私は思っております。
40歳以下の方は山崎製パンの例ではないですが、まずは自分に合った仕事かどうかを判断して転職の有無を検討されては如何でしょうか?

■■■

※もっと詳しく知りたい方はコチラの記事が参考になります。

👇

転職理由でやりがいを感じられない人は自分に対する後押しが必要です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記のとおり仕事を辞めたいのに自身がなく転職できなくてお悩みの方向けに、経験則によるアドバイスをさせていただきました。ご参考にしていただければ幸いでございます (^_-)-☆

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

★じつは転職に勇気は必要でない理由と解決策が下記の記事より理解できます
         ↓

さっさと転職するには退職代行サービス35,000円がおススメ

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

 

★不動産業界で稼ぎたい方は下記の記事を是非お読みください
         ↓

不動産業界へ転職を考え宅建Jobエージェントに登録する方は必読



━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

★職場の人間関係でお悩みの方はコチラの記事を読んでください
         ↓

職場の人間関係に疲れたら30代迄は退職代行で転職を検討しましょう

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

★自分の適職が見つけられない方は是非お読みください
         ↓

自分の適職がわからないと悩むあなたへ伝えたい言葉

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

★30歳代の転職を成功させる武器を大公開しております
         ↓

中途採用で求められる30代からの転職を成功させる秘訣を教えます

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆





最高の6ヶ月!超実践型プログラミングスクール【.pro】







このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【不動産業界への転職 編】

【記事名】

不動産業界へ転職を考え宅建Jobエージェントに登録する方は必読

【記事名】

不動産業界で働きたい男性におすすめの転職サイト3社の選び方を解説

【記事名】

不動産仲介会社は給料が減って生活が苦しい方におすすめの転職先です

【記事名】

【徹底解説】転職回数が多くても気にしない不動産業界の仕組み!

【記事名】

不動産業界への転職に宅建取引士の資格が有利な理由を教えます

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代 仕事の悩み 編】

【記事名】

職場の人間関係に馴染めず悩む20代と30代!上司ににらまれたら?

【記事名】

上司との関係に悩む20代と30代つまずく壁は必ずまたやってきます

【記事名】

20代~30代サラリーマンの悩みを転職で解決できる「パワハラ編」

【記事名】

転職で解決できた20代から30代サラリーマンの悩み「拘束時間編」

【記事名】

仕事の悩みを抱えて転職するべきか迷う20代と30代の男性女性へ

【記事名】

転職理由 会社の将来性に疑問を感じて不安な20代と30代会社員

【記事名】

転職で解決できた20代サラリーマンの悩み「仕事のやりがい編」

【記事名】

仕事を辞めたいと悩む会社員が知っておくべき事実

【記事名】

吃音症 仕事 最初の言葉につまったときの対処法5選(社会人編)

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代 収入の悩み 編】

【記事名】

転職20代男性、異業種だと年収アップは難しいでしょうか?

【記事名】

20代と30代で転職先を探すなら年収アップを目指してください

【記事名】

転職で解決できた20代から30代の悩み「安い給料編」

【記事名】

手取り15万円の給料でやりくりは難しいので転職するべきか

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「適職」と「天職」と「転職」 編】

【記事名】

20代 30代の転職は気にするな!40代で適職と天職がわかるので

【記事名】

自分の適職がわからないと悩むあなたへ伝えたい言葉

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代からの転職 編】

【記事名】

未経験の職種でキャリアアップ成功するには20代の転職がおすすめ

【記事名】

コロナ禍で会社から突然解雇と言われた!仕事見つからず悩む30代

【記事名】

中途採用で求められる30代からの転職を成功させる秘訣を教えます

【記事名】

転職30代キャリアアップの成功方法を教えます

【記事名】

コロナ禍で厳しい転職を成功させるコツがあります(30代男性向け)

【記事名】

やりたい仕事が見つからないけど転職をしたい30代男性におすすめ

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【40代からの転職 編】

【記事名】

コロナ禍で転職が厳しいのは当たり前!40歳からのキャリア迷子回避

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【転職サイト 編】

【記事名】

20代で異業種へ転職するならリクナビNEXTへ登録がおすすめです

【記事名】

再就職がみつからない20代30代の男性と女性におすすめ転職サイト

【記事名】

介護の仕事探し-介護職 おすすめの求人転職サイト-登録無料

【記事名】

保育士の求人転職サイトおすすめ!無料相談やお祝い金のキャンペーン

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【転職ノウハウ 編】

【記事名】

仕事を辞めたいのに決断できず悩む人へ【転職への近道10選!】

【記事名】

職場の人間関係に疲れたら30代迄は退職代行で転職を検討しましょう

【記事名】

転職準備は何から始めればいい? 最初にやることは何ですか?

【記事名】

転職の面接で聞かれることは何でしょうか

【記事名】

退職願いを出すタイミングと注意点を解説します

【記事名】

上司への退職理由の伝え方を教えます

【記事名】

気兼ねがなくさっさと転職するには退職代行サービスがおススメ

【記事名】

不採用理由がわからない転職活動がうまくいかない30代と40代必読

【記事名】

転職理由でやりがいを感じられない人は自分に対する後押しが必要です

【記事名】

未経験の業界へ転職できるか不安!中途採用は即戦力でないと無理か?

【記事名】

不安しかない30代の転職 面接で答える完璧な志望動機を教えます

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です