今の仕事を続けるべきか?【会社に見切りをつける判断基準5選!】

「今の仕事を続けるべきか?」

会社の将来にぼんやりと不安を感じながら働いている人は多いと思います。


・今の仕事を続けるべきか悩んでいます。

・会社を辞めた方がよい判断を知りたい

・転職が失敗しない方法を知りたい


このようなお悩みを抱えている人は、この記事を最後まで読んでください。

会社に見切りをつける判断基準5選をお届け致します(^_-)-☆

【簡単に自己紹介】

ちなみに著者は某不動産会社の営業部長として現役で働く50歳男性・通称「メタボ父さんです(^_-)-☆」

新卒で金融機関に就職し7年間、融資係を経験した後に1度目の転職で不動産業界に再就職をしました。不動産業界では売買営業マンとして働き、会社や上司に恵まれたおかげで平均的なサラリーマン収入より高い稼ぎが得られて金融機関時代より3倍の年収になりました。

その後、子どもが産まれて子どもの運動会に参加したい等、仕事だけでなくまともな時間が欲しくなり現在の会社に2度目の転職をしました。無我夢中に一生懸命仕事をしているうちに仕事が楽しくなり、40歳を超えたあたりで人生哲学ができて現在の仕事を適職と思えるようになりました。


それでは、2回の転職経験者でもあり、会社で採用側の立場でもある私より会社に見切りをつける判断基準5選をお届け致します(^_-)-☆

1:勤務先の業界は将来性がありますか?

時代の変化は激しいです。最近で言うとコロナ禍によるリモートワークで会社の事務所が不要になったりして、昭和生まれの人には家で仕事をするなんて信じられない時代となりましたね!ちょっと前は「36協定」「働き方改革」と人々のワーク・ライフ・バランスが重要視される時代が到来しました。サービス残業も減り、ブラック企業と言われた会社が体質改善し働き手にとって良い時代になりました。とは言え、日本はインフレが加速して物価高で生活しづらいくせに給料は上がらず・・・将来に不安を抱えている会社員は多いと思います。

AI(人工知能)普及時代です。
AI(人工知能)により、生き残る仕事や淘汰される仕事がでてくると言われております。確かにそのとおりですが、いつの時代でもある話なんですよね。例えば平成10年頃の話です。私の知り合いが、カセットテープを作っている会社から転職をしました。CDコンポの時代にカセットテープが売れないことは誰でもわかる時代で、身内など転職を反対する人はいなかったそうです。

同じように業界の将来に不安を感じて感じて転職した友人の例を挙げると


・ボウリングのボウルを作っている会社から転職をした友人

・望遠鏡を作る会社から転職をした友人

・スキーショップから転職をした友人


このように、昭和時代に流行った望遠鏡が売れなくなったり、平成7年頃まで続いたスキーブームが終わり、ショップやスキー客に頼っていたペンションオーナーなど時代と共に将来的に淘汰されるのは仕方がないことなんです。

働いている会社の将来に不安があり転職を検討している方は是非、コロナ禍の短期的な影響だけでなく、その業界が将来どうなっていくかを冷静に判断してみてください。

 

2:年齢にあった平均給料をもらっていますか?

日本人は何でも「平均値」が好きと言われます。人と変わらない方が安心するのも確かですよね?皆さんは自分がもらっている給料が業界平均と比べて妥当か、年齢的に平均金額の給料であるかを調べたことありますか?
もしも調べたことがない方は、ネット検索で総務省統計局より調べられるので閲覧してみてください。特に働いている会社の将来に不安があり転職を検討している方は調べてください。何故かと言うと、現在の時代にマッチしていない業種や職種ですと会社自体で利益を出せているケースが少なく、決して高い給料をもらっていない場合が殆どです。

例えば、私の知り合いがボウリングのボウルを卸す会社に勤めていましたが転職をしました。確か勤続で20年は勤めていたはずですが、殆ど給料が右肩上がりの曲線を招いてあがる訳でもなく、厚生労働省が発表している賃金値上げ率でもある平均の給与2%(年収400万円なら400万円×1.02=408万円)の平均レベルの給与アップもされていない状況と知人からは聞きました。

■■■

※給料が安くて将来に不安を感じている人は沢山いると思います
★転職で解決できた「安い給料編」の記事です
       ↓

【決断は今だ!】転職すればよかったと後悔しない生き方「安給料編」

 

※手取り15万円の給料で今の生活と将来が不安の方向け記事です
★手取り15万円の給料でやりくりは難しいので転職するべきか
       ↓

【驚愕!転職決断の時】手取り15万円の給料は生活保護費と大して変わらない?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3:キャリア成長が見込める会社でしょうか?

コロナ禍に負けず、キャリアアップを考えている前向きな人もいると思います。
キャリアアップ転職とは、現在働いている仕事を高度の専門分野としながら、知識と経験を積み重ねたうえで、自身のキャリアを創造してそのスキルや経験と知識を転職先で発揮することです。

 

 

当たり前ですが、会社にとって人材は財産なので、経験と知識が豊富な優秀な人材は欲しい訳で転職市場において価値が上がります。キャリアアップの転職を検討している方は、是非とも自分の売り時をじっくり検討してみてください。

というのは、私も新卒で就職した金融機関より不動産業界に1度目の転職をしました。その後、2度目の転職は同じ不動産業界でしたが、会社も規模も知名度もぐーんと落ちる会社に転職をしました。そのおかげで小さな会社で重宝されて営業課長、営業部長、そして時期社長候補に任命されるまでになりました。
キャリアアップの転職は会社の規模が大きくなっていくだけでなく、逆のパターンの方が成功する確率が高い場合があります。

キャリアアップをしたいと思う気持ちは、今現在勤めている職場環境ではキャリアアップが見込めないから、独立や転職をする行動に人はなると思うので慎重に検討してみてください。

 

 

■■■

※未経験の業界に転職をしてもっとお金を稼ぎたい方向けの記事です
★未経験の職種でキャリアアップ成功するには20代の転職がおすすめ
           ↓

【20代と30代成功への近道】転職がうまくいかないと疲れたらこの方法!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4:会社の社風や風土はあなたに合っていますか?

会社は伝統と社風があります。チーム制を重要視している会社ですと、休日にバーベキュー大会などがあったり和気あいあいも大切にしている会社は沢山あります。逆に休日返上してまで、そのようなイベントに参加したくない人は向かない社風だったりします。ちなみに不動産業界はゴルフ好きが相変わらず多いので休みはゴルフの付き合いだったり、車やサウナ好きが多いです。ひと昔前のイケイケ系は減ってきましたが中小の建設系の会社はまだ体育会系が多い気がします。

大手企業で有名な話では、ホンダ技研工業株式会社が飲み会が少ない会社で、プライベートのライフワークを優先できる会社と聞いたことがあります。技術系の会社やIT企業はこのような社風が多い気がしますね!他にも私の知り合いの数名がリクルート社の出身ですが、リクルート社を退職した後も、同期とのつながりが深い社風でリクルート魂というか結束が高いですよね。

このように会社には社風や風土があります。そこに勤める人にとっては社風や風土が合うと合わないでは、やはり働きがいやストレス度合いも全然違ってくると思います。

働いている会社の将来に不安があり、転職を検討している方は是非とも、今勤めている会社の社風や風土で定年まで働ける自信があるかをもう一度考えてみるのもいいでしょう!

 


※転職サイトで求人が見つからない人はDODAの非公開求人を見逃しているかもしれません

※DODAは80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。

5:定年後を見据えて転職を考えましょう

故・安部晋三(元総理)が、いわゆる50年後も人口1億人を目指した「一億総括社会」の改革を進めた結果、高齢者が活躍できる場が増えて、定年が65歳の時代になりました。また、人々の生活や食生活においても健康意識が高まっており、医療の進歩も重なり人生100年時代の到来です。

考えてみてください。謙遜して男性の平均寿命の80歳まで生きれるとしたら、65歳まで仕事をして退職しても80歳まで15年も時間があります。15年生きるお金を残さないといけません。そして一番大事なことは、定年退職した後も幸せな老後生活を十数年送れるように人生設計をする必要があります。それこそ人生100年で考えたら65歳で退職しても35年間も残りの人生があるのです。

【空き家バンクをご存知ですか?】

地方の町役場のホームページを見ると「空き家バンク」のページがあります。総務省の土地統計調査によれば、空き家の総数は800万戸を超え増加し続けております。ただ・・・地方から離れて住んでいる子どもたちが、そのような家に住むことはなく、また管理もしないので廃屋化して火災の危険があったり、美化問題など全国的に空き家問題が取り上げられております。勿論、国も放置している訳でなく、空き家を取り壊せば3,000万円の譲渡税特別控除が使える意とか、空き家バンクなどで市町村が、田舎暮らしをしたい人向けに誘致活動をしています。

不動産会社で働いていると「田舎暮らし」「スローライフ」を考えている人は結構沢山います。年齢は40代~60代が多くて、定年した人だけでなく、現役で働いている人や、独身男性に多いのが早期退職金をもらって余生を楽しんで暮らしたい人が別荘や古民家を買って暮らしています。最初の2~3年は旅行や趣味をやり尽くし、その後は週末だけ汗をかいて働きたくなる方が多いですね(^_-)-☆


「要するに色々な生き方ができる時代です。定年退職後を想像しながら、今の会社に居続けてよいか?転職しようか?など考えてみてください」

老後は想像しにくいものですが、35歳の今から55歳までの20年間は子どもの教育資金など家族を養うために経済面を優先して働き、転職をして給与アップを目指す。そして、子どもが自立する55歳以降は自分らしく生きたいので早期退職をして故郷に戻り「自給自足の田舎暮らしを実現する」など、働いている会社の将来に不安があっても定年退職後の人生設計まで想定したうえで転職をする心構えが必要なのかもしれません。


(下記はオススメの無料転職サイトです)

【リクナビNEXTの特徴】
・毎週2.6万人以上が新規登録
・実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用していると言われている
・リクナビNEXTだけしかない限定の求人が多い
・スカウト登録すると企業や転職エージェントから直接オファーが届くこと
・リクルート独自のノウハウを開発した本格診断サービスが受けられて自己分析ができる

【不動産会社営業部長の私がリクナビNEXTをおすすめする理由】
・決して安くはないリクナビNEXTの広告掲載料を払う体力のある不動産会社であること
・不動産業界内でも信頼性が高い企業が募集している割合が高いこと

【リクナビnextに無料登録する公式サイトコチラ】

【関連記事】
※再就職の際に案件が多いリクナビnextに無料登録するはおすすめです (^_-)-☆
【記事名】

【初心者でも安心】失敗しない転職サイトはリクナビNEXTへの無料登録がオススメ

※転職サイトで求人が見つからない人はDODAの非公開求人を見逃しているかもしれません

【DODAは80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です】


不動産会社に転職をしたい人は、特化したサイト「宅建jobエージェント」に無料登録をすることをおすすめします。やはりこれだけ情報サイト過多の状況からより良い給与条件や自分に合った待遇の会社をみつけだすためには運営側が不動産業種など特定の業種に絞ったサイトは登録しておいた方がいいと思います。


【宅建jobエージェントの特徴】
・不動産業界に特化したサイトであること
・不動産業界に精通したプロのアドバイザーのサポートが受けられること
・未公開の求人を多数もっていること
・不動産業界未経験者が利用しやすかったとの評判口コミがあること

【不動産会社営業部長の私が宅建jobエージェントをおすすめする理由】
・不動産業界内でも信頼性が高い企業が募集していること

不動産業界で働きたい場合は「リクナビNEXT」と「宅建jobエージェント」
の2サイトは必ず無料なので登録することをおすすめします。
この2サイトだけでも充分な求人情報を見て比較検討できますし、あなたが将来働く会社の情報がつまっているはずです。

【宅建jobエージェントに無料登録する公式サイトコチラ】

【関連記事】
※ちなみに宅建jobエージェントを詳しく知りたい方はコチラの記事をお読みください!
【記事名】

宅建Jobエージェントに登録する方は必読!【不動産営業部長が教える業界の仕組み】


20代で異業種へ転職するならリクナビNEXTへ登録がおすすめです

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】





 



このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【不動産業界への転職 編】

【記事名】

不動産業界へ転職を考え宅建Jobエージェントに登録する方は必読

【記事名】

不動産業界で働きたい男性におすすめの転職サイト3社の選び方を解説

【記事名】

不動産仲介会社は給料が減って生活が苦しい方におすすめの転職先です

【記事名】

【徹底解説】転職回数が多くても気にしない不動産業界の仕組み!

【記事名】

不動産業界への転職に宅建取引士の資格が有利な理由を教えます

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代 仕事の悩み 編】

【記事名】

職場の人間関係に馴染めず悩む20代と30代!上司ににらまれたら?

【記事名】

上司との関係に悩む20代と30代つまずく壁は必ずまたやってきます

【記事名】

20代~30代サラリーマンの悩みを転職で解決できる「パワハラ編」

【記事名】

転職で解決できた20代から30代サラリーマンの悩み「拘束時間編」

【記事名】

仕事の悩みを抱えて転職するべきか迷う20代と30代の男性女性へ

【記事名】

転職理由 会社の将来性に疑問を感じて不安な20代と30代会社員

【記事名】

転職で解決できた20代サラリーマンの悩み「仕事のやりがい編」

【記事名】

仕事を辞めたいと悩む会社員が知っておくべき事実

【記事名】

吃音症 仕事 最初の言葉につまったときの対処法5選(社会人編)

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代 収入の悩み 編】

【記事名】

【年収アップのヒント!】賢い選択は20代に異業種へ転職すること

【記事名】

20代と30代で転職先を探すなら年収アップを目指してください

【記事名】

転職で解決できた20代から30代の悩み「安い給料編」

【記事名】

手取り15万円の給料でやりくりは難しいので転職するべきか

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「適職」と「天職」と「転職」 編】

【記事名】

20代 30代の転職は気にするな!40代で適職と天職がわかるので

【記事名】

自分の適職がわからないと悩むあなたへ伝えたい言葉

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代からの転職 編】

【記事名】

未経験の職種でキャリアアップ成功するには20代の転職がおすすめ

【記事名】

コロナ禍で会社から突然解雇と言われた!仕事見つからず悩む30代

【記事名】

中途採用で求められる30代からの転職を成功させる秘訣を教えます

【記事名】

転職30代キャリアアップの成功方法を教えます

【記事名】

コロナ禍で厳しい転職を成功させるコツがあります(30代男性向け)

【記事名】

やりたい仕事が見つからないけど転職をしたい30代男性におすすめ

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【40代からの転職 編】

【記事名】

コロナ禍で転職が厳しいのは当たり前!40歳からのキャリア迷子回避

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【転職サイト 編】

【記事名】

20代で異業種へ転職するならリクナビNEXTへ登録がおすすめです

【記事名】

再就職がみつからない20代30代の男性と女性におすすめ転職サイト

【記事名】

介護の仕事探し-介護職 おすすめの求人転職サイト-登録無料

【記事名】

保育士の求人転職サイトおすすめ!無料相談やお祝い金のキャンペーン

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【転職ノウハウ 編】

【記事名】

仕事を辞めたいのに決断できず悩む人へ【転職への近道10選!】

【記事名】

職場の人間関係に疲れたら30代迄は退職代行で転職を検討しましょう

【記事名】

転職準備は何から始めればいい? 最初にやることは何ですか?

【記事名】

転職の面接で聞かれることは何でしょうか

【記事名】

退職願いを出すタイミングと注意点を解説します

【記事名】

上司への退職理由の伝え方を教えます

【記事名】

気兼ねがなくさっさと転職するには退職代行サービスがおススメ

【記事名】

不採用理由がわからない転職活動がうまくいかない30代と40代必読

【記事名】

転職理由でやりがいを感じられない人は自分に対する後押しが必要です

【記事名】

未経験の業界へ転職できるか不安!中途採用は即戦力でないと無理か?

【記事名】

不安しかない30代の転職 面接で答える完璧な志望動機を教えます

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です