【転職20代男性】異業種だと年収アップは難しいでしょうか?

 

 

こんばんは、メタボ父さんです (^_-)-☆

今日は【社会人として経験スキルや実績がない20代男性が、今の職業とは違う異業種に転職しても年収をアップすることが可能か?】をテーマに記事を書いてます。

ちなみに、私も金融機関から異業種の不動産業界に転職をした結果、年収アップを実現し、現在も現役の不動産部門の営業部長として働いているので少し耳を傾けてもらえると嬉しいです。

この記事は分程度で読み終えるように書くようにします。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

【結論、この記事で読者さんにお伝えしたいことはコチラです】

● 20代で異業種に転職するから年収がアップできる!

● 大手企業にこだわるな!中小零細で中心人物を目指せ

● AIで衰退していく職種を見極めていこう!

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

それでは本日のテーマを深堀りしていきたいと思います。

(私自身の信用性という意味で簡単に自己紹介をさせていただきます。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

50歳になった私、メタボ父さんは今の仕事を適職と思えるようになりました。

新卒で金融機関に就職をして社会人としてスタートしたけど、お金をもっと稼ぎたかったし、直属の融資課長くらいが自分の出世の限界だと予想もでき、合わない社風に明るい未来が見えず、6年勤めたあとに不動産会社へ転職をしました。

異業種の不動産会社に転職をして金融機関時代より、もっと忙しく死ぬほど働きました。おかげさまで年収も前職より3倍にアップしましたし、マイホームも買うことができました。

でも人間ってどこまでも我がままなんですよね。

お金を稼ぎたくて転職をしたのに、稼げるようになって結婚をし子どもが生まれると「幼稚園の運動会に行きたい」「学校の授業参観に行きたい」「休みに子どもとの時間をとりたい」など思うようになり同じ、不動産業界へ2回目の転職をしました。

2回目で転職をした不動産会社では前職の不動産会社のように一般的なサラリーマン以上の稼ぎはなかったけど、家族との時間も優先できるし、地域に密着した企業で地域貢献など「仕事のやりがい」「公共性」などの充足感が満たされました。

40代で会社の次期社長に指名されました。

先の寿命が読めない大病をしたため、会社の役員にとどまり重圧のかかる社長は断り今に至ります。

つくづく思うのです。

まず、石の上にも3年、3年間は働いた方がいいと思います。だって読者さんも学生時代とか思いかえしてください。きっと部活動やバイト先でも3年その居場所にいたら、けっこうわかってくるじゃないですか?

それでも明るい未来が見えなければ転職していいと思うのです。(20・30代)

そして自分の器に合った会社で働き中心人物になった方が楽しいです。私がまさにそのパターンで会社の規模は小さくても、大手とさほど変わらない給料なのに時間は融通効くし、職位もあがっていくなど仕事がますます楽しくなります。

40歳の後半になると人って人間性が変わらない=人間力が向上して人生哲学ができてきます。

そして、仕事を「天職」または「適職」と思えるようになってくるはずです。

私は自分が働く「不動産業」についてどう思っているかと言うと、音楽が好きな人が音大を卒業して大手の楽器メーカーで働いた後に音楽講師をしながら自分の音楽教室を開くように「天職」と思える仕事になったなどのイメージとは違い「天職」だとは思えなかったですが「適職」だと思えるようになりました。

そして、大手保険会社のようにマイホームを買ったら忠誠心を図るような「踏み絵」のごとく転勤をさせられたり・・・・・

【会社に人生の主導権を奪われすぎてない?】

と会社に自分の大事な人生のかじ取りをされるのは絶対嫌だと思っております。

そして今は毎日を明るく楽しく、一日生きれることに感謝しながら家族と幸せに過ごせております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1:20代で転職する場合、異業種でも年収アップ可能です

20代で転職する理由は給与に不満があり転職するケースが多いです。
美容室で人気がある美容員が給与アップを目的で移籍するような同業種への転職はキャリアアップといい理想的な転職です。「よく手に職があればいいね」と言いますが本当にそう思います。
一方で日産とか車のディーラーの整備工場で働いている人が社内人事で車を売る営業マンに移動になるケースのような場合、給与アップを求めて他のメーカーに転職するケースも結構あるパターンです。何となく今の仕事に関係する職種を生かしながらの転職ですね。また未経験OKのように佐川急便のドライバーが不動産営業マンに転職する等も多いケースです。
全ての業種や職種にあてはまるとは言い切れませんが、35歳以上になると同業種へのキャリアアップ転職でなければ給与アップの転職先は限られてきます。例えば事務職の人が佐川急便のドライバーに転職するとか、逆に佐川急便のドライバーが不動産会社の営業マンに転職するなどです。
ところが20代は経験も実力も不足で実績が少ない年代なので、例え異業種への転職だとしても充分にチャンスがあります。私自身も新卒で入社した金融機関より不動産会社に転職をして収入が3倍になりました。

■■■

※ちなみに私が不動産業界に転職をして収入が3倍になった記事はコチラです!

★不動産業界でガッチリ稼ぎたい方は下記の記事を是非お読みください
         ↓
動産業界へ転職を考え宅建Jobエージェントに登録する方は必読

【宅建jobエージェントに無料登録する公式サイトコチラ】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

よく「キャリアアップを目指せ」とか言われるけど、50歳になって社会を見渡しているとキャリアアップで成功している人は稀だと思います。クライアントの企業や知り合いや見聞で周りを見ていると、同業種へ転職するたびにその人の価値が落ち年収も下がっていくような気がしております。逆に美容院で指名が多い人気美容師にはなれなくて引き抜きのキャリアアップもできず、雇われ店長から顧客を引き連れて独立ができないような美容師が低い年収で家族を養えず、お金欲しさだけのために不動産会社に転職をして年収1000万円を超えることができたなど、じつは異業種への転職で輸入アップをしている事例の方が多いはずです。

■■■

※じつは、年収アップができる転職のパターンは決まっています。

★詳しくはコチラの記事を是非お読みください
         ↓

20代と30代で転職先を探すなら年収アップを目指してください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2:会社のメインである仕事の職種が年収アップのポイントです

企業選びで見逃しがちな転職にとって重要な考えの一つをお伝え致します。
それは転職先候補の会社にとって何がメインの仕事として運営しているかを見極めることです。
例えば昔の話ではありますが、神奈川県にあった某会社で建築関係の会社に知り合い2名が偶然にも見事に同じ会社に転職をしました。バンバン広告も打ち出している会社のイメージとしては、住宅の建築がメインに思われがちの会社でしたが、元々外壁塗装がメインの会社が建築まで手掛けるようになったので会社の安定収入という面では外壁塗装の部門があるからこそ安定した企業運営でできているような会社でした。逆を言えば建築部門ができたことで企業の規模は大きくなったけど、銀行の借金は増えたので運転資金とかお金に忙しい体質の会社になっていました。
私の知り合い2名に話を戻しますと、1名の若者は私の地元にある塗装会社で塗装職人をしており結婚をしたばかりでお金を欲しがっていました。地元の零細塗装会社だったので、会社の社長から仕事もとる営業もするように言われて自転車で屋根を見て回り飛び込み営業もさせられたうえ給料も上がらないのでストレスの限界を迎えた状況でした。正直、塗装業界は独立するにしてもハードルが高い訳でもないので、若い彼には将来の独立も見据えて、若者の地元である神奈川県のその某会社に転職をして結婚したての今は給与アップするから独立資金を貯めながら、ペンキ屋の卸問屋やペンキメーカーとかのルート人脈づくりの目的で塗装職人への転職を勧めました。ちなみに今では社員17名を抱える立派な塗装会社の社長になっております。もう一人の知人は当時で30歳を超えておりました。確か35~6歳くらいだったかな?
ある某大手飲料水のルート営業でしたが、その彼も結婚をして数年でお金を稼ぎたく、転職情報誌で得たその神奈川県にある某建築会社の営業マンに転職をするか悩んでおりました。募集要項の給与や待遇を見させてもらい私は反対をしました。と言うのは彼は建築関係の仕事は異業種で初めてでもありました。
未経験で転職することに反対した訳ではなく、その建築会社の知り合い社員から内情は聞いていたので、建築を獲得する営業マンは歩合使い捨ての傾向であり、35歳前後の妻帯者である彼にとっては挑戦だからです。まぁ、転職じたいは挑戦なので大いに結構なのですが、その某建築会社の募集要項に建築獲得の営業マン募集だけでなく塗装獲得の営業マンも募集していたので私はそちらを勧めました。何故なら、塗装獲得の営業はその会社の不動産部からの塗装相談やホームページ集客から集客できているので、新規顧客を獲得するというイメージより会社が集客したお客様へのアプローチから開始する営業であり。会社運営のメインでもある塗装部門で頑張ればよい転職になると思ったからです。結果、その彼もその会社の塗装部門に転職をして今ではお付き合いないので詳しくはわかりませんが、その会社の知り合いから聞くには元気で働いているそうです。
転職は転職した直後だけでなく数年先まで見据えたいものです。転職理由が給与アップ目的であれば転職直後にアップするだけでなく、その後は給与があがるのかを頑張って情報収集した方がいいです。
転職目的が自分の時間を大切にしたいなら、その会社を夜偵察して残業状況はどうかなども情報収集してもいいと思います。そして大切なことはその会社のメインの仕事に携われることが転職先で中心人物として活躍できる可能性が広がり将来の安定につながるということです。

3:これから成長する業界へ転職することが年収アップの鍵です

転職は自身のキャリアと可能性が市場価値として評価を受けられるかになります。
また自分では変えることのできない世間の流れを読み取ることも大事ですよね。
本日のテーマは「転職20代男性、異業種だと年収アップは難しいでしょうか?」
その答えは「転職20代男性、異業種でも年収アップは可能です!」
しかし、つきつめて考えれば仕事は長期戦略ですからこれからの時代も考えるべきでしょう。
ひとつは、おそらく今後もなくならない商品や職業。例えばお酒。人類は古代よりお酒をたしなんでおり、酒といおう商品にかかわる仕事は続けられる可能性があります。一方でこれからの時代の流れから考えますと大きなポイントはAI時代を見据えることが重要です!
世の中は仕事をロボット化に変えようとしております。機械なので正確で仕事の効率化を図ることで生産性もあがり人件費の固定給を減らすことも可能です。よってAI時代の流れを読み取り努力している会社で働くこと年収アップにつながる可能性は高いですね。逆を言えば工場のライン(ベルトコンベアー)のように黙々と働くような仕事の場合、AI導入する傾向にあるので作業社員減らしの流れは止めることはできません。単純作業はロボットの方が正確で疲れないし作業も早いからです。
顕著な例がガソリンスタンドですね。ここ数年の話で人が減りセルフスタンドが急激に復旧しました。
ガソリンスタンドの儲けの仕組みはじつはガソリンを売ることでは儲け幅は少なく、スタンドにきたついでに行い修理とか、冬の石油をトラックで売る販売やルート配達によるガソリン販売が儲けになります。
このようにガソリンスタンドだけでなく、ホテルの受付や商店街のレジも自動化してきておりAI時代は既にやってきているのです。
一方でAI時代になったとしてもほぼ関係ない仕事もあります。保育園・幼稚園・小学校など学校の先生や医療従事者や弁護士など人相手の仕事です。このように世間の流れを把握したうえで転職活動をしてもらいたいと思います。特に20代の転職は給料が横並びで将来の可能性まで考えると判断が難しいと思います。40代の私がアドバイスできるとしましたら、将来の生き方を想像してみてください。転職に通じるヒントがでてくるはずです。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

【リクナビNEXTへの登録はコチラです】

          👇


 

※転職サイトで求人が見つからない人はDODAの非公開求人を見逃しているかもしれません

【DODAは80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です】



このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【不動産業界への転職 編】

【記事名】

不動産業界へ転職を考え宅建Jobエージェントに登録する方は必読

【記事名】

不動産業界で働きたい男性におすすめの転職サイト3社の選び方を解説

【記事名】

不動産仲介会社は給料が減って生活が苦しい方におすすめの転職先です

【記事名】

【徹底解説】転職回数が多くても気にしない不動産業界の仕組み!

【記事名】

不動産業界への転職に宅建取引士の資格が有利な理由を教えます

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代 仕事の悩み 編】

【記事名】

職場の人間関係に馴染めず悩む20代と30代!上司ににらまれたら?

【記事名】

上司との関係に悩む20代と30代つまずく壁は必ずまたやってきます

【記事名】

20代~30代サラリーマンの悩みを転職で解決できる「パワハラ編」

【記事名】

転職で解決できた20代から30代サラリーマンの悩み「拘束時間編」

【記事名】

仕事の悩みを抱えて転職するべきか迷う20代と30代の男性女性へ

【記事名】

転職理由 会社の将来性に疑問を感じて不安な20代と30代会社員

【記事名】

転職で解決できた20代サラリーマンの悩み「仕事のやりがい編」

【記事名】

仕事を辞めたいと悩む会社員が知っておくべき事実

【記事名】

吃音症 仕事 最初の言葉につまったときの対処法5選(社会人編)

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代 収入の悩み 編】

【記事名】

転職20代男性、異業種だと年収アップは難しいでしょうか?

【記事名】

20代と30代で転職先を探すなら年収アップを目指してください

【記事名】

転職で解決できた20代から30代の悩み「安い給料編」

【記事名】

手取り15万円の給料でやりくりは難しいので転職するべきか

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「適職」と「天職」と「転職」 編】

【記事名】

20代 30代の転職は気にするな!40代で適職と天職がわかるので

【記事名】

自分の適職がわからないと悩むあなたへ伝えたい言葉

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代からの転職 編】

【記事名】

未経験の職種でキャリアアップ成功するには20代の転職がおすすめ

【記事名】

コロナ禍で会社から突然解雇と言われた!仕事見つからず悩む30代

【記事名】

中途採用で求められる30代からの転職を成功させる秘訣を教えます

【記事名】

転職30代キャリアアップの成功方法を教えます

【記事名】

コロナ禍で厳しい転職を成功させるコツがあります(30代男性向け)

【記事名】

やりたい仕事が見つからないけど転職をしたい30代男性におすすめ

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【40代からの転職 編】

【記事名】

コロナ禍で転職が厳しいのは当たり前!40歳からのキャリア迷子回避

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【転職サイト 編】

【記事名】

20代で異業種へ転職するならリクナビNEXTへ登録がおすすめです

【記事名】

再就職がみつからない20代30代の男性と女性におすすめ転職サイト

【記事名】

介護の仕事探し-介護職 おすすめの求人転職サイト-登録無料

【記事名】

保育士の求人転職サイトおすすめ!無料相談やお祝い金のキャンペーン

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【転職ノウハウ 編】

【記事名】

仕事を辞めたいのに決断できず悩む人へ【転職への近道10選!】

【記事名】

職場の人間関係に疲れたら30代迄は退職代行で転職を検討しましょう

【記事名】

転職準備は何から始めればいい? 最初にやることは何ですか?

【記事名】

転職の面接で聞かれることは何でしょうか

【記事名】

退職願いを出すタイミングと注意点を解説します

【記事名】

上司への退職理由の伝え方を教えます

【記事名】

気兼ねがなくさっさと転職するには退職代行サービスがおススメ

【記事名】

不採用理由がわからない転職活動がうまくいかない30代と40代必読

【記事名】

転職理由でやりがいを感じられない人は自分に対する後押しが必要です

【記事名】

未経験の業界へ転職できるか不安!中途採用は即戦力でないと無理か?

【記事名】

不安しかない30代の転職 面接で答える完璧な志望動機を教えます

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です