【20代と30代成功への近道】転職がうまくいかないと疲れたらこの方法!

転職を考えているんだけど。。。。決断できない

転職がうまくいかなくて。。。。悩んでいる!疲れた!


著者も2回、転職しているのでその気持ちよ~くわかります (^_-)-☆

正直、人それぞれ転職したい事情が違うように、うまくいかなくて悩む理由はいくらでもあります。石橋を叩いて渡るような性格の私なんて、転職先の業界を決めるだけで1年半かかったんですよ(苦笑)今思うと、悩んだ時間だけ勿体なかったなぁ~と思いますがね!

でもね、退職を考えていると言うことは、「職場の環境になじめない」「上司のパワハラ」「給料が安い」「仕事がつまらない」「この業界で一生働く自信がない」「明るい未来が想像できない」など悩んでいるから心も身体も疲れ切っているのですよね? だからやっぱり、転職って大変なんですよ!

転職って「決断と覚悟」が必要なんですよ!

ところが、最初の一歩で挫折してしまうケースが非常に多い気がします。著者が思うところ、転職には方程式のように成功のパターンがあり、それがわかるだけで転職への決断と覚悟ができると思います。例えば今日は下記の転職パターンを話したいと思います。


◆ 20代~30代前半で未経験の異業種に転職(一回目転職)

◆30代後半~40代前半でキャリアアップ転職(二回目転職)

◆40代半ば~50代を幸せに暮らす


こんな「成功する転職のパターン」を話すので著者の素性を簡単に話します。

改めまして通称、メタボ父さんです (^_-)-☆

私は新卒で金融機関に就職をし社会人としてスタートしました。ただ、どうしても金融の仕事を好きになれず、また上司のパワハラに悩み、極めつけは「こんなに働かされるのならもっとお金を稼ぎたい」と思って不動産会社に転職をしました。その結果、年収は2~3倍アップしました。でも転職した不動産会社は金融機関よりもっと忙しく、もっとパワハラが横行してました(苦笑)

ところが不思議なもので、お金を稼ぐと「仕事だから辛いのは仕方がないじゃん」とか思えてくるのですよね(笑)実際、結婚をすると子どもの学費が足りないとか揉め事の原因はお金に絡むことが殆どです。だからお金に困らないと不安やいさかいが減ります。

あと、一般的に世の中って年収が上がると忙しくなります。例えば大企業の社長は数分刻みでスケジュールだし、大学病院で働く医師も休みなく働きづめです!もれなく私も年収が2~3倍になり忙しく働いてましたが・・・人って勝手なものです。子どもが幼稚園や小学校と成長して行事が増えると、今度はお金より家族と触れ合う時間をもっと欲しくなってしまいました!

そこで同じ不動産業界に「キャリアアップの転職」をして、おかげさまで収入は下がったけど年齢にあった平均年収はもらえて、プライベートを楽しめる時間も手に入れることができ、50歳になった今も不動産会社の営業部長として仕事に励み、日々幸せと感じながら家族と過ごしております。

まぁ。。。当たり前だけど幸せや成功って人により違うじゃないですか?私の幼馴染で50歳独身(男性)の話だけど、プログラマーの仕事で通勤途中の渋谷駅が再開発によって地下鉄への乗り換えが5分歩くようになったんですね。それが嫌で転職しちゃいました(笑)しかも給料も下がったんですよ!でも彼にとってはお金より、毎日の通勤で苦痛に感じることが不幸せなんですよね。知り合いの幼馴染にとっては時間を優先した方が幸せなのです。

このように人により勿論「幸せ」や「成功」の定義は違いますが、この2分程度の本記事を読み終えると、転職がうまくいかなくて悩み疲れた人もきっと、その後の明るい未来を想像できワクワクした気持ちになり、さっさと転職できると思います。

 

 

 

 

1:20代はキャリアアップなんて考えるな! 

転職活動をしていると「キャリアチェンジ」とか「キャリアアップ」と言う言葉を聞くようになると思います。


◆キャリアチェンジ➡未経験の業界に転職すること

◆キャリアアップ➡経験済みの業界に転職(独立)すること


転職がうまくいかない人にかぎって、自分には仕事のスキルや人脈がないと考えすぎになっていませんか?

それだと転職活動はうまくいかないのです。とくに20代はキャリアアップの転職なんて考えても意味ないです。だって実力がないのですから(笑)ほら、パテシエのケーキ職人だって、一人前と呼ばれるまで何年もかかるじゃないですか。塗装職人や大工、美容師などの技術職に限らず、営業職だってその業界の中で専門的豊富な知識や経験、そして人脈は40代をすぎて身につくものです。仮に今働く同じ業界に転職をする場合でも、20代~30代前半の年齢であれば、キャリアアップが認められると言うより、新卒や第二新卒と一緒でポテンシャル(潜在能力)を期待してか即戦力としての採用なはずです。要するに働き盛りの35歳~40代前半までに経験を積んで活躍してほしいということです。

20数年前に私が転職活動をしていた頃から、35歳までが転職できる年齢の限界と言われてましたね。求人の募集要項も【35歳まで】の条件が多かったです。

キャリアアップという言葉の定義を考えてみましょう! キャリアアップとは現在働いている業界の仕事を、高度な専門分野として知識と経験を積み重ねたうえで自身のキャリアを創造することです。企業にとって人材は財産なので、経験と知識が豊富な優秀な人材は欲しい訳で転職市場において価値が上がります。逆に言うと20代はその価値が低いとも言えます。だからキャリア(経歴)なんて気にせず転職活動をしたらいいのです。

 

 

■■■

年収アップをするためには異業種に転職をした方が有利です!

【年収アップのヒント!】賢い選択は20代に異業種へ転職すること

2:20代は未経験の仕事に転職してもよい

未経験の業界に転職することをキャリアチェンジと言います。私は20代で金融機関から不動産業にキャリアチェンジで転職をして、30代で同業種の不動産業界にキャリアアップで転職をしました。


(1度目の転職)
・金融機関で➡未経験で異業種の不動産業へ転職
・退職理由➡お金が稼ぎたい、上司からのパワハラ
・収入➡2~3倍に増えた
・時間➡休みが激減した
・満足➡お金が稼げていたので満足

 

(2度目の転職)
・不動業➡同業種の不動産業へ転職して現在に至る
・退職理由➡休みが欲しくなった
・収入➡下がったが平均年齢の給与はある
・時間➡休みがとりやすくなった
・満足➡40歳ころから仕事が楽しくなった


20代の美容師が、他の店に転職をしてもトップ美容師でなければ大幅に給料がアップすることはないです。10年以上、美容師として同じ店で勤めて顧客を引き連れて独立したり、多店舗に引き抜かれるキャリアアップの年齢は35歳くらいからです。だからキャリアアップの時期(35歳~40歳前半)まで時間がある20代の方は、異業種に転職をしても間に合うと思います。

■■■

ちなみに未経験の仕事に転職をした方が年収があがります。転職した人10人に4人は年収がアップをしているのをご存知でしょうか?詳しくはコチラの記事を!

【なんと10人に4人が年収アップ!】転職の成功パターンを覚えよう

 

 

 

3:仕事はステップアップを考えよう!

誰もが想像がつく当たり前の話で申し訳ないのだけど、仕事ができるようになったり楽しく感じるまでは積み重ね(ステップアップ)が必要なんですよ。私は20代で新卒入社をした金融機関を退職して20代後半に異業種の不動産業に転職しました。その後、同業種の不動産にステップアップ(キャリアアップ)の転職をして現在に至ります。

仮に料理人のようにスキルアップを繰り返す料理人だって仕事はステップアップの積み重ねです。同級生知り合いのフランス料理人がいます。フランス料理人に憧れて海外で修行をして、日本のホテルで働きはじめました。ホテルの調理場はチーム制なの中々、海外で覚えたスキルを発揮できません。それでもホテルで覚える日本仕込みの調理方法はとても勉強になったとは言ってました。ところが勤めて3年過ぎた頃に将来への展望が見えず不安になったようで、仕事のスキルアップはできたとしても、海外修行やホテルで身につけたキャリアを今後生かせる環境が欲しくなったそうです。そこでホテルとは違い小さな店ではありますが、仕入れからメニュー作成まで任せてくれるオーナー(出資者)と知り合い、そのオーナー(出資者)要請により、キャリアアップの転職を図り、有名ホテルから青山にある小さなフランス料理店へ雇われではありますが、一国一城の主として満足できる仕事ができ幸せだということです。要するに満足した収入と心の安定を手に入れることができたのですね。

満足できる収入や心の安定(拘束時間、休暇、自分的な人生を送れる)を得ることために、キャリアアップによるステップアップ転職で実現できる可能性があります。一度目の転職先で管理職など職位が上がって給料がアップしても、期待値以上の給与アップや職位を得ることは結構難しいです。そこで私の選択した方法は二回目の転職で会社の規模を小さくすることでした。どの職場でもお山の大将になれば会社の中心人物になっていきます。キャリアアップのステップアップ転職は、会社の中心人物に近づいていくことです。そうすると満足度があがり仕事を天職や適職と思えてくるようになって、人生そのものが楽しくなります。

キャリアアップをしたい人は、「自分の力をもっと試したい」「収入をアップしたい」「その道のプロとして向上したい」など考えていると思います。

けれども20代の方はとくにもう少し謙虚な姿勢で考えてみてください。キャリアアップを図り社会貢献できるまで時間が必要です。30代だったら「心の安定を手に入れること」も転職の目的に追加してみることをオススメします。何故かと言うと、転職の先は「会社に自分の人生の主導権を握られず幸せに生活できること」だと思うからです。人間って40代後半になると人生哲学が確立されてくるのですよ!

本気で人生を変えたいと思うなら、人より一歩でも早く行動をしてください!

 

■■■

【リクナビnextに無料登録する公式サイトコチラ】

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

※転職サイトで求人が見つからない人はDODAの非公開求人を見逃しているかもしれません

【DODAは80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 



このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です