不採用理由がわからない転職活動がうまくいかない30代と40代必読

 

こんにちは、メタボ父さんです (^_-)-☆

転職活動をしているけど・・・・・・

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

・何でなかなか採用されないのかな?

・転職サイトに登録してうるがオファーがこないのは何故か?

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

想像でも理由がわからないとイライラしますよね?

今日はそのようなお悩みを抱えている方に向けて、実際に採用側のい立ち位置にいる私よりアドバイスをさせていただきます。

ちなみに大上段に構えて言うつもろはないので誤解しないでくださいね (^_-)-☆

じつは私自身が2回転職をしたことで「上司のパワハラ」「安い給料」「長い拘束時間」「サービス残業」などに苦しみから脱却した人生を歩めてたので悩んでいる読者さんにお伝えしたいのです。

おそらくこの記事を読むことで採用になる人の特徴が理解できるので、採用確率があがる可能性が高い効果を期待いただけるかと思います。

 

(ちなみに私自身の信用性という意味で簡単に自己紹介です)

50歳になった私、メタボ父さんは今の仕事を適職と思えるようになりました。

新卒で金融機関に就職をして社会人としてスタートしたけど、お金をもっと稼ぎたかったし、直属の融資課長くらいが自分の出世の限界だと予想もでき、合わない社風に明るい未来が見えず、6年勤めたあとに不動産会社へ転職をしました。

異業種の不動産会社に転職をして金融機関時代より、もっと忙しく死ぬほど働きました。おかげさまで年収も前職より3倍にアップしましたし、マイホームも買うことができました。

でも人間ってどこまでも我がままなんですよね。

お金を稼ぎたくて転職をしたのに、稼げるようになって結婚をし子どもが生まれると「幼稚園の運動会に行きたい」「学校の授業参観に行きたい」「休みに子どもとの時間をとりたい」など思うようになり同じ、不動産業界へ2回目の転職をしました。

2回目で転職をした不動産会社では前職の不動産会社のように一般的なサラリーマン以上の稼ぎはなかったけど、家族との時間も優先できるし、地域に密着した企業で地域貢献など「仕事のやりがい」「公共性」などの充足感が満たされました。

40代で会社の次期社長に指名されました。

先の寿命が読めない大病をしたため、会社の役員にとどまり重圧のかかる社長は断り今に至ります。

つくづく思うのです。

まず、石の上にも3年、3年間は働いた方がいいと思います。だって読者さんも学生時代とか思いかえしてください。きっと部活動やバイト先でも3年その居場所にいたら、けっこうわかってくるじゃないですか?

それでも明るい未来が見えなければ転職していいと思うのです。(20・30代)

そして自分の器に合った会社で働き中心人物になった方が楽しいです。私がまさにそのパターンで会社の規模は小さくても、大手とさほど変わらない給料なのに時間は融通効くし、職位もあがっていくなど仕事がますます楽しくなります。

40歳の後半になると人って人間性が変わらない=人間力が向上して人生哲学ができてきます。

そして、仕事を「天職」または「適職」と思えるようになってくるはずです。

私は自分が働く「不動産業」についてどう思っているかと言うと、音楽が好きな人が音大を卒業して大手の楽器メーカーで働いた後に音楽講師をしながら自分の音楽教室を開くように「天職」と思える仕事になったなどのイメージとは違い「天職」だとは思えなかったですが「適職」だと思えるようになりました。

そして、大手保険会社のようにマイホームを買ったら忠誠心を図るような「踏み絵」のごとく転勤をさせられたり・・・・・

【会社に人生の主導権を奪われすぎてない?】

と会社に自分の大事な人生のかじ取りをされるのは絶対嫌だと思っております。

そして今は毎日を明るく楽しく、一日生きれることに感謝しながら家族と幸せに過ごせております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1:退職理由と志望動機のつじつまが合わない人は不採用

私も面接官をする時は事前に履歴書や採用入力データーに目を通します。
採用とは企業にとって、どんな人物で資格、技術、能力はあるか? どのくらいの期間で活躍できる人材になるか? に興味を抱くわけです。だから履歴書を見ると、この人にはこのような質問をしてみたいと思うものです。つまり履歴書などには自分の特技や長所の質問がくるような記載方法を必ず仕掛けておきましょう!

また、結構なパターンで多いのが「退職理由」と「志望動機」のつじつまが合わないケースです。どういう事かと言うと、例えば弊社には不動産部があります。歩合給がつく営業マンの中途採用をかけた際にある志望者の退職理由は「現在はゲームソフトをつくる会社にいますが、新しい不動産という分野で現在の会社で得た知識と経験を生かしながら御社で不動産営業に挑戦したく応募しました」

大まかにこのような話だった記憶があります。勿論?と質問をし直します。

「では今のゲームソフト機をつくるノウハウが不動産営業の何に生かせるのでしょうか?例えばホームページのWeb制作とか?」 志望者の話が止まりました。残念ながら不採用理由は他にあったのですが、その方の場合は今の会社で働きながら何に対して不満があり退職を考えて、我が社に転職をすることでどのように自分の力を発揮できそうと考えているかが想像できなかったのです。

退職(転職)理由は総じて不満というマイナス感情が中心であるはずなのに、志望者は「今の職場で身につけた●●の知識と技術を御社の●●事業に生かしたく興味を持ちました」と優等生発言をします(笑)

もし退職理由が、ゲームソフト機をつくる仕事は嫌ではなかったのですが正直申し上げますと給与に不満がありました。ただこの業界で私が希望する年収に到達するのはエンジニアという職種では限界があります。それならば異業種ではありますが、未経験でもやる気だけで人生を好転できると広告に唄ってあった不動産売買営業マンという仕事を家族のために挑戦してお金を稼ぎたいと思います。
このように答えてくれた方が、志望者が本気で人生をやりなおしたいのだろうとワクワク期待できます。

2:退職することへ自分自身に後押しできている人は合格

転職を2度3度繰り返すと慣れてくるものですが、初めての転職はホント、人生の一大決心を伴うイベントなので転職先でどうなるかわからないと不安ばかり先行するものです。
ではその不安を和らげるには何が必要かと思いますか?
私が思うに二つあります。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

一つ目は、この理由で退職するのだと腹をくくる決意です。
二つ目は、自分に対する後押しをすることが大事です。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

例えば退職理由は「これだけ働かせられ残業・休日手当さえつかないうえ、安い給与でやっていられない。
まして、今の上司はチームのことより自分の保身のみ考えるので気持ち的についていけない」
このような複合的な不満がある場合、ある人は今の仕事に情熱を熱意を傾けていたのに会社から評価されない不満がたまり職場を転職したい人もいれば、上司含めて職場の雰囲気も人間関係もよくないけど根本的に給料が安いから嫌になった等、本音の部分でこれだけが我が人生で我慢できないことなんだという内容を意識しないと、一大決心をして腹をくくって転職をする気持ちにはなれないと思います。
よく考えてみてください。人材を企業が募集する際に一人当たり60万円~100万円の経費がかかります。

転職サイトなど求人広告にかかる費用も数十万円です。ある私の知り合いの土木会社の社長から聞いた話では外国人労働者を雇う場合、紹介センター(又は人)への経費と住まい賃貸契約金など100万円は絶対かかる費用ですが、外国人の場合、突然失踪するケースも多いのでやりきれないとぼやいておりました。
採用する相手企業がそれでけお金をかけて必死でよい人材を求めている訳なので、採用を志望する方においても、退職についても腹をくくって転職先で頑張るのだとの意気込みが伝わらないと中々採用には至らないと思います。綺麗ごとでなく中途半端な気持ちは履歴書や面談を通すと相手側にはわかるものです。
人間、腹をくくるだけでは怖いものなしにはなれず、自分への後押しをするのも大切です。

例えば、退職を決意したあと上司と仕事のやりとりでうまくいかない場合があったとします。
その場合、私が転職すればもうこの上司との関わりもなくなるのだから相手にしないでおこうとか気持ちを一つ一つ後押ししていきます。この考えがネガティブであれば、もっとポジティブに「小さなことは気にせず環境のせいにもせず、私はお金を稼ぐ新たなステージにいくので退職さうる職場の人間関係なんてもうどうでもいいや」と自分自身をその都度後押しすることも試してみてください (^_-)-☆

3:本気で人生を変えたい気持ちが伝わらないと不採用

会社にとって、または中途採用をかける企業においては個人的な理由はどうでもよくて会社で活躍できる人材を探します。矛盾するようですが、活躍する人材は転職先で本気で仕事に取組む人で、要は人生を本気で変えたいという思いが強い人が活躍する傾向にあります。
不採用が続く方は相手先の企業に小手先だけの転職志望動機と気持ちしか伝わっていないと私は思うのです。じっくり自身を静観しながら、しっかりとした気持ちと本心で履歴書や面接官に今回の転職は人生においての一大決心であるからこそ、本気でこのように思っておりますとの気持ちが伝わる方法を考えてみてください。方法は色々あります。話し方の表情を俳優になったつもりで大げさに演じるのも一つの方法です。演じることは決して悪いことではありません。職場はあなたの舞台なのです。少し大げさに動く方がアピールできと思います。

 

4:大手企業にこだわるより、お山の大将になれるかが大事

「キャリアアップ」「パワハラ」「身体を壊した」などの退職理由でない人の転職は、今の会社で活躍できていないからですよね?語弊あったら恐縮ですが、だったら会社のレベルを落として自分が活躍できるくらいの企業に転職するのも一つの選択だと思います。
そう、お山の大将になるのです!

EPSON MFP image

私自信の経験則と私の周りの転職成功者のイメージで話をします。
(例えば私ごときの経験で恐縮ですが聞いてもらえますか?)
私が通っていた小学校には野球クラブは6チームありました。
当時は今と違い小学生の人数も多かったですし野球人気が一番あった時代です。
私はその野球チームの1チームでキャプテンをしておりました。強さで言うと6チームあるうちの5番目
になる弱小チームです。もし私が一番最強に強いチームに入ってレギュラーを獲れたかはわかりませんが、間違いなく中心選手にはなれなかったはずです。言い方が辺ですが、弱小チームでも中心人物で活躍できた方が自分には満足でした。
社会人になってからもお山の大将の方が人生好転していきました。
新卒で就職した金融機関は知名度がありましたが、私はそこで活躍できることはできなかったです。
でも異業種として転職した不動産会社は不動産業界の中では知名度がある会社でしたが、チーム制の枠が小分けでしたので私には合った職場で活躍できる環境でした。そして現在の会社に2回目の転職をして平成24年に時期社長候補に指名を受ける訳ですが、今の会社は知名度がない会社ですが会社の決算内容はよい会社で中小企業なりの強さの武器と弱さがはっきりしている分、やらなければいけないことが多岐にわたり自由な発想と意見が通りやすい環境が私には合っていました。平成24年に会社の次期社長候補に指名を受けるまでいったので、自分で言うのも何ですがサラリーマン人生としては幸せな部類に入ると思います。転職に関しては転職するたびに会社の規模は小さくなっていきましたが、気持ちの満足度と収入は転職するごとにアップしていきました。このように自分自身が活躍できるフィールドに立つことも重要かと思っております。

5:自己プロデュースは過去の生き方より設計して戦略的にアピールする

本日のテーマである「不採用理由がわからない、転職活動がうまくいかない理由」のまとめに入りたいと思います。
(言葉でまとめますと)
会社を辞めたいと思う気持ち(嫌だと思っていること)を強烈に意識することで退職することに腹をくくれます。腹をくくることで本気で転職先で人生をやり直したいと思います。この本気の感情の流れと葛藤している気持ちが転職先の企業と面接官に伝わればあなたは採用されます。また本気な気持ちになるには自分への後押しが必要です。自分が本気になっている気持ちなので喜んで自分に動きに対して後押ししてあげてください。その積み重ねこそゆるぎない自信へと変わっていきます。
会社の職場はあなたにとっての舞台です。自己プロデュースに長けている人は自分が持っている強みを自分で理解しております。決して嫌らしい話ではなく戦略的でもアピールしていくことは社会人には必要です。アピール方法は色々あります。口が達者でなければ仕事の姿勢をアピールできる手段を考えます。
じつは私がそうで営業統括部長まで職位があがったにも関わらず口が達者ではありません。小さい頃からそうでした。自分の過去を振り返ってみて・・・・省略して高校の野球部時代も最初は目立たない存在ですが地道に努力をしてレギュラーを獲得したり、20歳超えた複数のバイト時代も最初は目立つ存在でないけど真面目な仕事ぶりを評価頂けてバイトの中心に添えてもらった等、昔から真面目にみられるという私の長所と引っ込み思案の性格が故のコツコツ努力する性格が私の武器です。そのようなキャラクターを私自身が認識しているので社会人としてのキャラクターを演じております。
要するに自分のキャラクターは自分自身の過去を振り返るとヒントが見えてくるということです。
くどくなりますが、職場はあなたの舞台です。
転職に関する履歴書も面接も決して恥ずかしがらず一生懸命に自分というキャラクターを演じてみてください。資格や技術力も武器ですがもっと大切な要素は、志望者が本気で働いて人生をやりなおしたいのだという思いが何より転職先にも大事だという事を採用担当は経験則で知っているからです。

 

■■■

【リクナビnextに無料登録する公式サイトコチラ】

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】



※転職サイトで求人が見つからない人はDODAの非公開求人を見逃しているかもしれません

【DODAは80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です】



このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【不動産業界への転職 編】

【記事名】

不動産業界へ転職を考え宅建Jobエージェントに登録する方は必読

【記事名】

不動産業界で働きたい男性におすすめの転職サイト3社の選び方を解説

【記事名】

不動産仲介会社は給料が減って生活が苦しい方におすすめの転職先です

【記事名】

【徹底解説】転職回数が多くても気にしない不動産業界の仕組み!

【記事名】

不動産業界への転職に宅建取引士の資格が有利な理由を教えます

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代 仕事の悩み 編】

【記事名】

職場の人間関係に馴染めず悩む20代と30代!上司ににらまれたら?

【記事名】

上司との関係に悩む20代と30代つまずく壁は必ずまたやってきます

【記事名】

20代~30代サラリーマンの悩みを転職で解決できる「パワハラ編」

【記事名】

転職で解決できた20代から30代サラリーマンの悩み「拘束時間編」

【記事名】

仕事の悩みを抱えて転職するべきか迷う20代と30代の男性女性へ

【記事名】

転職理由 会社の将来性に疑問を感じて不安な20代と30代会社員

【記事名】

転職で解決できた20代サラリーマンの悩み「仕事のやりがい編」

【記事名】

仕事を辞めたいと悩む会社員が知っておくべき事実

【記事名】

吃音症 仕事 最初の言葉につまったときの対処法5選(社会人編)

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代 収入の悩み 編】

【記事名】

転職20代男性、異業種だと年収アップは難しいでしょうか?

【記事名】

20代と30代で転職先を探すなら年収アップを目指してください

【記事名】

転職で解決できた20代から30代の悩み「安い給料編」

【記事名】

手取り15万円の給料でやりくりは難しいので転職するべきか

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「適職」と「天職」と「転職」 編】

【記事名】

20代 30代の転職は気にするな!40代で適職と天職がわかるので

【記事名】

自分の適職がわからないと悩むあなたへ伝えたい言葉

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代からの転職 編】

【記事名】

未経験の職種でキャリアアップ成功するには20代の転職がおすすめ

【記事名】

コロナ禍で会社から突然解雇と言われた!仕事見つからず悩む30代

【記事名】

中途採用で求められる30代からの転職を成功させる秘訣を教えます

【記事名】

転職30代キャリアアップの成功方法を教えます

【記事名】

コロナ禍で厳しい転職を成功させるコツがあります(30代男性向け)

【記事名】

やりたい仕事が見つからないけど転職をしたい30代男性におすすめ

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【40代からの転職 編】

【記事名】

コロナ禍で転職が厳しいのは当たり前!40歳からのキャリア迷子回避

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【転職サイト 編】

【記事名】

20代で異業種へ転職するならリクナビNEXTへ登録がおすすめです

【記事名】

再就職がみつからない20代30代の男性と女性におすすめ転職サイト

【記事名】

介護の仕事探し-介護職 おすすめの求人転職サイト-登録無料

【記事名】

保育士の求人転職サイトおすすめ!無料相談やお祝い金のキャンペーン

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【転職ノウハウ 編】

【記事名】

仕事を辞めたいのに決断できず悩む人へ【転職への近道10選!】

【記事名】

職場の人間関係に疲れたら30代迄は退職代行で転職を検討しましょう

【記事名】

転職準備は何から始めればいい? 最初にやることは何ですか?

【記事名】

転職の面接で聞かれることは何でしょうか

【記事名】

退職願いを出すタイミングと注意点を解説します

【記事名】

上司への退職理由の伝え方を教えます

【記事名】

気兼ねがなくさっさと転職するには退職代行サービスがおススメ

【記事名】

不採用理由がわからない転職活動がうまくいかない30代と40代必読

【記事名】

転職理由でやりがいを感じられない人は自分に対する後押しが必要です

【記事名】

未経験の業界へ転職できるか不安!中途採用は即戦力でないと無理か?

【記事名】

不安しかない30代の転職 面接で答える完璧な志望動機を教えます

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です