転職理由でやりがいを感じられない人は自分に対する後押しが必要です

 

こんばんは、メタボ父さんです (^_-)-☆

「あ~あ、こんな会社できれば早く辞めたいよ」

きっとこのように不満を抱えながら毎日を過ごしている会社員は多いはずです!

とは言え、小中学生の子どもがいるような人に、「だったら、さっさと転職でもしちゃいなさいよ」と気軽に言うのもどうかと思います。

でも、20代や30代の独身や子どもが小学生低学年くらいの人だったら「明るい未来が見えない会社だったら、さっさと転職した方がいいよ」と言いますね。

だって、くよくよストレスをためて働き続けていても「安定した心」「健康」「幸福」「お金」の全てを人生で損していると思うからです。文脈もなく、いきなり人生で損をしているなんて言うと他人事と思われてしまうので私の転職経験談をざっくり聞いてもらえますか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

50歳になった私、メタボ父さんは今の仕事を適職と思えるようになりました。

新卒で金融機関に就職をして社会人としてスタートしたけど、お金をもっと稼ぎたかったし、直属の融資課長くらいが自分の出世の限界だと予想もでき、合わない社風に明るい未来が見えず、6年勤めたあとに不動産会社へ転職をしました。

異業種の不動産会社に転職をして金融機関時代より、もっと忙しく死ぬほど働きました。おかげさまで年収も前職より3倍にアップしましたし、マイホームも買うことができました。

でも人間ってどこまでも我がままなんですよね。

お金を稼ぎたくて転職をしたのに、稼げるようになって結婚をし子どもが生まれると「幼稚園の運動会に行きたい」「学校の授業参観に行きたい」「休みに子どもとの時間をとりたい」など思うようになり同じ、不動産業界へ2回目の転職をしました。

2回目で転職をした不動産会社では前職の不動産会社のように一般的なサラリーマン以上の稼ぎはなかったけど、家族との時間も優先できるし、地域に密着した企業で地域貢献など「仕事のやりがい」「公共性」などの充足感が満たされました。

40代で会社の次期社長に指名されました。

先の寿命が読めない大病をしたため、会社の役員にとどまり重圧のかかる社長は断り今に至ります。

つくづく思うのです。

まず、石の上にも3年、3年間は働いた方がいいと思います。だって読者さんも学生時代とか思いかえしてください。きっと部活動やバイト先でも3年その居場所にいたら、けっこうわかってくるじゃないですか?

それでも明るい未来が見えなければ転職していいと思うのです。(20・30代)

そして自分の器に合った会社で働き中心人物になった方が楽しいです。私がまさにそのパターンで会社の規模は小さくても、大手とさほど変わらない給料なのに時間は融通効くし、職位もあがっていくなど仕事がますます楽しくなります。

40歳の後半になると人って人間性が変わらない=人間力が向上して人生哲学ができてきます。

そして、仕事を「天職」または「適職」と思えるようになってくるはずです。

私の場合、働いている「不動産業」について、音楽が好きな人が音大を卒業して大手の楽器メーカーで働いた後に音楽講師をしながら自分の音楽教室を開くように「天職」と思える仕事とは違い「天職」だとは思えなかったですが「適職」だと思えるようになりました。

そして、大手保険会社のようにマイホームを買ったら忠誠心を図るような「踏み絵」のごとく転勤をさせられたり・・・・・

【会社に人生の主導権を奪われすぎてない?】

という気持ちにはならずに家族と幸せに過ごせております。

冒頭文が長くなりましたが、私が今の会社で入社の面接官をしていて、【この子は今の会社で何が不満なのか?】気になるので質問をしても「御社にやりがいを感じて・・・」とか(笑)、いやいやそんな訳ないでしょうの回答が多いです。

それでも、転職の面接に来る勇気だけでも私は認めてあげたいです。

だって、世の中には転職する勇気のあと一歩を踏み出せない人が沢山いて、もう少し自分への後押しでできたらもっと幸せな人生を送れるのではないか?

このように考えているからです。

本記事は3分程度で読めると思いますが、読み終えた後に、読者の皆さんが一歩でも前進できることを心よりお祈り致します。

 

1:仕事のやりがいを感じられない理由は何ですか?

転職活動をするうえで、転職サイトに登録する際、履歴書の作製をする際、面接する際に必ず聞かれるのが転職(退職)理由です。私も中途採用における会社の面接官として「今の仕事にやりがいを感じられず」と聞くことが多いです。そして当たり前のようにこのように質問します。
Q:「あなたが仕事にやりがいを感じられないのは理由を教えてください?」
この質問をして初めて志望者から「じつは結婚を控えており、頑張りに見合った成果報酬が欲しくなりましたが今の会社の評価システムでは将来に不安があるからです」とか「通勤時間に2時間かかり変則的な勤務体制なので身体を壊して一生働いていく自信がなくなってきました」など色々な理由がでてきます。

そして総じて不満というマイナス感情が中心の退職(転職)理由が殆どなはずなのに、志望者は「今の職場で身につけた●●の知識と技術を御社の●●事業に生かしたく興味を持ちました」と優等生発言をします(笑)
「仕事にやりがいを感じられない」という感情には色々な理由があるもので、志望者の退職理由の本音は「これだけサービス残業もして頑張っているのに給料は安いし、有給もとりずらい環境で上司も頼りにならないのでストレスがたまる」など複合的な要因がつまっているものです。
面接官は勿論わかっているので相槌しながらも聞きたい本音に迫って質問をしていきます。
その知りたいことは、志望者の現在の実力と入社した後の本気度です。
要するに人生を本気で変えたいと思っているかを見極めて面談しております。
何故かというと、中途採用では大別して2通りの募集があり、一つは即戦力重視に募集です。
例えば美容院の美容師が急遽、結婚で退職したので美容師を急募する場合は即戦力が目的です。
一方で中途採用の大方は即戦力重視というより人材重視の募集がじつは多いです。
例えばライン工場であれば人プルに人手解消の募集、土木会社であれば作業員補助の人手不足解消など。
(但し重機を運転できるオペレーター急募は即戦力)
仕事内容は会社で教えるので未経験OKの仕事、つまり最初専門性は不要の仕事は結構多いです。
その場合、面接官はどうしても見極めたいのはその人の性格や人となりになります。また一時的な作業員補助の募集や歩合営業マンでなく、諸々の職種にあたる会社の正社員募集については将来的にも会社の中心人物になる人材が確保できればベストなので、より人間力などを見られると思って下さい。

2:何故、仕事のやりがいを感じないのでしょうか?

それはこれから転職する方には答えられない質問ですよね?
何故かと言うと、たとえ前向きな転職の代表でもあるキャリアアップを目的とした転職においても不満だから転職する訳で仕事のやりがいを感じられていないからです。
一生懸命にその仕事に取組めていないので仕事のやりがいを感じられないのです。
A:仕事のやりがいは本気にならないと感じられないと思います
私からの答えです。
もっと言うと、本気で仕事に取組み自分以外の人の為に働ける喜びを感じることができるようになって初めて仕事のやりがい
でてくるものだと思います。そして40歳を過ぎる頃には己の人生哲学がでてきて、毎日の仕事が苦痛にならず天職や適職と思えるときがくると思います。但し、それは一生懸命に仕事をしたものにしか与えられないとも感じております。

3:転職したい理由を教えてください?

面接官などに必ずと言っていいほど聞かれる質問ですよね。
ところがどこまで本音で話していいものかと志望者にとって一番悩む質問でもあります。
私自信もそうでした。一度目の転職は知名度のある金融機関を退職して、異業種でしたが同じく知名度のある不動産会社に転職をしました。そもそも退職(転職)を考えるきっかけは、金融機関に就職したものの学歴がないので頑張ってもせいぜい現場(支店)の課長どまりで、自分の能力に自信がない20代でしたから多分、係長くらいが自分の将来像で係長の給与を聞いて愕然としたのです。退職まで2年間かかったので勤務態度にもでたのでしょう。直属の上司から目をつけられてパワハラ攻撃を受け退職に気持ちが固まったのが実態です。だから全てを正直に話ししても悪いイメージしかないので悩みました。
結局は給与水準が安く将来不安なので不動産業界で稼いでいきたい気持ちを不動産会社の面接官に伝えました。その時、面接官の部長からの言葉は忘れられません。
「うちの会社に入り本気で自分の人生をやり直したいと思って仕事をする子たちは決して見捨てないよ」
その部長は言葉とおり、入社してからも一生懸命に頑張る社員には最後まで見捨てず育てておりました。
特に歩合営業の不動産営業マンなんて、今までの恩など忘れたかのようにあっさり退職をする人が多いのにその部長は一環とした姿勢で結局、その部長は社長になりました。私も見捨てず守ってくれた部長に恩返しをしたく新婚旅行も正月の休みも返上して働いたものです。
このような経験より面接で
Q:転職したい理由を教えてください?
と質問されたら、今の職場で得た経験を御社の事業で生かせるか試したい気持ちがきっかけですが、本音の部分として本気で仕事に取組んで人生も変えたいと思います」など言ってみるととても好反応だと思います。仮に意地悪のように「だったら今の会社で何故本気で仕事をできないのですか?」と聞かれる場合もあるかもしれません。その時は「細かい理由は色々ありますが、それを言うのは環境のせいにしているようで嫌です。」とでも切り返してください (^_-)-☆

4:退職理由は個人的な理由を一つだけ答えよう!

ちなみ前項3の補足で退職理由について面接で答えるときですが、退職理由は「一生懸命に仕事をしているつもりなのにサービス残業で給料も安くボーナス査定評価もなく不満だ。有休もコチラの都合でとれないし・・・・」など沢山の不満があっての転職になると思います。これが全てが退職理由にするのはイメージ的にやっぱりよくないです(笑)面接官も不満で転職するのはわかりきったことと理解しているのでウソをつく必要はないですが、「7年先輩の給与を聞いて正直将来が不安になり・・・・」などなるべく個人的な理由を一つくらい伝えておくのが宜しいかと思います。
「退職理由は実家の家業を引き継ぐために退職します」との理由は最もベストな理由ですよね。

5:不安なあなたには自分に対する後押しが必要です!

転職という人生の一大決心に悩む方にとって必要なことは自分に対する後押しです!
本日のタイトル「転職理由でやりがいを感じられない人は自分に対する後押しが必要です」のとおり
未体験ゾーンでもある転職に不安を感じるのは当たり前で、腹をくくるではないですが決意が必要です。
そのためには、「俺は転職してもっと稼ぎたい」とか「もうこんな毎日ジメジメくよくよ悩む人生は嫌だ。絶対に新しい職場で人生をやり直すのだ」など自分を後押しすることが大事です。
私は転職をして守ってくれた部長や妻のため本気で仕事に取組み、自分以外の人の為に働ける喜びを感じることができるようになって初めて仕事のやりがいを見出しました。そして40歳を過ぎる頃には己の人生哲学がでてきて、毎日の仕事が苦痛にならず適職と思えるようになりました。
どうぞ今お悩みの皆さま、一度きりの人生です。
決して後悔しない生き方を是非、進んでいただければと心よりお祈り申し上げます。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】



 



このエントリーをはてなブックマークに追加


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【不動産業界への転職 編】

【記事名】

不動産業界へ転職を考え宅建Jobエージェントに登録する方は必読

【記事名】

不動産業界で働きたい男性におすすめの転職サイト3社の選び方を解説

【記事名】

不動産仲介会社は給料が減って生活が苦しい方におすすめの転職先です

【記事名】

【徹底解説】転職回数が多くても気にしない不動産業界の仕組み!

【記事名】

不動産業界への転職に宅建取引士の資格が有利な理由を教えます

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代 仕事の悩み 編】

【記事名】

職場の人間関係に馴染めず悩む20代と30代!上司ににらまれたら?

【記事名】

上司との関係に悩む20代と30代つまずく壁は必ずまたやってきます

【記事名】

20代~30代サラリーマンの悩みを転職で解決できる「パワハラ編」

【記事名】

転職で解決できた20代から30代サラリーマンの悩み「拘束時間編」

【記事名】

仕事の悩みを抱えて転職するべきか迷う20代と30代の男性女性へ

【記事名】

転職理由 会社の将来性に疑問を感じて不安な20代と30代会社員

【記事名】

転職で解決できた20代サラリーマンの悩み「仕事のやりがい編」

【記事名】

仕事を辞めたいと悩む会社員が知っておくべき事実

【記事名】

吃音症 仕事 最初の言葉につまったときの対処法5選(社会人編)

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代 収入の悩み 編】

【記事名】

転職20代男性、異業種だと年収アップは難しいでしょうか?

【記事名】

20代と30代で転職先を探すなら年収アップを目指してください

【記事名】

転職で解決できた20代から30代の悩み「安い給料編」

【記事名】

手取り15万円の給料でやりくりは難しいので転職するべきか

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「適職」と「天職」と「転職」 編】

【記事名】

20代 30代の転職は気にするな!40代で適職と天職がわかるので

【記事名】

自分の適職がわからないと悩むあなたへ伝えたい言葉

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【20~30代からの転職 編】

【記事名】

未経験の職種でキャリアアップ成功するには20代の転職がおすすめ

【記事名】

コロナ禍で会社から突然解雇と言われた!仕事見つからず悩む30代

【記事名】

中途採用で求められる30代からの転職を成功させる秘訣を教えます

【記事名】

転職30代キャリアアップの成功方法を教えます

【記事名】

コロナ禍で厳しい転職を成功させるコツがあります(30代男性向け)

【記事名】

やりたい仕事が見つからないけど転職をしたい30代男性におすすめ

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【40代からの転職 編】

【記事名】

コロナ禍で転職が厳しいのは当たり前!40歳からのキャリア迷子回避

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【転職サイト 編】

【記事名】

20代で異業種へ転職するならリクナビNEXTへ登録がおすすめです

【記事名】

再就職がみつからない20代30代の男性と女性におすすめ転職サイト

【記事名】

介護の仕事探し-介護職 おすすめの求人転職サイト-登録無料

【記事名】

保育士の求人転職サイトおすすめ!無料相談やお祝い金のキャンペーン

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【転職ノウハウ 編】

【記事名】

仕事を辞めたいのに決断できず悩む人へ【転職への近道10選!】

【記事名】

職場の人間関係に疲れたら30代迄は退職代行で転職を検討しましょう

【記事名】

転職準備は何から始めればいい? 最初にやることは何ですか?

【記事名】

転職の面接で聞かれることは何でしょうか

【記事名】

退職願いを出すタイミングと注意点を解説します

【記事名】

上司への退職理由の伝え方を教えます

【記事名】

気兼ねがなくさっさと転職するには退職代行サービスがおススメ

【記事名】

不採用理由がわからない転職活動がうまくいかない30代と40代必読

【記事名】

転職理由でやりがいを感じられない人は自分に対する後押しが必要です

【記事名】

未経験の業界へ転職できるか不安!中途採用は即戦力でないと無理か?

【記事名】

不安しかない30代の転職 面接で答える完璧な志望動機を教えます

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です