【小型犬リード引っ張り癖の解決法】犬が散歩で歩かない場合は抱っこして気をそらす!


著者の楽しみは晩酌と翌朝に行く愛犬との散歩時間です。毎日仕事に追われ、日々のストレスから解放されるために愛犬との散歩を楽しみにしています。ほら散歩に連れて行くと愛犬がふり返るでしょう。目が合うと幸せホルモン(オキシトシン)が活発に分泌され幸福な気持ちが高まります。そう愛犬の笑顔を見ることで、ストレスが軽減しリラックスした散歩で時間を過ごせるのです。皆さんはどうですか?


【関連記事】
ちなみに犬が笑う理由や幸せホルモン(オキシトシン)の効果を詳しく知りたい方はコチラの記事を是非お読みください。

【犬が笑う理由】幸せホルモンの効果と絆を深めるコミュニケーション!

 しかし愛犬が2歳になった頃、自己主張が強くなったのか、犬がリードを引っ張り散歩がストレスフルになった経験がありました。やはりこの先も道は車通りが多くて危ないとか、高級住宅街だから電柱にオシッコしてほしくないとかね(笑)

愛犬とより楽しい散歩ができるようになりたいという思いから、「犬がリードを引っ張る」「引っ張り癖のある犬」に関する情報を検索しました。調べると、多くの飼い主さんが犬のリード引っ張り癖を改善したいと考えているものですね。


・犬の引っ張り癖を治す方法をい知りたい
・「そっちに行ってはダメ」とグイグイ首を引っ張るのはいけない?
・リードを無理やり引っ張ると愛犬との信頼関係が壊れそう


散歩中、愛犬がリードを引っ張り、思うように歩かない悩みを抱える飼い主の皆さんの気持ちよくわかります。私だけでなく妻や子どもと家族全員が悩みそして解決できたことを、この記事をとおして皆さんにお伝えできればと思います。

この記事では、散歩犬が飼い主を引っ張る理由から始まり、具体的なコツや治し方までを丁寧に解説していきます。犬がリードを引っ張る本当の理由、よく犬本に書かれているように犬が自分はリーダーだと勘違いしているのでしょうか?きっとその背後には様々な要因が絡んでいるはずです。

第1章では、犬がリードを引っ張る行動の真の理由に焦点を当てます。自分がリーダーだと思っていることが実は嘘であると思っていて、犬がリードを引っ張り歩かない理由についても掘り下げていきます。引っ張り癖の原因は一体何なのか、その具体的な解説も行います。

第2章では、小型犬の場合のリードを引っ張る犬の治し方かjコツにスポットを当てます。犬がリードを引っ張った際には立ち止まるトレーニングから始め、立ち止まった犬を抱っこして歩く方法、そして愛犬に声をかけることの重要性について解説します。

そして、第3章では読者からのよくある質問に答えます。フードトレーニングで引っ張り癖は治るのか?リーダーウォークが必要なのか?また、散歩を通じて飼い主と犬が楽しむことの重要性についても触れていきます。

この記事を通じて、あなたの愛犬との散歩がより楽しく、魅力的なものになる手助けができれば嬉しいです。飼い主と犬の絆を深めながら、一緒に心地よい散歩を楽しむためのヒントが詰まった内容となっています。


【簡単に自己紹介】

改めまして、メタボ父さんです(^_-)-☆

令和2年9月より、初めてトイプードルと暮らし始めました (^^♪
色はレッドで名前はミート(meet)と言います。
身体の色がミートボールみたいだからミートです(笑)
但し、女性陣よりmeetにするようにと要望がありました!
出会えたという意味でとの事。
七夕(たなばた)産まれの愛犬ミート(meet)は3歳になりました。

もう可愛くて仕方がないですよね (^^♪

【愛犬のミート(meet)君です】

ちなみに本ブログは、今までの体験や悩み相談しながら解決してきた情報を

(第1話)から時系列にまとめております。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━
ペット飼育のお悩みについて、飼い主どうしでQ&Aで質問できるサイトがあ ります。

★登録も簡単
★料金も無料!

そして何より体験談を聞けるのでオススメのサイトです(^^♪

【DOQAT(ドキャット)の登録はコチラから】
      ⇩
ペットの悩みQ&A【ドキャット】
<PR広告>

累計4万頭の子犬が利用していて、獣医師の完全監修である「こいぬすてっぷ」通信口座で勉強するのもいいかもしれません。

可愛い愛犬のために (^_-)-☆

累計4万頭以上の子犬が受講【こいぬすてっぷ】

<PR広告>

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

(第95話)

【小型犬リード引っ張り癖の解決法】犬が散歩で歩かない場合は抱っこして気をそらす!
愛犬との散歩は、飼い主と犬が一緒に楽しい時間を共有できる素晴らしい瞬間です。しかし、リードを引っ張ることが習慣になると、その楽しいひとときもストレスに変わることがありますね。そこで、この記事では、散歩犬が飼い主を引っ張る理由から、具体的な治し方まで、悩む飼い主の皆さんに向けてガイドしていきます。

『※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています』

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

(目 次)

(本 文)

第1章:散歩犬が飼い主を引っ張る理由

犬がリードを引っ張る行動には深い理由が潜んでいます。最初は、なぜ彼らが自分がリーダーだと思っているのか、その真相に迫ります。また、犬がリードを引っ張り歩かない理由も探り、飼い主と犬のコミュニケーションの在り方について考察します。引っ張り癖の原因を知ることで、効果的なトレーニングが可能になります。

(1-1)自分がリーダーだと思っているは嘘!

犬との散歩は、飼い主にとっても楽しく心地よい時間であるべきですが、引っ張る癖が続くと思うような散歩ができず楽しい気持ちが半減してしまいます。でもそのような気持ちは愛犬も一緒で、リードを引っ張ることで愛犬にとって散歩がストレスになり、さらには信頼関係までが揺らいでいる可能性が生じます。それは、愛犬が自分がリーダーだと誤解していることが原因だからでしょうか?

(結論)
 犬がリードを引っ張る主な理由の一つは、彼らが自分がリーダーであると勘違いしていることです。文献の多くに書かれていることで、犬は群れをつくって生活をしていた習性が残っているので、タテ社会のように飼い主でなく愛犬自身が自分を群れ社会のリーダであると勘違いさせると、要求がかなわないと吠えたり威嚇するようになると言うことです。
だから散歩もリーダーウォークと言って、飼い主が先導して歩くことが推奨されてます。
人間と違い、犬はリーダーに従う方がストレスを感じないとの考えもあるようです。

しかし飼い主は、愛犬に散歩を楽しんでもらうにはどうしたらよいか?との視点でもう少し深堀りして考えてほしいのです。愛犬のリード引っ張り癖に悩んだ私も色々と勉強しながらトレーニングを試しました。そして一つの結論が導きだせたのです。
それは、語弊がありそうですが言葉を選ばず言うと、「リーダーウォークで飼い主についてきなさいとの服従させる散歩のではなく、もっと愛犬の気持ちに寄り添った散歩をしてあげげる方法」で散歩を楽しみたいと思ったからです。犬がリードを引っ張る主な理由の一つとして確かに、彼らが自分がリーダーであると勘違いしていることが挙げられます。しかしもっと冷静に愛犬を観察すると、わがままや自己主張が強くて飼い主の言うことを聞かずにリードを引っ張り従わない訳ではなく、シンプルに自分好みの散歩コースを選んでいるにすぎない事がわかります。

(理由や根拠)
そもそも散歩中に犬がリードを引っ張り歩かなくて悩む理由は、車の通行量が多くて危ないとか、コチラの道は狭い割に、通勤で急ぐ人が自転車がビュンビュン飛ばすので危険だから行かせたくないなどの理由ですよね。だからリーダーウォークで散歩をできれば安心です。
でもリーダーって原則一人じゃないですか?もしも家族と暮らす愛犬は、ママさんの言うことを聞くけど子どもには従わないとかないでしょうか?

じつは5人家族の我が家がそうでした。私を父とした5人家族なんですが、あえてリーダー論を前提に説明すると、次女(リーダー)はリーダーウォークで散歩ができるけど、私・妻(ご飯係)・長男・長女が散歩に連れて行くときは愛犬が先導きって歩きます。


【関連記事】
※獣医さんに言われました。
「ミートは次女ちゃんに恋したんだね」

【関連記事】

犬がずっとついてくる理由は?【飼い主に恋をしたトイプードル】


だから、数々の犬に関する文献やネット情報、そしてドックトレーナーが発信しているYouTubeでも飼い主がリーダーであるべきと説いている例が多いのですが、家族と暮らしている愛犬には当てはまらないケースもあると思うんですよね。(家族全員に従う犬は勿論いるでしょうが)

犬が、自分が一番偉いんだと勘違いがエスカレートすると、権勢症候群(アルファー症候群)と言い、犬の服従本能が低下し、散歩に行き交う犬に吠えまくったり飼い主に歯向かって噛んできたり手に負えなくなってきます。
本題に話を戻すと、犬がリードを引っ張り歩かない理由はシンプルに「こっちに行きたい」との要求であったり「あっちは痛い注射を打つ怖い動物病院があるから」とかだったりします。決して犬が自分がリーダーだからついてこいと思っているだけじゃないと思うんのですよね。

<引用元>
公益社団法人 日本警察犬協会

(1-2)犬がリードを引っ張り歩かない理由!

<トンネルの前で立ち止まります>

【関連記事】
【犬がトンネルを怖がる!】散歩中に立ち止まる理由と対処法を飼い主が解説


このような嫌な感情だけでなく、シンプルに「こっちに行って走りたい」とかのケースも勿論あります(^_-)-☆

例えば、愛犬ミート(meet)はトイプードル(メス)の桃ちゃん(友達)が大好きです。



私が冗談で「今日は桃ちゃんに会えるかな?」と言うと

過去の散歩で桃ちゃんに会えた場所に方向転換をして向かいます(笑)

<好きな友だちに会いに行きたい時>



<今日は公園に行くよ>
公園も大好きです。思いっきり走りたい気分のときはリードを引っ張り、公園方向に向かいます。

<ん?・・・あっウンチか>
お気に入りの排泄場所まで早歩きで行くとウンチをします。


このように犬だってその時の気分があったり、苦手とする外部の刺激や興奮、不安などの要因でリードを引っ張り嫌がることがあります。決してリーダー気取りでわがままになっているだけではない事例です。
だから、リードを引っ張る癖があると無理やりトレーニングをしていく選択は少し違うと私は思っているのです。


【関連記事】
【小型犬が散歩で苦手なこと3選】1年後に克服できたか解説します!

(1-3)引っ張り癖の原因を飼い主が理解してあげること!

散歩の際、犬がリードを引っ張る悩み。これは多くの飼い主が直面する課題であり、その解決には犬の心理や行動を理解することが大事です。引っ張り癖の原因は一体何なのか、そしてなぜ犬たちはそのような行動をするのか?

よ~く皆さん、冷静に予想をたてながら考えてみてください。引っ張り癖の具体的な原因を深堀りして考え理解を深めることで効果的なトレーニングが見つかるかもしれません。
やはり人間の子育てと一緒で、犬も性格によりやり方が変わってきます。愛犬の性格を熟知できるので飼い主さんしかいないのです。

犬たちが引っ張りをする理由は様々ですが、その中には我々が想像もつかないような深層心理が隠れていることもあります。だから、飼い主としては犬たちの行動背後に潜む意味を知り、理解することがカギとなります。私たちは犬と共に暮らす中で、彼らの言葉やサインを理解し、共感することが重要です。犬との信頼関係を深めるためには、飼い主の積極的かつ理解してあげられるかが鍵となります。

 

第2章: リードを引っ張る犬の治し方(小型犬)

この記事は、私に実体験に基づき書いているので小型犬の場合に限った話しになります。
リードを引っ張る癖を改善する方法に焦点を当てます。犬がリードを引っ張ったら立ち止まるトレーニングから始め、その後、立ち止まった犬を抱っこして歩く方法や、犬に声をかけることの重要性について解説します。これらの方法を実践することで、小型犬との散歩がより楽しくなるでしょう。

(2-1)犬がリードを引っ張ったら立ち止まる

余談から入りますが、通っている獣医さんが、犬は1歳~2歳にかけて本来の持って生まれた性格がでてくるんですよ」と言ってました。

確かに、我が家の愛犬もそんな感じて2歳頃になると散歩コースもリードをグイグイ引っ張り行きたい方向に向かおうとしました。だから本やネット記事、YouTubeを見ながら改善のトレーニングを色々と試したんですよね。その中の一つで、犬がリードを引っ張った際には、立ち止まるトレーニングは非常に効果的です。ドックトレーナーの本を見て試しました。

① 犬がリードを引っ張ったら飼い主はじっと待ちます。
※いいことは起きないと経験させる



② リードが緩みたるんだら歩きだします。
※いいことは起きると経験させる

【ポイント】
※忠犬ハチ公じゃないけど犬ってけっこう気長で待ち続けるので飼い主も根気が必要です。


ちなみに、このトレーニングをしているときにハーネスが外れてしまいました。
愛犬が道路に飛び出さないかと心臓が止まった経験あります!
【関連記事】
※犬のハーネスが抜ける原因について書いた記事です。
 ご興味ある方はお読みください。
【犬のハーネスが抜ける原因と対策方法】緊急時に役立つ!ハーネスが抜けたときの対処法も伝授!

(2-2)立ち止まる犬を抱っこして数10m歩く

小型犬との散歩のみ通用するコツですが、私はこの方法が一番最適な方法だと思ってます。
本記事はじめ、
(1-1)自分がリーダーだと思っているは嘘!でも書きましたが、我が家の愛犬ミート(meet)君は、一番大好きな次女(リーダー?)だけリーダーウォークを許しますが、それ以外の家族(私・妻・長男・長女)との散歩では自分が先導きって歩きます。

前項(2-1)犬がリードを引っ張ったら立ち止まるで解説したとおり、リードを引っ張ったらじっと立ち止まるトレーニングをした結果、数分待っていたら諦めてトボトボ歩き出すようにはなったけど・・・むずいじゃない(笑)
あと気分的に、愛犬にとっても「こっちに行きたい」との気持ちがあ叶わずストレスがたまる散歩になっていないか?と思ったんですよね。

 

【この記事で一番伝えたい有益方法です】
そこで愛犬がリードを引っ張り嫌がったら抱っこをして別の道まで連れていく方法を思いつきました。と言うより、じっと待ちくたびれて抱っこをしたが正解かもしれませんが(笑)
ちなみに、方向転換して抱っこをおろしても行きたくない方向に戻ろうとする場合があります。その時は数10mでなく100m以上抱っこして別の場所に移動してください。きっと愛犬は何事もなかったように抱っこを下すと、すたすたと歩きだすはずです。
この方法だと、愛犬にもストレスたまらず、本来の飼い主との散歩は楽しいものだという目的が達成できると思いませんか?

立ち止まった犬を抱っこして歩くことは、犬にとって飼い主との協力関係を感じさせ、リード引っ張り癖を改善するのに効果的です。これにより、犬はリードを引っ張ることが良い結果をもたらさないと理解します。犬が引っ張りをやめた後、抱っこして歩くことで飼い主との絆が深まります。また、犬は飼い主によって運ばれることで、リーダーシップの一環として行動するようになります。

(2-3)「ママの所に行こう」など話しかける

散歩中、犬がリードを引っ張り癖を治すトレーニングには様々なアプローチがあります。何故かと言うと、愛犬それぞれの性格が違うからです。例えば我が家の愛犬トイプードルのミート(meet)君は、元々食に興味がない犬なので拾い食いも全くしないタイプです。だからおやつを使ったフードトレーニングには不向きと思っています。実際にインターホンの無駄吠えを治したくてフードトレーニングを試しましたが・・・無駄でした。


【関連記事】
※愛犬がインターホンに反応したワンワン騒ぎお悩みの方は読んでね(^_-)-☆

【もう試しましたか?】インターホンに吠える犬のしつけ対策10選


食に興味がないような我が家の愛犬にはフードトレーニングは不向きだと思いますが、食べることが大好きなワンちゃんだとおやつを使った躾(しつけ)は有効になるでしょう。
ちなみに、我が家の愛犬トイプードルはメチャクチャ甘えん坊なんですね。とくに次女と妻にべったり甘えているので、散歩でリードを引っ張り座り込んだとき
「ママの所に行こう」と言うと、短い会話(ワード)は覚えているので急に立ち上がり歩きだすんですよ(笑)
このような
愛情たっぷりな声掛けは犬とのコミュニケーションを深める効果的な手段です。

 

【関連記事】
※トイプードルってメチャクチャ甘えん坊ですよね。
【トイプードルの飼い方】性格は甘えん坊で飼い主にべったりな犬種です!(写真付き)


第3章: 犬が散歩で歩かないQ&A

読者からのよくある質問に答えながら、フードトレーニングが引っ張り癖に効果的か、リーダーウォークが必要なのか、そして最も重要なのは、愛犬と飼い主が散歩を楽しむことの大切さです。一緒に過ごす時間が愉快で充実していれば、引っ張り癖も解消しやすくなります。

この記事を通じて、あなたと愛犬の絆がより深まり、楽しい散歩の瞬間を共有できるようになることを願っています。一歩ずつ、信頼と理解を築きながら、素敵な散歩ライフを楽しんでいきましょう。

(3-1)フードトレーニングで引っ張り癖は治るか?

Q: フードトレーニングは引っ張り癖に効果があるのでしょうか?

A: フードトレーニングは一つの有効な手段です。犬たちの食欲を活かしてトレーニングを行うことで、引っ張り癖に対する理解を深め、改善に繋げることが期待されます。ただし、犬の個性や状況により効果が異なるため、他のトレーニングと組み合わせて行うことが推奨されます。

犬との散歩は、飼い主としては日々の喜びであり、愛犬との特別な時間です。しかし、愛犬が散歩で歩かない、引っ張り癖が治らないという悩みは少なくありません。その中でも、「フードトレーニングで治るか?」という疑問が心に渦巻くこともあるでしょう。

愛犬が散歩で歩かない問題に焦点を当て、その解決策としてフードトレーニングが果たす役割について探っていきます。犬たちの食欲を利用してトレーニングを行う手法は、一見すると魅力的ですが、果たしてそれだけで引っ張り癖が治るのでしょうか?

私たちは飼い主として、犬たちの行動に理解を示し、問題解決に挑むことが求められます。この記事では、フードトレーニングがなぜ一つの有効な手段なのか、どのように実践するのかを具体的に解説します。あなたの愛犬との散歩が、美味しい食事を通じてより楽しいものになる手助けとなれば幸いです。一緒に犬との特別な時間を創り上げましょう。

結論)
フードトレーニングは犬が散歩で歩かない問題に対して効果がありますが、それだけでは完全に解決することは難しい場合があります。単体ではなく、他のトレーニングと組み合わせることが重要です。

(理由や根拠)
 フードトレーニングは犬の興味を引く手段として一つの有効な方法です。しかし、散歩中の問題は単なる興味や報酬だけでは解決しきれないことがあります。それは犬がシンプルに散歩を楽しみたいと思っているからです。だから飼い主は愛犬にとって散歩が楽しいものだと思ってもらえるように、他のトレーニングと組み合わせる工夫をしましょう。


【関連記事】
「犬のしつけにおやつは必要?」飼い主の成功と失敗の体験談も紹介!

 


(3-2)リーダーウォークでなくたってOK

Q: リーダーウォーク以外の方法で、犬との散歩を楽しむことは可能ですか?

A: はい、可能です。リーダーウォークは効果的な方法ですが、すべての犬にとってそれが唯一の解決策ではありません。犬との信頼関係を築くためには、柔軟なアプローチが必要です。他のトレーニング方法や声かけなど、犬の個性に合わせた方法を取り入れることで、楽しい散歩が実現できます。

犬との散歩、それは飼い主と愛犬が共に楽しむ特別な瞬間です。しかし、「リーダーウォークでなくたってOK」という言葉に心を引かれることがあるかもしれません。愛犬がリードを引っ張り癖があるからといって、必ずしもリーダーウォークが唯一の解決策ではないのです。

この記事の前段でも書きましたが、リーダーウォーク以外の散歩でもなぜ楽しい時間になるのかを飼い主は考えるべきです。リーダーウォークは効果的な方法ですが、すべての犬たちにとってそれが最適とは限りません。実際我が家がそうです。

私たちは愛犬との関係を築く中で、一つの方法にこだわるのではなく、犬たちの個性や特徴に合わせたアプローチを模索する必要があります。 リーダーウォーク以外の方法でも、犬が散歩で歩くことは可能です。重要なのは、飼い主と犬のコミュニケーションと信頼関係の構築です。選択する方法は犬の性格や状況に合わせることが大切です。

 

(3-3)愛犬と飼い主が散歩を楽しむ事が大事

Q: 犬が散歩を嫌がり、苦痛に感じてしまう場合、どのように楽しい時間に変えることができますか?

A: 愛犬が散歩を嫌がる場合、まずは犬の体調や状態を確認し、ストレスの原因を見つけることが重要です。また、引っ張り癖や歩かない問題に対処するトレーニングを通じて、犬が安心して楽しめる環境を整えることがポイントです。愛情と理解をもってアプローチすることで、散歩が楽しい冒険に変わることが期待できます。

散歩とは、ただ歩くだけではなく、飼い主と愛犬が心から楽しむべき冒険です。「愛犬と飼い主が散歩を楽しむことが大事」という信念に基づいて、どのようにしてその喜びを共有するかを考えましょう。

飼い主として、犬たちとの散歩がストレスではなく、楽しい時間に変わることが望ましいですよね。引っ張り癖や歩かない問題に悩む中で、時にはシンプルな喜びを見失いがちですが、愛犬との散歩こそが深い絆を築く場でもあります。大切なのは愛犬との信頼関係を深め、共に笑い、楽しむことです。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

 

 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村


犬ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加


<PR広告>

 













<PR広告>



犬の散歩の必需品+【運キャッチ】で手づかみにサヨナラ。



ペットのフンが投入できる家庭用生ごみ処理機【ワンニャクスル】



Y型・H型ドッグハーネスの進化系【PERROS】ペルロスハーネス







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です