「犬を飼うタイミングと決断」を迷っているあなたへのおすすめガイド

犬を飼うタイミングの決断は、慎重に考えるべき重要な選択です。犬を飼う前には、いくつかの要素を考慮する必要があります。

まず、犬を飼う前に自身のライフスタイルを考えましょう。犬は時間と労力を必要とする存在であり、日常のスケジュールに合わせて適切なケアや運動を提供することが求められます。また、犬は生涯にわたる責任を負うものですので、将来の見通しや将来の変化についても考慮する必要があります。

犬を飼うタイミングは、個人の生活状況や準備の進捗によって異なります。犬を迎え入れるには、犬を飼うための環境を整備する必要があります。居住環境や近隣の規則に犬を飼うことができるかどうか確認し、犬が快適に暮らせるスペースを準備しましょう。さらに、犬に必要な用具やケア用品も揃える必要があります。

犬種の選択も重要な要素です。犬種は特徴やライフスタイルの適合性によって選ぶべきです。例えば、活発で運動量の多い犬種は、アクティブな飼い主と相性が良いでしょう。また、犬種の性格や体型も考慮し、家族のニーズや好みに合った犬種を選ぶことが重要です。

犬を飼う責任は大きいものです。犬の健康管理は重要な役割であり、獣医への定期的な訪問や予防接種、健康状態の監視が必要です。また、日常の散歩や運動を提供することも忘れてはなりません。犬は適度な運動と社会化が必要であり、それらを満たすことができるかどうかを考慮しましょう。

犬との暮らし方についても考える必要があります。犬の食事と栄養は健康維持のために重要です。バランスの取れた栄養を提供するために、適切な食事メニューや食事の回数を計画しましょう。また、犬のしつけと社会化も重要な要素です。犬に基本的なコマンドを教えることや社会的な環境での振る舞いを学ばせることは、犬との円滑な共同生活を築くために不可欠です。

犬との時間を楽しく過ごすためには、適切な遊び方を知ることが重要です。犬種や個体によって好みや遊び方は異なるため、犬が喜ぶ遊びやおもちゃを提供しましょう。また、犬との絆を深めるために、一緒に散歩やトレーニングに参加したり、愛情を注いだりすることも大切です。

犬の健康と安全についても注意が必要です。定期的な健康チェックや早期の健康問題の発見、犬の安全な環境づくりと事故予防を心掛けましょう。毒物や危険な物品へのアクセスを制限し、犬がけがをしないように安全な場所を提供しましょう。

犬を飼う場合には、費用と予算管理も考慮する必要があります。犬の餌代や獣医の費用、トレーニングやグルーミングの費用などがかかります。また、予期せぬ出費に備えるために、犬の保険に加入したり、緊急の医療費やケガの治療費をカバーできる予算を確保することも重要です。

最後に、犬を飼う決断は家族全体の合意と関与が必要です。家族全員が犬を飼うことに同意し、責任を分担することが重要です。特に子供と犬の相性や安全性については注意が必要であり、子供には犬との適切な付き合い方や責任を教えることが大切です。

犬を飼う決断をする際には、情報とサポートを得ることも重要です。インターネット、SNS、本、飼い主経験者などから情報も大事です。飼い主経験者からの情報は、実際の体験に基づいた貴重な知識やアドバイスを提供してくれます。他の飼い主との交流や、犬の飼育に関するコミュニティやフォーラムへの参加も役立ちます。そこで、飼い主経験者からの経験談やヒントを聞き、犬の飼育についての理解を深めることができます。

インターネットやSNSも便利な情報源です。犬の飼育に関するウェブサイトやブログ、犬の専門家やトレーナーの公式サイトなどから、飼い主に役立つ情報を入手することができます。また、SNSの犬のコミュニティやグループに参加することで、他の飼い主との交流や相談ができる場も提供されています。

書籍も犬の飼育についての貴重な情報源です。専門書やガイドブックは、基本的な知識からより詳細な情報まで幅広くカバーしています。本を通じて犬の行動や訓練方法、健康管理のポイントなどについて学ぶことができます。

さらに、獣医師やドッグトレーナーも犬の飼育において頼りになる情報源です。獣医師は犬の健康管理や予防接種、病気や怪我の治療に関する専門知識を持っています。ドッグトレーナーは犬のしつけや行動修正に関するアドバイスや指導を行ってくれます。獣医師やドッグトレーナーとの定期的な相談や訪問は、犬の健康と飼育において重要な役割を果たします。

犬を飼う決断をする際には、様々な情報源から情報を収集し、多角的な視点で考えることが重要です。犬の飼育は長期的な責任を伴うものですので、正確な情報と適切なサポートを得ることで、より良い飼育環境を提供することができます。


こんばんはメタボ父さんです(^_-)-☆

今、この記事を読んでくださっている方は、既に犬と一緒に暮らしたいと思っているけど何かしらの事情で躊躇しているのではないでしょうか?

我が家も一番上の大学生になる子どもが、10年前の小学生頃に犬を飼いたいと言いだしてから10年目でやっと飼いました。じつは妻と子どもは犬を飼いたかったのですが私が反対しておりました。何故かというと単純に、私が犬を好きではなかったからです。

それなのに、令和2年9月よりトイプードルと暮らし始めました (^^♪
そのきっかけは私が大病をした為、万一自分が死んだ場合に妻と子どもの心の支えになってくれたらと思ったのが決断したきっかけです。全くもって自分勝手な男です。

そして9月6日、ペットショップより我が家に到着した愛犬を見て一目惚れのように完全のロックオンされたのは私でした(笑)勿論、妻や子どもも同様にロックオンです (^_-)-☆

雄犬で色はレッド、名前はミート(meet)と言います。
身体の色がミートボールみたいだからミートです(笑)

但し、妻と娘より書き方は(meet)にするようにと要望がありました!
出会えたという意味でとの事。

それにしてもホント可愛くて仕方がないですよね~ (^^♪

犬と暮らし始めてから、様々な情報を本やインターネットやSNSで収集したり、かかりつけの獣医師や犬の保育園で知り合ったドッグトレーナーに相談したりしましたが、インターネットだとぞの情報の信頼性の有無もあるし・・・ある意味私が一番聞きたかったのが、実際に愛犬と暮らし方の実体験の話でした。

そこで本ブログは、今までの体験や悩み相談しながら解決してきた、この生きた情報をこのブログ記事では、(第1話)から時系列にまとめております。

 

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━
ちなみに、ペット飼育のお悩みについて、飼い主どうしでQ&Aで質問できるサイトがありますので是非、ご利用してみてください。私も愛犬ミート(meet)と食事(食べムラ・偏食)について質問しました。

★登録も簡単
★料金も無料!

何より体験談を聞けるのでオススメのサイトです(^^♪

【DOQAT(ドキャット)の登録はコチラから】

ペットの悩みQ&A【ドキャット】
<PR広告>

累計4万頭の子犬が利用していて、獣医師の完全監修である「こいぬすてっぷ」通信口座で勉強するのもいいかもしれません。

可愛い愛犬のために (^_-)-☆

累計4万頭以上の子犬が受講【こいぬすてっぷ】

<PR広告>


我が家の愛犬王子様ミート(meet)7月7日の七夕に産まれました。
現在は2歳になりました。

このトイプードルの子犬、我が家では王子様と呼ばれております (^^;
元々、我が家は仲良し家族ではありましたが、ちょうど子ども達が年頃になり自分の時間を優先して各自の部屋にいることが増えて、家族間の会話が減ってきた頃にミート(meet)が我が家にきました。

また私自身に大病がみつかり、ショックを受けた妻や子ども達の折れそうになった心を王子様ミート(meet)の存在が救って切れた気がします。私が大病になったせいで妻や子どもの日常から「笑顔」を奪ってしまったのですが、そのどんよりした暗い空気を一転させてくれたのが愛犬ミートでした(^^♪

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

【関連記事】・・・・「ミートが我が家にやってきた」の記事はコチラ(^_-)-☆

(第1話)

トイプードルを初めて飼う!「君の名はミート(meet)だ」

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

わが家の王子様がやってきてからの家庭内の雰囲気はこのような感じです。

■■■

・誰かしらが1階のリビングに降りてきては「ミート(meet)」と声を掛ける

・毎日、ミート(meet)は「どうしていた?」とかの会話が必ずある

・トリミングのカットは「テディベアにする?それともアフロ?」と話題がある

・ミート(meet)の様子をみて自然と笑顔がこぼれる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このように家族での会話も増えたし、とにかく「笑いの絶えない」日常になりました。家族に笑顔を戻してくれて、私自身も大病して仕事など絶望が続いたけど、今幸せな気持ちで過ごしていられることに対して、心から愛犬ミート(meet)に感謝せずにはいられないです。

そんな幸せを手に入れた経験があるからこそ、もし犬と暮らすことに迷っている人がいたら、そして飼うことが可能であれば是非とも愛犬との楽しく幸せな暮らしを手に入れてほしいと思いますし、その気持ちの後押しをしたく本ブログを書きたいと思いますのでご参考にしていただけたら幸いです。


(第40話)
「犬を飼うタイミングと決断」を迷っているあなたへのおすすめガイド
犬を飼う決断に際して考慮すべき要素や、犬を迎えるための準備、適切な犬種の選択、責任の重要性などを詳しく解説した記事です。また、犬との暮らし方、健康と安全、費用と予算管理、家族の合意と関与、決断のサポートと情報源についても具体的なアドバイスを提供しています。新しい家族の一員として犬を迎える際に必要な情報が満載です。


『※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています』

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

(目 次)

第1章:犬を飼うタイミングの決断

(1-1)犬を飼う前に考慮すべき要素

(1-2)犬を飼うタイミング

第2章: 犬を飼う準備

(2-1)犬を飼うための環境整備

(2-2)犬を飼うための環境整備

第3章: 犬種の選択

(3-1)犬種の特徴とライフスタイルの適合性

(3-2)犬種の性格や体型の考慮

第4章: 犬を飼う責任について

(4-1)犬の健康管理と獣医への定期訪問

(4-2)日常の散歩と運動に行けるか?

第5章: 犬との暮らし方

(5-1)犬の食事と栄養

(5-2)犬のしつけと社会化の重要性

第6章: 犬との時間の過ごし方

(6-1)犬との遊び方

(6-2)犬との絆を深める活動

第7章: 犬の健康と安全

(7-1)犬の健康状態の監視と早期発見

(7-2)犬の安全な環境づくりと事故予防

第8章: 犬を飼う場合の費用と予算管理

(8-1)犬の餌代や獣医の費用

(8-2)犬の保険や予期せぬ出費への備え

第9章: 犬を飼うときの家族の合意と関与

(9-1)家族全員の意志調整と責任分担

(9-2)子供と犬の相性と安全な付き合い方

第10章: 犬を飼う決断のサポートと情報源

(10-1)ネット・SNS・本・飼い主経験者

(10-2)獣医師やドックトレーナー

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

(本 文)

第1章:犬を飼うタイミングの決断

犬と一緒に暮らすことは、命があるものですから終生飼養(しゅうせいしよう)の責務があり、愛犬が寿命を終えるまで適切に飼養する責任が動物愛護法で定められております。
犬を飼いだせば市区町村への登録から狂犬病の予防注射、放し飼いをしないなど沢山の責任がでてきますし、【飼い主の三大義務】をまとめてみました。ちなみに環境省のホームページが参考になりますので、飼い主初心者さんは是非読みましょう!

【環境省のホームページ~「動物の愛護と適切な管理」について】


【飼い主の三大義務】
5つの自由を犬に与えられるか
住宅環境が整えられるか
経済的に飼えるか

(5つの自由とは)
Q:犬に5つの自由を犬に与えられますか?
環境省のホームページにもでているのですが、国際定期に認められている動物を飼うための考え方に「5つの自由」をペットに与えられるかとの考えがあり、実際に私も犬を飼ってみてなるほどなぁと納得している内容です。

飢えと渇きからの自由
動物に新鮮な水と健康状態にあった餌をあげましょう
痛み・負傷・病気からの自由
日頃から健康状態をチェックしてケガや病気をした場合は適切な治療を受けさせましょう
不快からの自由
清潔で安全な飼育場所を用意してペットが快適に過ごせるようにしましょう
恐怖・抑圧からの自由
動物が精神的な恐怖や苦痛を受けないようにしましょう
本来の行動がとれる自由
動物の本能や習性に合った行動がとれるようにしてあげましょう

要するに人間同様に命ある生き物は生きていくうえで基本的なニーズがあるのでその欲求を満たしてあげることができる飼い主であるかです。

(住宅環境が整えられるか)
愛犬と過ごせる住宅環境であるかも飼うことができるかの大事な要素です。
ちなみに、私は不動産会社で働いており、私が働いている会社には不動産賃貸部門があります。実際にあった事例ですが、ペット不可の賃貸ワンルームで猫を飼っている入居者がいると他の入居者から管理会社にクレームが入りました!部屋で一人暮らしをしている30代の女性に問いただすと、猫ブームでインスタをみているうちに猫が好きになり、たまたまマンションの窓を開けた万年塀によく来る猫に餌付けをしているうちに、慣れてしまい可愛くて部屋で飼ってしまったそうです。連帯保証人の親御さんなどご親族は、遠方の地方住まいで猫に引き取りてもなく、また自分で他の部屋に引越しをする経済力もないので結局・・・保健所へ引き取りを依頼しておりました・・・・・それって本来、その猫が全うする天寿だったのでしょうか?持ち家の戸建やペット可の持ち家マンションでもご近所さんの性格や人柄と家族構成などにも充分に配慮して検討される方がいいと思います。

(経済的に飼えるか)
愛犬を飼うと愛犬登録にかかる費用は予防接種など細かな出費もあれば、体調を崩して保険がきかない動物病院にかかる大きな費用もあったりします。また可愛くなり洋服や移動用のバック(1万数千円~2万円前後)を買いたくなったりしますし、何より愛犬に長生きしてほしくてペットフードからおやつまで無添加など予想していなかった費用がでてきます。

今、この記事を読んでくださっている方は既に犬と一緒に暮らしたいと思っているけど何かしらの事情で躊躇して飼うことを悩んでいる方だと思います。
そのお悩みのひとつに「犬を飼うと毎月いくらかかるかな?」と知りたい人はいると思います。教育費がこれから沢山かかる我が家も飼う前は知りたかったです (^^;

結論から言います。
「毎月ペットフード以外に約1万円~1万5千円くらいのお金が必要です」

詳しくは、(目次)8:犬を飼う場合の費用と予算管理でお伝え致します。

(1-1)犬を飼う前に考慮すべき要素

犬を飼う前に考慮すべき要素は以下の通りです:

  1. 時間と労力: 犬は日常的な世話や運動、トレーニングなど時間と労力を要します。犬の健康と幸福を確保するために、犬に対して充分な時間を割けるか考えましょう。
  2. 費用: 犬を飼うには経済的な責任が伴います。犬の餌代、獣医費、トレーニング、グルーミングなどの費用を見積もり、予算を立てる必要があります。
  3. 居住環境: 犬を飼うためには、居住している場所の規則や制約を確認しましょう。一部のアパートや住宅地では犬の飼育が制限されていることもあります。
  4. 飼育スペース: 犬には十分なスペースが必要です。犬が快適に暮らせる屋内スペースと、安全な屋外スペース(庭や散歩エリア)を提供できるか考慮しましょう。
  5. ライフスタイルの適合性: 自身のライフスタイルと犬のニーズが適合するか考えることが重要です。例えば、アクティブなライフスタイルを送っている場合、エネルギッシュな犬種が適しているかもしれません。
  6. 長期的な責任: 犬は平均的に10年以上生きる生物ですので、犬の寿命に対する長期的な責任を理解しましょう。将来のライフイベントや変化にも対応できるか考慮しましょう。
  7. アレルギーや健康上の問題: 犬に対するアレルギーがある場合や、家族の健康状態に影響を及ぼす可能性がある場合は慎重に考慮する必要があります。
  8. 旅行や休暇: 犬を飼うと、旅行や休暇の計画にも配慮する必要があります。犬を預ける場所や、必要なケアや世話を確保する方法を考えましょう。
    以上の要素を総合的に考慮する必要があります。

(1-2)犬を飼うタイミング

今からお伝えすることが、本記事の一番のメインになります。

小学生だった娘から「犬を飼いたい」とせがまれてから十数年後に、まさか愛犬と暮らすことになるなんて想像できませんでした。私自身が犬が好きではなかったですし。
いざ犬を飼うか検討したら決断に迷いますよね?

でも結論から言うと、ちょっとしたきっかけや気持ちの後押しが犬を飼う決断となります。

Q:子どもが何歳になったら犬を飼おうか?

 

A:結論、犬を飼う時期はきっかけだと思います!

私の娘は小学生の頃、愛犬と楽しそうに散歩をしている人を見ては羨ましがり「パパ―うちも犬飼おうよ」としょっちゅう言ってました。そのたびに「あのね、パパも猫を2匹飼っていたけどさ、生き物を飼うのは色々大変だし責任もでてくるんだよ」などと曖昧な返事で娘の気持ちをかわしておりました。

そんな私が今回、犬を飼った理由は前述したとおり自分の大病がきっかけです。よくよく振り返って考えてみると、犬を漠然とした気持ちで飼いたいと思う一方、漠然とした理由(不安)で飼わない人が多い気がしませんか?

そりゃそうですよね。だって必要にせまられて犬と暮らす人は少ないからです。だからこそ「犬と暮らしたいと思う気持ちのきっかけ」と、その後の「気持ちの後押し」がないと犬は飼えないかもしれないですね。

この「きっかけ」と「気持ちの後押し」はじつは人の心理分析ではよくある話です。例えをだすと、不動産の購入や賃貸、つまりマイホームを買うときや賃貸部屋に引っ越す場合などにもこの心理が働きます。私は不動産営業の仕事をしているので、人が決断と決心をする場面をよくみてきました。

売買や賃貸も一緒ですが、例えばマイホームを夢みて購入をされるお客様は「駅から徒歩10分以内で、日当たりよい角地がいいけど予算は4000万円以内に絶対に抑えたい。それ以上の予算だと今後の生活が不安だから・・・」と当初は希望します。ところが実際に購入される物件は「駅から徒歩15分以上もある家で、日当たり抜群の角地でないのにロケーションが気に入ったのか当初の条件とは全く違う物件を買われたりします。しかも絶対条件の予算オーバー4500万円の家だったりするのが事実です」
同じく賃貸でも、最初の希望とおりでない部屋を契約したりするもんです。

この理由はおわかりになりますか?
条件を妥協していることは想像つくと思いますが、だとしたら不動産を購入される(賃貸される)全ての人が妥協して契約しているとかと言えば決してそうではありません。
必ず決断と決心に至る「理由」がある訳ですよね?

それは「この部屋の雰囲気が好き」「この立地にピーンを感じるものがあった」など決断と決心するには「心が動く」必要があります。

そう成績が悪い営業マンは、一生懸命に不動産の条件などを説明しますが、優秀な営業マンは雑談が多く、ポイントだけ説明して「心を動かす」チャンスを狙っています。

もし犬を飼おうか迷っている方がおられましたら、シンプルに「私は今、会社が辛くて大変だから犬を飼って癒されたい」など素直に感情になって考えてみては如何でしょうか?


ペット飼育のお悩みについて、飼い主どうしでQ&Aで質問できるサイトがあ ります。
★登録も簡単

★料金も無料!

そして何より体験談を聞けるのでオススメのサイトです(^^♪
【DOQAT(ドキャット)の登録はコチラから】
      ⇩
ペットの悩みQ&A【ドキャット】
<PR広告>

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

★コチラも参考になります (^_-)-☆

累計4万頭の子犬が利用していて、獣医師の完全監修である「こいぬすてっぷ」通信口座で勉強するのもいいかもしれません。

可愛い愛犬のために (^_-)-☆

累計4万頭以上の子犬が受講【こいぬすてっぷ】

<PR広告>

第2章: 犬を飼う準備

 

(2-1)犬を飼うための環境整備

犬を飼うための環境整備には、以下の点に留意する必要があります。

  • 安全な居住空間の確保: 犬が安全に過ごせるように、屋内と屋外の両方の環境を整えましょう。屋内では、犬が噛み破れないような丈夫な家具や電気コードの配置、有害な物質の保管などに注意しましょう。屋外では、安全なフェンスやゲートで囲まれた庭や散歩エリアを確保し、犬が逃げ出さないようにしましょう。
  • 快適な寝床の提供: 犬は快適な寝床が必要です。犬用のベッドやマットレスを用意し、適切なサイズとクッション性を選びましょう。犬が寝る場所は静かで落ち着いた場所に配置し、犬がリラックスできる環境を整えましょう。
  • 食事スペースの確保: 犬の食事は静かで安定した場所で摂ることが望ましいです。犬用の食器を用意し、定位置を設定しましょう。また、食事の後は食器を清潔に洗浄することも忘れずに行いましょう。
  • トイレや排泄場所の設定: 犬は適切な場所で排泄する習慣を身につける必要があります。室内飼育の場合は、犬用のトイレトレイやパッドを設置し、犬がそこで排泄できるようにしましょう。屋外飼育の場合は、犬が安全な場所で排泄できるようにするために、適切な場所を設定しましょう。
  • 空調や温度管理: 犬は快適な温度で過ごす必要があります。季節や気候に応じて、犬が暑さや寒さに晒されないように注意しましょう。室内では適切な冷暖房を提供し、屋外では遮蔽物や適切なシェルターを設けて保護しましょう。

(2-2)犬を飼うための環境整備

犬を飼う準備として、以下の用具とケア用品を準備する必要があります:

  1. 犬の寝床:
    ・犬用ベッドまたはマットレス
    ・ケージやクレート(必要な場合)
  2. 食事関連:
    ・犬用フードボウル(水と食事用)
    ・飲料水ボトルまたは給水器
    ・食事用の適切な犬の食品
    ・おやつ
  3. トイレ関連:
    ・トイレトレイまたはパッド(室内飼育の場合)
    ・ペット用のトイレシート
    ・トイレ用消臭スプレー
  4. 散歩・運動:
    ・犬用ハーネスまたは首輪とリーシュ(散歩に使用)
    ・犬用のフレキシブルリード(運動に使用)
    ・犬用のおもちゃ(遊びや運動に使用)
    ・ドッグランまたは安全な散歩エリア(必要な場合)
  5. トリミングとケア:
    ・犬用ブラシやコーム(毛のお手入れに使用)
    ・爪切りまたは爪やすり
    ・歯磨きキット(犬の口腔ケアに使用)
    ・犬用シャンプーやコンディショナー
    ・犬用耳掃除液と耳掃除用具
  6. 獣医関連:
    ・獣医師の連絡先情報
    ・犬の健康記録やワクチン接種記録
    ・フィラリア予防薬や駆虫薬(獣医師の指示に従って準備)
  7. その他の用具:
    ・犬用の旅行用キャリーバッグまたは車用の犬用シート
    ・犬の身体測定に使用するメジャー(首回りや体重の計測に使用)
    ・ゴミ袋や汚れたものを処理するためのペット用のクリーニング用品

これらの用具とケア用品を準備することで、犬の快適な生活と健康管理をサポートすることができます。また、犬の年齢やサイズ、特性に合わせて必要な用具を選ぶことも重要です。

第3章: 犬種の選択

 

(3-1)犬種の特徴とライフスタイルの適合性

犬を飼う際に、犬種の特徴とライフスタイルの適合性を知ることは非常に重要です。犬種はそれぞれ異なる性格や運動量の要求、ケアの必要性を持っています。以下の理由から、犬種の特徴を理解し、自身のライフスタイルと犬種の適合性を考慮することが大切です:

  1. 犬の性格と行動: 犬種によって性格や行動パターンが異なります。例えば、一部の犬種は活発でエネルギッシュな性格を持ち、運動量が多く必要な傾向があります。他の犬種はより穏やかで落ち着いた性格を持ち、適度な運動や刺激で満足する傾向があります。自分の生活スタイルや活動レベルに合った性格の犬種を選ぶことで、犬との相性や飼育のしやすさが向上します。
  2. 運動量と活動の要求: 犬種によって必要な運動量や活動の要求が異なります。一部の犬種は日常的な散歩や運動だけでなく、精神的な刺激や訓練も必要とする場合があります。他の犬種は適度な運動で満足し、穏やかな散歩や家での遊びで十分です。自身の生活スケジュールや運動の好みに合わせて、犬種の運動量要求を考慮することが重要です。
  3. ケアの必要性: 犬種によって毛の長さや被毛の種類、被毛のケアの必要性が異なります。一部の犬種は毎日のブラッシングや定期的なトリミングが必要です。他の犬種はショートコートを持ち、被毛のケアが比較的簡単です。自身の時間や予算を考慮して、犬種の被毛のケア要件を理解することが重要です。

犬種の特徴とライフスタイルの適合性を考慮することで、犬との共生が円滑になります。

(3-2)犬種の性格や体型の考慮

犬を飼う際に犬種の性格や体型を考慮することは非常に重要です。犬種によって性格や行動傾向、体型や運動量の特徴が異なるため、飼い主の生活スタイルや家族の状況に合わせて適切な犬種を選ぶことが必要です。

以下に、犬種の性格や体型の考慮が重要な理由をいくつか挙げます:

  1. 性格:犬種によって性格や行動傾向が異なるため、自分や家族との相性を考慮する必要があります。例えば、活発で遊び好きな犬種は、エネルギッシュな生活スタイルを持つ飼い主や子供のいる家族に適しています。一方、落ち着いた性格の犬種は、静かな環境やシニアの飼い主に向いています。性格のマッチングは、飼い主と犬の関係を円滑にするために重要です。
  2. 体型と運動量:犬種の体型や運動量の違いは、飼い主の生活スタイルや飼育環境に合わせて考慮する必要があります。例えば、大型犬は広い居住スペースや十分な運動スペースを必要とします。また、活発で運動量の多い犬種は、日常的な運動や遊びの提供が必要です。適切な運動や体力を持続するために、犬種の適合性を考慮することは重要です。
  3. 飼育の環境:犬種のサイズや特性は、飼育する環境にも影響を与えます。例えば、屋内飼育の場合は、小型犬や室内での活動範囲が狭い犬種が適しています。一方、屋外飼育の場合は、広い敷地や安全な囲いが必要な犬種を選ぶ必要があります。飼育環境に合わせて犬種を選ぶことで、犬の快適さと幸福度を確保できます。

第4章: 犬を飼う責任について

犬を飼うことは素晴らしい経験ですが、飼い主としては責任を持って犬の世話をする必要があります。以下に、犬を飼う責任について知っておくべきポイントをいくつか挙げます。

  • 健康管理:犬の健康を維持するためには、適切な栄養、定期的な獣医の診察、予防接種、必要な医療処置などが必要です。犬の健康状態を把握し、早期に健康問題に対処するためにも、定期的な健康チェックと予防医療の提供が重要です。
  • 適切な環境とケア:犬には適切な居住環境とケアが必要です。適切な飼育スペース、清潔な環境、適切な食事と水の提供、適切な運動や刺激、定期的なトイレトレーニングなどを提供する責任があります。また、被毛のケアや爪の切り方、歯磨きなども欠かさず行う必要があります。
  • 心理的な健康と社会化:犬は社会的な生き物であり、適切な社会化と心理的な刺激が必要です。飼い主としては、犬が社会的な接触や適切なトレーニングを受ける機会を提供し、愛情と忍耐を持って犬を育てる責任があります。また、犬のストレスや不安を理解し、適切に対処することも重要です。
  • 時間と財政的な責任:犬は時間と財政的な負担を伴います。十分な時間を犬との関わりや遊びに割くことが必要です。また、犬のための食事、医療費、トイレ用品、おもちゃなどの経済的な責任もあります。犬を飼う前に、自分の生活スタイルや経済状況を考慮し、犬の養育に必要なリソースを確保することが重要です。
  • 永久の責任:犬を飼うことは、その生涯を通じて犬に対する責任が続きます。以下に、犬を飼う際に知っておくべき永久の責任についていくつかのポイントを挙げます。
  • 安全と保護:犬は安全な環境で暮らす権利があります。飼い主としては、犬が安全で快適な生活を送れるように環境を整え、危険な場所や物品から犬を遠ざける責任があります。また、外出時には適切なリードやハーネスを使用し、犬が逃げ出したり他の動物や人に攻撃的にならないように気を付けましょう。
  • 人間社会との関係:飼い主としては、犬が他の人や動物と安全に共存できるように社会化を促し、適切な行動を教える責任があります。犬が他の人や動物に対して攻撃的な行動を示す場合は、専門家の助けを借りてトレーニングや行動修正を行うことが重要です。
  • 最期のケア:犬の寿命は限られており、最期の時がやってくることも避けられません。飼い主としては、犬の最期に寄り添い、適切なケアと心心のこもった対応は、犬の最期においても重要です。

(4-1)犬の健康管理と獣医への定期訪問

  • 健康管理:犬の健康を維持するためには、適切な栄養、定期的な獣医の診察、予防接種、必要な医療処置などが必要です。犬の健康状態を把握し、早期に健康問題に対処するためにも、定期的な健康チェックと予防医療の提供が重要です。
  • 定期的な獣医の診察:犬の健康管理の一環として、定期的な獣医の診察を受けることが重要です。獣医師は犬の健康状態を評価し、予防接種や寄生虫予防、健康問題の早期発見と治療を行います。獣医師は犬の状態を評価し、必要な治療やケアの提案を行ってくれます。



    わが家を例えにわかりやすく説明します。
    わが家の愛犬トイプードルのミート(meet)は、カリカリのドライフードを食べないので、手作りご飯と市販のウェットフードの組み合わせです。
    犬は、人間の身体と構造から必要な栄養素まで違うのでやっぱり不安です。だから定期的に獣医師に定期健診に出向きます。動物病院で健康チェックや継続して体重の変化を記録して様子をみています。

(4-2)日常の散歩と運動に行けるか?

犬を飼う場合、日常の散歩や運動の提供は非常に重要です。以下にその理由を説明します:

  1. 運動と健康維持:犬は適度な運動が必要です。散歩や遊びを通じて運動量を確保することで、筋力や心臓の健康を促進し、肥満や関節疾患などの健康問題を予防します。また、適度な運動により、犬のエネルギーを消費し、行動面での満足感やストレスの軽減にも繋がります。
  2. 社会化と刺激:散歩や運動は犬の社会化や刺激にも役立ちます。散歩中に他の犬や人々との出会いがあり、新しい環境や刺激を体験することで、犬の社会性やコミュニケーション能力が向上します。また、外の世界を探索することで、犬の好奇心を刺激し、心理的な満足感を得ることができます。
  3. 行動問題の予防:適切な運動や散歩の提供は、犬の行動問題を予防する助けとなります。十分な運動を受けなかった犬は、エネルギーが溜まりやすくなり、無駄な行動や破壊行為を引き起こす可能性があります。日常的に運動を行うことで、犬の行動のバランスを保ち、より落ち着きのある生活を送ることができます。
  4. 飼い主との絆づくり:散歩や運動は飼い主と犬との絆を深める貴重な機会です。共に時間を過ごすことで信頼関係が築かれ、飼い主と犬の結びつきが強まります。また、散歩や運動は飼い主と犬のコミュニケーションや訓練の機会ともなります。

総じて、犬を飼う場合は日常の散歩と運動に行けるかどうかが重要な要素です。


【関連記事】
【子犬の散歩はいつから?】スケジュール(犬の登録・ワクチン接種)と準備する物から散歩の仕方まで完全解説!


ちなみに、これだけ可愛いい愛犬なので健康で長生きしてほしいし、長生きの秘訣があったら知りたいじゃないですか?だから私は飼い初めの頃、ネットと本の情報は勿論のこと、獣医さんや犬を飼っている経験者や、毎日の散歩で行き交う飼い主さんに愛犬の健康と長生きの秘訣ばかりを聞いておりました。

その結果、大抵の方はこの3つが大事と教えてくれます。
━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━
(健康と長生きの秘訣その1)
毎日の散歩
(健康と長生き秘訣その2)
愛犬にとってストレスフリーな生活
(健康と長生き秘訣その3)
健康を意識した食事を与える

散歩・ストレスフリー・食事は長生きできる秘訣だと思います!

第5章: 犬との暮らし方

(5-1)犬の食事と栄養

犬を飼う人は犬の食事と栄養について知るべきです。適切な食事は犬の健康と幸福に直結するため、以下の理由から食事と栄養に関する知識を持つことが重要です:

  1. 健康維持:犬は適切な栄養素を摂取することで健康を維持します。バランスの取れた食事を提供することにより、免疫機能の強化、適正な体重の維持、健康な皮膚や被毛の保持などが促されます。
  2. 成長と発達:子犬の場合、適切な栄養は成長と発達に重要な役割を果たします。成長期には特に栄養素が必要であり、骨や筋肉の成長をサポートします。成犬の場合も、適切な栄養素を含んだ食事が持続的な健康を維持するために必要です。
  3. 健康問題の予防:適切な栄養摂取は犬の健康問題の予防にも役立ちます。例えば、肥満、関節疾患、心臓病、糖尿病などのリスクを低減することができます。また、特定の栄養素が不足している場合、被毛の質や皮膚の健康にも影響を及ぼす可能性があります。
  4. 個別のニーズへの対応:犬種、年齢、活動レベル、健康状態によって食事のニーズは異なります。犬種ごとに異なる体型や消化能力があり、成犬と老犬ではエネルギー要求が異なる場合があります。また、特定の健康状態やアレルギーがある場合は、それに応じた特別な食事が必要となることがあります。
  5. 健全な食事選択:犬のために健全な食事を選ぶためには、食品成分表や栄養情報を理解し、食品の品質や安全性にも注意を払う必要があります。

ちなみに、犬の食事に関する本やネット記事を見ても初心者には難しいです!
例えば、おやつは食事量の10%以内とあちこちで書いてあるけど、そもそも10%ってどのくらいの量なの?(笑)レベルでわかりずらいです。
私が具体的に「6Pチーズだとこのくらいの量だよ~」と調べた結果やフードの簡単な添加物の見極め方を書いた記事があるので、以下の関連記事を参考にしてみてください(^_-)-☆


【関連記事】
安心安全なドックフードの選び方と買い方入門【初心者向け簡単解説】

 

 

【おやつあげすぎ注意!】一日で愛犬に与えてよい量を写真で見せます

 

 

ドックフードと手作りご飯はどっちがオススメ❓【メリット・デメリットを徹底解説】※レシピも公開❗️

 

(5-2)犬のしつけと社会化の重要性

犬のしつけと社会化は、飼い主と犬の関係を良好にし、快適な共同生活を築くために非常に重要です。以下に、犬のしつけと社会化の重要性をいくつか挙げます:

  1. 安全性の確保:犬が基本的なしつけを受けていると、危険な状況や交通事故から守ることができます。例えば、散歩時にリードを引っ張らずに歩く、呼び戻しのコマンドに従うなど、飼い主の指示に従うことができるようになることで、犬の安全が確保されます。
  2. 社会的な交流:社会化は犬が他の犬や人との交流を円滑に行えるようにするために重要です。犬が適切な社会化を受けることで、他の犬や人に対して友好的な態度を示し、ストレスや攻撃的な行動を抑えることができます。社会化が不十分な犬は、他の犬や人との関わりに問題を抱える可能性があります。
  3. 行動問題の予防と対処:しつけを受けた犬は、好ましくない行動を抑制し、望ましい行動を示す傾向があります。例えば、トイレトレーニングや噛み癖の抑制など、飼い主の指示に従い、社会的に適切な行動を学ぶことができます。しつけが不十分な犬は、問題行動を示す可能性が高くなります。
  4. 快適な日常生活:犬のしつけは飼い主とのコミュニケーションを円滑にし、日常生活を快適にする役割も果たします。例えば、飼い主の指示に従って静かに待つ、ドアの開閉時に騒がずに待つなどの行動は、共同生活を円滑にするために重要です。
  5. 心理的な刺激と自己成長:しつけと社会化は犬の知的刺激や自己成長にも寄与します。犬は学習を通じて脳を刺激し、新しいスキルや行動を習得することで成長します。

第6章: 犬との時間の過ごし方

犬との時間を過ごすことは、絆を深め、犬の健康と幸福に貢献する素晴らしい経験です。以下に、わが家の犬との充実した時間を過ごしている過ごし方をいくつか紹介します。

  • 散歩:定期的な散歩やランニングは、犬の運動と社会化の機会を提供します。一緒に新しい場所を探索したり、犬との交流を楽しんだりすることで、絆を深めることができます。
  • オモチャ遊び:犬にとって遊ぶことは重要な活動です。オモチャで遊んだり、フリスビーやボールを使った遊びを楽しんだりすることで、犬の身体的な刺激と知的な刺激を提供します。
  • ッサージやブラッシング:犬はマッサージやブラッシングを通じてリラックスし、身体的な健康を促進することができます。優しくマッサージしたり、毛づくろいをすることで、犬との絆を深めながら健康をサポートしましょう。

  • 家族との交流:犬は家族の一員として扱われることを望んでいます。一緒に過ごす時間を大切にし、家族全員が犬に関わる機会を持つことで、犬は幸福を感じます。

(6-1)犬との遊び方

犬との遊びは楽しく絆を深めるための重要な活動です。以下に、犬との充実した遊びをいくつか紹介します:

  1. フェッチ(ボール遊び):ボールやフリスビーを使って、犬と一緒にフェッチを楽しむことができます。広い場所や公園などで犬とボールを投げ合い、犬がボールを追いかけて取りに行く姿を見ることができます。

  2. マインドゲーム:知的な刺激を提供するために、マインドゲームを使用して犬の頭を使わせる遊びを試してみましょう。おやつやご褒美を隠したおもちゃを使ったり、隠れた場所を探し出すトレーニングを行ったりすることができます。

    <コチラは、おやつのジャーキーを見つけるにんじん畑ゲーム>


    犬との遊びは楽しいだけでなく、犬の運動や知的な刺激にもつながります。

(6-2)犬との絆を深める活動

犬との絆を深めるためには、以下の活動を試してみることがおすすめです:

  1. 毎日のスキンシップ:犬との触れ合いは絆を深める重要な要素です。毎日のブラッシングやマッサージを通じて、犬の身体ケアを行いながら、互いの時間を共有しましょう。
  2. 一緒に遊ぶ:犬との遊びは絆を深める素晴らしい機会です。犬の好きな遊びを見つけ、一緒に楽しむことで、犬は楽しさと喜びを感じ、あなたとの絆を強くするでしょう。
  3. おやつやご褒美の与え方:犬におやつやご褒美を与えることで、犬はあなたとの絆を強く結び付けます。トレーニングや良い行動への報酬として使用することで、犬はあなたに対してポジティブな関連付けを形成し、信頼と愛情を深めます。
  4. 心感を提供する:犬は安心感と安全を求めています。一定のルーティンや安定した環境を提供し、犬があなたに頼り、信頼できる存在として感じられるようにしましょう。

第7章: 犬の健康と安全

(7-1)犬の健康状態の監視と早期発見

犬の健康状態を監視し、早期に問題を発見するためには、以下のポイントに留意することが重要です:

  1. 日常的な観察と身体検査: 犬の日常的な様子をよく観察しましょう。食欲、水の摂取量、排泄の状態、活動レベル、毛並みや皮膚の状態などに変化があるかをチェックします。また、定期的な身体検査を行い、異常や病気の兆候を見逃さないようにしましょう。
  2. 適切な予防接種と健康管理: 犬の予防接種スケジュールを守り、必要な予防接種を受けさせましょう。また、定期的な健康診断やワームの予防、寄生虫の予防なども重要です。獣医師の指示に従って、適切な健康管理を行いましょう。
  3. 適切な食事と栄養: 犬にはバランスの取れた食事と適切な栄養が必要です。適切な食事プランを作成し、犬の体重管理や栄養バランスに留意しましょう。健康的な食事は犬の免疫力を高め、病気や健康問題の予防につながります。
  4. 歯磨きと口腔ケア: 歯石や歯垢の蓄積は犬の口腔の健康に影響を与える可能性があります。定期的な歯磨きや口腔ケアを行い、歯や歯茎の異常を早期に発見することが重要です。
  5. 適度な運動と体重管理: 適度な運動は犬の健康に不可欠です。犬の種類や年齢に合わせた適切な運動を提供し、適切な体重管理を行いましょう。過度の肥満や過度の運動不足は健康問題を引き起こす可能性があります。

(7-2)犬の安全な環境づくりと事故予防

犬の安全な環境づくりと事故予防のためには、以下のポイントに留意することが重要です:

  1. 屋内と屋外の安全確保: 犬が屋内や屋外で安全に過ごせるように、環境を安全に整えましょう。屋内では、有害な物質や危険な小物を犬の届かない場所に保管し、ケージや門を使って特定のエリアにアクセスできるようにします。屋外では、フェンスで庭を囲み、犬が逃げ出さないように気をつけましょう。
  2. 有害物質の保管と使用: 家庭にある一部の物質や食品は犬にとって有害です。薬品、清掃用品、虫除け剤、植物、チョコレートなどに注意し、犬の届かない場所に保管しましょう。また、犬に対して安全な食品やおもちゃを選び、誤飲や誤嚥を防ぐようにします。
  3. 電化製品やコードの管理: 電化製品やコードは犬にとって危険なものです。噛み付いたり引っ張ったりすることで感電やけがを引き起こす可能性があります。コードをしっかりと隠し、アクセスできないようにしましょう。また、犬が電化製品やコードの周りで遊ぶことを防ぐため、犬の居場所を制限することも考慮しましょう。
  4. 毒物の適切な処理: 家庭や庭で使用する殺虫剤や肥料などの毒物は犬にとって危険です。これらの物質を使用する際には、犬の近くにいないことを確認し、使用後はしっかりと片付けるようにしましょう。
  5. 適切な散歩や外出管理: 犬の散歩や外出時にも注意が必要です。リードをしっかりとつけて外出し、交通量の多い道路や危険な場所からは遠ざけましょう。また、公共の場所では他の人や動物との接触を適切に管理し、争いや事故を防ぐようにします。

第8章: 犬を飼う場合の費用と予算管理

初めて犬を飼う人が気になる内容かと思います。
だから最初に結論から言うと、「毎月ペットフード以外に約1万円~1万5千円くらいのお金が必要です」
わが家の愛犬トイプードルは、小型犬で食費が大型犬よりかかりませんが、毎月のトリミングが約1万円必ず必要です。

犬を飼う際の経費は、飼育環境や犬種によって異なりますが、一般的な費用の目安を以下に示します:

  1. 餌と水: 犬の食事は毎日の必需品です。犬種やサイズによって必要な量や品質が異なりますが、月間で数千円から数万円程度がかかることが一般的です。
  2. 予防接種と健康管理: 犬の予防接種、フィラリア予防、ワーム予防、健康診断などの健康管理には費用がかかります。年間で数万円から数十万円程度が必要な場合があります。
  3. 獣医費: 犬が病気やけがをした場合、獣医の診察や治療が必要になります。病気やけがの程度によって費用は異なりますが、数千円から数十万円以上の費用がかかることもあります。
  4. トイレ用品: 犬用のトイレシートやトイレトレイ、トイレ砂などの消耗品も必要です。月間で数百円から数千円程度がかかることが一般的です。
  5. トリミングとグルーミング: 犬のトリミングやグルーミングには費用がかかります。毛の長さや犬種によって異なりますが、月に数千円から数万円程度が必要な場合があります。
  6. おもちゃやケージ、ベッドなどの必要な用品: 犬の生活に必要なケージ、ベッド、おもちゃなどの購入費用もかかります。これらの費用は初期投資となり、月々の経費とは異なります。

これらの費用は目安であり、個々の犬のニーズや健康状態によって異なることに留意してください。また、緊急事態や予期せぬ出費に備えるために、緊急のための費用を積み立てることもおすすめです。


(8-1)犬の餌代や獣医の費用

アニコム損害保険会社が調べた「一年間にかかる一頭あたりの費用」をみてみると
【一頭あたり年間にかかる費用/1,833名回答/平均動物年齢5.1歳】
・病気やケガの治療費       80,912円
・フード・おやつ         47,983円
・しつけ・トレーニング料     40,614円
・シャンプー・カット・トリミング料42,740円
・ペット保険料          38,052円
・ワクチン・健康診断等の予防費  28,311円
・ペットホテル・ペットシアター  27,139円
・日用品             19,716円
・洋服              13,603円
・ドックランなど遊べる施設      7,407円
・首輪・リード            7,061円
・防災用品                 5,613円
・合計金額             359,151円

・毎月にかかる平均的な出費額は29,929円(約3万円)

上記では約3万円程の出費にですが、我が家の感覚ではペットフードや歯磨きガムに与えているジャーキーも手作りなので、感覚的に愛犬にかかる出費を自覚できるのは毎月のトリミング代やおやつ食品や病院代などで金額は1万円~1万5千円の出費ですね。


ちなみに、犬はご飯の後やオヤツで与えるジャーキーが大好きです。
ところが、このジャーキは結構高いんですよ。

うちの場合は、国産無添加にこだわっているので60グラム入ったジャーキーが1,000円前後するので出費がかさみます。そこで、飼い主仲間に聞いて、燻製器を買って手作りでジャーキーを作ったら1,000円(60g)の市販ジャーキーコスパ100円で作れました!
是非、コチラの記事も参考にしてみてください。

【関連記事】
【コスパ最強!犬のジャーキー100円】燻製器で手作りなら国産無添加

(8-2)犬の保険や予期せぬ出費への備え

犬の治療費についてもお伝えしたい大事なポイントです!

じつは愛犬と暮らしだすと、飼い主仲間の知り合いからよく聞く話が治療してあげたいけどビックリする金額で迷っているという話しです。
犬は7歳すぎる老犬になってくると、癌(がん)や腎臓病、足をくじいたり病気になりやすいです。私の身近な例でも、癌(がん)の腫瘍が発見されて手術代で60万円必要とか当たり前のようにある話しです。あたり前ですが、家族同然の愛犬を高額医療費だから放置したくありませんが、現実的に治療費を用意できない場合だってあると思います。だから、飼い主仲間は口を揃えて「保険が重要」と言いますね!

犬の保険や予期せぬ出費への備えは、以下の理由から重要です:

  1. 緊急治療費のカバー: 犬は病気やけがをすることがあります。緊急の治療が必要な場合、高額な医療費が発生することがあります。犬の保険に加入していれば、治療費の一部または全額をカバーしてくれる場合があります。
  2. 予期せぬ獣医費への備え: 犬は健康な日々を過ごすことが望ましいですが、予期せぬ病気やケガに見舞われることもあります。獣医費は予想できない出費であり、予備の資金や保険があれば、思いがけない負担を軽減することができます。
  3. 健康管理の継続性: 犬の健康管理には、予防接種やワーム予防、フィラリア予防などの定期的な医療ケアが必要です。保険や備えのある状態であれば、定期的な獣医の診察や予防処置を受けることができ、犬の健康を維持するための費用を捻出しやすくなります。
  4. 心理的安心感: 犬を飼うことは喜びや癒しをもたらしますが、突然の病気やケガに直面すると心配やストレスを感じることもあります。保険に加入していれば、緊急時の財政的な負担を軽減できるため、飼い主としての安心感が増します。

犬の保険には、獣医費の一部を補償してくれる獣医保険や、犬の健康状態を追跡・管理するための健康管理プランなどさまざまな種類があります。犬の個体差や年齢、犬種によって保険料や条件が異なるため、飼う犬に最適な保険プランを選ぶことが重要です。予期せぬ出費に備えるために、保険に加入することを検討してください。

第9章: 犬を飼うときの家族の合意と関与

(9-1)家族全員の意志調整と責任分担

一人暮らしでなく、家族がいる場合は犬を飼う前に家族会議を開きましょう。
やはり、命あるものを育てるって気持ちだけでなく皆んなの協力がとても大切です。
子育て経験があるパパさんやママさんはわかってくれると思いますが、子供は理解しずらいです。要するに子育てと一緒で自分優先にしてはいけないことが結構あるんですよ。
例えば毎日の散歩とか。子供なんて色々と理由つけて逃げたりします。

「部活が忙しいから今日はいけない」

「友だちと遊びたいから散歩無理」

「散歩くらい行ってくれないかな」

 


 

犬を飼う際には、家族全員の合意と意志調整、責任分担が非常に重要です。以下の理由から、家族の協力と責任分担が必要とされます。

  1. 費用負担: 犬を飼うには経済的な負担が伴います。食事や獣医費、トイレ用品、おもちゃなどの犬のケアには費用がかかります。家族全員が費用を理解し、負担を分担することで、犬に必要なケアや必要な品物を提供することができます。
  2. 時間と労力の配分: 犬は日常のケアや運動、しつけ、遊びなど、時間と労力の投入が必要です。家族全員が犬の世話や活動に参加し、責任を分担することで、犬の幸福と健康に寄与することができます。
  3. トレーニングと一貫性: 犬のしつけやルールの維持には一貫性が重要です。家族全員が犬に対するルールや訓練方法について合意し、一致したアプローチを取ることで、犬の行動や社会性の発展に寄与します。
  4. 犬への愛情と関与: 犬は家族の一員として迎えられる存在です。家族全員が犬に対して愛情を持ち、積極的に関与することで、犬の幸福感や絆を深めることができます。
  5. 緊急時の対応: 犬が病気やケガをしたり、災害や非常事態が発生した場合、家族全員が迅速かつ協力して対応する必要があります。家族の協力と意志調整があれば、緊急時には迅速かつ効果的に行動できます。

犬を飼う決定は家族全員の合意に基づいて行われるべきです。犬の飼育は長期的な責任を伴うため、家族の全員が飼うことに同意し、責任を分担できることが重要です。事前の話し合いや計画により、家族の協力とチームワークも重要です。

(9-2)子供と犬の相性と安全な付き合い方

子供と犬の相性は個体によって異なりますが、以下に一般的な考慮事項と安全な付き合い方をご紹介します:

  1. 監督と教育: 子供と犬が触れ合う際には、必ず大人の監督下で行うようにしましょう。子供に犬の優しい取り扱い方を教え、犬に対する尊重と配慮を促しましょう。
  2. 犬のサインの理解: 子供には犬のサインや身体言語を理解させることが重要です。犬がストレスや不快感を示すサイン(耳を下げる、唸るなど)を認識し、それに応じた行動を取れるように教えてください。
  3. ゲームや遊びのルール: 子供と犬が遊ぶ際には、安全な遊び方とルールを教えましょう。例えば、犬の尾や耳を引っ張らない、犬の食べ物を奪わない、犬を驚かせないなどの基本的なルールを守るよう指導します。
  4. 安全な場所の確保: 子供と犬が遊ぶ場所や犬の居場所を安全に設定しましょう。子供が犬に近づきすぎないようにし、犬が自分の安全なスペースにいることを尊重します。
  5. 犬のストレスを軽減する環境: 子供の活動や騒音が犬にストレスを与えることがあるため、犬にとって安心できる環境を提供しましょう。犬がリラックスできる場所を用意し、子供と犬の接触を調節することも重要です。

第10章: 犬を飼う決断のサポートと情報源

(10-1)ネット・SNS・本・飼い主経験者

ネット、SNS、本、そして飼い主経験者は、犬を飼う決断の情報源として非常に重要です。それぞれの情報源には以下のような利点があります:

  1. ネット: インターネットは犬に関する情報を手軽に入手できる便利なツールです。犬の飼育方法や健康管理、しつけのアドバイスなど、多くの情報がオンライン上で利用可能です。ただし、情報の信憑性を確認し、信頼できるサイトや専門家の意見を参考にすることが重要です。
  2. SNS: ソーシャルメディアは、飼い主同士の交流や情報共有の場として活用されています。犬を飼っている人々が経験や知識を共有し、相談や助言を受けることができます。さまざまな犬種や飼育スタイルについての情報を得ることができるため、参考になる場合もあります。
  3. 本: 書籍は犬に関する包括的な情報を提供しています。犬の飼育方法、トレーニング、健康管理など、専門家や経験者による信頼性の高い情報を得ることができます。本は詳細な情報を提供しており、自分のペースで学ぶことができます。
  4. 飼い主経験者: 飼い主経験者は、実際に犬を飼っている人々からの貴重な情報源です。彼らは実際の経験に基づいたアドバイスや知識を提供できます。飼い主経験者との交流や情報共有は、犬の飼育において実践的なアドバイスや助言を得るための貴重な機会です。犬を飼う決断には十分な情報が必要です。ネット、SNS、本、飼い主経験者はそれぞれ異なる情報や視点を提供してくれるため、複数の情報源を活用することがおすすめです。ただし、情報の正確性と信頼性を確認することが重要であり、自分の犬に適した情報を選ぶよう心がけましょう。

(10-2)獣医師やドックトレーナー

犬を飼う決断の情報源として、獣医師やドッグトレーナーの意見は非常に重要です。以下の理由から、彼らの専門知識と経験は貴重な情報源となります:

  1. 健康管理: 獣医師は犬の健康管理の専門家です。犬の予防接種スケジュール、健康チェックアップ、栄養管理など、犬の健康に関する重要な情報を提供できます。獣医師は犬の健康状態を評価し、必要なケアや治療についてアドバイスすることができます。
  2. しつけとトレーニング: ドッグトレーナーは犬のしつけと行動問題の専門家です。彼らは犬の行動パターンや学習理論について知識を持ち、飼い主に適切なトレーニング方法や対処策を提案することができます。ドッグトレーナーのアドバイスは、犬との良好な関係の構築や社会化のサポートに役立ちます。
  3. 個別のアドバイス: 獣医師やドッグトレーナーは、個々の犬に適したアドバイスを提供することができます。犬の種類や年齢、性格、健康状態などを考慮して、最適なケアやトレーニングプランを立てることができます。
  4. 専門知識と経験: 獣医師とドッグトレーナーは、長年の経験と専門的な知識を持っています。彼らは科学的な情報や最新の研究に基づいてアドバイスを提供し、犬の健康と幸福に関する問題に対処することができます。

獣医師とドッグトレーナーは、犬を飼う際に必要な情報とサポートを提供する専門家です。彼らの意見とアドバイスは、犬の健康やしつけに関わる重要な要素をカバーするため、飼い主にとって貴重な存在です。

ペット飼育のお悩みについて、飼い主どうしでQ&Aで質問できるサイトがあ ります。
★登録も簡単

★料金も無料!

そして何より体験談を聞けるのでオススメのサイトです(^^♪
【DOQAT(ドキャット)の登録はコチラから】
      ⇩
ペットの悩みQ&A【ドキャット】
<PR広告>

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

★コチラも参考になります (^_-)-☆

累計4万頭の子犬が利用していて、獣医師の完全監修である「こいぬすてっぷ」通信口座で勉強するのもいいかもしれません。

可愛い愛犬のために (^_-)-☆

累計4万頭以上の子犬が受講【こいぬすてっぷ】

<PR広告>


 

大切な内容なので長い記事となりましたが、如何でしたでしょうか?

犬と暮らすと毎日が幸せに過ごせると思います。

私は不動産会社で営業部長として働いて家族を養っておりますが、2020年4月に大病が発見されるまで、正月以外の休みはなく、毎日深夜まで働き詰めの生活でした。

じつは、病気が発見される前に会社の時期社長に任命されたんですよ。当たり前ですが、そうなるまで会社の同志と共に、一生懸命働く人がお金も稼げたり陽の目に当たれる会社を目指す途中だったので・・・未来に絶望しました。あと正直・・・仕事に没頭するあまり妻の気持ちも置いてけぼりにしていた自覚はありました。
私の病気で未来に絶望した家族と私は、愛犬のトイプードルが救ってくれたのです。もう毎日が楽しいです。毎朝の散歩も楽しいし、とにかくもう一度、人生で一番楽しかった子育てができる充実さがあります。人って、自分以外の誰かのために生きているときが、もしかすると気持ちが安定するのかもしれませんね。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

家族みんなが毎日「ミートは?」と家族共通の楽しさがあること
今までの不健康生活が改善して、毎朝愛犬の散歩に行き健康的な生活になったこと
帰宅すると玄関にワンワン吠えて迎えにくる愛犬が可愛いこと
愛犬を散歩している人とのコミュニケーションが案外楽しかっこと
愛犬とまったりと過ごす時間に癒されること
笑う回数が増えたこと
子育て時代に戻り楽しくもありお世話できることがまたできる幸せ

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

このようにここでは数えきれない程に幸せな生活と気持ちを手に入れることができました。コロナ禍で人々の外出が減り、リモートで在宅時間も増えたせいかペットを飼う人が増えています。いわゆるペットブームの再来です。

でも私は今のペットブームは人々の生活スタイルや時間に余裕ができたほかに、やはり心から癒しや幸せを求める気持ちが高まっている気がしてなりません。

愛犬の一生涯を背負う覚悟が必要なので、責任をもって飼い続けるためには自分の年齢など考えることも必要でしょう!

是非、本ブログを読んだこともきっかけで幸せな幸福感と癒しに満ちた生活を手に入れてくださいませ  (^_-)-☆

本ブログを読んでくださった方の幸せを心よりお祈りいたします。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

【関連記事その①】

※ペット可賃貸を借りる人に見てほしい記事です(^_-)-☆

(第15話)

ペット可賃貸の一人暮らしで初めて犬を飼う方におすすめの心構え

※【不動産屋が語る】犬の鳴き声で苦情があった場合の法理

【関連記事その②】

(第46話)

ペット可賃貸トラブル(犬の鳴き声がうるさくて苦情がきた場合)

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

【メタボ父さんからのオススメ通販サイト】

<PR広告>

韓国発!ペットブランドwooo(ウー)




”犬とお揃い”を楽しむドッググッズのセレクトショップ【INUTO(イヌト)】。


━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

このエントリーをはてなブックマークに追加


犬ランキング

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━


<PR広告>



商品セールは流動的なので「楽天」や「アマゾン」もチェックしましょう(^^)/
★【楽天で商品をチェックしてみよう】★
👇


★【アマゾンで商品をチェックしてみよう】★
👇

<PR広告>













<PR広告>



犬の散歩の必需品+【運キャッチ】で手づかみにサヨナラ。



ペットのフンが投入できる家庭用生ごみ処理機【ワンニャクスル】



Y型・H型ドッグハーネスの進化系【PERROS】ペルロスハーネス







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です