吃音の原因を知りたい 吃音を治したい方必見!

どもり困る

目次
1.「吃音」はちゃんと治ります。

2.好きな女の子の前で「吃音する」ことが恥ずかしかった。

3.社会人で働きだしてから「吃音」の苦悩人生が始まった!私は「あ」の第一声が言えなかったけど改善しました。

4.私は「た」の第一声がつまります。

5.「吃音」が原因で人生損したと思うこと

6.気になる【吃音(どもり)・改善プログラム】の値段ですが

1.「吃音」はちゃんと治ります。

こんにちは、メタボ父さんです(^_-)-☆

今日は吃音(きつおん)症について書いていきたいと思います。
吃音(きつおん)症は、言葉を発する際に最初の第一声がつまってしまう症状で昔は「どもる、どもり」と言われておりました。「どもり」という表現は差別用語になるので公には使われなくなってきましたが、今回は私自身が「吃音」経験者ということでお許しいただければ幸いです。

まず今日この記事を読んでくださっている方は、周りに「どもる人」「どもる部下」「どもるお子さま」がいる方や、もしかしたらご自身が「どもる」ことでお悩みかもしれません。最初にお願いしたいことがございます。もし身近に「どもる」人がいる場合、どもって話しをしていても「いいから一呼吸して落ちついて話せよ」とか「(笑)なんだよ」とか一瞥せず、「どもりは大変だね、今は昔と違って科学的にどもりを治すこんなプログラムがあるみたいだよ」と今日、ご紹介させていただく【吃音(どもり)に悩む全ての方へ・・・吃音(どもり)・改善プログラム】というのがあるらしいよ」と情報を教えてあげてほしいのです。というのは「どもり」は心の内では日々苦しみながら生活していても、成人すると「もうどもりは治らない」とあきらめている方が殆どだと思うからです。

どもる人は幼少期から色々な場面でおもわずどもってしまい周りから笑われているが故に笑われることに慣れてしまっております。ただ、その笑われた相手により心が傷ついていることは確かなのです。例えば若い学生のときであれば好きな子とかです。人の心は繊細で弱いものです。そんな時、自分の苦しい気持ちに理解を示してくれる人がいればほんと、心が救われるのです。
じつは「どもりは子どものうちに治さないと大人になってからは治らない」というのが一般的な解釈です。

ところが「吃音はちゃんと治るのです」と広くどもりに苦しむ方向けに発信しているプログラムが下記の【吃音(どもり)・改善プログラム】です。

【吃音(どもり)に悩む全ての方へ・・・吃音(どもり)・改善プログラム】

    ↓

厚生労働省が昔発表した吃音症の患者数は「1日に100名」「1年で1000名」とか、患者数は成人の1%(子どもと合わせて70万人)のデーターがありますが、大抵は幼少期に発症して7割が自然解消していくそうです。
皆さまの周りに「どもる人」はどれくらいいるでしょうか?
日本の15歳以上の人口が7517万人だとして70万人(子ども含めてですが)が吃音症の勘者数としたら、70万人÷7,517万人×100=約1%
つまり100名いたらその内1名がどもりに悩んでおります。
だとしたら10名の方に「皆さまの周りに「どもる人」はいますか?」と質問をしてもいないかもしれませんが、ちょっとした大手中小企業の従業員100名の社員に「皆さまの周りに「どもる人」はいますか?」質問をしたら一人くらいは「どもる人」がいるかもしれません。では、その1名の「どもる人」がとても引っ込み思案の人物とか精神的な疾患を抱えている人物かといえば決してそうでないと思います。むしろ周りから愛されキャラクターの人物の方が多いのではとも個人的に思っております。
くどくなりますが、もし周りにどもる方がいらしたら

◇ 「吃音は治る」という事実
         
◇ 吃音(どもり)・改善プログラムという科学的な根拠に基づいた改善プログラムがあるという情報
         
是非とも教えてあげてくださいませ (^_-)-☆

2.好きな女の子の前で「どもる」ことが恥ずかしかった。

そもそも、いつ頃から「どもる」ようになったのだろうか?
自分の中では中学生の頃からだと記憶しております。
というのは、どもるたびに周りから「なんだよ~おまえ~(笑)」とからかわれたりしていたので記憶に残っているのでしょう。でも自分で言うのもなんですが本来の明るい性格もあり「どもり」が原因でいじめられたりした経験は全くないです。
でも高校生になると同じクラスに好きな子ができて、授業とか色々な人前で発言しなければいけない場面で「どもる」度に周りの反応
「ワハハ~(笑)」
「クスクス(笑)」
そんなとき、必ず好きな子に目を向けると「クスクス」と笑っている姿に身体が熱くほてって顔が赤くなっている自分を自覚します。
その好きだった女子とはお付き合いをする訳でもなく、告白もせずクラスメートの友人仲間として完結しましたが、やはり女子の本能できっと、強そうな男や頼りがいある男に魅力を感じるじゃないですか? 勿論、「どもり」が原因とか「どもり」のせいで好きな女の子と付き合うことができなかったとは思いませんが、間違いなく言えることは「どもり」が原因で積極的になれなかったのは事実です。
多分、「どもり」でお悩みの方は授業で先生にあてられることにビクビクしていたとか、似たり寄ったりの経験はしていると思います。
子どもの頃からのひとつひとつの場面が大人になるにつれて「どもり」は治らないとのあきらめにいつしか変わっているのではと感じております。

3.社会人で働きだしてから「吃音」の苦悩人生が始まった!私は「あ」の第一声が言えなかったけど改善しました。

高校を卒業して社会人になる前にバイトを経験する方も多いと思います。
「働いて稼ぐ」一歩のバイト時代にはじめて「どもり」への苦悩が芽生えて深く悩みました。というのは、学生時代はキャラクターで許してもらえます。でも社会で働く場面となると周りは許してくれないことが増えてきます。私の場合はちょっとした居酒屋カクテルバーで働きだした頃に悩みました。当時の私のどもりの内容ですが

<どもって言えない第一声は>
「あ」
「か」
「た」
「ま」
殆どが、アイウエオなどの第一がどもってしまう

<どもらず言いやすい第一声は>
「さ」行
「は」行
のような軽い感じの言葉私は軽い感じの言葉文字は「どもらず」言いやすかった

話を居酒屋カクテルバーのバイト時代に戻しますと、そもそもお客様がお帰りになる際に言う「ありがとうございました」が言えないことでした。
「あっあっ・あ・ありがとうございました」
という感じで第一声が言えれば後はスムースに言えるのですが言えません。

当時の店長に最初は注意されました。そりゃそうですよね。言葉悪いですが見方次第ではこの店なんだとなりますもんね。
私自身、自分は障がい者だと自覚しました。
当時、その居酒屋カクテルバーで私はウェイターやカクテルづくりをしておりました。
最初の頃は店長に厳しく「お前落ちついて話せよ」とか度々、注意されましたが「どもり」が治らずとうとう店長がマネージャーに言ったのでしょう。あいつはカウンターやウェイターに向かないからキッチンに下げさせてくれと。
元々、接客業が自分に向いていると思い込み選んだバイトでしたし、色々なカクテルを覚えていくうちに、自分でもオリジナルカクテルの研究なんかもしながら仕事が楽しく感じていたので、「キッチンに下がれ」と言われたときはとても落ち込みました。
「俺・・・社会で通用しないかも」と
これ大げさな感想ではないのです。
居酒屋カクテルバーのマネージャーは料理人でマネージャーが調理場の責任者でフロアーを店長に任せていた職場で、そのマネージャーにあるとき呼び出されました。
今でもはっきり覚えております。
閉店20時前の21時頃、マネージャーに呼び止められました。
「なあ、お前さんを終電時間までに帰らさないといけないから、ちょっと早めにそこの喫茶店に行かないか」 「はい・・・」
バイトがクビだと思いました。
ところが全然違った話の内容でした。
そのときの店長の顔・まなざし・ほほ笑み・会話を今でも鮮明に覚えております。
「お前さんのどもりは治ると思うか? いいか。誰にも言うなよ。じつは俺もどもりで悩んだ一人なんだよ。ほら、俺はちょっとした料理人で知られているだろう。昔さ、NHKの料理番組に頼まれてでたときさ、赤エビがどもって言えなくて困ったさ(笑)
今のお前さんと一緒の「あ」さ。テレビに出る前に練習しても、どうしても赤エビの「あ」でどもる。酒を飲めばどもらないのを知っているから、当日はウイスキーの小瓶を忍ばせて出演しようかと思っていたんだけど、気づいたことがあったのさ。にこっと笑顔をつくったと同時に笑顔の顔といったいで「赤エビ」と言うとどもらなかったんだよ。それから「あ」を発する練習をしたら今ではどもらないという話さ。
ほら店長もあのとおり仕事の鬼だろう?お客様に「ありがとうございます」も言えないウェイターなら必要ないよ。でもお前さんは皆んなに愛されやすいその人柄がある。だから店長もお前をクビとは言わず、俺のところで預かってくださいと言ってきたんだと思うよ。俺もずっとお前さんをみていて、この子は社会人になってもきっと活躍すると確信していた。でも自分と同じどもりの悩みでいいところが失うのは本当にかわいそうだと思ったんだ。大きな声で「ありがとうございます」と言うのはうちの店の雰囲気には合わないけど、元気に「ありがとうございます」でもいいよ。自分で「あ」を言える練習をしてみなさい。」
「店長・・僕、僕・・・」
とにかく嬉しくて泣いたのを昨日のように覚えております。
それから、自分がどもらない得意な「は」行を利用した
「はい、ありがとうございました」とか、店長の真似をして笑顔をつくるタイミングで「ありがとうございました」など自分なりのパターンを練習して、今では「あ」行は克服しております。

4.私は「た」の第一声がどもります。

その後、新卒採用で社員1000名程の一般企業に勤めました。
その頃に「どもり」状況は
<どもって言えない第一声の>
「あ」・・・克服して解消
「か」・・・克服して解消
「た」・・・改善できず「どもる」
「ま」・・・改善中で「どもる」時もあれば「どもらない」時もある

こんな感じでした。
じつは会社名が「タ」行の会社で(苦笑)
電話は練習したから大丈夫なんです。
最初に得意の「は」行ではじまるので。
「はい、タ行 です」
どもりません。どもりは第一声がでれば大丈夫です。
しかし、電話を取り次ぐ会社名が「タ」行だったり、氏名が「田中様」「田口様」など言えないのです。
「●●課長あてに田中さんから電話です」だとすると、課長あてにでいったん流れをとめると田中さんの「タ」で言葉がつまり「たたたた、田中さん」となってしまいます。
周囲からは「どもる」と認識されましたが、現在の40代でそれなりの管理職ポジションに落ち着き働いているということは、社会人になって「どもり」とは背中合わせの付き合いですが、それなりに社会に適合して生きていけることでもあります。
但し、どうせなら「どもらず話せる自分でありたいです」

5.「吃音」が原因で人生損したと思うこと

はたして私は「どもりが原因で人生を損していることがあるのだろうか?」
心の内では今まで思っていた「頼りなく見られる」とかも40歳を過ぎて思うのは、誰でも弱点みたいのがあり、人間力を大きく伸ばすことで人生、カバーできるのではと思っているので「どもり」が原因で損をしたことは何か?と自分に今、問いかけてみたのですが正直に思いつかないです。
でも、でもですよ、この「どもり」のつらさは経験者しかわからないと思うのですが本当に苦しいのです。「たたたた、田中さん」・・・やっと田中さんまで言えた安堵感でなく、言い終わった後の落胆した気持ち、恥ずかしい気持ちは経験者の方はおわかりになると思います。
20代の頃、電車のホームに大きな看板で「どもり治します」みたいな看板がありました。何故、あのときに思い切って飛び込まなかったのだろうか? きっとその時代は今のようにインターネットが発達していなかったので不信感が強かったのかと思います。
ただ、今は時代が変わり発展して色々な有益な情報がインターネットを通して発信されております。

そして口コミという一つの安心感もあります。

【吃音(どもり)に悩む全ての方へ・・・吃音(どもり)・改善プログラム】
を受けることで

◆ くったくのない笑顔で人と会話ができるとしたら
◆ スピーチする場面でもカラオケのように「どもる」心配もなしに話せたら
◆ 危険な場面に遭遇した時にどもらず「助けて~」と言えたら(笑)

「吃音」から解放された自身を想像するとワクワクしませんか(^^♪

6.気になる【吃音(どもり)・改善プログラム】の値段ですが

【吃音(どもり)・改善プログラム】の値段は29,700円です。
そして効果がでなかったときの返金保証付きです。
さらに特典として
① プログラム開発者の方へメール質問できる権利
② フォローアップメール
③ 勇気を手に入れる究極の方法
④ 応急措置マニュアル「吃薬(どもりぐすり)」
よく商品紹介では、返金保証付きのこれだけ自信の商品ですし特典もあるのでと紹介されます。提供者の方の気持ちと努力と善意な気持ちには敬意の気持ちをもちますが一方で購入者の立場になると、ひとそれぞれの経済状況というものがあるのも事実ですよね。
例えば、私はこのブログや「メタボ父さんの奮闘日記」をいうブログを書いているのですが、社会人数十年で3万円だったお小遣いが、大幅昇級とともにお小遣い4万円を達成したのも束の間、諸々の諸事情で2万円になりました “(-“”-)”
2万円の小遣いではどんなにいいプログラムでもポーンと買えません。
でも長年苦しんだ「どもり人生」を脱却できるなら、29,700円という金額は例え世帯年収が300万円だったとしても生活費の一部でタイミングによっては充分に調達できる金額だと思うのです。
「どもりで苦しんできた方」
「周りにどもる人をご存じの方」
ご無理がないようでしたら、是非【吃音(どもり)・改善プログラム】をご購入・ご紹介いただければと思う次第です。

長文をお読み下さり有難うございました。
【吃音(どもり)・改善プログラム】はA4サイズで67ページにもなりますが喜びの体験者談を読むだけでも勇気づけられますのでお読み下さいませ。





商品セールは流動的なので「楽天」や「アマゾン」もチェックしましょう(^^)/
★【楽天で商品をチェックしてみよう】★
👇


★【アマゾンで商品をチェックしてみよう】★
👇

このエントリーをはてなブックマークに追加


人間関係ランキング

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



“吃音の原因を知りたい 吃音を治したい方必見!” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です