駐車場シェアリングサービスの特Pで副業をはじめるための心得!




駐車場シェアリングサービス「特P」のご紹介です。
「特P」とは、空き駐車場や空きスペースを有効活用したい土地オーナーと
駐車場を探すドライバーをマッチングする駐車場シェアリングサービスです。

ドライバーはお出かけ・ドライブの際、心配・悩みを抱えています。

「人気の水族館についたが、付属の駐車場施設が満車だった、、、」
—————————————————————–
「駐車場を探していたら、取引先の打合せ時間に遅れてしまった、、、」
—————————————————————–
「実家に帰省するが、クルマは置けないし、コインパーキングは高い、、、」
—————————————————————–
などなど

■┓ドライバーが「特P」をつかうとこんなメリットが!
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】予約ができる!・・・だから、駐車場探しにムダな時間がかからない!

【2】カード決済!・・・だから、現金持ち合わせ不要で、出庫もスムーズ!

【3】出し入れ自由!・・・だから、長期間予約しても料金は一定なので安心!

そんな「特P」にメリットを感じたドライバーの皆さまはリピーターが続出!
いつもの駐車場以外に、これからのおでかけ先で特P利用をお求めです。

■┓全国で路上駐車が問題に!!
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全国では毎秒5万6000件の路上駐車が発生しております。

路上駐車が増えるとこんな問題が

・車線が減少することで渋滞が発生する
・救急車両の到着が遅れる。
・視認性が悪くなことで飛び出しなどの事故の多発

路上駐車をする原因として、「駐車場不足」が指摘されています。
この駐車場不足は、地域の商店街の客足が遠のく理由でもあります。

ドライバーの利便性の向上、あんしん安全にくらせる街づくり、地域の
経済活動などの貢献など、路上駐車問題を解消するため特Pに空きスペース
空き駐車場を提供してみませんか?

クルマが駐車できれば、自宅でも店舗でも空き地でも問題ナシ!
駐車場の登録は「特P」サイト上で簡単に行え、掲載料は一切かかりません。

■┓特Pに登録する“5つのメリット”
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《1》0円で始められる。
→駐車場の登録料は無料です。
設備投資やランニングコストも一切かかりません。

《2》柔軟な貸し出し設定。
→駐車場の貸出料金をオーナー様が決めることができます。
→貸し出しできる一日のコマ数も自由に設定ができますので
「貸したい」と思った時間だけの貸し出しもOK!

《3》手間いらずの楽々運営
→24時間対応のコールセンターがあるので、利用者とのやり取りは一切なし。

《4》安心信頼の集客力
→ネットワークによる集客効果で、駐車場を利用者に最大限アピールします。

《5》遊休資産の有効活用
→バイクサイズのスペースでもOK
→ビルや土地の駐車場ではない空きスペースもOK
→店舗の空きスペースを貸し出すことで、新たな収入源になり、集客効果が
期待できます。

■┓これだけ“儲かっている”、実際の例
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎1ヶ月で5万4千円の売り上げに!
繁華街から少し離れており、歩くにはギリギリの距離。
周辺は住宅街でアパートやマンションが多いのですが、中小企業の
オフィスも点在しています。
そのため、駐車場としてオープン後、すぐに固定客が付き利用してくれ
るようになりました。

◎1ヶ月で6万1千円の売り上げに!
自宅前の駐車スペースを貸し出しして売り上げがガッチリ!!
歩いて10分ほどの場所に野球場があるので、週末やイベント日に駐車したい
人が使ってくれました。

■┓こういうところが活用できますよ♪
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・自宅のカースペース
・時間貸し駐車場の空き時間帯
・未契約の月極駐車場
・店舗・商業施設の駐車場
・ビルやオフィスの空きスペース
・バイクなら駐車できる空きスペース

初期費用も毎月の費用もかからないから、投資の初心者にも向いています。
遊休地のある方は是非おためしください。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3B59LD+5JGD2A+43U8+5YZ77

1.最大限の利益とサービスを享受するには業界2番手がおススメです

こんばんは、メタボ父さんです (^_-)-☆

今日は駐車場のシェアリングサービスを実施している「特P」で副業をお考えの方向けに記事を書きたいと思います。そもそも時代はモノを所有することからシェアすることでメリットを享受できる時代になってきました。具体的にはカーシェアのように若い世代や企業までもが、毎月の駐車場料金や車の車検代・保険費用など固定費がかかるのであれば車を所有せずシェアで借りようとの流れです。
とても聡明で効率的ですね。戦後モノに苦しん団塊世代の父や母のもと育った昭和生まれのメタボ父さん世代は、それこそ、浜田省吾さんの歌「Moneyマネー」のように「いい時計して」「いい車乗って」のようなモノにこだわる人が多いのですが、若い世代の方は価値観が違いますものね。服装にしてもバブルから平成中盤まではモデルや芸能人がダッフルコートを着て流行すると、ちょっと新宿の街を歩けば街中でダッフルコートを着たお人形さんのような可愛い女の子だらけだったのが、今は新宿の街を歩いても自然に着こなすか個性豊かな服装など流行がない気がします。

とまあ、いつものように前置きが長く脱線してしまいましたが、総務省の統計局によると「シェアリング・エコノミー」という個人が所有する遊休資産を貸し出す仲介サービスの市場規模はぐんぐん成長しており、5年前である2016年で約503億円だった市場規模が、2021年来年には2倍の1,071億円まで成長していくと予想されております。「特Pの駐車場シェアリングサービス」をやろうかと悩んでいる方は市場の流れをつかんでおられて目の付け所があると思います。
さて、話を駐車場シェアリングサービスに限定して戻しますと、まず業界では最大大手の「akippa あきっぱ」という会社があります。特Pと共通しているサービスとしては

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

・駐車場オーナーは設備投資の費用負担がない
・スマホやアプリを利用して簡単に手続きができる
・24時間サポートセンターでフォローをしてくれる
 が大まかに共通して受けられるサービスです。

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

特Pが後発の2番手なので大手「akippa あきっぱ」と差別化したサービスをつけてきますよね。そのひとつとして、駐車場オーナーが顧客を紹介してくれて有難うと支払う手数料が「akippa ・あきっぱ」が駐車場収入の50%に対して、特Pは30%と安いことです。業界で最安値と言われております。この差がどれだけ大きいことかを次に書いてみたいと思います。

まずは収益の最大化を考える】
業界最大大手の「akippa あきっぱ」と2番手として急成長している「特P」のどちらを選択するか迷うと思います。選択できる材料としては両社がどれだけの顧客を抱えているかになりますね。
(ちなみに2019年1月時点のデーターによると)
両社とも商圏は全国となり
Akippaあきっぱ→100万人
特P→3,000名
これだけ圧倒的な差があります。

しかし、けれどもですが駐車場シェアリングサービスという顧客視線で考えますと、あくまでも顧客が自分の行動範囲で駐車場を借りやすい・みつけやすいがポイントになるのは間違いないです。決して、様々な特典やポイントサービスを受けれる会社を選ぶということはなさそうです。
会員数が多いより少ない方が自分の駐車場を利用してもらえる可能性が高くなるともいえるわけです。そしてくどくなりますが「目的は副業で稼ぐこと」ということであり駐車場は稼働率が重要です。
実際に両社の公式サイトよりご自身の競合する駐車場を比較検討してみるのもひとつかと思います。
また、くどくなりますが手数料収入で考えると「特P」の方が断然、収益率は高いです。あとは両社のどちらが稼働率がよいかになります。

■■■

★akippa あきっぱ」→駐車場料の50%の手数料を支払う必要がある
★時P→業界で最安値と言われる30%の手数料支払いでOK
この20%の数字は大きいですよね?
例えば毎月の売り上げが50,000円ですと
akippa あきっぱの場合は→50,000円-(50,000円×50%)=手取り額25,000円
◆ 特Pの場合は→50,000円-(50,000円×30%)=手取り額35,000円
その差は月額10,000円です。
事業ですから年間を通して考えますので、10,000円×12カ月=年間120,000円の差です。
この12万円で貸出をする年間の固定資産税を支払えるとするととても重要な目減りになります。
よって、まず最初にお伝えしたいことは
① 駐車場シェアリングサービスの市場は成長しており市場規模も拡大中である
② 副業で稼ぐ目的であれば最大限の収益化を考えると特Pがおススメである
このふたつを最初にお伝えしたいと思います。

業界最大大手の 「akippa あきっぱ」 は全国33,000箇所にある強みがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詳細は下記よりご確認くださいませ ↓


2.月極駐車場とコインパーキングと駐車場シェアリングの違い

続きまして、「月極駐車場」と「コインパーキング」と「駐車場シェアリングサービス」の違いを簡単にご説明致します。何故、この違いを理解してほしいかをお伝えしますと遊休地の土地を駐車場運営して稼ぐ場合の優先順位は

■■■

(その1)月極駐車場として貸せるかをまず考える・・・安定した固定収入
(その2)コインパーキング運用を自分でするかタイムズなどに借り上げしてもらう
(その3)Akippaや時Pなどの駐車場シェアリングサービスで考える

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記のその1~3で考えるのが一般的だからです。
つまり駐車場を常に満車にできないオーナーが沢山いたからこそ、コインパーキングが一時流行ったわけであり、さらにニッチな商売としてコインパーキングが借り上げないような駐車場を「時P」などのスキマ商売が成長しているのが駐車場業界の流れです。ですので「特P」とかに無理に登録をしなくても、地元の不動産会社に実家の駐車場を1台だけ借りてを近所でみつけてほしいと依頼をして借り手がみつかれば特Pより安定収入につながると思います。但し、繁華街の駐車場1台分ですと稼働率で月極駐車場より稼げる気がします。
<月極の駐車場契約で貸す場合>
例えばお母さん一人で住んでいる実家には利用をしていない駐車場が2台分あるとします。
誰でももったいないなーと思いますよね。そこで地元の不動産会社に相談をして近所で借りてくれる
人を探して貸せれば安定した収入もあり不動産会社が入ることで借主の素性もはっきりしているので安心ですよね。

<コインパーキングの駐車場契約で貸す場合>
次にコインパーキングの考え方は、駐車場10台とか100台を貸しているオーナー様にとって、出入りが減ゲしくいつも平均して数台空きがでるパターンの駐車場の場合は、全区画をコインパーキング会社に借り上げてもらった方が安定した収入がありかつ、契約書類など面倒がなくなります。
駅前の一等地でしたら、一昔前はコインパーキング業者が名前を売るために近隣の月極駐車場と一緒の料金で借り上げてくれたりしておりました。彼らはいかに稼働率をあげて儲ければよいだけですから。また、一方でオーナー自身がコインパーキングの設備をリースしてコインパーキング事業をする場合もありますね。最近では車を所有しない人が増えているのでマンションやアパートの駐車場をコインパーキング会社がオーナーから借り上げるケースが増えてきました。つまりコインパーキング事業は月極駐車場の満車にならない弱点を狙ったスキマ産業であるわけです。

ここで重要なポイントがあります
月極駐車場もコインパーキングも契約書が存在するということです
月極駐車場であれば1年契約が多いです。
コインパーキングの場合は機械設置のリース代を業者が回収できるように最低1年から3年の契約が多いです。

もしお母さんが独り住まいで介護が必要となり老人ホームに入所するので家を売却しようとしても1年契約であれば契約満了日まで売れないことになります。よく駐車場契約書に1ヶ月前に解約予告をすれば解約できると勘違いしているオーナーも多いですが、契約書を締結している限りは契約書の期間満了日が優先されます。同じく月極駐車場も契約期間という縛りが生じます。

<特P駐車場シェアリングサービスで貸す場合>
予約を受けている期限までは解約できないですが、予約が何もない状態でしたらスマホのボタン操作で退会できます。
よって、三つ目にお伝えしたいことは
③ 特Pは月極駐車場やコインパーキングのように契約書により期限の縛りがない安心感がある点

3.「特P」駐車場シェアリングサービスで貸し出す際の不安要素とは何か?

・自宅に駐車場が2台あり、1台は使っていないので「特P」に登録をする
・自宅の敷地の三角コーナーの空地をバイク置場として「特P」で貸し出す
・実家の家は車がないので「特P」で貸出しする
・会社が毎週月曜日休みなので「特P」で月曜日限定で貸し出す

と色々な知恵を働かせて収益につなげることは可能ですよね。
では逆に不安な要素とは何でしょうか?
例えば自宅の駐車場が2台のうち1台空いていても、大きな敷地でなければ気分的に知らない人がとめるのも何となく嫌だな。いくらお金をもらえると言っても私なら嫌ですね。ちなみに私の家は戸建住宅で田舎なので猫の額ほdの余分な駐車場があることはあるのですが、せっかくコツコツと仕上げているガーデニングや自給自足の野菜畑を荒らされる可能性もありそうなので。
そのようなことを気にせず貸し出し稼ぎたい方でもご安心ください (^_-)-☆
対物保険加入している車でないと特Pを利用できることができないそうなのです。
よって、四つ目にお伝えしたいことは
④ 駐車における構造物破損事故があっても対物保険でカバーしてもらえる安心感

4.「特P」で副業をはじめる際に抑えてほしいポイント

今は色々な比較サイトもあるので業界最大大手のAkippaと特Pの比較とか簡単に見分けがつくと思います。またそれぞれの会社の公式サイトをみればサービス内容も理解できると思います。
但し、どれも駐車場経営の最大リスクには触れておりませんね。いや実際に経営に携わらないとわからないのかもしれませんね。だってそもそも、駐車場は家やマンションを建てる予定もないが、更地だと家が建っている底地より固定資産税が高いので、補填の意味で駐車場経営をするケースや相続が発生したときの相続対策として残しておくなどのケースが多いですよね。でも常に満車にならないのでコインパーキング会社に3年間借り上げしてもらったりします。ところが相続対策として残していた土地なのに、本当に相続が発生して相続を知ってから10カ月以内に相続税を支払いをするために売ろうとしてとってあった駐車場を月極駐車場やコインパーキングで貸しているので売るに売れなくて困ることもあります。いわゆる契約書の縛りですね。それなら契約書がない特Pなら安心かと言えば、予約がなければ退会すればいいだけで安心ですよね。但し、車の台数が5台以上は私の感覚では月極やコインパーキングの方が稼げる気がします。

※但し、繁華街は別です。
契約書リスクの次に挙げれるとした放置車ですね。
月極駐車場、コインパーキング、特Pのいずれも該当するリスクが車を放置されたときどうするかですね。敷地内に車を放置された場合、警察は個人情報の観点から警察から相手先に連絡してくれますが相手先が移動に応じない場合はそれ以上の動きを警察は積極的にはしてくれません。強引に公道に大人数人で車を押し出せば警察が撤去してくれるかもしれませんが、勿論そのような犯罪行為はできないですよね。だぁら法テラスとか裁判で6カ月以上かかり放置車を自分の費用で撤去するリスクも当然にでてくることは覚えていた方がいいと思います。

◆ 特Pに自宅の駐車場を登録したい方は
↓こちらから公式サイトをご覧ください
【特P】空きスペースを貸すだけ!毎月2万5千円の副収入

5.あなたの遊休地がもしかすると莫大な収入につながるかもしれません?

40代メタボ父さんとしては、毎月3万円~最大5万円でも副収入があるとしたら莫大な収入になります(笑)年間36万円~60万円の収入が増えれば、年払いの「固定資産税」「保険料」などカバーできますものね (^^)/
そして「あなたが所有する遊休地が莫大な収益を生むかもしれません」と言い切ることができるかと言うとこのような経験をしているからなのです。

メタボ父さんは会社の総務責任者です。会社が抱える遊休地、例えば8mの幹線道路に接しているけど店舗を開店するのは立地が悪く、間口が狭くて奥行きが長いウナギに寝床のような土地なので売れないのでコインパーキングに借り上げしてもらいました。その土地を月極駐車場にすると間口が狭いから何台も駐車できず収益が悪いです。ところがコインパーキングが大繁盛したのですね。
簡単に言うと8mの幹線道路に接してはいるけど店舗は流行らない駅から遠い場所で裏側はず~っと住宅街です。但し近くに学校や老人ホームや駐車場がない個人病院がある場所なのです。回転よく稼働するのでコインパーキング会社の担当は喜び、私は値付け失敗したと悔しい思いをしてります。(笑)

でもコインパーキング担当者の話ですと実際に駐車場備えているスーパーの隣接とかこんな場所でも繁盛したなんてケースはざらにあるそうです。
よって「特P」で副業収入をお考えの方は下記の「特P公式サイト」より、自分で趣味レーションをしていくらくらいで貸せれるかや近隣の駐車場情報を閲覧できますのでよく調べて資料請求してみては如何でしょうか?
年間36万円とか60万円の副収入が入るのは魅力ですものね 

◆ 特Pに自宅の駐車場を登録したい方は
      👇こちらから公式サイトをご覧ください






商品セールは流動的なので「楽天」や「アマゾン」もチェックしましょう(^^)/
★【楽天で商品をチェックしてみよう】★
👇


★【アマゾンで商品をチェックしてみよう】★
👇

このエントリーをはてなブックマークに追加


雑学・豆知識ランキング

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です